キーワードファインダーSEOブログ

サイト内検索の設置と活用方法について

サイト内検索の設置と活用方法について

ユーザーの利便性を考慮した上で“サイト内検索”をサイト・ブログに設置していますか?

この“サイト内検索”とは、その名の通りご自身のサイト内でキーワード検索することで、場合によっては膨大な記事数の中から該当する記事を検索できるというもので、多くの場合はWordPressなどのCMS側で自動設置することも可能ですが、完全にオリジナルでWebサイトなどを作り込んでいる場合は、ご自身で自作・設置しなければいけません。

それ以外にもGoogleには“カスタム検索”といった簡単な登録や設定の手順を踏むことでサイト内検索フォームを設置することも可能です。

WordPressをご利用でない場合の多くは、こういった“カスタム検索”を利用してサイト内検索を設置しているサイトも多く、雑記ブログというよりも…何らかのテーマに特化しているサイトではこういったサイト内検索の需要も多くなる傾向ですので、ぜひユーザビリティやブログの回遊率なども考慮すると、設置しておきたい要素のひとつとなります。

また、このサイト内で行う検索は需要・ニーズをピンポイントで知ることができる重要なキーワードとなりますので、定期的にどういったキーワードでサイト内検索が行われているのか?チェックして、足りない情報コンテンツなどがあれば随時充足するようにして、閲覧ユーザーの需要に最大限答えられるサイトを事細かく更新していくことも大切な作業となります。

では、今回はこのサイト・ブログに設置するユーザーの利便性を高めるため・サイト内を回遊してもらえるための“サイト内検索”について設置方法やサイト改善に活かす方法など詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

CTA(Call To Action)の意味を理解してページの効果を上げる方法

CTA(Call To Action)の意味を理解してページの効果を上げる方法

サイト・ブログの効果を上げる“CTA(Call To Action)”についてしっかりと理解して適宜改善していますか?

この“CTA”とはCall To Action(コール トゥ アクション)の略語で、主にページ下部に設置し、訪問ユーザーにコンテンツを一通り読んでもらった後、実際に申し込みなどの行動喚起を促すためのテキストや画像によって装飾したボタンなどのまとまりを意味します。

そもそもサイトやブログを運営・管理するためには何かしらの意味や目的があるはずです。

そういった目的を達成するためにはコンバージョンへ繋がる導線が必要となるわけですが、“オウンドメディアで成功するために必要な基礎知識”の記事にも書いたように、最近は広告マーケティングなどの直接すぎるセールスだけではうまくサービス・商品の売上を伸ばしていくことはできません。

そのため、基本はユーザーにとって役立つコンテンツを発信し続け、信頼・納得した上で自然な購買経路を作り出すことが重要であって、Webマーケティングとはそういったコンバージョンしやすい・モノを売りやすい状態へ改善する行動を意味するため、CTAとは適宜改善が必要となる要素のひとつとなります。

では、今回はこのページ下部に配置する訪問ユーザーに行動してもらうための“CTA”について意味や効果的な配置・改善方法など詳しくご説明していきたいと思います。
※この記事ではCTAをページ下部に置くと仮定してご説明していきます。

続きを読む

404 not foundとは?エラーページの正しい対応策について

404 not foundとは?エラーページの正しい対応策について

Webサイトを利用していて“404 not found”をはじめ“404 お探しのページは見つかりませんでした”と記載されたページを一度は見たことがあるかと思いますが、この“404 not found(ノットファウンド)”とは…何らかの理由で存在しないページということを意味します。

そして、この“404 not found”はエラーページとも呼ばれ、検索ユーザーにとっては欲しい情報コンテンツを探しているにもかかわらず、そのコンテンツ自体が存在しないため、訪れたサイトに対して良い印象となることもなく、当然直帰して他のページへと遷移してしまいます。

ちなみにこのエラーページとなってしまう原因はいくつか考えられ、定期的なチェックはもちろん、万が一エラーページとなってしまった際の対応もしっかりと考えておくことも大切です。

つまり、このエラーページをうまく利用・カスタマイズすることによって、せっかくの流入ユーザーに対してブラウザバックさせずにサイト内を回遊させることも可能となります。

また、404エラーとなってしまう主な理由としては…ページURLを変更したタイミングで301リダイレクト設定をしていない場合など、以前からインデックスされた状態のURLに検索ユーザーがアクセスしてしまい、実際には存在しないページを意味する“404 not found”というページが表示されてしまうというわけです。

そのため、この404エラーページをデフォルトのままにしている方は、一旦ご自身のサイト・ブログの404エラーページを確認してみて、サイトマップを置くなどしてサイト内の回遊を促すコンテンツだけは設置しておくべきでしょう。

最近では敢えて凝った404エラーページを用意して、存在しないコンテンツを表示してしまったユーザーに対して逆に面白みを持ってもらい、印象良くしているサイトも少なくありません。

では、今回は“404 not found”について原因や利便性を考慮した対応など詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

体言止めの効果的な使い方と注意ポイントについて

体言止めの効果的な使い方と注意ポイントについて

体言止めをうまく使用してコンテンツを読みやすく工夫していますか?

そもそもこの“体言止め”とは、文章を名詞・代名詞で終わらせることを意味し、単調になりがちな文章コンテンツに対して読みやすさといったリズム感を付けることができます。

というのも、ブログなどのコンテンツを制作する際は“です・ます”もしくは“だ・である”どちらかの表現方法に決めて文章構成を練っていきます。

そして、この“だ・である”の場合だと、多少の言い回しによって文末に変化を付けることができますが、“です・ます”の場合だと思ったよりもバリエーションがなく、つい文末が“~です。”で何行も続いてしまうことも珍しくありません。

そこで、文章にリズムを付けるためにも必要なのがこの“体言止め”となるわけですが、逆にこの“体言止め”ばかりを使用してしまうと“~です。”もしくは“~ます。”を連続で使用するのと同じく読者にとって単調な…読み進めることが辛くなってしまます。

さらに、うまく内容が伝わらないという理由から離脱の原因となる可能性も多いに考えられます。(当然“~だ。”もしくは“~である。”が続いても同じく単調な文章に感じられるかと思われます。)

ただ、最初からそういった細かいところを気にしてブログ記事を書いていても無駄に時間がかかってしまうと思いますので、まずはコンテンツを最後まで書き上げることを優先させ、それから何度も推敲・ブラッシュアップさせる際にコンテンツをよりわかりやすく詳しく、さらに閲覧ユーザーにとって印象付けたい場所に体言止めを使用し、読み飽きさせることのないテンポ作りを意識して改善を行っていくと良いでしょう。

では、今回は“体言止め”の効果的な使い方や注意ポイントなどについて詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

サブドメインとサブディレクトリの違い・正しい使い分けについて

サブドメインとサブディレクトリの違い・正しい使い分けについて

サブドメインとサブディレクトリの違いをしっかりと理解していますか?

サイトやブログを独自で管理するには“ドメイン”の取得が必要となります。
この辺りは、コンテンツを後々資産化させるために多くの方がブランディングなどの目的のために行っているかと思われます。

そのドメインにWordPressなどを利用して記事を投稿していき、テーマ・キーワードによってカテゴリやタグを使ってユーザーにとって利便性の高い構築を行っていくわけですが、こういったサイトを管理する際、ディレクトリの内容によっては以下のように同じドメイン上に置く、または別のドメインで管理するといった選択をしなければいけません。

  • https://content.sample.com/⇒サブドメイン
  • https://sample.com/content/⇒サブディレクトリ

上記の場合、“sample.com”がドメイン名となり、サブドメインに使用する名称はご自身で自由に決めることができます。

というのも…サブドメインとサブディレクトリはURLが似ているようで検索エンジンから見ると別のサイト・ページとして認識しますが、全くの別ドメインのような評価というわけではなく、互いのリンクも内部リンクとして扱うため、どちらかに付いた外部からの被リンクも全く無駄になることもありません。(後ほどGoogle公式のYouTubeによる動画もご紹介します。)

そのため、サブドメインとして細分化したからといっても、検索エンジンからの評価が最大限に活かせないということもないので、SEOを意識した使い分けというよりもサイトが持つテーマ・専門性を担保するために必要な策として考えると良いでしょう。

このように最近のSEOでは専門性も重視されるようになり、一貫性のない記事の数だけカテゴリができてしまうような完全な雑記ブログではうまくドメインも育ちにくい状態となってしまいます。

つまり、サイト・ブログはある一定のテーマを元に対して構築していき、専門性を高めていくべきであって、全く異なるテーマの記事を投稿するなら、URLを分けて(サブドメイン)管理するべきです。

では、今回は“サブドメインとサブディレクトリの違い”やそれぞれのメリット・デメリットなどについて詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

ブログのアクセスが増えない・伸びない理由と対策について

ブログのアクセスが増えない・伸びない理由と対策について

ブログのアクセスが増えない・伸びない…とお悩みではありませんか?

ブログをはじめてすぐにアクセスが伸びることは当然ありませんが、継続してもなかなか増えない…とお悩みの方も多いかと思われます。

しかし正攻法でブログを書き続けることができれば、必ず良い結果が生まれるはずで、アクセスが増えないからと言ってブログを止めてしまう方が多い中、試行錯誤しながら長い目でブログを育てることこそ重要となります。

ただ、この場合どの状態でアクセスが増えないと悩んでいるかにもよります。

アクセスが増えない理由として例えば、以下のように記事数や期間にもよりますし、そもそも検索エンジンは検索フォームにキーワードを入力する“問い”に対する“応え”を検索結果にランキング表示しているといった検索自体の仕組みや、検索キーワードの需要などを理解する必要があります。

  • まだ数記事しか書いていない
  • 完全に自分のことしか書いていない
  • 検索結果の仕組みを理解せずにビッグキーワードを狙っている

そのため、ブログのアクセスが増えない原因をしっかりと把握しておかなければ、1,000記事書いているのにもかかわらずアクセスに悩み続けることにもなりかねません。

ということは、ブログのアクセスが増えない…と悩んでいる方にはいくつかの共通点などがあり、それらをひとつずつ潰して改善に繋げることによって月間数千PV・数万PVと増えていき、その悩みは少しずつでも解消されていくことでしょう。

つまりユーザーが行う“検索行動”には必ず何かしらの需要があり、それを満たす必要があるということで、基本的には検索ユーザーが知りたい・読みたいと思ってもらえるだけの役立つ内容であることがコンテンツ内に必要となるわけです。

では、今回はブログのアクセスが増えない・伸びない理由やその対策などについて詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

ブログをまずは100記事書く理由とポイントについて

ブログをまずは100記事書く理由とポイントについて

ブログでアクセスを伸ばすためにはまずはじめに“ブログ100記事書きましょう”といった文言をよく見かけます。

これには理由がいくつかあって、確かに書くことに慣れるという意味では間違いありませんが…ブログ記事を書くにはしっかりと意識しておかなければいけないことがあります。

個人ブログはもちろん、企業やプロダクト開発に携わるオウンドメディア担当になってしまった方は特に悩ましいところかと思いますが…単順に何も考えずに100記事書いたところで恐らく何も成長している部分はないかと思われます。

つまりブログでアクセスを伸ばしていくためには、慣れ以外にも知っておかなければいけない要点がいくつかあり、そういったポイントを抑えなければ成果を出せずに途中で止めてしまうことになってしまいます。

また、1年で約9割ものブログが更新を止めてしまうとも聞きます。
やはりこれには主に以下のような理由があり、どうしても続けることができなくなってしまう方が多いものと思われます。

  • アクセスが増えない(誰も見てくれない)
  • モチベーションが続かない

そもそも、ブログ記事の効果とは?以下のようなひとつのコンテンツとして機能させる必要があり、そのためにはこれらを満たすためにはどうしたら良いのか?といったことを考えながらか書き続けることによって、100記事書いた時には大きく成長していることと思われます。

  • 検索順位が付く(検索結果に表示される)
  • ユーザーが興味を引くタイトル
  • ユーザーに役立つ内容を書く

そうすることによって、後に今まで書いた100記事を見直すと修正しなければいけない多くの箇所に気付けるほど色々と知識も付き、成長しているはずです。

では、今回はブログ記事をまずは100記事書く必要性と同時に意識しなければいけない重要なポイントについて詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

インデックス カバレッジからインデックス状況を確認する方法

インデックス カバレッジからインデックス状況を確認する方法

新しいサーチコンソールに実装されているインデックス カバレッジという項目をご存知ですか?

この“インデックス カバレッジ”とは…検索エンジンにサイト内の各ページがどのように扱われている(インデックス)のか?といったページのインデックスに関しての状況をチェックできる機能です。

もし重要なページがなぜかインデックスされない…といった場合の原因を探ることも可能ですし、その他にもエラーや不本意に付与してしまった“noindex”によるものなのか?様々なインデックスされない理由をこの項目を通してチェックできるというものです。

そして基本的に、自然検索からの集客を増やしていくためには、Googleの検索エンジンに正しくインデックスされている必要があります。

つまり、いくら良い記事を作成したところで、その記事が正しくインデックスされていなければ誰の目にも触れることもありません。

そのため、サイト・ブログを運営・管理されている方は定期的にサーチコンソールをチェックし、何か問題が起きていないかどうか確認することをおすすめします。

万が一何らかの理由で重要なページがインデックスから削除された状態が続いてしまうと、思わぬところで機会損失となりかねません。

では、今回はそのサイト内の各ページのインデックス状況などを確認できる“インデックス カバレッジ”について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

キーワード出現率について上位表示に必要な正しい考え方とは?

キーワード出現率について上位表示に必要な正しい考え方とは?

キーワード出現率を意識してコンテンツを作っていませんか?

最近のSEOで上位表示させるためには、“検索キーワード”に対する答えを適切にコンテンツ化する必要があるため、単純にそのキーワードが多く出現したからといって、ユーザーを満たすコンテンツであるとは言えません。

つまりユーザーがなぜそのキーワードで検索したのか?といった検索意図を考慮する必要があり、単純に言葉の意味を知りたいだけでなく、他にもそのキーワードで検索した深い理由や需要・解決方法などが潜んでいるはずです。

そのため、上位表示させたいキーワードは重要なタグとされるページタイトルはもちろん、見出しなどに含めることで十分とも言え、本文に使用していけないわけではありませんが…通常、対策するキーワードを詳しく説明するために構築された各段落や、そこに設定した見出しなどに適宜使用するということです。

もちろん、そういった見出し(特にh1~3)には自然と上位表示させたいキーワードが含まれる場合も多く、あくまでキーワードに対する意図を明確化した上でコンテンツを作ることが重要であり、決して上位表示させたいキーワードの出現率だけを念頭にコンテンツを作っても恐らく良い結果にはならないでしょう。

ということで今回は、最近ではあまり聞かなくなりましたが…コンテンツ内に使用される単語の割合を意味する“キーワード出現率”について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

アクセス解析の方法と改善点の見つけ方について

アクセス解析の方法と改善点の見つけ方について

アクセス解析によってサイトの改善を行っていますか?

アクセス解析とは、サイトに流入してくるアクセス状況を調べて、サイトとしての成果であるコンバージョンの最適化することを目的としたものです。

まずサイトやブログといった何らかのWebを管理している場合、様々なユーザーがあなたのサイトに訪問してきます。

そして、サイトボリュームが多ければ多いほど多種多様なキーワードで検索するユーザーによって欲しい情報・コンテンツは異なり、それぞれのユーザーが見ている箇所や遷移するページなど、全く違った動きをしていると思われます。

一方で、サイトを運営・管理しているならコンバージョンと呼ばれる目標を設定しているはずです。

そのため、記事数を増やしていくことによってコンバージョンの絶対数が増えていくのは当然かもしれませんが、CVRといったコンバージョンする確率を考慮すると、このアクセス解析をしっかりと行い、今よりもさらにコンバージョンしやすい状態へと改善できる可能性があるというわけです。

つまりこの“アクセス解析”とは…以下のようなユーザー行動などを調べることで、ボトルネックとなってしまっている箇所を見つけ、そこを集中的に改善することによってコンバージョンを自然と増やしていくことが目的であり、サイト・ブログを管理している方ならぜひ行いたい要素のひとつです。

  • どういった属性のユーザーが訪問しているのか
  • どういったページを閲覧しているのか
  • 効率良くコンバージョンしているのか

そのためには…ターゲットとするキーワードで順位が付いているのか?ターゲットユーザーを集客できているのか?そのユーザーをうまくキラーページへと誘導できているのか?といったアクセス解析が必要ということです。

ということで今回は、サイト内のアクセス状況を把握して、サイトの効果そのものを改善するために行う“アクセス解析”の方法を詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

ブログ記事のリライトによって効率良く順位を上げる方法

ブログ記事のリライトによって効率良く順位を上げる方法

リライトが重要とよく聞きますが、その効果は出ていますか?もしくは正しく検証を行っていますか?

ブログをはじめWebページは、公開した後もメンテナンスとしてコンテンツ内容の充足や必要のない箇所の削除といった“リライト”が大切です。

つまり書き上げて公開した記事はそこで終了というわけではなく、その後の検索順位をチェックすることはもちろん、そもそもアクセスを流すこと“集客”が主な目的ですから、しっかりと成果が出ているかどうか?といった検証が必要というわけです。

しかし、リライトが重要とは言っても具体的にどういったことをしたら良いのか?理解していない方も意外と多く、ここをしっかりと知っておかなければ検索順位はむしろ下がってしまう可能性があるため、正しいリライトの方法を行うことが何よりも重要となります。

単純に文字量を増やせば良いのでは?と考えている方も多いかと思いますが違います。大きな注意点としてリライトとは単純にテキスト量を増やす作業ではありません。

検索キーワードに対する答えを競合よりも少しでもわかりやすく・丁寧に・端的に、そして内容の新鮮さを保つことが主な目的で、検索エンジンを通じて検索ユーザーはそういった役立つコンテンツを求めているというわけです。

特に最近の検索順位は、テクニカルな部分ももちろん多少ありますが…コンテンツ重視と言われているため、日記のような単純な文字列を毎日量産しても全く集客としての効果は見込めません。

そのため、今後しっかりと自然検索からの集客を行っていきたいとお考えの方は特に今回ご紹介する“リライト”の方法をしっかりと理解し、すでに公開されているページをより効果的に集客経路として活用していきましょう。

ということで今回は、検索順位の改善を主な目的とする“リライト”の正しい方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

Pixabay(ピクサベイ)の使い方と注意点について

Pixabay(ピクサベイ)という魅力的な無料画像サイトをご存知ですか?

ブログなど、なんらかのコンテンツを作成するにはイメージ画像が欠かせません。

そんな時に便利なのが著作権フリーの画像であり、最近では“クリエイティブコモンズCC0(いかなる権利も保有しない)”といった自由に使用することのできる画像を大変多く掲載したサイトも存在します。

特に一眼レフなどのカメラがない…そもそも魅力的な写真がうまく撮れない…という方にとっては、高画質の写真は実際料金を支払ってでも使用したいもの。

それが事実上著作権フリーで自由に使用できる画像があれば、これ以上便利なサイトはありませんよね?

また、そういったサイトが増えたことによって以前と比べて素材に困ることもなくなり、クオリティに関しても無料とは思えないほどの仕上がりで、ご利用している方も大変多いかと思われます。

では今回はそういった数ある素材サイトの中から“Pixabay(ピクサベイ)”をご紹介したいと思います。

ちなみにこの“Pixabay”の主な特徴としては…2019年6月の時点では1,700万枚以上の画像や動画があり、写真画像だけでなく以下のような素材が取り揃えられているという点です。

  • イラスト
  • ベクトル
  • 動画

これらの膨大な素材をユーザー登録することなく“パブリックドメイン”として使うことができるわけですが、こういった無料素材を利用するにはいくつかの注意点などもあり、実際に著作権がらみの裁判にまで発展している事案もあるようで、念のため素材を使用することのできる範囲を目を通して理解しておくことが必要となります。

パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。

もちろん“Pixabay”に掲載されている全てのコンテンツに関するライセンスについては、サイト内の“Pixabayライセンス”にて公開されているので、一応安心ではあります。

ということで今回は、著作権フリーな画像・映像が豊富に集められた便利な無料素材サイト“Pixabay”の使い方と注意点について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

【ブログの書き方】読まれる記事の重要な考え方について

【ブログの書き方】読まれる記事の重要な考え方について

ブログの書き方で悩んでいませんか?

ブログで効果を得るということは…ブログを続けるためのなんらかの目的がそれぞれあるかと思われますが、主に以下のような内容が考えられているのではないでしょうか?

  • アクセスを増やす
  • 検索順位が思うように付く
  • ブログからの収益・お問い合わせが増える

そしてこのブログの書き方でお悩みの個人の方や、企業のブログ担当となってしまった方の多くは、上記のような目的がうまく達成できずに悩んでいることかと思われます。

つまり書いた記事に順位が付かないことで、ブログのアクセスが伸びず、その結果ブログからの収益(効果)も「0」のまま…といった状況となってしまい、最終更新日が数年前といったブログも多く見受けられるわけです。

ブログを書く事自体止めてしまう方が大ざっぱに言って1年で約9割以上もいるというのも納得の数字ではないでしょうか?

ちなみにブログの多くは、“はてなブログ”や“アメーバブログ”など無料レンタルからも当然はじめることも可能ですが、少しでも本格的にはじめたい…とお考えの方なら、独自ドメインやサーバーを用意した上で“WordPress”をご利用されている方も多いでしょう。

そしてそういったブログにはテンプレートと呼ばれるテーマが有料・無料問わず数多く用意されていて、多くの場合すでに基本となる内的SEO対策が施されているものも多いため、後はブログの書き方をしっかりとマスターすることによって、先ほど述べたような目的へと少しずつでも近づけることが可能となっています。

ということで今回は、ブログの書き方となる基本的な内容や練習方法・重要な考え方などについて詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

効果的なランディングページを作る重要な考え方について

効果的なランディングページを作る重要な考え方について

ランディングページ(LP)をしっかりと作り込んだのに、なかなか効果がでない…とお悩みではありませんか?

そもそも“ランディングページ”とは、検索結果や広告をクリックした時など、そのサイトに訪問した最初のページといった意味もありますが、他にも商品購入や、メルマガ登録など、コンバージョンを獲得するために最適化されたページも同じくランディングページ(LP)と呼びます。

そして、CVに直結するキラーページとも呼べるランディングページには、他のページからうまく導線を設置したり、場合によってはSNSや広告費をかけたりと、うまく集客して効果を出そうとしているサイトも多いのではないでしょうか?

その内容というのも…縦長だったり派手だったりと、いくつかの特徴を思い浮かべるかと思われますが、実は効果を出すために必要な訴求内容や考え方があるんです。

例えば…訪問してきたユーザーは何を思ってそのランディングページへと辿り付いたのか?それによってどういった内容のコンテンツを見せるべきなのか?といったページとしての自由度が高い分、しっかりとランディングページとしての役割を考慮した上で制作しなければ、ユーザーの意識が分散してしまい効果的なページにはなりません。

まずは、ランディングページの目的としてサイトの目標となる“コンバージョン”を獲得することにあるということを念頭に置き、そのために必要なものを洗い出していきましょう。

もし、まだ商品認知もしていない潜在層を集客しても急に商品が売れることはありませんよね?ということは予めランディングページに記載されている商品を知っている顕在層を訪問させる必要があり、“この商品とは…”といった説明などもいりません。離脱の原因を自ら作っているようなものです。

ということで今回は、効果的なランディングページを作るポイントや重要となる考え方について詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

クローラーを制御してクローラビリティを最適化する方法

クローラーを制御してクローラビリティを最適化する方法

Webサイト内のページを巡回していくクローラーをご存知ですか?

このクローラーとは、Googleの検索エンジンにデータを登録(インデックス)するために情報収集を目的としたボットとも呼ばれるもので、主にインデックスされているページから外部・内部のリンクを辿って巡回していきます。

そして、サイト管理者としてはこのクローラーの最適化を行うこともまた必要であり、理由としては…不要なクロールを制御することで、重要なページを優先させて巡回させ、正しく内容を伝えることはもちろん、キャッシュを更新することで修正箇所などをすぐに検索結果に反映することも可能となります。(場合によってはクロールの申請も必要。)

というのも、クローラーがしっかりとページの更新箇所など前回クロールしたデータとの差分がないかどうか?を正しく理解しなければ、インデックスにも反映されないため、当然公開されているページも古いままとなってしまいます。

もちろんこれは新しいサーチコンソールに実装されている“URL検査”を利用してインデックスを促すことも可能ですが、質の低い不要なページをインデックスした状態だと場合によってはサイト全体の質にも影響することから、重要なページを中心にクロールしてもらう必要があるというわけです。

では今回は、このクローラーの意味や考え方などについて詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

コンテンツマーケティングとは?潜在層の行動状態を把握した戦略的コンテンツ作り

コンテンツマーケティングとは?潜在層の行動状態を把握した戦略的コンテンツ作り

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなりえる潜在層にとって価値ある情報をコンテンツ化し、例えば解決策を模索中の潜在層を購買ユーザー化・ファン化といった段階を踏んだステップアップを目的として売上を促進するマーケティング手法を意味します。

この際、成功しやすいコンテンツ制作のポイントは、潜在層を集客するためにロングテールでの各ターゲットをしっかりと決め、セールス優先ではなく役立つ情報を正しく丁寧にコンテンツ化することに尽きます。

すなわち、検索キーワードを定めて、それに沿ったコンテンツを制作するSEO対策は基本として重要ではありますが、コンテンツとして質の高い内容を最優先させ、潜在層を育てるといった考え方も必要となるわけです。

そのため、コンテンツの拡散・露出といった意味ではSNSの強化は必須で、手法としては…ブログだけでなくホワイトペーパーやオフラインでのイベント、さらには映像など様々な方法が考えられるかと思われます。

最近では、こういった“コンテンツマーケティング”を戦略的に行う企業も多く、広告らしさを感じさせない魅力的なコンテンツが成功の鍵ともなっています。

では今回は、このコンテンツマーケティングの意味や考え方などについて詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

共起語を適切に使用する方法【便利ツールもご紹介】

共起語を適切に使用する方法【便利ツールもご紹介】

共起語をうまく利用してコンテンツを作っていますか?
まず共起語とは、特定のキーワードと一緒に使用されることが多い単語を意味します。

そして、そういったキーワードを含めると検索順位にも良い影響を及ぼすと言われていますが、実際は共起語を含めたコンテンツだから評価されるというわけではなく、正しく理解した上で使用しなければ検索意図から外れてしまう場合も考えられます。

というのも上位にいるコンテンツとは、検索ユーザーに対してわかりやすいコンテンツを心がけることで、適切な場所で共起語をうまく使う=自然と語数も増えているはずで、これによって最近のSEOに評価されやすい傾向にあるということです。語彙力が重要視されているのはこのためですね。

例えば、上位表示されているしっかりと作り込まれたコンテンツを分析してみると、自然とそういった共起語を含んだものとなっていることが多く見受けられますが、必ずしも共起語を含めば上位化するというものではないということです。

とは言え、この共起語を適切に使用することで検索クエリに対する答えを網羅的に丁寧に伝えることも不可能ではなく、共起語ばかりに気を取られて本来の検索意図から外れないように検索キーワードに対して必要な情報を丁寧に伝えるための参考として利用することがポイントとなり効果的と言えるでしょう。

では、今回はこのコンテンツを充実させるための参考になる共起語について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について

検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について

コンテンツを作る際に必要となる“検索意図”をしっかりと調査していますか?

この検索意図とは、なぜユーザーがそのキーワードで検索したのか?何を知りたくて何を解決したいのか?といった“検索した理由”を意味します。

そして、コンテンツを提供する側としては、検索キーワードに対する検索意図をコンテンツ内容と合致させる必要があり、検索エンジンはそういった検索クエリに対する検索意図を満たすコンテンツを評価し、上位表示させることによってユーザーの使いやすい“検索”を日々向上させています。

そのため、この検索意図をしっかりと調査するということは、ターゲットキーワードでの上位表示させることにも繋がり、Googleの考えに沿ったユーザーの役立つコンテンツにもなるわけです。

つまり、キーワードに対する検索意図を調査するということは、記事を書く前に必ず行っておきたい要素で、上位表示には欠かせない重要なポイントとなります。

では、今回は検索キーワードに対する“検索意図”について、意味や調べ方など詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

サーチコンソールのDiscoverについて -Googleアプリからの集客を知る方法-

サーチコンソールのDiscoverについて -Googleアプリからの集客を知る方法-

サーチコンソールに新たに実装された“Discover”という機能をご存知ですか?

まず“Discover”とは、Googleが提供する“Googleアプリ”に実装されている機能のひとつで、直訳すると“発見”を意味します。(以前は“フィード”といった名称で実装されていましたが、2018年9月に“Discover”に改名。)

そして、アプリ内で興味のあるジャンルなどのカスタマイズや、好みの記事に対して関心・興味がないことを選択することで、ご自身に有益な情報を新たに発見することができる便利なコンテンツです。
参考:Google アプリ

また、コンテンツを提供する側としても、“Googleアプリ”に掲載されるということは多くのユーザーの目に触れる機会も増えるため、検索以外の流入経路としての効果も高く、“Google砲”とも呼ばれる瞬間的に数多くのトラフィックを多く流す一つの方法としてぜひ“Discover”に最適化したコンテンツを目指したいところです。

その“Discover”について、サーチコンソールのヘルプにも以下のようにまとめられていて、“Discover”ではメインの画像とともにリスト化されてコンテンツが表示されているため、検索ユーザーはスクロールするだけで好みの情報をチェックし、コンテンツにアクセスすることができるわけです。(下にスワイプすることで最新の情報に更新することもできます。)

Google Discover では、ページの概要がカードとしてユーザーに表示されます。カードはトピックごとにリストとしてまとめられ、ユーザーはモバイル端末でスクロールしながらブラウジングできます。

つまりサーチコンソールに新たに実装された“Discover”とは、そのGoogleアプリの“Discover”に表示された回数やクリック数などのパフォーマンスをレポートしてくれる新機能というわけです。

では、今回は新たなサーチコンソールの項目“Discover”について、見方や掲載されるための工夫など詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

内部対策とは?SEOを強化する重要なポイントまとめ

内部対策とは?SEOを強化する重要なポイントまとめ

SEO対策のひとつ、“内部対策”を意識してサイト管理を行っていますか?

検索順位を上げるためには検索エンジンに最適化する“SEO対策”が必要となります。
そのSEO対策には、大きく分けて内部・外部の要素があり、どちらもしっかりと対策することによって“コンテンツの質”がより高く評価されるようになります。

その重要な対策のひとつ“内部対策”とは、その名の通りサイト内部に関する施策を意味し、基本はユーザビリティを考慮したものですが、ユーザーだけでなく検索エンジンに対してわかりやすい構造や、何が書かれているのか?といったコンテンツを正しく伝えるためのものであり、キーワードの詰め込みによって上位表示することができる小手先の技術というわけではありません。

つまり、正しいタグなどを用いてコンテンツを構築することによって、ユーザーに理解しやすい見た目はもちろん、検索エンジンへ内容を正しく伝えることが主な目的となるわけです。

他にも最近特に重要視されている内部リンクの構築・構造など、内部対策には多岐に渡り、ご自身で管理・調整することのできる施策となっているため、基本をしっかりと理解した上で検索エンジンの傾向から仮説・実行・検証を繰り返すことが重要となります。

では、今回はSEO対策のうちのひとつ“内部対策”について、抑えておきたい重要なポイントなどを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む