キーワードファインダーSEOブログ

GoogleトレンドをSEOに活かす機能ご紹介

Googleトレンドをseoに活かす機能とは

みなさんはweb上で何が今、流行っているかを知りたいと思ったことはありませんか?
最近はtwitterのトレンドという機能もありますが、web上でどのキーワードが検索されて、どれが話題になっているのか詳しく調べることができるGoogleトレンドを今回はご紹介したいと思います。

Googleトレンドとは?

google トレンド
https://trends.google.co.jp/trends/

Googleトレンドは、特定の期間に特定のキーワード、件名、フレーズがどの程度頻繁に検索されたかをユーザーが確認できるオンライン検索ツールです。
Googleでは毎日、何千もの膨大な規模で検索が行われているため、Google Trendsは世界最大のリアルタイムデータベースになります。
人々が何を検索するかを調べることで、彼らが今、何に興味を持っているかなど、ユニークな視点を得ることができます。

最大5つの単語やトピックを調べられる

googleトレンドで最大5つまで調べられる

Googleトレンドでは、最大5つの単語やトピックを同時に調べることができます。
結果は、グラフに表示され、それぞれを比較することが可能です。

グラフの数値

100 人気度が最も高い
50 人気度が半分
0 人気度が最も高いときの 1% 未満

グラフのデータは.csvファイルにエクスポートできます。
このファイルは、Excelやその他のスプレッドシートアプリケーションで開くことができます

例えば「任天堂switch」で調べると発売前の2月26日から発売後の3月11日までが人気度が最も高くなっていることが分かります。

Google トレンドの主な機能

調べる

https://trends.google.co.jp/trends/explore

検索キーワードを入力すると、人気度の動向や、そのキーワードに興味があるエリア、最大5キーワードまで比較することも可能です。

急上昇ワード検索

https://trends.google.co.jp/trends/

アクセスすると、今人気の話題が一覧で表示されます。
一覧の右上で「カテゴリ」「国」を指定することでどのカテゴリでどのエリアで今、何がホットな話題かを簡単にしることができます。

YouTubeでの注目動画

Googleトレンドでyoutubeで動画をチェックする
https://trends.google.co.jp/trends/hotvideos

このページを開くと、今、YouTubeで話題の画像の一覧が表示されます。
こちらも、エリアや期間を指定できます。
これで今、どんな話題がyoutubeで人気があるのか、注目の動画はないか?をチェックすることが出来ます。

ランキング

これは過去1年で最も人気が上昇したキーワードや、話題の人、ニュース、映画、ドラマなどをランキング形式でチェックすることができます。

登録

トレンドのコンテンツや最新情報に関するメールの通知を受けることができます。
主に「急上昇ワード検索」「ランキング」「調べる」の各ページにある『登録』ボタンでメール通知が受け取れるようになります。

Google トレンド をSEOに使う

1.キーワード調査

googleトレンドをseoに使う

キーワード調査の幅を広げる

seoキーワードを選定するにはまずは徹底的なキーワード分析を行う必要があります。
みなさんがご存知のとおりGoogle AdWordsのキーワードプランナーはこれに適したツールです。
ただ、Googleトレンドツールを利用することで、最新のキーワード情報や動向を知ることができ、よりキーワード調査の幅が広がります。

新しいキーワードの提案

Googleトレンドで対象となる検索クエリを入力すると、関連するトピックや選択した期間に関連性のあるキーワードや話題も取得してきます。

地域ごとに関心度を調べる

地域ごとの関心度を調べる

Googleトレンドでは地域ごとにそのキーワードにどれくらい関心があるかを知ることができます。

2.コンテンツマーケティングに

近年、コンテンツマーケティングが主流になりつつありますが、キーワードや話題にお困りの方は多いのではないでしょうか?
メディアやブログで人々の関心を集めるブログは以下の2つです。

  • 最新の情報(新鮮さ・スピード)
  • 有益な情報(情報の深さ・量)

Googleトレンドはその中でも最新の情報(新鮮・スピード)や話題を見つけるのに役立ちます。

急上昇ワード

Googleトレンドでは、注目のトピックスをリアルタイムで表示できます。なのでカテゴリで自分の分野のカテゴリを絞りった話題で今、話題となっているトピックスを見つけ、最新の情報を競合よりもいち早く見つけてユーザーに届けましょう。

地域、期間を限定させる

googleトレンドで地域と期間を限定させる

次に、上の「すべての国」をクリックし、「日本」と指定し。
次にその隣の期間を「過去30日間」と指定すると過去30日間で急上昇した日や、期間中にどのエリアが1番人気だっかのかまで知ることが出来ます。

一度に5つのキーワードのトレンド動向をチェックができる

Googleトレンドの右上にある「+比較」というのをクリックすると、同時に最大5つまで比較することができます。

3.リアルタイムでマーケティングのチャンスを見つける

Google トレンドでは、月間1億回以上の検索エンジンのリアルタイムデータを毎月提供しています。これにより、さまざまな時期や新製品の発売や主要イベントでの検索傾向をチェックすることができます。

Google トレンドの情報を使ったリアルタイムマーケティングの古典的な例は、2013年のスーパーボウルで34分にわたって停電した時のオレオのリアルタイムツィートです。
オレオの広告チームが停電中に
「Power out? No problem.」と画像付きのツィートをしたことがきっかけでした。


Power out? No problem(停電?何も問題ない).
YOU CAN STILL DUNK IN THE DARK.(真っ暗な中でも(オレオは)ミルクに浸して食べれる。
というdarkとdunkを上手く使ったシャレ。
※Dark:暗闇
※Dunk:ミルクに浸して食べる

エリアごとにニッチな話題を見つける

気になるキーワードで検索し、エリアを「日本」に絞り込むと、日本のどのエリアが対象キーワードに1番興味を示しているのかが分かる。
エリアごとの人気を知ることで今後のキャンペーン展開を考えると良いでしょう。

急上昇ワード検索は、iframeで埋め込みが可能!

1.右上の「<>」をクリック

2.ウィジェットのサイズと表示件数(アイテム数)を指定し、タグをコピーしてサイトに貼り付ける。

3.埋め込みしたのがこちら

まとめ

Googleトレンドはリアルタイムの話題を調べるのはもちろん、キーワードの動向や、季節的な話題なのか、エリアも絞って調べることができます。

スピード重視で最新情報を提供するのはもちろん、広告を提供する地域の選択にも役立つ指標となるでしょう。

コンテンツ強化に役立つ「検索上位サイト分析」

サイト一括取得ツール「コンテンツファインダー」