SEOと文字数の関係とは?上位表示させるために必要な考え方について

SEOと文字数の関係

SEOと文字数とはGoogleの公式だと関係ないと公表していますが、実際のところ相関はあります。これは単純に長文が効果的で評価されるというわけではなく、当然ユーザーの求めている情報を網羅することが重要であって、専門性などの深い知識も必要となってきます。

\ 簡単登録ですぐに使えます /コンテンツSEOツールを無料体験

もちろん検索キーワードに対して答えとなる内容を評価するわけですが、それは決して一言ではなくしっかりと順序立てて説明する必要があり、閲覧ユーザーを納得させて検索行動を終わらせるつもりの内容が理想です。

このことを踏まえると自然と文字数も多くなりますし、充実したコンテンツ・質の高いコンテンツとして評価されるというわけです。ただし、それが全てではありません。SEOの場合多少文字数が少なくてもドメインの強さも大きく影響してきますから、上位表示させるためにはキーワード選定も重要な要素となります。

また、ユーザーが知りたいとする検索意図を実際の検索結果ページのコンテンツ傾向から読み取り、それを自分なりのオリジナル性や見解も加えて作り込むことによって文字数だけでなく単語数も増えることになるはずで、文字数というよりも単語数も重要視するようにしてください。

この辺りは様々な表現力によってユーザーの理解を得ることはもちろん、多彩な単語を使用することでより詳しく・臨場感高く伝えることも可能となるからであって、決してSEOだけを考慮して共起語を詰め込まないようにしましょう。

では、今回はSEOで上位表示させるために必要な文字数とその理由や重要視するべき要素などを詳しくご説明していきたいと思います。

\ 簡単登録ですぐに使えます /コンテンツSEOツールを無料体験
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

SEOと文字数の関係について

SEOに重要な文字数とは、ターゲットキーワードや競合によって異なり、どれだけ網羅した内容をユーザーにわかりやすく伝えられるのかが重要となってきます。

そのため、何文字あれば上位表示できるといった具体的な数字は一概に言えません。ただしどういったキーワードであろうと最低でも2,000文字は欲しいところで、後は競合や実際に上位表示されているページの文字数を参考にすると良いでしょう。(文字数のカウントについては「見出し(hタグ)抽出ツール」が便利です。)

また、実際の検索結果を見てみると長文コンテンツが評価されている傾向で、文字数が多ければSEOに強い印象を持たれる方も多いかと思われます。しかし実際にはキーワードに対してあまりにもブレた内容で文字数を稼いでも思い通りの順位にはなりません。

この辺りはやはり検索意図をしっかりと調査・確認してユーザーの求めている内容を充実させたり、見やすくまとめることが重要となってきますので、単純に長文だけが優位というわけではなく、あくまで役立つ内容にしなければ検索エンジンとしても何について書かれた記事なのか?正しく理解することが難しくなってしまいます。

つまり、ピンポイントで深掘りした内容であれば評価される可能性が高く、競合よりもさらに詳しいコンテンツを作ることが重要というわけです。それによって自然と文字数が多くなるということです。

極端な話、5万文字あっても内容が日記や小説のようなコンテンツだとどのようなキーワードでも上位表示させることはできません。(複合キーワードで流入するかもしれませんが、恐らくユーザーが求めている内容ではありません。)

Googleは何を評価しているのか

昔からGoogleは画像を認識できないと言われているように、やはりコンテンツは文字が重要視され、ターゲットキーワードを詳しく説明するために順序立てる見出しも重要であり、とにかく文章でユーザーの役立つコンテンツを作り込むことが最も上位表示の近道となります。

それはユーザーファーストであって、それを理解するGoogleのためでもあり、そこに何が書かれているのか?検索エンジンに正しく理解してもらう必要があるというわけです。(見出しにキーワードを入れた方が良いのはこのためです。)

それを踏まえるとコンテンツは文字ベースであることが理想で、必要に応じて画像や表、リスト化して全体の見やすさを考慮して記事を作り込みます。そうすることで、ユーザー・Googleともに読みやすく理解しやすい内容となり、ユーザーの反応が良い=質の高いコンテンツとして認識されるようになります。

もちろんSEOとして考えると他にも評価される要素は数多くありますが、まずは内容を正しく伝える必要がありますから、テキストでコンテンツを作り込むことが重要となります。

つまりGoogleは文字数を評価しているのではなく、どれだけ詳しい内容を伝えているのかを評価しているわけで、検索ユーザーに対して役立つ内容でなければいけません。ただ、事細かく説明することによって自然と文字数や単語数も多くなりますから、優しく丁寧に書くということが大切です。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

クオリティの高いページとは

上記の通り文字ベースで細かく・わかりやすく情報をまとめ、検索ユーザーにとって役立つ記事にすることが評価される条件となり、そういったページはもちろんクオリティが高いとされ、当然ユーザーが解決したかった物事や疑問も解消できることでしょう。

そして、順位上昇に重要な“リライト”という作業ではこのクオリティの高さを念頭に添削していくことが大切で、場合によっては削除するべき箇所もあるかもしれません。この辺りに関してはサーチコンソールから流入キーワードをチェックして理想通りの検索キーワードで上位表示されているのか?ページが検索結果に表示されているのかを確認してみてください。

ここを確認して若干ずれたキーワードで流入しているとすれば、当然ターゲットキーワードの順位も思い通り上昇しませんし、その部分のコンテンツや単語は削除するべき対象となります。(この場合その箇所のコンテンツは別ページで作り込む必要があります。)

そのため、ターゲットキーワードをきちんと説明するために必要な構成に適宜見出しを付け、わかりやすく丁寧に書くことがクオリティを高めることにも繋がりますし、SEOとしても高く評価されて上位表示されるという仕組みとなっているわけです。

例えば“iPhone製品”と“格安SIM”を同じ記事にいくら詳しく数万文字で書いても検索エンジンはそれぞれに特化した他の記事を評価することでしょう。(この場合は1ページ1キーワードとしてコンテンツを分けるべきです。)

ここでの“リライト”について詳しくは「ブログ記事のリライトによって効率良く順位を上げる方法」の記事もぜひご覧ください。

質の高いコンテンツは長文になりやすい

また、詳しく書けば書くほど文字数は多くなりますよね?ということは質の高いコンテンツは自然と長文になりやすい傾向にあります。

しかし当然的外れな内容で文字数を稼いでも逆効果となってしまい、検索意図をしっかりと把握した上でユーザーに役立つコンテンツを作り込むことが重要で、詳しく書くということは専門知識なども必要となってきますので記事を書く前にしっかりと調べておく作業がポイントとなります。(記事を書くこと自体はほぼ作業と思ってください。)

この辺りの事前調査を怠ると自分の言葉で伝えられないため、単なるコピペ・リライト記事となってしまいますので、あくまで検索キーワードに対してユーザーが何を求めているのかをしっかりと調べて専門家のようにわかりやすく丁寧に説明してあげることによって自然と長文記事になりやすいと言えるでしょう。

要は単純に長文記事がSEOに強いのではなく、検索キーワードに対して相応しい充実した内容・質の高い長文記事が評価される傾向にあるということが言えます。

そしてその内容も時間とともに変化していき、追加するべきコンテンツがなければ順位にも影響します。これが記事の新鮮度を保つ重要な理由で、定期的なリライトによって上位表示の維持にも繋がるというわけです。

\ 集客効果の高いキーワードを自動で取得!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

ユーザーに役立つ情報が評価される

文字数が多いとSEOに強いとされる理由のひとつに共起語も含まれます。というのも文字数も重要ですが、単語数も同じく重要ですのでテーマに関連する様々な単語を用いて作り込むことを意識してください。

そうすることで複数のキーワードで検索した際にも表示される可能性が高くなりますので、要はロングテールSEOにも期待でき、より多くの自然検索による流入が見込めます。

ただし、テーマ・キーワードを統一することだけは注意が必要で、ユーザーの望んでいないコンテンツが混ざっていると検索順位自体思うように上昇しない状態となってしまいます。

そうならないためにも記事を作成する前のキーワードの調査が重要となるわけです。つまりキーワード選定及び検索意図の調査などはSEOには不可欠な要素であり、上位表示させたいキーワードをしっかりと調べなければいけません。

この辺りに関しては実際に検索してみてどういったコンテンツが上位表示・評価されているのか?ユーザーが求めているものや解決したいものを理解した上で記事を作成していくと良いでしょう。(そこで重要となってくるのが見出しで、前もって見出しを構築すると記事作成している途中でもブレることはありません。)

SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

SEOで上位表示させる文字数とは

では上位表示させるには何文字必要なのかというと…冒頭でもお伝えした通りターゲットキーワードごとに異なり、ユーザーを納得させることができればもちろん評価されます。というのも実際ユーザーが検索して何らかのページにランディングし、満足できない・解決できなければ一旦検索結果ページに戻って再度検索行動をし続けることでしょう。

もしくはさらに異なるキーワードを追加して検索するかもしれません。評価される記事・質の高い記事ではそういった検索行動を終わらせることが重要で、事細かく深掘りしたコンテンツが必要となります。

それは1,000文字で収まるかもしれませんし、10,000文字必要となるかもしれません、こればかりは競合や実際検索してみなければわかりませんので、全体の傾向を調査してみてください。

ただ、短くてもある程度しっかりとした内容でなければユーザーも満足しませんから、必要に応じて画像や表、グラフやリスト化、引用などをうまく活用して信頼性の高い記事を目指しましょう。もちろん書いたら終わりではありませんので、サーチコンソールから流入キーワードをチェックしてリライトにて上位表示を目指します。

文字数よりも単語数が重要

こちらも先ほどお伝えした通りで、単純に文字数だけを稼ぐのではなく、共起語など様々な単語を使用して記事を作り上げていきます。それによって表現も豊かになるでしょうし、内容もわかりやすく・伝わりやすくなるはずです。

ただ、こちらもまた単純にSEOだけを目的に数多くの単語を使えば良いというわけではなく、適宜わかりやすい表現にするために必要な単語を使用するべきで、普段から「類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書」辺りを参考にしてみるとボキャブラリーも増え、決して単調ではないライティングが可能となります。

無理に難しい単語を使用してもユーザーに伝わらなくなってしまい、この辺りは全体を読み返して躓くようであればユーザーも同じ気持ちでいるはずですので敢えてわかりやすい言葉で説明していくと良いでしょう。(専門用語ばかりではユーザーも理解できません。)

また、普段から色々な書籍やWebページを読んでいるとスラスラと読める記事と読みにくい記事がなんとなくわかるようになりますので、うまく書くということは読むことも大切で、アウトプットするにはインプットが必要ということです。

この“ライティング”について詳しくは「ライティング・文章力を上げる基礎要素まとめ」の記事もぜひご覧ください。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

検索上位のサイトを分析する

上位表示させるための文字数は競合にも左右され、実際に検索してみてどれくらいの文字数なのか・どういった内容のコンテンツなのかを詳しく見ていきます。

ここで文字数をさっと調べるには「見出し(hタグ)抽出ツール」を利用してみてください。ターゲットキーワードを入力するだけで上位表示されているページの見出しと文字数が表示されるので非常に便利です。

もちろん上位表示されているページの文字数はバラバラです。そしてSEOは文字数だけが全てではなく様々な要素から順位が決まり、中にはドメインが強いおかげで上位表示されているものもありますので、その辺りも考慮すると良いでしょう。

また、ドメインが弱い場合だとしっかりと閲覧してもらうコンテンツが必要ですので(ドメインを強化するためにも)、自然と文字数も増える傾向であることがわかるかと思われます。この場合は少しずつ流入を増やしてドメインの強化を念頭に置いてください。

そのうちドメインが強化されると全体的に順位が上がりますので、最初は競合の内容などを見て上位表示可能なキーワード選定を行うことが大切です。

ソースが必要であれば引用も活用する

記事を書いていると閲覧ユーザーから疑問視されるような物事も出てきます。そういった場合は情報のソースを表示させてあげると信憑性も高まるので有効的です。

Webページでソースを公開するということは一部抜粋して正しく引用する必要があるため、blockquoteタグを活用してその情報が本当であることをユーザーに伝える必要があります。それに加えご自身の見解などを付け加えることによってオリジナリティが生まれますし、他にはない独自のコンテンツとなります。

ただし、引用で文字数を稼ぐといった考えは止めましょう。あくまでコンテンツはオリジナルであることが前提で評価されますから、閲覧ユーザーにとって役立つひとつの要素として扱い、後はご自身の言い回しで説明できるくらいの知識が必要です。

これをうまく使うことによって信憑性も担保できますし、ユーザーも納得して読み続けることができ、コンテンツの質も高ければ納得して検索行動を終わらせることにも繋がり、誰かに紹介したいといった理由から被リンクの獲得も期待できます。

もし高い知識を必要とするコンテンツに重要なソース元や引用がなければ、ユーザーはその情報が本当なのかどうか半信半疑のまま読み進めることになり、さらに詳しい検索を続けなければいけません。要は適宜役立つ情報をまとめることが大切で、場合によっては内部リンクや発リンクも重要な要素となります。

まとめ

今回はSEOと文字数の関係について詳しくご説明しました。

このように文字数は相関的にSEOにも影響する重要な要素であり、どれだけ詳しく書いてあるのか?ユーザーに役立つ情報なのか?様々な単語(共起語)を使用して丁寧にしてあげると正しく評価されて上位表示にも繋がるはずです。

ただし、ワードサラダのように共起語を無理に使用しても逆効果ですので、その辺りに関してはユーザーの読みやすさなどユーザビリティも考慮する必要があり、単純に文字数が多ければ高く評価されるわけではありません。

というのも検索ユーザーはピンポイントで欲しい情報を探して検索という行動を行っています。そしてそれが解決できれば検索そのものを終えるでしょうし、ブックマークしたりシェアしたり何らかの反応を起こします。

そうさせることによってご自身のページ・サイトが信頼され、再度訪問されたりドメインの強化にも繋がりますので、ぜひユーザーに役立つコンテンツとして詳しく優しく丁寧に伝えるようにしましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

\ 簡単登録ですぐに使えます /コンテンツSEOツールを無料体験

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

検索順位を改善するには正しいSEOの知識が必要です

関連記事

【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な施策方法を詳しく解説します

キーワード選定の強力なSEOツール- まずは7日間無料でお試し -