サイト内全ページの順位が付いているキーワードなどの情報を一括取得!
あなたの順位改善に役立てるための機能がさらに強化されました!

「レビュー機能(β版)」導入!

「レビュー機能(β版)」導入!


[レビュー機能(β版)]

サイトURLを指定するだけで全ページのURLやtitle、ステータスコードだけでなく、順位が付いているキーワードなどの情報を一括取得します。
※上限1000ページ

Check !

ページに流入しているキーワード情報を一括取得!
正しくページが評価されているのかをチェック

ここでは最も順位が高いキーワードを抽出、さらにGoogleサーチコンソールと連携することで流入数が多いキーワードを順位とともに確認できます。

これを元にターゲットキーワードで上位表示できているのか?それとも別のキーワードで評価されているのかがわかるため、大幅なリライトが必要なのか?閲覧ユーザーに対して不必要なコンテンツが含まれているのか一目瞭然です。

最近は新規記事も重要ですが、既存の記事をまず上位させることが必須で、低評価されている状態のまま放置しておかないためにも定期的に流入キーワードのチェックが必要となります。

ページのキーワード情報を一括取得
Check !

ページの状態を自動で取得!
サイト内の重要なページに問題がないかチェック

同ページでは、HTTPステータスコードやリダイレクト設定も一覧で確認でき、コンバージョンに貢献している重要なページに問題がないかどうかすぐに把握できます。

また、サイトのボリュームが大きくなればなるほど記事の削除や統合などによる301リダイレクトを活用することになります。

しかし、この辺りに関しても一覧でステータスコードを確認することによって万が一の機会損失を防ぐことができるため、1ページずつステータスコードをチェックするよりも遙かにわかりやすく管理することが可能です。

ページの状態を取得
Check !

対策する方針をメモできます!
これらのデータは全てCSV出力可能!

サイト内の各ページの状態をチェックした後は、リライトや削除、場合によってはnoindexを活用して改善することが重要で、そういった施策を簡易的にメモすることができます。

これは、新しいコンテンツが日々サイトに追加され、その規模が大きくなるほどサイトは複雑化していきますが、このレビュー機能(β版)を使うことで、titleの重複、順位が付いていないページの管理など、サイト全体の状況を把握することが可能です。

そして検索順位を改善するために行った施策をメモしておき、何が効果的だったのか?逆に順位が下がった施策は何だったのか?といったことを後ほど見直すと非常に参考になることでしょう。

対策すべき方針などを記録(メモ)できます

コンテンツマーケティングに便利な機能

キーワードファインダー機能のご紹介

Check !

コンテンツ・記事を書く前に効果的なキーワードを
おすすめのキーワードを
自動で取得表示

SEO対策におすすめのキーワードを毎日自動で取得、表示してくれます。

コンテンツ・記事を書く前に効果的なキーワードをを自動で取得表示
Check !

not providedで見えなかった流入キーワードがわかる!?
想定流入キーワードを表示!

Googleアナリティクスとサーチコンソールとも連携が可能!
連携データはもちろん、月間検索数と順位が見えるので
どのキーワードを優先対応すべきかが分かりやすくなっています。

not providedで見えなかった流入キーワードが見える!?

数々の実績と経験がある弊社のツール

マーケティングツール1

rishirikonbu.jp

関連語・候補キーワード一覧抽出ツール

マーケティングツール2

bullseo.jp

キーワード順位チェックツール

マーケティングツール3

aramakijake.jp

検索数、順位ごとのアクセス数を予測するツール

無料デモ体験はこちら(7日間)

一部機能制限はありますが、ほぼ全ての機能が体験できます

フォームに必要事項を明記の上、お申込みください。

株式会社ディーボの南保(なんぽ)と申します。

お問い合わせや無料デモ体験中の
ご不明点等ございましたら
お気軽にご連絡ください。

1社1アカウントまでとなります。またご登録会社名、担当者名、その他ご入力いただきました情報に不適切な内容、虚偽等があると判断した場合、デモ登録を実施しない場合がございます。予めご了承ください。また無料デモ体験終了後、自動的に有料契約となることはありません。