PS Auto Sitemap の使い方について設定方法も併せて解説

Webページのサイトマップページを簡単に作成できるWordPressのプラグイン、“PS Auto Sitemap”をご存知ですか?

この“PS Auto Sitemap”とは、WordPressのプラグインのひとつで、デフォルトでは閲覧ユーザー用のサイトマップ(htmlもしくはphp)ページは用意されていないため、必要であればご自身で用意する必要があります。

これを手動で更新するのは当然効率的とは言えませんし、必ず抜けが出てきます。そこでWordPressをお使いの場合なら“PS Auto Sitemap”といったプラグインを導入することによって簡単にサイトマップページを作成できるのはもちろん、一度作ってしまえば後は自動更新もしてくれるため、数多くの方が導入している大変便利なプラグインです。

ちなみにこの“PS Auto Sitemap”によって作成できるページは必ずしも必要ではありませんが、訪問してきたユーザーがサイト内全体を見渡すには非常に有効的なページであり、利便性や内部リンクにも繋がるため、できれば用意しておきたいページのひとつと言えるでしょう。

一方で注意点なんかもあり、記事数があまりにも多い大規模なサイトの場合、ずらっと記事が並んだサイトマップページだと逆に利便性が良いとは言えません。

そういった場合は、手動でカテゴリー毎のリンクや説明文を作り込み、中でも特に重要なページをいくつかリスト化し、後は“続きを見る”といったカテゴリーページへの導線を設置する作り方もひとつの手です。

そのため、サイトマップページとは単に全記事を並べたページというわけではなく、ユーザーは何のために検索してあなたのサイトに流入し、どういったページを探したいがためにサイトマップページへ遷移したのかをじっくりと考えてみると必要なコンテンツがわかるかと思いますので、適宜“PS Auto Sitemap”を利用してみると良いでしょう。

では今回は、訪問ユーザーに対するサイトマップページをWordPressで簡単に作成・更新できる便利なプラグイン“PS Auto Sitemap”について、使い方や設定、実際の作成方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む