キーワードファインダーSEOブログ

webマーケティングの要!アナリティクスでユーザーを分析してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

googleアナリティクスでユーザーを分析

みなさんはWebマーケティングを行っていますか?
おそらくこのサイトを訪問されているほとんどの方がWebマーケティングを行っている方、もしくはやり始めたという方かと思います。

今回は、Webマーケティングの最初の要となるユーザー分析をgoogleアナリティクスを使いながら、
どこからきたユーザーが優良顧客なのかを見極める方法をご説明します。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

現状のユーザーをまずは知る

あなたのサイトはどこのユーザからアクセスが多いですか?
どこのユーザーが売上に結びつきやすいですか?

サイトに訪問するユーザーはバナー広告やリスティング、オーガニック検索など、
きっかけとなるソース元が必ず存在し、そのソース元となるのは実に様々です。

その中でどこからのユーザーが売上に結びつきやすいのか?を知るだけでwebマーケティングの次の一手を考えやすくなります。

Google アナリティクスを使う

まずは、ユーザーを分析するにはGoogleアナリティクスを使います。

Googleアナリティクスの詳しい設定方法はこちらを参照してください。
簡単!Googleアナリティクスの始め方 | 初期設定方法

Googleアナリティクスでユーザー分析を行う

1.どこからアクセスが多いのかを知る

まずはあなたのサイトはどこから来ているユーザーが多いのか?
リピーターが多いのか?を把握していきましょう。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

google アナリティクス

googleアナリティクスで参照元を分析する

  • アナリティクスにログインし、上の「レポート」をクリック
  • 左メニュー 集客 > すべてのトラフィック >参照元/メディア を選択
    ※期間の指定があれば右上の日付で設定

「月にどれくらいの訪問があるのか?」「1日どれくらいのアクセスがあるのか?」

→セッションの数をチェックします。

「どこからのユーザーが多いのか?」

→「参照元/メディア」の項目をチェック

「新しいユーザーがどれくらい増えたのか?」

→「新規ユーザー」をチェック

\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

2.どこからのユーザーが売上につながりやすいのか?

google アナリティクス

googleアナリティクスで参照元を分析する

  • アナリティクスにログインし、上の「レポート」をクリック
  • 左メニュー 集客 > すべてのトラフィック >参照元/メディア を選択

「どこからのユーザーが売上につながりやすい?」

→「コンバージョン」をチェック

右側のコンバージョンの数値をチェックし、参照元/メディアをチェックし、どの参照元がコンバージョンの数が多いのか分析します。

アクセスが少ないにも関わらず、コンバージョンが多い場合は、その参照元からのアクセスを伸ばす施策を行いましょう!

アナリティクスで目標(コンバージョン)を設定する方法
  • アナリティクスにログインし、上の「アナリティクスの設定」
  • アカウント(選択) > プロパティ(選択) > ビュー(選択)し、その下の「目標をクリック」
  • 「新しい目標」をクリック
  • 目標の説明:例)売上、お問い合わせ
    到達ページ:チェック
    「続行」をクリック
  • 目標の詳細
    到達ページ:「等しい」を選択。URLを入力(到達するとカウントされる)し、保存。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

3.どのページにアクセスが集中しているのか?

google アナリティクス

googleアナリティクスでアクセスが集中しているページを知る

  • 左メニュー 行動 > サイトコンテンツ >ランディングページ を選択
    ※期間の指定があれば右上の日付で設定

「どのページにアクセスが集中しているのか?」

→「ランディングページ」でセッションが集中しているURLをチェック

また、セッションの数が多いにも関わらず、「お問い合わせ」や「購入」の数が少ないという場合は、ページの内容を見直す必要があります。

ランディングページCV率を劇的に上げる方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はgoogleアナリティクスを利用して、webマーケティングの要となるユーザー分析を行いました。

闇雲にリスティングやバナー広告を行うのではなく、しっかりと現在の自分のサイトにユーザーはどこからやってきているのか、売上が多いソース元はどこかをしっかりと見極めてからマーケティングの施策を行っていただければと思います。