キーワードファインダーSEOブログ

2019年 2月 の投稿一覧

WordPressのSEO強化に重要な設定リスト

2019年2月の時点でWebサイト管理の33.2%もの圧倒的シェアを誇る「WordPress」ですが、このWordPressのSEOをどういった方法で行っていますか?
参考:Historical trends in the usage of content management systems, February 2019

そもそも“WordPress”は、SEOで有名な“マット・カッツ”氏がSEOの80~90%に対応していると認めたほど、基本的なSEO対策はカバーしているとも言えますが、それでも設定を見直すことで検索順位に良い影響を及ぼすこともあり、サイト・ブログを運営・管理している方なら少なからず知っておいて損はないでしょう。

そして、この“WordPress”にはプラグインといったわざわざプログラムやスクリプトなどを自作することなく、非常に便利な機能をボタンひとつで導入することができ、今回ご紹介するようなWordPressのSEO対策にも欠かせないものも数多く存在します。

また、デザインに優れた“テーマ”と呼ばれるテンプレートも数多く公開されていて、各デバイスにも対応したブログの見た目を一括して管理することもでき、静的にサイトを立ち上げるよりもはるかに素早く、しかもクオリティの高い状態で1本目の記事の公開まで辿り着くことが可能となっています。

さらに、そういったテーマの中でも、よりSEOに特化したものもあり、いくら基本的なSEOをカバーしているWordPressをお使いだからといっても、競合も同じWordPressを使用しているということもあって、基本的なSEOをしっかりとチェックしておく必要があるわけです。

では今回は、この“WordPressのSEO”について、詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

robots.txtとは?記述方法と効果について

robots.txtとは?記述方法と効果について

robots.txt」というファイルを作成していますか?
この“robots.txt”とは、クローラーに対してサイト内ページの巡回をブロックするのか、または許可するかどうかを記述して知らせるものです。

そもそもクローラーは、被リンクや内部リンクを辿ってサイト内のページを巡回して更新したデータや新しいページをインデックス・上書きしていくわけですが、このクローリングの数は無限というわけではないため、重要なページを優先してクロールするべきであって、クロールの必要のないページは“robots.txt”によって制御しておくことが重要となるわけです。

そのため、この“robots.txt”をサーバーにアップすることで検索順位に直接期待できるものではありませんが、正しい評価を受けるためにクローラーの最適化を行うもので、強い強制力はありません。

そのため、重複の改善や“noindex”の代わりに利用するものではないという点が注意点として挙げられ、この辺りの区別をしっかりと理解して“robots.txt”を設置することが大切です。

では、今回は「robots.txt」の記述方法や意味について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

SEOチェキ!の使い方について|無料で使える便利なツール

日々のSEO対策に様々なツールをご利用しているかと思いますが、中でも無料でライバルサイトを調査することができる「SEOチェキ!」というツールを使用している方も多いのではないでしょうか?

この“SEOチェキ!”とは、ページのタイトルなどのmetaタグ情報やサイトのインデックス数、簡易順位チェックやキーワード出現率など…ご自身のサイトだけでなく、ライバルサイトの状態も簡単に調査できる便利なSEOツールのひとつです。

また、“SEOチェキ!”ではAjaxを使用した快適な動作によって、順位改善のためのSEOに役立つ情報をサクサクと調べることができます。

そもそも検索エンジンは、基本的に相対評価でランキングしているため、こういったツールを利用して競合との比較をチェックし、順位改善に役立てることがひとつのポイントでもあるので、積極的に使用したいものです。

では、今回は「SEOチェキ!」の使い方について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

内部リンクとは?SEOに効果的な設置方法について

内部リンクとは?SEOに効果的な設置方法について

SEOの内部対策の基本であり、非常に重要な要素となる「内部リンク」を適当に設置していませんか?

この内部リンクとは、同じドメイン内でページとページを結ぶもので、関連性の高いリンク先へ設置することが重要とされていて、補足という意味では当然ユーザビリティにも繋がります。

そして、検索エンジンのクローラーは、このリンクを元に日々ページをクロールしてインデックスしていき、サイト内の関連性なども理解しようとしています。

また、外部リンクと違ってご自身で管理することができるため、つい上位表示させたいページや見てほしいページに内部リンクを集めたくなると思うかもしれませんが、最大限効果を引き出すにはポイントを押さえた上で構築する必要があります。
※特に見てほしいページはコンテンツの脈略を考慮した上で適切な場所に設置して誘導しなければ効果的とは言えません。

それは、画像ではなくアンカーテキストで設置することや、設置するテキストの内容などいくつかのポイントがあり、この内部リンクがうまく成功した際には、ひとつの記事の力だけではなく周辺の内部リンクで繋がった記事がブースターのような役割を果たし、強いキーワードの中でも上位表示させることも不可能ではありません。

では、今回は「内部リンク」について意味や獲得方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

サイテーション獲得によるSEO効果について

サイテーション獲得によるSEO効果について

ローカルSEOだけでなく、通常の検索順位にも好影響をもたらすと言われている「サイテーション(citation)」という言葉をご存知ですか?

この“サイテーション”とは、リンクなしの言及・引用といった意味を持ち、ローカルSEOでは被リンクと同じくネット上で話題となる名称を順位改善に加味しているとされる要素です。

また、これまではaタグによるリンクが設置されてはじめて“被リンク”として評価されるとされていましたが、こういったリンクなしの状態でネット上にサービス名・店舗名や電話番号などが紹介された場合も自然検索に関する評価の対象となるのでは?と言われています。
※もちろん被リンクも効果的です。

通常、サイトのアクセスを伸ばすためには、質の高い記事を書き続けることが重要となるわけですが、Googleの検索エンジンには200以上にも及ぶ要素によってランキングが決定され、常にその検索順位は変動を繰り返しています。

そこで重要となってくるのが“被リンク”はもちろん、今回ご紹介する“サイテーション”もそのうちのひとつということです。

では、今回は「サイテーション」について意味や獲得方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

noindexとnofollowの正しい使い方について

noindexとnofollowの正しい使い方について

クローラーの制御を行うタグ「noindex nofollow」を正しく理解していますか?

まず、インデックスを拒否することを意味するタグが“noindex”となり、そのページからのリンクを辿らないということを意味するのが“nofollow”となります。

そして、特にこの「noindex」というメタタグがなぜ必要となるのかというと…ブログを含むサイト内に質の低い記事コンテンツがあるとサイト全体の評価を落としかねないというのが大きな理由で、そういったページには以下のような対応が必要となります。

  • コンテンツを豊富にするためのリライト作業
  • 削除する
  • それでもサイトに必要なページは“noindex”を付与する

つまり、サイト内には質の高いコンテンツがキーワードの重複なく存在することが理想で、質の低いコンテンツとは…豊富なコンテンツに見えても、広告や共通テンプレート部分を抜かすと文字数が極端に少ないページなどが挙げられます。(オリジナルとしてのコンテンツが少ない。)

または、上記のようにサイト内で対策キーワードの重複はもちろん、キーワードが異なっていても答えとなるコンテンツが同じ場合、質が高いコンテンツであっても重複コンテンツとなってしまい、この場合も何らかの対応が必要となります。

そういった場合に、今回ご紹介する“noindex”を記述してクローラーの制御を行い、サイト全体の質を落とさないことが重要となるわけです。

では、今回は「noindex nofollow」について使い方などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

rel=”prev”とrel=”next”の正しい使い方について

rel="prev"とrel="next"の正しい使い方について

複数のページ間の関係をGoogleに正しく伝えるためのタグ「rel=”prev” rel=”next”」を正しく理解していますか?

この「rel=”prev” rel=”next”」というタグは、その名の通り“前のページ・次のページ”を意味し、ページャーを利用した複数ページに渡るページやカテゴリなどのコンテンツの存在を検索エンジンに対して正しく伝えるためのものです。

そのため、このタグは強制力こそないものの、Googleのデータベースにインデックスするためのクローラーに対するヒントのような意味を持つタグのひとつで、当然正しく使用しなければ検索順位にも影響する可能性も0ではありません。

そもそもインデックスされたページは何かしらの評価を検索エンジンから受け、検索結果にランキングとして表示しています。

そして、今回ご紹介するようなタグを正しく記述していない場合、そういった評価が正しく判断できなくなり、その結果意図していないページが表示されたり、もしくは検索結果にどのページも出てこない状態となってしまうわけです。

では、今回は「rel=”prev” rel=”next”」について使い方などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む