キーワードファインダーSEOブログ

2019年 4月 の投稿一覧

共起語を適切に使用する方法【便利ツールもご紹介】

共起語を適切に使用する方法【便利ツールもご紹介】

共起語をうまく利用してコンテンツを作っていますか?
まず共起語とは、特定のキーワードと一緒に使用されることが多い単語を意味します。

そして、そういったキーワードを含めると検索順位にも良い影響を及ぼすと言われていますが、実際は共起語を含めたコンテンツだから評価されるというわけではなく、正しく理解した上で使用しなければ検索意図から外れてしまう場合も考えられます。

というのも上位にいるコンテンツとは、検索ユーザーに対してわかりやすいコンテンツを心がけることで、適切な場所で共起語をうまく使う=自然と語数も増えているはずで、これによって最近のSEOに評価されやすい傾向にあるということです。語彙力が重要視されているのはこのためですね。

例えば、上位表示されているしっかりと作り込まれたコンテンツを分析してみると、自然とそういった共起語を含んだものとなっていることが多く見受けられますが、必ずしも共起語を含めば上位化するというものではないということです。

とは言え、この共起語を適切に使用することで検索クエリに対する答えを網羅的に丁寧に伝えることも不可能ではなく、共起語ばかりに気を取られて本来の検索意図から外れないように検索キーワードに対して必要な情報を丁寧に伝えるための参考として利用することがポイントとなり効果的と言えるでしょう。

では、今回はこのコンテンツを充実させるための参考になる共起語について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について

検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について

コンテンツを作る際に必要となる“検索意図”をしっかりと調査していますか?

この検索意図とは、なぜユーザーがそのキーワードで検索したのか?何を知りたくて何を解決したいのか?といった“検索した理由”を意味します。

そして、コンテンツを提供する側としては、検索キーワードに対する検索意図をコンテンツ内容と合致させる必要があり、検索エンジンはそういった検索クエリに対する検索意図を満たすコンテンツを評価し、上位表示させることによってユーザーの使いやすい“検索”を日々向上させています。

そのため、この検索意図をしっかりと調査するということは、ターゲットキーワードでの上位表示させることにも繋がり、Googleの考えに沿ったユーザーの役立つコンテンツにもなるわけです。

つまり、キーワードに対する検索意図を調査するということは、記事を書く前に必ず行っておきたい要素で、上位表示には欠かせない重要なポイントとなります。

では、今回は検索キーワードに対する“検索意図”について、意味や調べ方など詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

サーチコンソールのDiscoverについて -Googleアプリからの集客を知る方法-

サーチコンソールのDiscoverについて -Googleアプリからの集客を知る方法-

サーチコンソールに新たに実装された“Discover”という機能をご存知ですか?

まず“Discover”とは、Googleが提供する“Googleアプリ”に実装されている機能のひとつで、直訳すると“発見”を意味します。(以前は“フィード”といった名称で実装されていましたが、2018年9月に“Discover”に改名。)

そして、アプリ内で興味のあるジャンルなどのカスタマイズや、好みの記事に対して関心・興味がないことを選択することで、ご自身に有益な情報を新たに発見することができる便利なコンテンツです。
参考:Google アプリ

また、コンテンツを提供する側としても、“Googleアプリ”に掲載されるということは多くのユーザーの目に触れる機会も増えるため、検索以外の流入経路としての効果も高く、“Google砲”とも呼ばれる瞬間的に数多くのトラフィックを多く流す一つの方法としてぜひ“Discover”に最適化したコンテンツを目指したいところです。

その“Discover”について、サーチコンソールのヘルプにも以下のようにまとめられていて、“Discover”ではメインの画像とともにリスト化されてコンテンツが表示されているため、検索ユーザーはスクロールするだけで好みの情報をチェックし、コンテンツにアクセスすることができるわけです。(下にスワイプすることで最新の情報に更新することもできます。)

Google Discover では、ページの概要がカードとしてユーザーに表示されます。カードはトピックごとにリストとしてまとめられ、ユーザーはモバイル端末でスクロールしながらブラウジングできます。

つまりサーチコンソールに新たに実装された“Discover”とは、そのGoogleアプリの“Discover”に表示された回数やクリック数などのパフォーマンスをレポートしてくれる新機能というわけです。

では、今回は新たなサーチコンソールの項目“Discover”について、見方や掲載されるための工夫など詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

内部対策とは?SEOを強化する重要なポイントまとめ

内部対策とは?SEOを強化する重要なポイントまとめ

SEO対策のひとつ、“内部対策”を意識してサイト管理を行っていますか?

検索順位を上げるためには検索エンジンに最適化する“SEO対策”が必要となります。
そのSEO対策には、大きく分けて内部・外部の要素があり、どちらもしっかりと対策することによって“コンテンツの質”がより高く評価されるようになります。

その重要な対策のひとつ“内部対策”とは、その名の通りサイト内部に関する施策を意味し、基本はユーザビリティを考慮したものですが、ユーザーだけでなく検索エンジンに対してわかりやすい構造や、何が書かれているのか?といったコンテンツを正しく伝えるためのものであり、キーワードの詰め込みによって上位表示することができる小手先の技術というわけではありません。

つまり、正しいタグなどを用いてコンテンツを構築することによって、ユーザーに理解しやすい見た目はもちろん、検索エンジンへ内容を正しく伝えることが主な目的となるわけです。

他にも最近特に重要視されている内部リンクの構築・構造など、内部対策には多岐に渡り、ご自身で管理・調整することのできる施策となっているため、基本をしっかりと理解した上で検索エンジンの傾向から仮説・実行・検証を繰り返すことが重要となります。

では、今回はSEO対策のうちのひとつ“内部対策”について、抑えておきたい重要なポイントなどを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

外部対策とは?上位表示に必要なSEOの重要指標について

外部対策とは?上位表示に必要なSEOの重要指標について

サイトの“外部対策”とは、主に被リンクの獲得を意味します。

そして、この対策はご自身でコントロールできない点がデメリットではありますが…だからと言って“質の高いコンテンツ”を作ることだけに集中していませんか?

もちろんユーザーファーストといったGoogleの考えからすると、SEOの本質的には間違いないかと思います。しかし、被リンクは昔から変わらず検索順位に大きく影響する効果の高い要素です。

そのため、外部対策とコンテンツの相乗効果として検索エンジンに高く評価してもらうといった良い循環を作るためにも、いくつかのポイントを押さえたサイト・ブログ管理を行いたいところです。

つまり、被リンク獲得だけを考えるわけではなく、サイトを成長させるために必要な被リンクを考慮しつつ、ユーザーにとって役立つコンテンツ作りに注力しましょうという意味です。

では今回はSEO対策の非常に重要な要素となる“外部対策”について、サイトの評価を高めるためのポイントなど詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

インデックス数とは?SEO効果と調べ方について

インデックス数とは?SEO効果と調べ方について

サイトの“インデックス数”とは、公開中の各記事ページがGoogleの検索エンジンに認識されている数のことを指し、クロールによるGoogleのデータベースに登録された数とも言えます。

そして、サイトには規模として大小様々ですが、このインデックス数が多ければ多いほどサイトとして強いイメージがあるかもしれません。

しかしそれは以前までの話で、昨今の検索エンジンではユーザーに価値あるコンテンツを提供しているかどうか?ドメイン・ページそれぞれの評価に基づいてランキングするため、ページの質に関係なくインデックス数が多いだけでは評価されることはありません。

むしろサイト内に質の低いコンテンツが上位表示の足かせとなる場合も少なくなく、上位表示させるためには“noindex”やコンテンツの統合やリライトをうまく利用して管理していく必要があります。

特に最近、規模の小さなサイトの方が評価される傾向にあるのはこのためであって、管理もしやすく、今後は個別ページの強化といった要素も重要視する必要があるというわけです。

では今回は“インデックス数”について、サイトの評価を高めるための意味や重要なポイントなど詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

httpからhttpsにリダイレクトする方法と注意点について

httpからhttpsにリダイレクトする方法と注意点について

サイトを“https”で管理・運用していますか?
セキュリティを考慮したSSLに対応するには、前提としてhttpからhttpsにリダイレクトする必要があります。

それによって、urlには「https://~」と表示され、正しくSSLに対応していれば警告アイコンなどが表示されることもありません。

そもそもなぜ“https”にリダイレクトさせる必要があるのかというと…Googleの検索エンジンはurlが異なるページを別ページと認識するためであって、どちらでもアクセスできる状態だと評価が分散してしまう可能性があるというわけです。

これを回避するためにも、SSLに対応した場合には“http”を“https”に正しくリダイレクトする必要があり、それによって評価を落とすこともなくフォームの入力などの情報が暗号化され、訪問ユーザーは安心してサイトを利用することができます。
※SSL証明書ももちろん必要となります。

しかし、このSSL化するタイミングで“http”を“https”に正しい方法でリダイレクトさせなければ、検索順位にも大きく影響するため、しっかりと手順を踏まえて行いたい作業となります。

では今回は、“http”から“https”に正しくリダイレクトさせる方法について詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む