機能紹介

キーワードファインダーでできること。

Basic

1.効果的なキーワードを自動取得

キーワードファインダーは、登録したキーワードとサイト情報を元に新しいキーワードと「月間検索数」「SEO難易度」「関連度」を自動取得してくれます。

「おすすめキーワード」は月間検索数が多く、難易度が低く、あなたのサイトに関連度が高い、SEO対策におすすめのキーワードを自動で表示してくれます。
他の便利な使い方については下記のページもご覧ください。

動作スピードの改善

初期設定後 ダッシュボード

おすすめキーワードから選ぶ

キーワードファインダーはSEO対策におすすめのキーワードを自動で分類して表示してくれます。

オウンドメディアを運営されている方にご好評を頂いているキーワードファインダーの使い方です。
毎日キーワードごとの「検索数」「難易度」「関連度」の情報を自動で取得してくれるので、今まで行っていためんどうな作業がこのツールでまとめて行えます。

おすすめキーワードから選ぶ

自動分類キーワードから選ぶ

キーワードファインダーは発見したキーワードを自動でキーワードを分類してくれます。

ブログでカテゴリごとのキーワードをお探しの場合は、自動分類されたキーワードからキーワードを探すと便利です。

リスティングのキーワード選びにもお使い頂けます。

また、CPC(平均クリック単価)※β版も自動で毎日取得してくれるので、検索数、難易度、関連度をチェックしながら、最適なSEOキーワードをみつけましょう。

自動分類キーワードから選ぶ

ロングテールキーワードから探す

キーワードファインダーはロングテールキーワード自動で取得してきます。

ロングテールキーワードお探しの方は自動で「ロングテール」に分類されたキーワードからSEO対策に最適なキーワードを見つけましょう。

ロングテールキーワードから選ぶ

流入キーワードを確認する

キーワードファインダーは自動で流入キーワードも自動チェックします。

ここではnot providedとなって確認できなかった流入キーワードを可能な限り把握できるようになりました。
詳しくは下記のページもご覧ください。

想定流入キーワードを段階表示

キーワード一覧 検索流入しているキーワード

Basic

2.順位を毎日取得・競合比較!

★マークをつけ、管理キーワードに設定すると、Google ,Yahooの検索順位を毎日取得してきます。

また、競合サイト最大7社まで登録ができ、順位推移の比較が可能です。

他にもキーワードファインダーにはページごとにどんなキーワードが上位にランクインしているのかがわかる「URL逆引き順位取得機能」というのがあります。

意図したキーワードで対象ページで順位がとれているのか?他にも上位を狙える良いSEOキーワードがないか?これで確かめることができます。

動作スピードの改善

キーワード > キーワード一覧

順位も毎日、自動取得!

コンテンツをリリースしたら、対策したキーワードが何位なのか、日々チェックしましょう。

キーワードファインダーなら、毎日のキーワード順位チェックはもちろん、「管理キーワード(★マーク)」として管理すれば毎日の順位推移グラフを見ることができます。(管理画面>キーワード)

1.気になるキーワードの順位(Google/Yahoo)を毎日チェック。
2.毎日の順位推移をグラフでチェックしたい場合は、チェックしたキーワードに★マークをつけて管理キーワードにします。
3.管理画面「キーワード」において順位推移をチェックしたいキーワード行をクリックすします。

おすすめキーワードから選ぶ
Basic

3.簡易SEOチェック「SEOスコア」

チェックしたい「サイトURL」「対象キーワード」を入力するだけで、そのキーワードに対してSEO対策がどれくらいされているか?100点満点で簡単チェックすることができます!
※あくまで簡易なので目安としてご利用ください。

動作スピードの改善

ツール SEOスコア

SEOスコアで簡単SEOチェック!

コンテンツを制作したら、SEOスコアで簡単SEOチェックを行いましょう!
選んだキーワードに対してどこまでSEO対策されているか、100点満点で簡易チェックできます。(管理画面>ツール>SEOスコア)

1.チェックしたいページのURLと対象キーワードを入力
2.「SEOスコアをチェックする。」をクリック

おすすめキーワードから選ぶ
Basic

4.期間ごとに競合比較可能!

最大7サイトの競合サイトと比較することが可能です。
1週間、1ヶ月、全期間など期間別グラフが見れます。

平均順位

カテゴリ毎の分類・サイト全体における管理キーワードの平均順位を比較することができます。

想定流入数

当⽇における管理キーワードの想定流⼊数の合計が表⽰されます。
自社サイト/競合サイトともに確認できるので、サイトの規模を把握するうえで参考となる指標です。

競合サイトと自分のサイトを簡単比較

サイト比較画面

Basic

5.キーワードを自動分類!

キーワードファインダーでは、自動で見つけたキーワードを自動分類します。

おすすめキーワード

おすすめキーワード

SEO対策におすすめのキーワード

CVキーワード

CVキーワード

コンバージョンが期待できるキーワードです。

月間検索数があり、順位が上位にランクイン、関連度が50%以上のキーワードが対象です。

CV見込みキーワード

CVが見込める、CV率が高いキーワードが分かります。これから対策すべきキーワードの目安となるので競合より早めに対策したり、リスティングやコンテンツ強化にご活用いただけます。

競合分析キーワード

競争

競争状態にあるキーワード
どのキーワードを強化していくか、費用をかけるかなどの判断をしましょう。

独占

勝ち組キーワード
自社サイトのみ100位以内にランクインしているキーワード

参入

対策が競合より遅れているキーワード
競合がすでに対策済みで、自分のサイトではまだ対策が出来ていないキーワードです。
対策もれがないか、ここでチェックしましょう。

また新しいサイトやおすすめキーワードが出ない場合はこちらのキーワードから対策をしていきましょう。

埋蔵

お宝キーワード
関連度が高く、競合もまだ気づいていない手つかずのキーワード


SEO対策におすすめキーワードとコンバージョン(CV)キーワードが表示可能
競合サイトと自分のサイトを簡単比較

ダッシュボード

Basic

6.キーワードマップ

ユーザーが求めているトピックスが視覚的に分かる

ユーザーがどんなコンテンツを求めているのかをキーワードマップを利用することで、視覚的に分かります。
キーワードファインダーでは独自に「月間検索数」はもちろん、「SEO難易度」も色や大きさによって異なるので、コンテンツ制作時の参考にご活用ください。

ユーザーが求めているトピックスが視覚的に分かる

分析ツール マップ キーワードを入力しマップを生成

Basic

7.ページ画面

ランディングページごとにキーワード順位が分かる!

対策したキーワードが順位をとれているか?他に流入が増やせそうなキーワードはないか?競合他社の人気ページはどれか?など、ページごとの分析が可能です。

ページ画面でランディングページごとのキーワード順位をチェック!

ページ

Basic

8.スマホ・海外サイトに対応

スマホ対応

調査端末でパソコン/モバイル(スマホ)が選択可能。
スマホ順位の取得ができます。
※モバイル(スマホ)対応は現在、国指定:日本のみ対応


国指定

日本、アメリカ、台湾、フィリピンの中から調査対象となる国を指定できます。

最大7サイトまで比較・分析

初期設定 > サイト登録

その他便利な機能


キーワードを検索

Google Analytics
Search Consoleと連携可能!


※ホーム > 対象サイト「設定」 > Googleアカウント連携
【設定方法はこちら】

キーワードを検索

毎週月曜に新着おすすめキーワードをメールでお届け!


※環境設定 > 「対策キーワードアラートメール」の設定

キーワードを検索

CPCも自動取得

機能一覧

キーワード指標 新しいキーワード 新しい関連キーワードを自動で毎日取得します。
月間検索数
(月間ボリューム)
月間検索数を毎日自動取得。実数表示可能。
SEO難易度 SEO難易度を毎日自動取得。
関連度 キーワードが自分のサイトとどれくらい関連があるか自動取得します。
CPC CPC(平均クリック単価)の自動取得
順位 Googlle、Yahooの自動順位取得。(管理キーワードのみ毎日取得)
競合サイト順位も自動取得
キーワード分類 自動キーワード分類 各条件ごとに取得してきたキーワードを自動で分類します。
おすすめキーワード SEO対策におすすめのキーワードを自動で表示。
月間検索数:多い、難易度:低め、関連度:高め
競争キーワード 競合7社(初期登録)と『競合状態』にあるキーワード
独占キーワード 自分のサイトだけが100以内に入っている『勝ち組キーワード』
参入キーワード 他の競合7社が対策をすでにしていて自分のサイトが対策できていない『対策に出遅れているキーワード』
埋蔵キーワード 競合7社、自分のサイトどのサイトもまだ対策していないキーワード『お宝キーワード』
ロングテール 複数キーワードが組み合わさったロングテールキーワードを自動で取得し、分類します。
SEMキーワード リスティング対策中のキーワードに旗マーク「 」の印をつけることができます。
GA流入キーワード Google アナリティクスと連携することでKEYWORD FINDERで取得したキーワードに合致するものを取得して表示します。
流入キーワード一覧として表示。
CVキーワード Googleアナリティクスと連携することで、CVキーワードを独自に表示
CV見込みキーワード CVが見込めそうな、CV率が高いキーワードを独自に表示
検索流入キーワード
(not provided)対策
検索流入しているキーワード 検索順位が1-10位までの検索流入している、もしくは流入している可能性が高いキーワード一覧です。
(Google Analytics、Google Search Consoleから取得したキーワードも含まれます)
もうすぐ検索流入するキーワード もうすぐ検索流入が見込めるキーワード一覧です。
頑張れば流入が見込めるキーワード 順位調査結果21-50位の、ランクインしているが検索流入が見込めないキーワード一覧です。
順位取得 Google、Yahoo 毎日の順位を自動で取得(管理キーワード)
Google順位推移グラフ ★マークをつけたキーワードの毎日の順位推移を取得し、グラフ表示が可能です。
マイサイト順位帯推移グラフ 自分のサイトのキーワードの順位の順位比率の推移をグラフ表示することができます。
競合比較 競合7社登録 1サイトにつき競合7社を登録することが可能です。登録することで様々な情報を自動取得し、比較することができます。
平均順位 自分のサイトと競合7社の平均順位を比較することができます。
想定流入数 自分のサイトと競合7社の想定流入数を比較することができます。
発見LP数 自分のサイトと競合7社のLP数を比較することができます。
GogleAnalyrics連携 GA流入キーワード GoogleアナリティクスとKEYWORD FINDERで取得したキーワードに合致するものを取得して表示します。
流入キーワード一覧として表示。
月間検索数・SEO難易度・関連度も自動で取得してきます。
レポート項目 アナリティクスのレポート項目(以下)の切り替えが可能です。
「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」
セッション数 ダッシュボード画面でGAセッション数を確認することができます。
ユーザー数 ダッシュボード画面でGAユーザー数を確認することができます。
ページビュー数 ダッシュボード画面でGAページビュー数を確認することができます。
平均滞在時間 ダッシュボード画面で平均滞在時間を確認することができます。
直帰率 ダッシュボード画面で直帰率を確認することができます。
新規セッション率 ダッシュボード画面で新規セッション率を確認することができます。
Gogle Search Console連携 クリック数 クリックの多いキーワードとクリック数、クリック数分布がグラフが表示されます。
表示回数 表示回数の多いキーワードと、表示回数グラフ、表示回数分布グラフが表示されます。
CTR CTRの高いキーワード(表示回数100回以上)と、CTRグラフ、検索順位とCTRの相関グラフが表示されます。
※項目「検索クエリ」を選択
掲載順位 【上位表示されていないが表示回数が多いキーワード】、 【上位表示されているが表示回数がすくアイキーワード】、掲載順位分布グラフや掲載順位と表示回数の相関グラフが表示されます。
※項目「検索クエリ」を選択
推移グラフ クリック数、表示回数、CTR,掲載順位の各データのグラフを見ることができます。
※項目「日付」を選択
平均滞在時間 ダッシュボード画面で平均滞在時間を確認することができます。
直帰率 ダッシュボード画面で直帰率を確認することができます。
新規セッション率 ダッシュボード画面で新規セッション率を確認することができます。

Googleキーワードプランナーとの違い

検索サービス最大手のGoogleが提供する、検索キーワード候補やキーワードの月間検索数といった有用なデータを無料で提供しているツールです。
ユーザーの入力データを元に予測を実施し、データを提供してくれるので、非常に信頼度が高いです。
キーワードファインダーとの大きな違いは2つあります。

自動でキーワードを取得・蓄積、候補数が圧倒的に多い!

Googleキーワードプランナーでは、ひとつのキーワードから取得できる候補キーワードは、多くても1,000件程度です。

キーワードファインダーは様々な情報ソースを日々クローリングし、最新のキーワードを取得してきますので、数万件の候補キーワードが見つかるケースも少なくありません。

キーワードを自動で取得!候補数が圧倒的に多い

キーワードファインダーの月間検索数は10段階表示だから見やすい!

Googleキーワードプランナーやその他のツールは数値の表示ですが、キーワードファインダーは10段階グラフで表示されるのでひと目で比較しやすい!

月間検索数は10段階表示だから見やすい!キーワードファインダーの月間検索数10段階表示目安

検索順位チェックツールとの違い

一般的な検索順位チェックツールは、Google/Yahoo/Bingの検索順位を取得することに特化したツールです。
順位取得上限を自由に設定できたり、300位など下位の順位まで取得できるツールが主です。

キーワードファインダーはSEO対策で検索上位を目指すことを前提としている為、100位以上の順位は取得せず、100位以内のキーワードと順位が分かるようになっています。(2016/1/9現在、上限100位まで)

キーワードファインダーとの大きな違いは主に2つあります。

キーワードファインダーは検索順位も自動で取得

主な検索順位ツールはインストール型やオンデマンド型ですので、順位の取得は基本的に手動で実施することになります。
またインストール型の場合は、設定したパソコン以外で順位を閲覧することはできません

キーワードファインダーはクラウドアプリケーションですので、順位取得も全て自動で実施・記録し、どこからでも順位履歴を閲覧することができます。

検索順位も自動で取得

キーワードファインダーは競合サイトの検索順位も取得

キーワードファインダーは、サイト設定で競合サイト情報を入力するのですが、これらのサイトの検索順位も取得し、まとめてグラフで比較することができます。

検索上位100位の順位履歴が見れるツールもありますが、ご自身がターゲットとする競合サイトを設定することができるツールは、ほぼありません。

競合サイトの順位も取得!

無料デモ体験はこちら(7日間)

一部機能制限はありますが、ほぼ全ての機能が体験できます

フォームに必要事項を明記の上、お申込みください。

株式会社ディーボの南保(なんぽ)と申します。

お問い合わせや無料デモ体験中の
ご不明点等ございましたら
お気軽にご連絡ください。

1社1アカウントまでとなります。またご登録会社名、担当者名、その他ご入力いただきました情報に不適切な内容、虚偽等があると判断した場合、デモ登録を実施しない場合がございます。予めご了承ください。また無料デモ体験終了後、自動的に有料契約となることはありません。