【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

キーワードツール

キーワードには検索ボリュームや競合の強弱、ユーザーの検索意図など様々な要素が含まれていて、これらを簡単にチェックできるキーワードツールが数多く公開されています。

\ 簡単登録ですぐに使えます /SEOキーワード選定ツールを無料体験

そもそもSEOで上位表示させ、右肩上がりでトラフィックを伸ばしていくには、質の高いコンテンツがとても大切ですが、その元となる需要のある検索キーワード・頻繁に検索されるワードを選ぶことも非常に重要なポイントとなります。

確かに検索ボリュームの多いキーワードで上位表示させるのが理想であって、まずはそういった検索数の多いキーワードを探したい…と考えている方も多いはずです。

しかし検索回数の多いキーワードの場合、当然競合も多い傾向にあるので上位表示させること自体難しくなってきます。

そのため、競合が少なく・意外と検索されているキーワードを探したいと思っているのではないでしょうか?その方が楽に上位表示できて集客にも繋がりますし、キーワードによっては売上げに直結する可能性も0ではありません。

そこで今回は、キーワードに対する月間検索ボリュームや関連キーワード、難易度などが簡単に調べられるキーワードツールを有料版・無料版合わせてご紹介していきたいと思います。

キーワードツールとは?

キーワードツールとは、自然検索からトラフィックを増やす重要なキーワードについて様々な角度から詳しく調査するツールのことを指します。

キーワードを選ぶ際は思い付きや個人的な判断で行ってもうまくアクセスが伸ばせない可能性が高く、どれほどの需要があるのか?競合の数はどれくらいか?複合キーワードも含めて様々な調査が必要です。

というのも、キーワードが違っていても検索意図が同じなら重複扱いとなってしまいますし、戦略的にトラフィックを伸ばしていくには正しい知識でキーワード選定する必要があります。

こういったキーワードの調査に便利なのが各種キーワードツールで、単純に検索ボリュームを調べるツールであったり新たなキーワードを発見するツールなど目的によって様々です。

中でも簡単なツールだとユーザー登録の必要もなく無料で使えるものや、高機能で有料のツールなど色々と公開されているので、ご自身にあったキーワードツールを選んでキーワード選定に活用してみてください。

おすすめのキーワードツールについて

一言でキーワードツールとは言っても検索ボリュームを調べたり新たなキーワードを発掘したりと様々な角度からキーワードの特性を調査できるため、目的別に使い分ける必要があります。

そもそもこのターゲットキーワードを正しく定めていない場合、例えば何らかのキーワードで上位表示できていたとしても、検索するユーザーがいなければ、そのコンテンツが有効活用されることもありません。

要はある程度検索数(需要)があるキーワードで上位表示させる必要があり、難易度としてはその検索数によって強弱が異なるため、ご自身のサイトで競合に勝てるかどうか?といった判断も重要なポイントとなってきます。

かと言って検索ボリュームが非常に多く、競合も強いキーワードに挑戦してみてもなかなか順位が上がらず、こちらもまたサイトやブログには人が来ない状態となってしまうので、ご自身のサイトの強弱(ドメインパワー)によって狙うべきキーワードを決めるべきです。

そのため、サイト・ブログにコンテンツを追加作成する場合は、キーワードについて検索ボリュームや競合などをしっかりと調査した上で対策することがトラフィックを順調に伸ばすためのポイントであり、非常に重要な考え方となりますので、キーワード選定はSEOにおいて必要不可欠な要素となるわけです。(順調にドメインが育っていけば後々強いキーワードでも十分上位を狙うことができます。)

では、ご自身にあったツールを選ぶことができるように下記のようなポイント・目的別でおすすめのキーワードツールを厳選してご紹介していきます。

  • 使いやすさ
  • 表示されるまでの時間
  • データの正確さ
  • 検索ボリュームがわかる

キーワードツール【総合】

ここでご紹介するキーワードツールは、キーワード選定において特に重要な、検索ボリュームや競合の強さといったキーワードに関する需要・強弱などを調べることに特化したおすすめのツールです。最近だとUbersuggestなんかも有名ですね。

上位表示させたいキーワードを調べる時は、いくつかのツールを組み合わせてチェックするのが理想ですが、以下のツールはある程度網羅されています。

1.Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー
キーワードプランナー

Googleキーワードプランナー(旧キーワードツール)は、Google広告を利用するユーザー向けのサービスですが、アカウントの取得(無料)だけで、広告出稿に関係なく利用できます。

このツールでは、関連キーワードはもちろん、キーワードの「月間検索数」や「競合の多さ」「入札単価」等を調べることができ、多くの方が利用しているキーワードツールです。

しかし、2016年の仕様変更によって、広告費をかけて実際に“Google広告”を利用していないアカウントは、表示されるキーワードの検索ボリュームが「1~100、100~1000、1000~1万」といった、あいまいな範囲での表示となってしまいました。

このように完全に無料で使用するには、あいまいな数値ではありますが、新しいキーワードの発見もできるツールなのでキーワードツールとして利用してみても良いかもしれません。
※少額でも実際に広告を出稿していればこれまで通り実数で表示させることができます。

また、このツールに関して詳しくは、こちらの「Googleキーワードプランナーの効果的な使い方【2024年版】」もぜひご覧下さい。

2.キーワードファインダー

キーワードファインダー

“キーワードファインダー”とは、有料ツールではありますが、はじめにキーワードや自社サイト・競合サイトのurlを登録するだけで毎日自動で関連語を取得し、各キーワードの検索ボリュームや検索順位など様々な情報を自動でチェックできるSEO対策に特化した強力なキーワードツールです。(※無料デモが7日間ご利用できます。)

このツールを使ってみる

さらに、以下のような重要なキーワードを“SEO対策におすすめ”として調査することができるため、サイト・ブログのアクセスを効率良く伸ばすために必要なキーワードを簡単にチェックすることも可能です。

  • 月間検索数が多い
  • 難易度が低い
  • サイトと関連している

また、各ページごとの流入キーワード上位10位以内を“想定流入キーワード”として表示、さらに想定流入数も確認できるため、次に対策するべきキーワード選定が非常に楽になり、効率良くトラフィックを増やすためのツールとなるでしょう。

サイト管理者にとって、検索ユーザーがどういったキーワードで流入しているのかを知るのはとても大切です。
キーワードファインダーでは、サイト全体のキーワード順位を自動で全て取得し、上位キーワードを“想定流入キーワード”として把握することもできます。

他にも先ほどご紹介した“キーワードプランナー”の曖昧となってしまった月間検索ボリュームも実数表示で確認でき、定期的にアップデートを繰り返し、現在ではAIでの記事作成も可能です。

3.ahrefs(エイチレフツ)

こちらは、シンガポールの“Ahrefs Pte.Ltd”社が開発・提供していて、日本国内では株式会社フルスピードが販売・サポートを行うSEO分析ツールです。

内容としては月額12,500円〜と有料ではありますが、URLを入力するだけで自社サイトはもちろん競合サイトの被リンク状況や流入キーワード(流入数を含む)、内部リンクの細かな状況など総合的な分析がチェックできます。

そしてこのツールは世界で60万人が導入しており、特に被リンクの分析に特化した自社・競合のSEOツールと言えるでしょう。

ahrefs(エイチレフツ)
ahrefs

中でも“Site Explorer”では、ドメインもしくはページのURLを入力するだけでahrefs独自基準のドメインレーティング(DR)やURLレーティング(UR)がわかり、さらに被リンクの数やドメインの総数などもチェックできるため、なぜ上位表示されているのか?といった判断材料にもなります。

一方で“Keywords Explorer”では、入力したキーワードで検索結果1ページ目に表示させるための難易度や月間検索数の推移、実際表示されている検索順位やその推移など競合の状況が詳しく表示され大変便利です。

他にも“オーガニックキーワード”では、競合の流入キーワードや検索順位、トラフィック数なども把握できるため、キーワードツールとしても活用できます。

キーワードツール【トレンド・話題】

キーワードにはそれぞれ需要があり、1年を通して検索されているキーワードもあれば、季節要因を含むイベントなど一時的に数多く検索されるキーワードなどが存在します。

こういったキーワードのいわゆる“トレンド”を絡めたキーワード選定を行い、事前に把握してコンテンツを作り込むことによって瞬間的なアクセスに期待できるというものです。(もちろん上位表示させておかなければ意味がありません。)

そのため、ご自身のサイト・ブログに時期で検索数が急上昇するキーワードがないか?チェックしておくことも大切です。

4.Googleトレンド

この“Googleトレンド”では、今現在検索されている数が急上昇しているキーワードなどを確認することができ、期間を絞って月毎の検索数も把握できるため、繁忙期を狙った対策を行う際にも非常に参考になるツールとなっています。

そしてその名の通り、今話題のキーワードをチェックすることができるため、瞬間的に多くのアクセスを稼ぐといった注目されているコンテンツキーワードをお探しの方におすすめの無料ツールです。

Googleトレンド
Googleトレンド

さらに、カテゴリや地域を指定することができるので、どこでどのキーワードが話題になっているのか?人気度の動向(グラフ推移)や、その関連トピックを元に、リスティングの利用時にエリアを絞ってアプローチする時にも便利です。

また、このツールの使い方に関しての詳細は、こちらの「Googleトレンドとは?使い方とコンテンツに活かす方法について」もぜひご覧ください。

キーワードツール【関連語】

検索キーワードを選定する際に、サジェストツールなどから複合キーワードを選ぶ場合も考えられます。

この時、関連するキーワードをご自身の予想だけで判断するのではなく、実際ユーザーが求めている需要を詳しく調査することによって、より効果的なキーワード選定を行うことできます。

もしくはGoogle検索で上位表示させる場合、対策キーワードに関するコンテンツを作ることが当然重要で、ここで検索ニーズから外れてしまうと思うように順位が付きません。関連する語句や内容を目指すということです。(文字数が多ければ良いわけではないことがわかりますね。)

そのため、関連キーワードを正しくチェックし、検索クエリに沿ったコンテンツを作ることが上位表示にも繋がります。(※当然サジェストが全てというわけではありません。)
※注意点として関連キーワードはあくまで関連しているだけですので、検索意図までしっかりと調査することが大切です。

また、ここでチェックした関連キーワードでコンテンツを作るのもひとつの手で、検索ボリュームを調べたい場合は先ほどご紹介したキーワードプランナーなどのツールを利用してみると良いでしょう。サイトやブログにアクセスを流すことはドメインの成長にも繋がりますので決して侮れません。

この“関連キーワード”について、詳しくはこちらの「関連キーワードとは?取得ツールと検索順位を上げるために必要なポイントについて」もぜひご覧下さい。

5.Googleサジェスト機能

“サジェスト機能”とは、Googleの検索窓にキーワードを入力すると自動でプルダウン表示され、ご自身だけでなく他のユーザーも含めて頻繁に検索されている複合キーワードを検索候補とするものです。

これは検索ユーザーの利便性を考慮した上での機能ではありますが、実際に検索されているキーワードが表示されるため、こちらも需要のあるキーワードとしてぜひ参考にしたい機能です。

Googleサジェスト機能

また、サジェストは上記の関連キーワードと混同しがちですが、サジェストは需要のある複合キーワードで、関連キーワードはあくまでメインとなるキーワードと関連するキーワードとなっているため、注意が必要です。

どちらにしても記事のテーマとして記事を書いても良いですし、コンテンツの一部として活用する際にも参考になるので、正しく理解した上でうまく使い分けましょう。

このサジェストについては、こちらの「サジェストとは?表示される仕組みとサジェストの活用方法について」もぜひご覧ください。

6.グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

“グーグルサジェスト キーワード一括DLツール”は、その名の通り上記のGoogleサジェストを一括でチェックすることができるツールです。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール
グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

また、チェックしたいキーワードを入力するだけで検索キーワードの候補となるサジェストを一括ダウンロードすることができる便利なツールであり、数多くのキーワード候補を短時間で集めたい場合におすすめのツールと言えるでしょう。

こういったサジェスト一覧をコピーして、先ほどご紹介したキーワードプランナーで検索ボリュームを一括チェックするといったキーワードツールを組み合わせて使用すると効率的です。そこで需要と検索意図をひとつずつチェックして実際のコンテンツに活用していきます。

もちろん検索数が多いキーワードは競合も多くて強い傾向にありますから、ご自身のドメインパワーを考慮した上で選んでくだささい。

7.goodkeyword(ラッコキーワード)

続いてご紹介する“goodkeyword(グッドキーワード)”は、メインとなるキーワードを入力し、適宜GoogleやBing、または“マルチサジェスト”を指定することで、Amazonや楽天市場など様々な関連キーワードを一括でチェックすることができる便利なキーワードツールです。

さらに、“goodkeyword“のもう一つの特徴は、Googleのトレンドグラフも同時に確認することができることです。

goodkeyword(ラッコキーワード)
goodkeyword

トレンドグラフも参考に、競合の強弱といった上位表示までにかかる時間の見込みを立てながらキーワード選定を行うと便利でしょう。

※このツールは2020年8月に事業を譲渡し、ラッコキーワードとしてリニューアル・運営しています。

8.類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書

“Weblio辞書”では、類語辞典やシソーラス辞書を一度に検索することができる類語検索機能を持つオンライン辞書サービスです。

類語辞典・シソーラス・対義語 - Weblio辞書
類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書

約410万語の類語や同意語・関連語など、検索キーワードに類似した表現や、キーワードの別名などを調べることができます。

これまでご紹介してきたような“検索キーワード”そのものを調べるキーワードツールではありませんが、これを元にコンテンツの表現力を広げることによって、わかりやすく、読みやすい文章を作る手助けとなる便利なサービスと言えます。

何度も同じ言葉を使うことによる単調な表現よりも、言葉で具体的に伝えるためにはこういった語彙力なんかも必要となってきますので、ライティングの参考にしてみると良いかと思われます。

最近のSEOは、文字数ではなく“単語数”が重要とも言われているため、難しい言い回しをする必要はありませんが、語彙力といった表現を広げることによって、ユーザーにも内容が理解しやすくなり、検索順位にも良い影響を及ぼす可能性があると考えられます。

キーワードツール【検索ボリューム】

キーワードには、需要の大小といった“検索ボリューム”がそれぞれ異なり、検索される回数が多いキーワードほど競合も強く、上位表示することが難しくなります。

そのため、コンテンツを制作する際は、このキーワードに対する検索ボリュームをしっかりとチェックして、上位表示することができるキーワードなのかどうかを確認することが重要となります。

とは言っても、最近のSEOは1つのコンテンツだけで上位表示させるのではなく、関連するコンテンツ同士を内部リンクで構築し、専門性の高いサイト構造にすることによって、強いキーワードでも上位化させることができる傾向にありますので、まずは関連キーワードなどの複合キーワード周辺から上位化させ、徐々に単ワードといった強いキーワードに挑戦することが大切と言えます。

他にもビッグキーワードになるほど検索意図が曖昧なものとなってしまうため、うまく上位表示できたとしてもコンバージョンに直結するとは限りません。意外と複合キーワードの方が検索意図が絞られているケースも多く、売上げに貢献するケースも珍しくありませんので、一概に検索ボリュームが多ければ良いというものではないことを念頭に置きましょう。

9.aramakijake.jp

“aramakijake.jp”では、SEOに重要なキーワードの検索ボリューム(検索数)をチェックできる無料のキーワードツールです。

使い方も非常にシンプルで、キーワードを入れるだけで検索ボリューム(検索数)の予測値が表示されます。

aramakijake.jp
aramakijake.jp

また、あくまでも予測数値ですが、そのキーワードでの検索順位ごとの月間検索アクセス数が表示されるので、実際に上位表示できた際のトラフィックの期待値などもおおまかに確認することができます。

そのため、当然キーワード選定時に重要となるキーワードツールとなり、先ほどご紹介した“キーワードプランナー”と合わせて利用すると良いかもしれません。

10.ネコノテツール

このツールは非常に簡易的な検索ボリュームチェックツールで、ユーザー登録なしでも使うことができ、調査したいキーワードを入力して「チェック」をクリックするだけで検索数やCPC、月間推移グラフも確認できます。
※調査結果のコピー用ボタンも用意されています。

ネコノテツール
ネコノテツール

また、調査したいキーワードごとに改行することで一度に20キーワードまでチェックでき、UIも非常にわかりやすく、ちょっと検索数をチェックしたい時に便利なツールとなっています。

キーワードツール【難易度】

キーワード選定を行うには、これまでご紹介してきた“キーワードボリューム”も十分参考になりますが、これを難易度として簡単にチェックする場合に便利なツールもあり、検索ボリュームと併行してチェックすることで、競合も少なく、効率的に上位表示させることができる検索キーワードが見つかるかもしれません。

11.rishirikonbu.jp

“rishirikonbu.jp”は、キーワードに対する上位表示の難易度を簡単にチェックできる無料のSEOツールです。

rishirikonbu.jp
rishirikonbu.jp

また、入力したキーワードに対する関連キーワードを表示し、それぞれのキーワードに対する“月間検索予測数”や、“1位時の月間検索アクセス予測数”をチェックすることができます。

そして、当然ですが、検索数が多く競合が強いキーワードはSEO難易度が高くなる傾向です。
こちらも、新しくコンテンツを作る際や、なかなか順位が付かない場合などに便利なツールと言えるでしょう。

12.キーワード難易度チェックツール

“キーワード難易度チェックツール”は、上記の“rishirikonbu.jp”と同じくキーワードの難易度を簡単にチェックすることができるツールです。

キーワード難易度チェックツール
キーワード難易度チェックツール

チェックするキーワードによって十分なデータがない場合は、難易度が表示されませんが、検索ボリュームはもちろん、検索順位1位になった時のアクセス予測数も表示されます。

キーワードツールでできること

上記の通りキーワードツールではキーワードに関係する様々な要素がチェックでき、主にどういったキーワードでコンテンツを作るのか?といった判断材料に役立ちます。

それはもちろん検索ボリュームだけで判断してもうまくいかないでしょうし、競合の調査や場合によっては1語足した複合キーワードで対策することも考えられるでしょう。

そして数多くのサジェストを一括で抽出する際にも便利なツールもあり、リライトなどコンテンツそのものに活用することも可能です。

検索ボリュームの把握

まずは検索ボリュームを調べるという点です。
理想のキーワードで流入してほしいと思っても実際ほとんど検索されていないなら効果的と言えませんし、トラフィックも伸びていきません。

もちろん需要の多いキーワードはその分競合も多く上位表示することも難しくなってくるため、その辺りの見極めに重要となる要素です。

ただ、検索ボリュームが多ければ良いというものではなく、ある程度需要のあるキーワードということが重要となります。

これに関しては、少ないトラフィックでもコンバージョンに直結するキーワードなら効果的と言えるので、効果測定で判断してみてください。

競合の流入キーワードがわかる

高機能のツールだと競合が獲得しているトラフィックのキーワードがチェックできるものもあり、そこからキーワード選定を行うことも可能です。

この場合、どれくらいの順位でトラフィックが流入しているのかわかるため、参入するべきかどうかの参考にすると良いでしょう。

また、どの程度のコンテンツなのかもチェックして、それ以上に詳しい内容を作れるなら挑戦してみてください。

膨大な量のサジェストを一括収集できる

サジェストは複合キーワードとして記事を書いても良いですし、記事そのものに使用すると内容がわかりやすくなったり表現豊かになります。

そして何よりサジェストはご自身で収集するには限界があり、実際に検索してみて表示されるサジェストや思い付きだけでは非常に数が少なく、ツールを利用することによって数百〜千以上ものサジェストが一括で収集できます。

その中から検索意図ごとに分ける作業は大変ですが、それを行うことで重複コンテンツを防ぐこともできますし、サイトに足りないコンテンツがすぐにわかるので、ぜひサジェストの収集にはツールを活用しましょう。

上位表示しやすいキーワードが選べる

キーワードの特徴(検索ボリュームや競合の数など)をしっかりと理解することで上位表示しやすいキーワードが選べます。

というのも単ワードは競合が強い傾向にありますし、狙うなら2〜3語の複合キーワードになるので、月間検索数と競合をチェックすることによって難易度が把握でき、効果的なキーワード選定ができるからです。

キーワードは思い付きだけで選んでも良い結果は得られません。狙ったキーワードで上位表示しなければトラフィックは増えませんので、各種キーワードツールを利用してしっかりと調査することが大切です。

まとめ

ということで今回は、コンテンツを作る際に最も重要となる検索キーワード調査するために便利な“キーワードツール”を厳選してご紹介してきました。

こういったツールを活用して検索ボリュームなどを考慮してキーワード選定を行い、ユーザーニーズに合致した質の高いコンテンツを作ることで効率良くトラフィックを伸ばしていくことができます。

逆に、しっかりとキーワード選定を行わないとサイト内でもテーマが重複したり、検索意図に合っていないコンテンツを量産することになってしまい、当然検索順位にも良い影響はありません。

つまり、順調にトラフィックを伸ばしていくには関連キーワードでも質の高いコンテンツを作り込み、専門性の高い内部リンクの構築をするためにもキーワード選定が非常に重要となるわけです。

それを便利に調査することができるキーワードツールをうまく活用して各ページで上位表示を目指し、トラフィックの改善・向上に役立てましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

\ 簡単登録ですぐに使えます /SEOキーワード選定ツールを無料体験

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

検索順位を改善するには正しいSEOの知識が必要です

関連記事

【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な施策方法を詳しく解説します

キーワード選定の強力なSEOツール- まずは7日間無料でお試し -