キーワードファインダーSEOブログ

SEO対策

PS Auto Sitemap の使い方について設定方法も併せて解説

PS Auto Sitemap の使い方について設定方法も併せて解説

Webページのサイトマップページを簡単に作成できるWordPressのプラグイン、“PS Auto Sitemap”をご存知ですか?

この“PS Auto Sitemap”とは、WordPressのプラグインのひとつで、デフォルトでは閲覧ユーザー用のサイトマップ(htmlもしくはphp)ページは用意されていないため、必要であればご自身で用意する必要があります。

これを手動で更新するのは当然効率的とは言えませんし、必ず抜けが出てきます。そこでWordPressをお使いの場合なら“PS Auto Sitemap”といったプラグインを導入することによって簡単にサイトマップページを作成できるのはもちろん、一度作ってしまえば後は自動更新もしてくれるため、数多くの方が導入している大変便利なプラグインです。

ちなみにこの“PS Auto Sitemap”によって作成できるページは必ずしも必要ではありませんが、訪問してきたユーザーがサイト内全体を見渡すには非常に有効的なページであり、利便性や内部リンクにも繋がるため、できれば用意しておきたいページのひとつと言えるでしょう。

一方で注意点なんかもあり、記事数があまりにも多い大規模なサイトの場合、ずらっと記事が並んだサイトマップページだと逆に利便性が良いとは言えません。

そういった場合は、手動でカテゴリー毎のリンクや説明文を作り込み、中でも特に重要なページをいくつかリスト化し、後は“続きを見る”といったカテゴリーページへの導線を設置する作り方もひとつの手です。

そのため、サイトマップページとは単に全記事を並べたページというわけではなく、ユーザーは何のために検索してあなたのサイトに流入し、どういったページを探したいがためにサイトマップページへ遷移したのかをじっくりと考えてみると必要なコンテンツがわかるかと思いますので、適宜“PS Auto Sitemap”を利用してみると良いでしょう。

では今回は、訪問ユーザーに対するサイトマップページをWordPressで簡単に作成・更新できる便利なプラグイン“PS Auto Sitemap”について、使い方や設定、実際の作成方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

WebP(ウェッピー)について圧縮率の高い次世代画像フォーマットの作り方・表示方法を詳しく解説

WebP(ウェッピー)について圧縮率の高い次世代画像フォーマットの作り方・表示方法を詳しく解説

画像ファイルを軽くできる画期的な次世代フォーマット“WebP(ウェッピー)”をご存知ですか?

この“WebP”とは、Webページに配置する画像の品質を保ったまま高圧縮によって読み込み速度に効果が期待できるもので、以下によると開発自体はGoogleが行っており、拡張子もそのまま“.webp”となります。(もちろん圧縮しすぎると劣化します。)

WebP(ウェッピー[4][要出典])は、米Googleが開発しているオープンな静止画像フォーマット。ファイルの拡張子は「.webp」。

そもそも画像フォーマットと言えば…jpgやpng、gifなどを思い浮かべる方が多いかと思われますが、実施には用途に応じて適宜使用していないWebページをかなり多く見受けられます。(酷い場合はデジカメやスマホで撮った画像をそのまま掲載しているケースもあり、それだけでページ読み込み速度にも大きく影響してしまいます。)

例えばjpgは色のデータが多い写真などに適しており、さらにイラストなど比較的画素数が写真よりも少ない画像に関してはgif、そして背景を透過させたい場合はpngをそれぞれ使い分けるべきです。
※ある程度圧縮しても見た目としてはほぼ変わらないケースが多いため、各種編集ソフトのプレビューをチェックしながら各種適したフォーマットで書き出すことが大切です。

そうしなければ無駄に容量の大きな画像ファイルをユーザーに読み込ませることになり、場合によっては離脱の原因に大きく関係してくる重要な要素となります。(gif形式で書き出すべき画像はすでに軽いはずですので、圧縮率などを参考にWebPにするかどうか判断してください。)

そこで、大幅に圧縮できる非可逆圧縮のひとつ“jpg”と可逆圧縮・透過対応の“png”それぞれの利点を活かし、画像ファイルをjpgよりも圧縮しつつ透過にも対応する“WebP”が注目されているというわけです。

特にユーザーファーストを掲げているGoogleが開発したフォーマットですので、読み込みスピードによる検索順位にも影響する可能性も十分考えられるでしょう。

ただしこの“WebP”、編集ソフトが対応していない・ブラウザが対応していないなどのデメリットもあり、そういったブラウザに関しては従来の画像を条件分岐によって表示させる必要があります。

では今回は、Webページの閲覧を快適にする画像フォーマット“WebP(ウェッピー)”について、使い方や特徴、対応していないブラウザに対する表示方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

Chromeのおすすめ機能拡張を厳選してご紹介します

Webページを閲覧するためのブラウザには様々な種類が存在し、中でも多くのシェアを占める“Chrome”には便利な機能拡張という個別に選んでインストールするアドオンのようなものがあります。※“statcounter.com”によれば、国内のPC使用でも60%近くものシェアがChromeです。

その種類としては…単純にWebページを閲覧する際に便利なものから記事を書くブロガーの方向けなど実に様々で、よく見かけるおすすめ機能拡張の記事には30〜50以上もの種類を紹介しているものもありますが、実際そこまで入れてしまうと逆にブラウザ重たくなってしまいパフォーマンスが悪くなってしまうという…そもそも快適にページを閲覧することができなくなってしまうため、本当に必要なのかどうかご自身で見極めて選ぶようにしましょう。(機能拡張は削除も簡単です。)

このようにChromeの機能拡張は大変便利なものが多い反面、使用頻度の低いものまで便利だからといってつい数多く入れてしまうと逆効果となってしまいます。

ちなみにこの機能拡張は、“Chrome ウェブストア”にカテゴリごとまとめられていますので、そこから簡単に検索・導入することが可能で、主にページ閲覧をより便利に・作業の効率化を図るといった目的のアドオンが多く、他にもSEOに関わる便利な解析ツールなど様々です。
※ウェブストアにない場合もあります。

では今回は、Webページの閲覧や作業効率のアップを目的とする“Chromeのおすすめ機能拡張”について、使い方や特徴などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

コピペチェックの重要性と便利な各ツールをご紹介

コピペチェックの重要性と便利な各ツールをご紹介

サイトに投稿する記事コンテンツを外注化している際に必要となる“コピペチェック”をしっかりと行っていますか?

この“コピペチェック”とは、文字通り検索上位を狙うには最も役に立たない方法“コピペ”で構築されたコンテンツをチェックすることで、現在では有料・無料などWeb上でチェックできるいくつかのツールなども公開されています。

そもそもコピー(複製)されたコンテンツとは当然1次情報ではなく、2次・3次情報に過ぎませんし、サイト・ブログにとっても良い影響はひとつもありません。そして、どこにでもある情報コンテンツは訪問ユーザーの役に立つ内容とは到底思われませんので上位表示することもないでしょう。

それどころか安く外注で作成してもらったコピーコンテンツをそのままにしておくと、運良く上位表示できたとしても、やがてDMCA侵害の申し立てによってページがインデックス削除されてしまったり、場合によっては著作権に関する損害賠償請求にも発展しかねないため、ご自身で記事を作成しないのであれば必ずチェックしておきたい重要な要素となるわけです。

つまり上位表示させるために必要なのは、ユーザーの役に立つ情報コンテンツであって、どこにでも書いてある内容だったり複製されたコンテンツではありません。

どうしてもコピーしなければいけないケースというのは、適宜正しく引用表記してご自身の見解を述べるべきであって、それが後のオリジナルコンテンツにもなり、訪問ユーザーの目にも止まるでしょうし、検索エンジンにも要点を押さえた他にはない価値として評価されるでしょう。

では今回は、コピーされたコンテンツかどうかをチェックする“コピペチェック”について、チェックするべき重要性や各種チェックツールなどを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

メディアクエリについて記述方法などまとめ

メディアクエリについて記述方法などまとめ

デバイスの幅によってそれぞれ適したcssを読み込むために必要な“メディアクエリ(Media Queries)”をしっかりと理解していますか?

この“メディアクエリ”とは、主にスマホ対応するレスポンシブデザインに必須となるタグで、メディアタイプやメディア特性によって各種対応するデバイスや、分岐条件(widthを用いた横幅のサイズ)などを指定するとことによって、Webサイトを各種デバイスに適した形で見せることができ、最近ではheadタグやcssに必ずと言って良いほど記述されていると思われます。
※アクセスしてきたデバイスの幅を読み取る“viewport(ビューポート)”の記述も必須です。

その設定・記述方法は思ったよりも簡単で、Webページに関して言えば単純に横幅を指定して読み込むcssを変えるだけのもので、後ほど詳しくご説明しますが、複雑にならないための管理方法としてひとつのcssに全てをまとめているという方も多いのではないでしょうか?

このようにメディアクエリとは、以下のようにcssファイルそのものをデバイスの幅によって変更させたり、cssファイル内で読ませるスタイルを変更することも可能です。

  • 読み込むcssファイルそのものをデバイスによって変える
  • 読み込むスタイルをデバイスによって変える

両者は似ているようですが、要はstyle.cssを振り分けるのか?それともcss内で読み込むスタイルを切り替えるのか?といった違いで、その場合メディアクエリの記述方法が若干異なり、基本的にデバイスの横幅を指定するだけで各種css・スタイルを適応させることができるというものです。
※ここで指定する横幅の数値をブレイクポイントと呼びます。

そのため、このメディアクエリはレスポンシブデザインには欠かせないもので、簡単に言うと…ビューポートでアクセスしてきたデバイスの横幅を取得、メディアクエリで読み込むcssを振り分けることで適宜デバイスに合った見せ方ができ、ユーザビリティにも繋がる重要な役割を果たすタグと覚えておくと良いでしょう。

では今回は、アクセスして来たデバイスによって適したcssを振り分けるために必要な“メディアクエリ”について、意味や記述方法など詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

Google XML Sitemapsの使い方と設定方法について

XMLサイトマップを自動生成するWordPressのプラグイン“Google XML Sitemaps”を使用していますか?

“Google XML Sitemaps”とは、検索エンジンにブログ内の重要なページを中心にクロールしてもらうために役立つsitemap.xmlを自動生成してくれるWordPressの数多く存在するプラグインのひとつです。
※sitemap.xmlはクローラーに対して強制力はありません。

もちろん“sitemap.xml”は手動でも更新可能ですが、更新性が高いとあまりにも手間なので、こういったプラグインを導入して自動更新にしておくと後々の管理としても大変便利です。

ちなみに今回ご紹介するのは検索エンジン向けにクロールのヒントとなるsitemap.xmlを自動生成してくれるWordPressのプラグインのことであって、検索ユーザー向けのHTMLサイトマップページとは異なります。

また、こういったプラグインは様々公開されていますが、中でも“Google XML Sitemaps”は未だ定期的に更新されていて、セキュリティ面でも安心でき、sitemap.xmlを自動生成してくれるのはもちろん、インストール後の設定なども非常にシンプルで使いやすいため、導入している方も多いのではないでしょうか?

シンプルとは言っても除外したいカテゴリーや個別記事も指定でき、sitemap.xmlを作成するにあたって必要な項目は備えられているので、構造上困ることもありません。

では今回は、クローラーに対してページの一覧を優先度や更新頻度などと併せて記述するsitemap.xmlを自動生成してくれるWordPressのプラグイン“Google XML Sitemaps”のインストールから設定方法について、詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

WordPress(ワードプレス)の基本機能や特徴などまとめ

WordPress(ワードプレス)の基本機能や特徴などまとめ

国内のブログでトップクラスの人気を誇るWordPress(ワードプレス)とは、Webデザインやhtmlはもちろん、cssやプログラミングなど様々な知識がさっぱり…といった初心者の方でも高品質なブログを持つ事が可能で、実際導入して利用している企業・個人の方も多いのではないでしょうか?

このように“WordPress”とは…サーバー・ドメインだけの少ないコストからはじめられる無料ツールで、一部有料のテーマやプラグインも存在しますが、本格的にブログを運用するにはいずれ辿り着くCMSのひとつであり、“はてなブログ”やその他数多くの無料レンタルブログから移行している方も多いかと思われます。

ちなみにこういった“WordPress”などのCMSを利用することなくフルスクラッチで1からシステムを構築する場合、主に“WordPress”ではまかないきれない独自のプログラムなどが必要となるケースが多く、膨大な時間・費用コストがかかってしまうでしょう。

しかし、オウンドメディアなどブログを含む多くの場合は“WordPress”を利用することで十分な集客・収益化の可能性も0ではなく、後はライティングの慣れやサーチコンソールを元にリライト作業といったターゲットキーワードで上位表示させることだけに注力できるというわけです。

では今回は、多くの方がご利用している“WordPress”について、どういったことができるのか?メリットやデメリットなどを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

favicon(ファビコン)とは?表示場所や作成・設置方法について

favicon(ファビコン)とは?表示場所や作成・設置方法について

Webページを閲覧している際、タブに表示されているページタイトルの左に“favicon(ファビコン)”というアイコン画像があります。

このfavicon(ファビコン)は、小さいながらもリピーターからすると瞬時でどこのサイトか認識することもでき、逆に言うとリピーター対策にもなり、ブランディング構築にも繋がります。

そのため、見た目や作業的としてはかなり細かいものなので、後回しにしがちかもしれませんが、他にもブックマークした際にも表示されたり、最近では検索結果にも表示されるようにGoogleの検索結果が仕様変更されていることから、もはや必須とも言える要素と言えるでしょう。

そしてこのfavicon(ファビコン)は、非常に小さく表示されているため、細かく表現・デザインするのではなく、ワンポイントでブランドを象徴するアイコンとして目立たせる必要があり、ぱっと見で何が描かれているのかわからないようでは意味がありません。

ということで今回は、ページのリピーター対策やブランディング効果、さらに検索結果ページでのクリック率に期待できる“favicon(ファビコン)”について作成方法や記述方法などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

オーガニック検索とは?表示場所やアクセスを増やす方法

オーガニック検索とは?表示場所やアクセスを増やす方法

サイト・ブログのアクセスとなる流入経路のひとつに“オーガニック検索”というものがあります。

このオーガニック検索とは単純に“自然検索”とも呼ばれ、キーワードを入力して検索すると表示されるランキング形式の部分を意味し、他にも最近のGoogleでは広告やナレッジグラフといった実際に検索結果にランキングされているページを開くことなく解決してしまう情報も数多く存在します。(移動手段や店舗情報など)

しかし当然こういったナレッジグラフだけで全てのユーザーが満足できるわけではありませんから、ここで解決できなければ自然検索の中から目的に合ったページをユーザーが選びサイトへと訪問していきます。

つまりアクセスを伸ばしていくためにはやはりこのオーガニック検索からの流入を増やすことが重要で、キーワードによっては上位表示が難しいものもありますが、キーワード選定をしっかりと行うことによってアクセスを伸ばしていくことも不可能ではありません。(※需要のあるキーワードを選ぶことが大切です。)

というのも集客には、このオーガニック検索と呼ばれる自然検索、そして広告とSNSの3つに大分され、サイトやブログにもよりますが、多くの場合アナリティクスなどのアクセス解析を参考にしてみると、オーガニック検索からの流入がほとんどを占めているのではないでしょうか?

そのため、このオーガニック検索からの流入を大幅に改善するには、検索順位を上げることに注力する必要があり、それによってアクセス向上にも直接結びつく重要な要素となるわけです。

ということで今回は、サイト・ブログの効果に大きく影響する“オーガニック検索”について意味やアクセス数を増やす方法などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

アナリティクスの滞在時間について算出方法や意味を解説

アナリティクスの滞在時間について算出方法や意味を解説

サイトを管理・運営されている方なら必ずチェックしておきたい項目のひとつに“滞在時間”というものがあります。

そしてこの“アナリティクスの滞在時間”には2パターンあり、大きく分けて平均セッション時間とページ滞在時間という項目からチェックすることが可能です。

ただし、このふたつの滞在時間はそれぞれ概念が異なるため、アナリティクスが定義する算出方法や違いなどをしっかりと理解して改善に役立てることが重要となります。

また、改善を試みるとは言っても、単純に滞在時間が短ければ悪い・長ければ良いと決めつけるのも一概には難しく、様々な因果関係を元に参考にするべき指標で、当然コンテンツの内容にも左右されます。

例えばファーストビューで納得させてCVページへすぐに遷移させている場合、そのページの滞在時間は短いものの効果的・機能していることは明らかですよね?これが悩みに悩んで滞在時間が長いにもかかわらず離脱した場合だとどうでしょうか?この場合だとキャッチコピーや導線に問題があるかもしれないという仮説を立てて改善する際のKPIに設定して推移を検証することが大切です。

つまり滞在時間は平均値や相場というものがなく、それぞれサイトにも依存される数値となっているため、施策の前後で見比べる必要があるとういうわけです。

ということで今回は、アナリティクスで確認できる項目の中から、“セッション・ページの各滞在時間”について意味や改善方法などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む