キーワードファインダーSEOブログ

コンバージョン率とは?CVを上げる効果の高い方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コンバージョン率とは?CVを上げる効果の高い方法について

あなたのサイトのコンバージョン率はどれくらいですか?

コンバージョン率とは、サイトに発生した成約(コンバージョン)数を訪問数で割ったもので、コンバージョンレート(CVR)とも呼ばれます。

まず、サイトを運用するからには、商品購入や申込みなど、必ず何らかの目的があるはずです。
その目的が達成される確率をコンバージョン率と呼び、この数字を改善することができれば、効率よく売上を伸ばすことも不可能ではありません。

では今回は、このコンバージョン率について、その意味と改善する方法についてポイントなどをご説明していきたいと思います。

SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

コンバージョン率とは

コンバージョン率とは、冒頭でもご説明した通り、サイトに設定した目標に訪問者が達成する確率のことを意味します。

そして、この数字を日々チェックして、少しでも改善することができれば、訪問数を増やすことなくサイトからの成約もどんどん増えていきます。

サイトの売上は下記の計算式から成り立っているため、売上を上げるためには、訪問数・コンバージョン率・単価のうちどれかを伸ばすことが必要となります。

(売上)=(訪問数)×(コンバージョン率)×(単価)

このうち、コンバージョン率を上げるためには、成約そのもののハードルを下げたり、コンバージョンするまでの道のりをわかりやすくしたり、工程を減らしたりなど…様々な工夫・施策が必要となるわけです。

このコンバージョンは、アナリティクスでも設定して傾向を確認することができます。設定方法など詳しくは、こちらの「アナリティクスのコンバージョン設定について」もぜひご覧ください。

コンバージョン率の目安・平均とは

では、次にコンバージョン率の平均値についてご説明したいと思います。

コンバージョンには、単純に商品が売れた(成約)場合以外にも、サイトによっては電話してもらうことをコンバージョンとしていたり、ページに一定時間滞在した時点でコンバージョンとしたりと、一概には言えませんが、概ね1%前後がひとつの目安と言えるでしょう。

また、商品購入ではなく、お問い合わせをコンバージョンとしている場合だと当然成果となりやすくなるため、コンバージョン率は上がります。

この辺りを考慮した上で、0.2%だとまだまだ上げられるかもしれない、2%だったら十分、といった考え方から売上を上げる場合の参考値として目標設定をしましょう。

サイトからの売上を伸ばすための考え方については、こちらの「ECサイトの売上を伸ばす施策を考えよう」もぜひご覧下さい。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

コンバージョン率の改善方法について

では、コンバージョン率を改善するにはどういった施策が考えられるでしょうか?

商品を売りやすくすると言っても、そう簡単ではありません。
そのため答えはなく、サイトや設定するコンバージョンの種類にもよります。

色々と試してみて、最適な状態を探ることがコンバージョン率改善の近道となるわけですが、その中でもいくつかポイントがあるので、順にご説明していきたいと思います。

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

コンバージョンさせるページを作る

まず、コンバージョン率を上げるためには、当然ユーザーに欲しいと思わせなければいけません。

そのため、長文に渡る質の高いコンテンツよりも、そういったページは集客用ページと見なし、そこから内部リンクで導線を作り、キラーページとなるLP(ランディングページ)を作るという方法もひとつの手段です。

その場合、メリット・デメリットを端的にまとめて、商品を手にした後に何が得られるのか?商品そのものではなく、どういった価値による変化がもたらされるのかを後押しすることが重要です。

当然、このページでコンバージョンを発生させるため、内部リンクや関係のない広告といった導線は全て排除します。

効果の高い“ランディングページ”を作る方法については、こちらの「ランディングページとは?効果的なランディングページの特徴」もぜひご覧ください。

ボタンを細部までこだわる

ボタンひとつでもコンバージョン率に違いが見られます。
この場合、つい押したくなるようなデザインやページ内での視認率はもちろん、コンバージョンを後押しするコピーを添えるなど、色々とテストしてみると良いでしょう。

最後のボタンまで読み進めてくれたユーザーは、離脱することなく納得している証拠なので、メリットをアピールしてコンバージョンを後押ししましょう。

また、サイトによってはどうしても広告っぽさが出てしまうバナーよりもテキストの方が効果がある場合もあり、自然なテキストリンクとしてキラーページへ誘導しているサイトも多く見受けられます。

そのため、A/Bテストなど、効果を試し繰り返しながら最適化させていくことが大切です。

\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

集客キーワードを再考する

アクセスがあるのにコンバージョンがないサイトの場合、集客しているキーワードそのものに問題がある可能性があります。

しっかりと検索ニーズに潜む答えを調査し、ユーザーがコンバージョンするキーワードで集客することが大切です。

この場合、時期的にGoogle広告などの有料広告を利用してみても良いかもしれません。
検索クエリと、コンバージョンさせるランディングページのライティングがうまく合致した時には良いコンバージョン率が期待できるでしょう。

まとめ

今回はコンバージョン率について、意味と改善するためのポイントについてご説明しました。

コンバージョン率を上げるためには、まず集客用ページを作り込み、ある程度のアクセスを確保した上でサイト内にうまくLPへの導線を作ってコンバージョンさせます。

このコンバージョン率を効率良く上げるためにも、今回ご説明したような要素をいくつか試してみて、サイト・ユーザーに最適なサイト構造を目指しましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒