キーワードファインダーSEOブログ

SEOで必ず行うべきhtmlマークアップ術

効果てきなディスクリプションの書き方

みなさんはサイトを制作している時、htmlを書く時にSEOを意識してマークアップしていますか?
私は、これまでwebデザイン・コーダをメインで仕事をしてきました。

正直なところサイトを納期までに制作することで頭がいっぱいで、
SEOを意識したhtmlのマークアップはあまり行ってこなかったように思えます。

そこで、今回はこれだけは抑えておくべきSEO上必ず行うべきhtmlマークアップをお届けします。

続きを読む

meta descriptionとは?クリックを誘う効果的な文字数や書き方について

meta descriptionとは?クリックを誘う効果的な文字数や書き方について

SEO対策を行う上で、meta description(メタ ディスクリプション)の文字数などを意識してしっかりと書いていますか?

この“meta description”は、検索結果に表示されるもので、そのページに一体どういった内容のコンテンツが書かれているのかを端的に表現するものです。

とは言っても、現在のSEOでは、この“meta description”は評価の対象ではないため、自動設定にしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、この部分は検索ユーザーがあなたのページにアクセスするかどうかの判断材料のひとつとなるため、クリック率にも大きく影響する重要な要素となります。

そのため、思わずクリックしたくなる…といった魅力的な書き方によっては、上位のページよりも多くのクリックを獲得できるため、しっかりと対策しておきたいところです。

では、今回はこの“meta description”について、効果的な文字数や書き方などについてご説明していきたいと思います。

meta description(メタ ディスクリプション)とは?

まずはじめに、meta descriptionとは検索ユーザーや、検索エンジンにページの内容を簡潔にまとめて伝える要素で、“スニペット”とも呼ばれます。

そして、検索結果では以下のようにページタイトルとともに表示され、文字数に制限はあるものの、ユーザーにどういった内容のコンテンツが用意されているのかをアピールできる箇所でもあります。

meta descriptionの最適化

また、このmeta descriptionは、ページのhead内に記述するもので、空欄にしておいても、Googleが本文から適切と思われる箇所を抜粋して表示します。

さらに、しっかりとdescriptionを記述していても、適切ではないと判断された場合、勝手に書き換えられてしまいます。

ここで、検索ユーザーにあなたのコンテンツを魅力的に表現したdescriptionが表示されていれば良いんですが、検索結果でどのページをクリックしようか迷った時に、ここに適当な文言が表示されていたらクリックも期待できません。

そのため、descriptionには、ページの内容に合ったものを端的に記述しておく必要があるわけです。

meta descriptionの文字数について

では、descriptionに記述する文字数について考えてみましょう。

ご覧のように、以前は約120文字程度の表示となっていて、それ以降は「…」と表示されてしまい、省略されてしまいました。

121文字以上だとdescriptionが省略されてしまう。

そして、この仕様については、倍程度の表示になったりと度々変更となっているようですが、2018年8月の時点ではまた以前のように120文字程度の表示となっているようです。

そのため、descriptionを効果的に記述するためには、120文字程度にまとめることが大切と言えるでしょう。

さらに言うと、その120文字の中でも前半に大切な説明文を表示させることが重要で、ユーザーにとって読みやすく、わかりやすくまとめて記述します。

スマホに表示されるmeta descriptionについて

また、上記はパソコンの場合でしたが、近年はモバイルフレンドリーの流れにより、スマホの最適化も考慮しなければいけません。

というのも、スマホでの検索結果ページに表示されるdescriptionの文字数は、パソコンとは異なり少なくなるからです。
そして、この仕様も度々変更を繰り返し、2018年8月の時点では、そのページによって多少前後はあるものの、およそ90文字前後のdescriptionが表示されている状況です。

これによって、重要な説明文は前半に持ってくることがよりポイントとなるということがおわかりいただけるかと思います。

meta descriptionの書き方について

次に、このページの内容を説明する“meta description”の書き方についてですが、こちらはタイトルタグ(<title>)と同じく、以下のようにHTMLの<head>~</head>内に記述します。

<head>
<meta name="description" content="ここにディスクリプションのテキストが入ります">
</head>

これが、検索結果に表示されるページの概要となるわけです。
そして、先ほど“パソコンの場合120文字程度”とご説明しましたが、スマホを考慮すると90文字程度で簡潔にまとめておくと良いでしょう。

また、descriptionは直接SEOに影響を与える要素ではありませんので、無理にキーワードを詰め込むことなく、検索ユーザーにとってわかりやすい説明文を心がけてください。

では、以下にdescriptionの書き方についてのポイントについてご説明していきたいと思います。

読みやすさを考慮してまとめる

検索ユーザーは、全てのコンテンツをじっくりとは読みません。
Webコンテンツの特徴でもありますが、ユーザーは基本流し読みをして、気になったページをクリックします。

そのため、ぐっと引き寄せられるようなコピーを含めたもので、ページタイトルを元にどんな内容が記載されているのかを端的に魅力的にまとめることが重要です。

対策キーワードを入れる

検索キーワードがdescriptionに含まれていると、検索結果ページでは下記のように太字で表示されます。

このように、ぱっと見目立つことから、ユーザーの目を引くことができるため、不自然にならないように対策キーワードを入れて、タイトルを補足させ、その先に何が書いてあるのか?ぜひ読んでみたいと思わせる内容で設置しておきましょう。

ここをないがしろにしてしまっては、その先のコンテンツに対する期待感も損なわれてしまうため、ユーザーは訪問することなく違うページへ誘導されてしまうでしょう。

このことから、descriptionはしっかりと考えた上で設置し、なぜ重要な説明文を前半に持ってくるのか理由がわかるかと思います。

書き換えられている場合は内容を見直す

先ほどもご説明した通り、Googleでは適切ではないと判断した場合、コンテンツから一部抜粋する形でdescriptionを自動で書き換えて表示します。
詳しくは、Search Consoleヘルプにも記載されているので、参考にしてみると良いでしょう。
参考:検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

これは、ページタイトルとコンテンツに対してdescriptionがうまくマッチしていないことが原因と思われるので、定期的に検索結果をチェックして、もし書き換えられていてクリック率にも影響しそうな表現となっている場合は、一度内容を見直し、様子を見てみましょう。

この自動で書き換えられてしまったdescriptionは、ご自身では対応できません。
適切な内容に修正して、Fetch as Googleによってクロールを促して後ほどチェックしてみてください。

クリック率をチェックする

サーチコンソールの「検索トラフィック」から「検索アナリティクス」へ進むと、検索キーワードごとの検索順位と、そのクリック率を調べることができます。

ここで、順位が高いのにクリック率が低い場合、ページタイトル、もしくはdescriptionの表現に問題がある可能性があります。

その場合は、しっかりとコンテンツを見直し、適切なdescriptionに修正しておきましょう。

他のページと重複しない

次に、descriptionを設定する際の注意点として、他のページと重複しないという点が挙げられます。
これは、サーチコンソールの「検索での見え方」から「HTMLの改善」へ進むと重複しているページを確認することができます。

これを元に、問題がありそうなページは修正しておきましょう。
ページャーとして分割されたページの場合では問題ないとされていますが、同じ説明文が多数のページに渡って設定されていては、検索エンジンだけでなく、検索ユーザーにとってもわかりにくいものとなってしまいます。

そういった場合は、descriptionが自動で書き換えられている可能性もあるため、クリック率を下げないためにも定期的にチェックしておきたい要素です。

まとめ

今回は、ページの内容を説明する“meta description”についてご説明してきましたが、このdescriptionは、実際には順位に影響しないため、Googleによる自動表示を利用している場合も多いかと思います。しかし、クリック率にも影響するもので、サイトからの集客としては重要な要素のひとつとなります。

そのため、descriptionはユーザーをご自身のページへ誘導するために、いかに魅力的な説明文にできるかが重要となり、じっくりと考えて設定する必要があります。

上位表示できてもクリック率が低ければ高い集客効果は得られません。適切なdescriptionを心がけて、定期的にチェックしておきましょう。

アナリティクスとGoogle広告(アドワーズ)を連携する方法について

アナリティクスとGoogle広告(アドワーズ)を連携する方法について

Google広告を利用した集客を行っている場合、アナリティクスとGoogle広告(旧:アドワーズ)を連携することによって、ユーザーの行動など様々な数値を見ることができます。

そのGoogle広告の管理画面では、クリック数やCV数、広告の表示回数などを確認することができますが、アナリティクスと連携することによって、さらに詳しいデータを元に広告配信の改善に役立てることができます。

では今回は、Google広告で広告配信を行う場合に、はじめに設定しておきたいアナリティクスとGoogle広告の連携方法についてご説明していきたいと思います。

続きを読む

Googleアナリティクスの導入・設定方法について

Googleアナリティクスの導入・設定方法について

アクセス解析に“アナリティクス”の導入をお考えですか?

サイトのアクセス解析と言えば、この“Googleアナリティクス”が定番として多くの方がご利用されているかと思います。

そして、このアナリティクスに表示されているデータからは、ご自身のサイトへアクセスして来たユーザーの行動を読み取ることができ、これを元に改善を繰り返すことができるというもので、サイト運営には欠かせない必須ツールのひとつと言えるでしょう。

では今回は、この重要なアクセス解析をこれから導入しようとお考えの方のために、アナリティクスの初期設定について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

ネイティブ広告とは?ステマと何が違うの?

ネイティブ広告とは?

最近、ちらほら見かける「ネイティブ広告」という言葉。
正直、この「ネイティブ広告」という言葉を聞いて私はどういった広告なのかさっぱり想像がつきませんでした。
そこで本日は「ネイティブ広告」についてご紹介します。

続きを読む

コンバージョン率とは?CVを上げる効果の高い方法について

コンバージョン率とは?CVを上げる効果の高い方法について

あなたのサイトのコンバージョン率はどれくらいですか?

コンバージョン率とは、サイトに発生した成約(コンバージョン)数を訪問数で割ったもので、コンバージョンレート(CVR)とも呼ばれます。

まず、サイトを運用するからには、商品購入や申込みなど、必ず何らかの目的があるはずです。
その目的が達成される確率をコンバージョン率と呼び、この数字を改善することができれば、効率よく売上を伸ばすことも不可能ではありません。

では今回は、このコンバージョン率について、その意味と改善する方法についてポイントなどをご説明していきたいと思います。
続きを読む

内部対策とは?チェックしておきたい重要ポイントについて

内部対策でチェックしておきたい重要ポイントについて

SEO対策のひとつ、“内部対策”を意識してサイト管理を行っていますか?

検索順位を上げるためには、様々な要素が考えられます。
そして、その要素を意味する“SEO対策”には、大きく分けて内部・外部の対策があり、どちらもしっかりと対策したことによって“コンテンツの質”がより正しく評価されるようになります。

その重要な対策のひとつ“内部対策”とは、その名の通りサイト内部に関する施策を意味し、検索エンジンだけでなく、ユーザーに対しても、閲覧していてわかりやすい構造にすることができるため、利便性にも効果的と言えるでしょう。

では、今回はSEO対策に重要な“内部対策”について、抑えておきたい重要なポイントなどを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む