キーワードファインダーSEOブログ

【入門編2】ダッシュボードの見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

howto_p01

キーワードファインダーは、競合に勝つための新しいキーワードを見つける機能を備えた、
今までにない新しいSEOキーワード対策ツールです。

【入門編1】サイト・キーワードの登録後、
見つかったキーワードは、マイサイトや競合サイトの順位によって
自動的に分類・整理されます。

SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

ダッシュボードの見方

ログイン後メニューにある【ダッシュボード】をクリック
複数サイトを登録している場合は右上の▼から
対象サイトを選択。

Step.1 おすすめキーワード

おすすめキーワード

なぜ4つに分類するのか?
ご利用ユーザーに分かりやすくSEO/SEMに役立てる為、
4つの分類にしています。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

① おすすめキーワード

関連度:高 / SEO難易度:低
月間検索数:多い
のキーワードが自動的に表示されます。
→SEO対策がしやすく、検索する人が多いキーワード

各キーワード左横の★は初期設定で登録した「管理キーワード」です。
★のマークをクリックすると追加/削除されます。

月間検索数

1ヶ月あたり検索数です。 キーワードファインダーでは10段階のグラフ表示されます。

SEO難易度

SEOを実施する際の、競合の強さ、SEO対策の対策度合いなど、SEO対策する際の難易度です。10段階のグラフ表示されます。

関連度

キーワードが自分のサイトに対して関連性が強いかどうか分かります

関連度について

Googleでは広告出稿の際、広告主様の情報(広告・キーワード・リンク先)が ユーザーにとってどの程度有用かを判定し、広告費・掲載頻度が変動します。
→つまり、関連性が高いと、より少ない費用でより高い掲載順位を獲得できるようになっています。

Step.2 4つのキーワード分類

howto_p02_02
見つかったキーワードは自動的に分類・整理されます。

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

競争キーワード

競合状態にあるキーワード
(自社/競合サイト共に100位以内ランクイン)

競合もランクインしているので、ここに費用をかけるか検討が必要です。

\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

独占キーワード

勝ち組キーワード
(自社サイトのみ100位以内ランクイン)

ひとまずそのままでも問題ないでしょう。

参入キーワード

負け組キーワード
(競合サイトのみ100以内ランクイン)

まず最初に対策が必要です。
SEO/SEMどちらで対策するか検討し、コンテンツの無いキーワードはコンテンツ追加かどうか検討しましょう。

埋蔵キーワード

お宝キーワード
(自社/競合サイト共にランク外)

関連度が高ければ、競合もまだ気づいていない手つかずのお宝キーワードが見つかります。