キーワードファインダーSEOブログ

ペイドメディアとは?役割を理解して潜在層へリーチしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ペイドメディアとは?役割を理解して潜在層へリーチしよう

ペイドメディアをご存知ですか?

この“ペイドメディア”とは、Webマーケティングを行う上で、自社の商品などをどのように広めるのか?その手段のひとつとなるもので、オウンドメディアやアーンドメディアと合わせて“トリプルメディア”と呼ばれます。

中でもこのペイド(Paid=支払う)メディアとは、その名の通り費用をかけて広告を出稿するメディアのことを指します。

そして、ブログなど自社で運用するオウンドメディアを通して一般ユーザーにサービス・商品を広める際、このペイドメディアを利用することによってアピールしきれない潜在ユーザーなどにリーチすることができるため、オウンドメディアを運用しているなら、同時に活用していきたいメディアのひとつと言えるでしょう。

そもそも商品を売るためには、まずは認知・関心を持ってもらわなければいけません。

その行動を各種メディアを使用してアピールしていくわけですが、これらを効果的に組み合わせて利用すると相乗効果も得られるため、それぞれのメディアが持つ意味をよく理解し、戦略的に運営することが効率良くマーケティングを進めるポイントにもなるわけです。

では、今回はこのトリプルメディアのひとつ“ペイドメディア”についてご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

ペイドメディアとは

まず“ペイドメディア”とは、費用を支払って広告を掲載するメディア媒体のことで、Google広告をはじめとするWeb広告はもちろん、テレビや新聞など4マス広告(他には雑誌、ラジオ)と呼ばれるメディアなど多岐に渡ります。

また、メディア戦略には大きく以下の3つに分けられ、これらをまとめてトリプルメディアと言います。

  • オウンドメディア
  • ペイドメディア
  • アーンドメディア

その中でも、今回ご紹介する“ペイドメディア”は、オウンドメディアだけではアピールしきれないユーザー層にリーチすることを目的としていて、その多くは潜在層など、まだサービス・商品について認知していないユーザーの獲得に期待できます。

そのため、オウンドメディアを運営している場合、同時にペイドメディアでの集客を行うことによって新規顧客の獲得としては有利となり、費用対効果を考慮しながら最適化させていく必要のあるメディアと言えるでしょう。

このトリプルメディアのひとつ“オウンドメディア”について詳しくは、こちらの「オウンドメディアで成功するために必要な基礎知識」もぜひご覧ください。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

ペイドメディアの特徴・役割

このペイドメディアの特徴としては、テレビなど出稿するメディアによってはご自身で操作・コントロールできない場合がありますが、不特定多数の目に触れる機会も多く、まさに消費者の中でも購入ユーザーになり得る潜在層にもアピールできる可能性が十分考えられます。

そのため、このペイドメディアは、ご自身のサービスや商品を認知させることを目的・役割として、オウンドメディアだけではリーチできていない層にアピールすることができるメディアと言えるでしょう。

ということは、オウンドメディアで各記事にキーワードを選定し、そのキーワードに対してコンテンツを作り込み、自然検索から集客するといった方法よりも短期間でご自身の商品を広めることができるため、できる限り予算を充てて戦略的・短期的にアピールすることがポイントとなります。

\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

ペイドメディアのターゲット層

上記のように、ペイドメディアを活用することによって、オウンドメディアだけでは拾いきれないユーザー層へリーチすることができるわけですが、そもそも購入ユーザーにまで進むには、それなりのカスタマージャーニーマップを想定して各ペルソナに対するコンテンツを用意することも重要となります。

そして、その中の主に“認知”を担うのがこの“ペイドメディア”となり、オウンドメディアを知るきっかけになったことで、ユーザーは次のステップへ進みます。

そのため、これらトリプルメディアを活用するためにも、オウンドメディアはセールス感の強い情報発信ではなく、購入ユーザーへと育てるつもりで有益なコンテンツ発信を続けることが後の購入ユーザー・ファンへ繋がるわけです。

つまり、このオウンドメディアをはじめとするメディア戦略とは、今までの単純な広告マーケティングでは物が売れにくくなっているということを理解した上で、ユーザーとの信頼関係を築き上げていくことを念頭に置くと良いでしょう。

まずは、商品・サービスを認知させ、オウンドメディアにて有益な情報を提供し、信頼関係を築くことに成功することができれば、セールス感を大きく出すことなく商品が売れやすい好循環を作ることになります。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

デメリットについて

この“ペイドメディア”のデメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 多大な広告費がかかる
  • ユーザーに対して一方的広告マーケティングになりがち

そのため、このペイドメディアについては、集客数そのものに期待するのではなく、後の購入ユーザーを育てるための重要な役割を持つと理解することが大切です。

とは言っても、トリプルメディアの中でも特に新規獲得に期待できるため、他のメディアとともに活用していきたいメディア媒体であることには間違いありません。

つまり、ペイドメディアは1年を通して出稿するのではなく、定期的・ピンポイントで活用すると他のメディアにも良い影響を及ぼす可能性に期待できるでしょう。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

ペイドメディアの重要な捉え方

このように、ペイドメディアの念頭に置いておきたい考え方として、ペイドメディアは直接購入を促す短期的売上を上げるためとしてではなく、あくまで商品・サービスの認知を主な役割として利用するということが大切です。

というのも、マスマーケティングなど広告を出せば売れた時とは異なり、現在は有益な情報が溢れているということもあって、単純に有料広告を出しても売上が上がりにくい状態であるということを理解しましょう。

なぜ、オウンドメディアが普及しているのか?なぜオウンドメディアの成功の鍵がセールス感のないコンテンツマーケティングを行うことなのか?この辺りのユーザーニーズといった背景をよく考慮して、信頼関係を築いていく時間をかけたマーケティング戦略が今後重要度を増していくものと思われます。

このトリプルメディアといったメディア戦略が必要となったのは、スマホの普及はもちろん、SNSの広がりによって情報が溢れたことで消費者行動の大幅な変化が起こったことが大きな理由のひとつとして考えられます。
例えば高機能を売りとしても物が売れないように、これからはユーザーとの信頼関係が重要となるため、時間をかけた戦略が必要です。

まとめ

今回は、トリプルメディアのひとつ“ペイドメディア”について、あるべき役割や意味をご説明しました。

このように、トリプルメディアはそれぞれが他のメディアを補完し、独立するメディアとなっていて、ペイドメディアの場合だと潜在層への認知・ブログなどのオウンドメディアへの送客、さらにオウンドメディアは自然検索流入、SNSなどアーンドメディアにてコンテンツを発信・交流を行います。

こういった役割をよく理解して、ご自身のサービス・商品を飛躍的に広め、信頼してもらうことによって効率良くマーケティングを進めていきましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒