キーワードファインダーSEOブログ

2019年 12月 の投稿一覧

Webマーケティングとは?効果的な改善を行う基本的要素について

Webマーケティングとは?効果的な改善を行う基本的要素について

サイトやブログに関わる方なら一度は耳にする“Webマーケティング”、実際にどういった意味を指すのか理解していますか?

サイト・ブログに限らずWebページには何らかの意味や目的があり、“Webマーケティング”とは…その目的である“CVに設定した数値を伸ばす行動”のことを意味します。

わかりやすく言うと扱う商品・サービスを今以上に売れやすい状態へと改善するということで、もちろんそういったWeb媒体を任されている担当の方なら試行錯誤して売上を伸ばすために色々と考えるかと思われます。

しかし、こういった“Webマーケティング”の本質をしっかりと理解することによって…

  • 何が弱いのか?
  • 何を伸ばすべきか?
  • 何が足かせとなっているのか?

といったサイト・ブログの最終目標であるコンバージョン(CV)を効率よく伸ばしていくことも不可能ではありません。

ここをしっかりと理解しなければ闇雲に施策を行うことになり、例えば…SEO対策による集客したいのか?わからなくなり、目標と手段の区別がつかなくなり、結果うまくコンバージョンを伸ばすことにも繋がりません。

よく“マーケティング”と聞くと“集客”を意味していると勘違いしている方がいらっしゃいますが、集客だけが全てではありません。

集客を伸ばせば売上が伸びるといったマスマーケティングのような考えではもはや通用しなくなっていることをしっかりと念頭に置き、効率の良いマーケティング手法へいち早く切り替えていかなければ結果にもうまく反映されることはないでしょう。

つまり集客するにしても、あくまで手段でしかありませんから、どういった層を集客するのか?どういったキーワードで集客するのか?といった辺りがポイントとなり、しっかりと理解することによってアクセスを増やす=コンバージョンが増えるとは言えないことがわかるかと思われます。

例えば…ミニサイトを複数運営して少ないトラフィックにもかかわらず数十万、あるいは100万円以上もの利益を得ているケースも珍しくないのはこのためです。

ということで今回は、サイト・ブログのコンバージョンを伸ばす本質的な“Webマーケティング”について具体的手法や種類などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

“続きを読む”を設定して記事の冒頭を一部表示させる方法

“続きを読む”を設定して記事の冒頭を一部表示させる方法

WordPressには、続きを読むといった基本となる設定があり、トップページはもちろん、カテゴリやタグなど主に記事一覧ページに表示する各タイトルや投稿日・更新日時だけでなく本文の一部を表示させたい時に活用するものです。

ちなみに本文を途中まで表示させる方法のひとつにプラグインで制御する方法もありますが、WordPressにデフォルトで用意されているタグを利用することによって簡単に残りのコンテンツを“続きを読む”と省略して記事一覧ページに各個別ページの本文一部だけを表示させることができます。

逆にこの“続きを読む”を表示させなければ、記事一覧ページには本文全てが表示されてしまうことになり、例えば1ページに10記事ずつ表示する設定にしている場合だと、ブログのトップページには10記事分の全てのコンテンツが長々と表示されることになります。(※お使いのテーマの仕様にもよります。)

これだと、なんらかのページにランディングした検索ユーザーが他のページも見たいと思ってトップページや各カテゴリページへ遷移した場合、利便性としても非常に悪くなってしまうでしょう。
※本文を一切見せないでサムネイル画像とタイトルのみ表示させるというのもひとつの手です。

そのため、この“続きを読む”を設置する工程はユーザーのためでもあり、タイトルだけでは伝えきれないコンテンツ内容を軽く見せるためのものでもあります。

ということで今回は、WordPressをお使いの場合で、一覧ページに表示する各個別記事の本文の一部だけを表示し、ユーザーにどんな内容なのか?軽くコンテンツのはじまりを見せることができる“続きを読む”について設置方法などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

短縮URLのメリット・デメリットや無料おすすめサービスをご紹介

短縮URLのメリット・デメリットや無料おすすめサービスをご紹介

短縮URLをうまく活用していますか?

そもそもこの“短縮URL”とは、その名の通り長いURLを短く表示したもので、原理としてはデータベースに長いURLを登録して短いURLを発行し、リダイレクトを利用して元のURLへアクセスすることが可能となっています。

そういった自動でURLを短く変換してくれる無料ツールが数多く公開されていて、メールやSNSを利用する際に見た目を考慮してうまく活用している方も多いかと思われます。

ただ、短縮URLにはそういったメリットもあればデメリットなども多少あり、場合によっては後々面倒な作業が発生してしまう可能性なんかも考えられるため、利用するツールも特徴などを簡単にでも確認しておくべきです。

というのも…“Google URL Shorter”といったGoogleが無料で公開していた短縮URLツールが2019年3月30日にサービス終了を発表したように、今まで使用していた短縮URLを全て書き換える作業が必要となる場合があるためです。
※このケースでは今後も継続してリダイレクトされたため大きな問題にはなりませんでした。

ということで今回は、階層の深いページのURLやパラメーター付きによってどうしても長くなってしまうURLを短くすっきりと表示させることができる“短縮URL”についてメリットやデメリット、そして各種ツールなどを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む