キーワードファインダーSEOブログ

コンテンツマーケティングに使える!Googleアナリティクス5つのレポート機能

コンテンツマーケティングで使えるGoogleアナリティクス機能

GoogleアナリティクスのデータはWebマーケターやディレクターにとって大変役立つデータが無限にあります。取り扱うデータやレポートがあまりに無限にあるので、はじめてGoogleアナリティクスを利用される方は、どのデータをチェックすべきか混乱する方が多いかと思います。

今回は、コンテンツマーケティングを行っている方に役立つGoogleアナリティクス5つのレポート機能をご紹介します。

1.トラフィック

トラフィックレポートはサイト全体の中でどのページが1番トラフィックを集めているかが分かります。デフォルトの状態では、サイトの滞在時間や直帰率などの指標もチェックすることができます。

【Googleアナリティクスの見方】

行動> サイト コンテンツ > すべてのページ

Googleアナリティクス>サイトコンテンツでトラフィックを見る

一覧の行数を見たい場合は一覧の右下にある「表示する行数」の数字を調整して下さい。
一覧の表示は表右下の「表示する行数」で調整
また、このレポートの右上に調べたい期間の設定も行いましょう。

【コンテンツの改善を行う】

  • 「直帰率」「平均ページ滞在時間」をチェックし、ユーザーに不人気のコンテンツを見つけ、コンテンツを充実させていきましょう
  • なぜ、直帰率や平均ページ滞在時間の数値が悪いのか?
  • コンテンツないでリンク切れを起こしていないか?
  • などを想定し、対象ページの修正を行いましょう。

2.ナビゲーション サマリー

Googleアナリティクスではページ遷移が確認できる「ナビゲーションサマリー」 という機能があります。

このナビゲーションサマリーはあなたのサイト上でのユーザーの一連の行動を
チェックすることができるのでサイトの回遊率の改善に役立つサマリーです。

例えば「サイトのリニューアルや、改善時にどのページを改善するか?」
「平均セッション時間が低い」といった場合、回遊率の低いページを対象に改善を行う必要があります。

【Googleアナリティクスの見方】

行動> サイト コンテンツ > すべてのページ > [ナビゲーションサマリー] タブをクリック

Googleアナリティクス>ナビゲーションサマリーを見る

[前のページ遷移]対象ページの前にどのページを遷移しているのか?
[次のページ遷移]ユーザーが次にどんな情報を知りたいのか?

Googleアナリティクス>ナビゲーションサマリー>ページ遷移を見る

現在の選択範囲

[現在の選択範囲]▼をクリックするとページ候補がでてくるので気になるページを選択すると特定のページを見ることができます。

Googleアナリティクス>ナビゲーションサマリー>現在の選択範囲を見る

【コンテンツの改善を行う】

  • ユーザーフローの前後を分析することでどのフローがコンバージョンにつながりやすいのか?を分析する
  • ユーザーが求めている情報は何かを想定し、導線となるリンクを調整する

3.オーガニック検索からの流入

オーガニック検索(organic search)はリスティングといった広告を含まず、検索結果から流入してくる自然検索流入のことをいいます。オーガニック検索からの流入は基本的に広告を含まないので費用はかかりません。
その為、オーガニック検索からの流入を増やすことはコスト削減につながるのでとても重要な指標と言えます。

オーガニック検索で人気のあるページを理解することでユーザーが何をあなたのサイトに求めて訪問しているか分かります。

【Googleアナリティクスの見方】

集客 > すべてのトラフィック > チャンネル
上の「ナビゲーション サマリー」のタブをクリック

Googleアナリティクス>トラフィック>チャンネルを見る

補足:各チャネルについて

  • Organic Search:オーガニック(自然)検索
  • Direct:直接流入
  • Referral:別サイト流入
  • Social:ソーシャルメディアからの流入
  • Email:メール、メールマガジン等からの流入
  • Paid Search:有料検索(広告)からの流入
  • Other:その他の流入

オーガニック検索流入が多いページを調べる

キーワードファインダーを使って上位ランキングキーワードとランディングページをチェックし、オーガニック検索流入が多いページをチェックしてみます。

ページ > 順位で絞る > [10位以内にランクインしたキーワード]

キーワードファインダー https://keywordfinder.jp/


このツールを使ってみる

【コンテンツの改善を行う】

オーガニック検索からの流入が多いページの変更は注意が必要です。
なぜならば、Googleで上位にランクインされている可能性があるからです。

  • コンテンツの変更は慎重に行います。
  • キーワード結果が対象ページの意図とどのくらい一致しているかを確認します。
  • オーガニック流入の多いページはコンバージョンにつながりやすい内容か?
  • オーガニック検索から多くのトラフィックを獲得しているページを参考に、なぜトラフィックを獲得できているのかを分析し、他のコンテンツにも役立てるヒントとして活用しましょう

4.コンバージョン

ほとんどのコンテンツマーケティングにおいてコンバージョンは重要な指標です。

コンバージョンとはあなたのサイトで獲得できる成果や目標といった指標です。
そのコンバージョンの定義はサイトそれぞれで異なります。

例えば以下のような項目がコンバージョンとよく定義される場合があります。

  • お問い合わせ
  • 商品の購入
  • イベントの申込み
  • メルマガの登録
  • 契約

まずはコンバージョン、目標を決めて
Googleアナリティクスで設定を行いましょう。

(まずは目標の設定を行います)
Googleアナリティクスに「目標」を設定してコンバージョンを計測できるようにする
参照:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/06/30/23157

【Googleアナリティクスの見方】

コンバージョンと流入サイトのチェック
集客 > すべてのトラフィック > 参照元/メディア
一覧右上の「コンバージョン」で設定した目標を選択する

Googleアナリティクス>トラフィック>参照元/メディアを見る

一覧の行数を見たい場合は一覧の右下にある「表示する行数」の数字を調整して下さい。
また、このレポートの右上に調べたい期間の設定も行いましょう。

【コンテンツの改善を行う】

  • どのサイトからのユーザーがコンバージョンしやすいか?
  • アクセスは多いがコンバージョンがとれないサイトがあるか?
  • 広告やバナーからの効果はどれくらいか?

補足:各メディアについて

  • /organic →検索結果ユーザーからのアクセス
     例)google/organic
  • /cpc →Googleアドワーズ広告
     例)google/cpc
  • /(none)  →ブックマークなどからのアクセス
     例)(direct) / (none)

5.サイトコンテンツ

サイトコンテンツのデータをチェックすることで
どのコンテンツにアクセスが集中していて、コンバージョンが多く獲得できているコンテンツが分かるので
修正すべきコンテンツを特定しやすくなります。

【Googleアナリティクスの見方】

行動 > サイトコンテンツ > ランディングページ

一覧の行数を見たい場合は一覧の右下にある「表示する行数」の数字を調整して下さい。
また、このレポートの右上に調べたい期間の設定も行いましょう。

【コンテンツの改善を行う/注目すべき指標】

  • セッション数
  • 直帰率&平均セッション時間
  • 目標

セッション数

セッション数の多いコンテンツは対策キーワードが上位にランクインしている可能性が高いです。
せっかく集客できているページなので、コンバージョン数が低ければコンバージョンにつながりやすい
コンテンツに修正していきましょう。

ただし、上位キーワードにランクインされている可能性が高いので、コンテンツの修正は
慎重に行いましょう。

直帰率&平均セッション時間

平均セッション時間が短いコンテンツはコンバージョンのチャンスを逃している可能性があります。
コンテンツ内容が不足しているのか、キーワードと内容の関連が弱いのかを分析し、
コンバージョンしやすい内容に修正していきましょう。

目標

サイト上で本来の目的である成果の数、コンバージョンはマーケティングを行う上で
とても重要な指標です。
どのページがコンバージョンされやすいのか?
どのページがコンバージョンが低いのか?

をチェックしながら、コンバージョンされやすいコンテンツを増やして行きましょう。

まとめ

Googleアナリティクスは取り扱うデータがとても膨大ですが、どのデータを見てコンテンツを分析・修正するのかなどが分かればとても役立つツールとなります。

また、アナリティクスは無料で使えるというのも一番の魅力だと思います。

自分なりにコンテンツ修正にはどんな情報が必要なのか?流入を増やすにはどんな時データがあれば分析できるのか?を考えながらサイトの改善を行って行きましょう。

 

PR


[PR] not providedで見えなかった流入キーワードが分かる!?

 

コンテンツ強化に役立つ「検索上位サイト分析」

サイト一括取得ツール「コンテンツファインダー」