キーワードファインダーSEOブログ

衝撃【Googleキーワードプランナー】広告費が低いと月間検索数(ボリューム)が見えなくなる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検索キーワードを知る方法

先週のお盆明けに衝撃がはしりました。
なんと、Googleのキーワードプランナーが低広告予算でアドワーズ(Adwords)広告を運営しているアカウントは
月間検索ボリュームがおおまかにしか見れなくなるというショッキングなニュースです。

海外ではすでにGoogleアドワーズの制限が実地されはじめている

Googleキーワードプランナー表示制限(海外)

今までと異なる部分

  • 平均検索数の表示が「100K-1M」※海外仕様とおおまかな表現に
  • 平均月間検索ボリュームの青い推移グラフがない

新しい月間検索数の表現(海外.ver)

  • 0
  • 1-100
  • 100-1K (100〜1000)
  • 1K-10K (1000〜1万)
  • 10K-100K (1000〜1万)
  • 100K-1M (10万〜100万)
  • 1M+ (100〜1000)

ちなみにいままでの結果画面

Googleキーワードプランナー

Googleからキーワードプランナーについてのアナウンス

これはGoogleのAdWords Communityのマネージャーがアナウンスしたものです。

  • Most advertisers will see search volume data in Keyword Planner as usual.
  • Advertisers with lower monthly spend may see a limited data view in the Keyword Planner. For example, you may see values such as 0, 1-100, 100-1K, 1K-10K, 10K-100K, 100K-1M, 1M+ in the average monthly searches column. In addition, other advertisers may trigger the limited data view by reaching a limit on the number of searches for search volume data (specifically, requests to our API).
  • Access to traffic forecast data will remain unchanged.

These changes will ensure that AdWords advertisers are able to get the data they need to optimize their accounts.

  • ほとんどの広告主は通常どおり検索ボリュームが見ることができます。
  • 毎月の広告費が少ない広告主は表示に制限がかかることがあります。
    例えば、月間検索数の表示を0、1〜100、100〜1000、1000〜1万、1万〜10万、10万〜100万、100万以上と表示されます。
    さらに検索ボリュームデータ調査の上限数に到達したことによって
    データ制限が発生する広告主も出てくるかもしれません。
    (特に、APIを利用してのリクエスト)

【参照】

SEOに大きな痛手か?AdWords広告予算が少ないと、キーワードプランナーで月間検索ボリュームが手に入らなくなる(海外SEO情報ブログ)
Google Keyword Planner Showing Data Ranges For Advertisers Without Campaigns, A Bug?(SEARCH ENGINE)
Google’s Keyword Planner Tool Providing Limited Data to Low Spending Advertisers(SEJ)

Googleの月間検索数(ボリューム)が把握できなくなるとどうなるか?

コンテンツのキーワード選びがさらに困難

今や主流になっているコンテンツマーケティング。
このコンテンツ制作をする上でもっとも重要なのはキーワード選びです。

コンテンツマーケティングを成功させるには、多くの人が興味を持っているキーワードでコンテンツを制作する必要があります。
この時、必要となる情報が月間検索数(ボリューム)なのです。

上昇キーワードが予測できない

月間検索推移グラフ(青い)が表示されないと、上昇傾向にあるキーワードの予測がつきにくくなります。
以前、「キーワードプランナー|知っておくと便利!キーワード選定に便利な5つの使い方
という記事を書いたのですが、その中で【増加傾向にあるキーワードを早めに対策する】というのをご紹介しました。
月間検索推移グラフを見て、今後上昇しそうなキーワードかどうか調べて早めに対策をするという方法ですが、この対策ができなくなってしまいます。・・・・

いくら払えば今まで通り表示されるか?

adwordsにどれだけ広告費を投入すれば閲覧できるようになるのかはまだ不明

今のところ、どれだけの広告費を投入すれば確実に閲覧できるようになるのか、までは公表されていません。

Google キーワードプランナーは本来、広告の為のツール

よくよく考えると、Googleのキーワードプランナーは本来、広告を出稿する人の為のツールでしたよね。
「今まで無料で使えてたのに、なんで!?」と衝撃があったかと思いますが、キーワードプランナーは本来Googleで広告を出稿するための人に提供された無料ツールというのを考えると当然の対処でしょう。

Googleキーワードプランナー以外のツールは?

Googleキーワードプランナーの仕様が変更された場合に知っておきたいツール

1.KEYWORD FINDER

キーワードの月間検索を調べるツール「キーワードプランナー」

月間検索数・難易度・関連度はもちろん、キーワードごとのCPCや順位などが分かります。しかも、キーワードとサイト登録を行えば新しいキーワードを自動で取得するという便利な機能がついています。

2.KEYWORD FINDER COMPACT

キーワードの月間検索を調べるツール

こちらはURLかキーワードを入力するだけで関連キーワードと月間検索数、CPC、難易度を取得してくるツールです。制限はあるものの、無料である程度使えるツールです。

3.SEMrush Competitive Data(海外)

ドメイン、キーワードを入力し、国指定をするだけで
過去12ヶ月の平均月間検索ボリュームはもちろん、関連キーワード、順位など細かくチェックすることができます。

検索数が多い、旬のキーワードを知る方法はないのか?

1.Googleオートコンプリート機能

googleオートコンプリート

Googleのオートコンプリート機能を使えば、他のユーザーが検索しているキーワード(話題の検索キーワード /急上昇ワード を含む)が分かります。
話題の検索キーワードは、ご利用の地域で人気を集めているキーワードであり、1 日を通して変化します。
月間検索数の数ははっきりと表示されませんが、オートコンプリート機能を使えば、旬のキーワードを探しやすくなります。

【参照】 オートコンプリートを仕様したGoogle検索〜オートコンプリートの仕組み

まとめ

いかがでしたでしょうか?まだ私のアカウントは通常通り月間検索数が見える状態でしたが、いつ急に変更されるかわからないので、みなさんも早めの対策をしておいた方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ強化に役立つ「検索上位サイト分析」

サイト一括取得ツール「コンテンツファインダー」