キーワードファインダーSEOブログ

2020年 7月 の投稿一覧

WebP(ウェッピー)について圧縮率の高い次世代画像フォーマットの作り方・表示方法を詳しく解説

WebP(ウェッピー)について圧縮率の高い次世代画像フォーマットの作り方・表示方法を詳しく解説

画像ファイルを軽くできる画期的な次世代フォーマット“WebP(ウェッピー)”をご存知ですか?

この“WebP”とは、Webページに配置する画像の品質を保ったまま高圧縮によって読み込み速度に効果が期待できるもので、以下によると開発自体はGoogleが行っており、拡張子もそのまま“.webp”となります。(もちろん圧縮しすぎると劣化します。)

WebP(ウェッピー[4][要出典])は、米Googleが開発しているオープンな静止画像フォーマット。ファイルの拡張子は「.webp」。

そもそも画像フォーマットと言えば…jpgやpng、gifなどを思い浮かべる方が多いかと思われますが、実施には用途に応じて適宜使用していないWebページをかなり多く見受けられます。(酷い場合はデジカメやスマホで撮った画像をそのまま掲載しているケースもあり、それだけでページ読み込み速度にも大きく影響してしまいます。)

例えばjpgは色のデータが多い写真などに適しており、さらにイラストなど比較的画素数が写真よりも少ない画像に関してはgif、そして背景を透過させたい場合はpngをそれぞれ使い分けるべきです。
※ある程度圧縮しても見た目としてはほぼ変わらないケースが多いため、各種編集ソフトのプレビューをチェックしながら各種適したフォーマットで書き出すことが大切です。

そうしなければ無駄に容量の大きな画像ファイルをユーザーに読み込ませることになり、場合によっては離脱の原因に大きく関係してくる重要な要素となります。(gif形式で書き出すべき画像はすでに軽いはずですので、圧縮率などを参考にWebPにするかどうか判断してください。)

そこで、大幅に圧縮できる非可逆圧縮のひとつ“jpg”と可逆圧縮・透過対応の“png”それぞれの利点を活かし、画像ファイルをjpgよりも圧縮しつつ透過にも対応する“WebP”が注目されているというわけです。

特にユーザーファーストを掲げているGoogleが開発したフォーマットですので、読み込みスピードによる検索順位にも影響する可能性も十分考えられるでしょう。

ただしこの“WebP”、編集ソフトが対応していない・ブラウザが対応していないなどのデメリットもあり、そういったブラウザに関しては従来の画像を条件分岐によって表示させる必要があります。

では今回は、Webページの閲覧を快適にする画像フォーマット“WebP(ウェッピー)”について、使い方や特徴、対応していないブラウザに対する表示方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

Chromeのおすすめ機能拡張を厳選してご紹介します

Webページを閲覧するためのブラウザには様々な種類が存在し、中でも多くのシェアを占める“Chrome”には便利な機能拡張という個別に選んでインストールするアドオンのようなものがあります。※“statcounter.com”によれば、国内のPC使用でも60%近くものシェアがChromeです。

その種類としては…単純にWebページを閲覧する際に便利なものから記事を書くブロガーの方向けなど実に様々で、よく見かけるおすすめ機能拡張の記事には30〜50以上もの種類を紹介しているものもありますが、実際そこまで入れてしまうと逆にブラウザ重たくなってしまいパフォーマンスが悪くなってしまうという…そもそも快適にページを閲覧することができなくなってしまうため、本当に必要なのかどうかご自身で見極めて選ぶようにしましょう。(機能拡張は削除も簡単です。)

このようにChromeの機能拡張は大変便利なものが多い反面、使用頻度の低いものまで便利だからといってつい数多く入れてしまうと逆効果となってしまいます。

ちなみにこの機能拡張は、“Chrome ウェブストア”にカテゴリごとまとめられていますので、そこから簡単に検索・導入することが可能で、主にページ閲覧をより便利に・作業の効率化を図るといった目的のアドオンが多く、他にもSEOに関わる便利な解析ツールなど様々です。
※ウェブストアにない場合もあります。

では今回は、Webページの閲覧や作業効率のアップを目的とする“Chromeのおすすめ機能拡張”について、使い方や特徴などを詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む