キーワードファインダーSEOブログ

今さら聞けない!マーケティングオートメーションの特徴と利点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マーケティングオートメーションの特徴と利点

「マーケティングオートメーション(MA)」という言葉はマーケティング担当者であれば、最近一度は耳にしたことがあるかと思います。
今日は、よく耳にするけど正直よく分からないという方にマーケティングオートメーションについて詳しくご説明したいと思います。

SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとはマーケティングと販売契約を自動化してより多くのリードを生み出し、企業のマーケティングタスクやワークフローを合理化、自動化、および測定することを可能にしたプラットフォームです。これにより、業務の効率化と収益の向上を迅速に行うことができます。

マーケティングオートメーションは、顧客や見込み客に対して、どんなアクションをとってきたかを記録し、「最適なコンテンツを最適なユーザーに最適な方法で届ける」ことを目的としています。

マーケティングオートメーションの市場規模は48億円以上!?

市場調査会社の富士キメラ総研の調べによれば

“マーケティングオートメーション(MA)ツール”の2015年度の市場規模は約48億円だった。同社は今後も市場が成長し続けると予測しており、20年には15年の約2.5倍に当たる122億円に達する見込みだ。

(参照:PRESIDENT Online「マーケティングオートメーションツール、今後5年で2.5倍に」)

従来のマーケティング方法との違い

マーケティングを効率的に実践しようという観点では、従来のwebマーケティングもマーケティングオートメーションも共通しています。

しかし従来のwebマーケティングの概念は早くコンバージョンまで誘導することを主軸に効率化を図っていたのに対して、マーケティングオートメーションは、長期的かつ的確にユーザーへのアプローチを自動で行うことで最終成約率を向上させようとする点がことなります。

マーケティングオートメーションの特徴

マーケティングオートメーションで可能なこと、特徴をまとめました。
※ただし、自動化を行う部分の詳細は各提供製品によって異なります。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

1.メールマーケティング

リード(見込み客)のレベル、興味のある内容ごとに自動で最適化されたメールを送信することが可能。 A / Bテストを実行し、レンダリングレポートを表示します。

2.リードのスコアリングと格付け

リードをたくさん保有するのはいいですが、実際に購買意欲がないリードを保有しているのは意味がありません。
誰があなたのサイトに興味を示しているのかを理解し、理想的な顧客プロファイルに合致する人のみをフォローアップします。

3.フォームとリンク先ページ

フォームやカスタムランディングページを使用して見込み客情報を簡単に収集できます。

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

4.リードを育てる

見込みのあるユーザーごとにアプローチを変え、
パーソナライズされた情報を表示させ、購買へつなげます。

5.アクティビティの追跡

各顧客の関心を自動で理解し、誰がリアルタイムでフォローアップを行うかを把握します。

マーケティングオートメーションは実際、どう役に立つのか?

マーケティングオートメーションはセールスとマーケティングが1つの一貫性をもって働き、Web集客から販売まで、リードを自動化し最適化することができます。

マーケティングオートメーションの利点

\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

1.時間と労力の節約

マーケティングオートメーションは時間と労力を減らしてくれます。このマーケティングの自動化により新しいキャンペーンのアイディアを思いついたり、重要なリードを育てたりするなどの時間が生まれます。

2.人為的ミスが減る

反復的な作業を手動で実行していると人為的なミスが発生しやすくなります。マーケティング業務の一部を自動化することで人為的ミスが減り、マーケティングの精度が上がります。

3.質の高いリードの獲得

マーケティングオートメーションの最大のメリットの1つは、
ニュースレターへの関心がある人や、ブログを閲覧してくれた人など、販売経路の適切なポイントにいる人たちに手を差し伸べることができるということです。
質の良い・悪いリードが混ざった電子メールアドレスのリストだけではなく、購入に繋がるアクションを行ったユーザーにランク付けをして質の高い見込み客のリードを獲得することが出来ます。

まとめ

マーケティングオートメーションの市場はこれからさらに延びると予測されていますが、マーケティングオートメーションを導入すればすべてが自動化されるというわけではありません。
導入前にきちんと目的や検証、購入までの道筋のシナリオを考える必要があります。
導入する前に一度、しっかりとマーケティングオートメーションを導入することで自社にどういった利点が生まれるのか改めて考えるとよいでしょう。