キーワードファインダーSEOブログ

キーワード出現率について上位表示に必要な正しい考え方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キーワード出現率について上位表示に必要な正しい考え方とは?

キーワード出現率を意識してコンテンツを作っていませんか?

最近のSEOで上位表示させるためには、“検索キーワード”に対する答えを適切にコンテンツ化する必要があるため、単純にそのキーワードが多く出現したからといって、ユーザーを満たすコンテンツであるとは言えません。

つまりユーザーがなぜそのキーワードで検索したのか?といった検索意図を考慮する必要があり、単純に言葉の意味を知りたいだけでなく、他にもそのキーワードで検索した深い理由や需要・解決方法などが潜んでいるはずです。

そのため、上位表示させたいキーワードは重要なタグとされるページタイトルはもちろん、見出しなどに含めることで十分とも言え、本文に使用していけないわけではありませんが…通常、対策するキーワードを詳しく説明するために構築された各段落や、そこに設定した見出しなどに適宜使用するということです。

もちろん、そういった見出し(特にh1~3)には自然と上位表示させたいキーワードが含まれる場合も多く、あくまでキーワードに対する意図を明確化した上でコンテンツを作ることが重要であり、決して上位表示させたいキーワードの出現率だけを念頭にコンテンツを作っても恐らく良い結果にはならないでしょう。

ということで今回は、最近ではあまり聞かなくなりましたが…コンテンツ内に使用される単語の割合を意味する“キーワード出現率”について詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

キーワード出現率とは?

まず“キーワード出現率”とは、その名の通りコンテンツを構築する際に使用した単語の使用率といった意味で、ページ内にどれほど同じキーワード(単語)が使用されているのか?簡単な目安としてチェックするものです。

しかし以前は、こういった“キーワード出現率”を何%程度にするとSEOに良い…といった定説があったようですが、あくまでGoogleが昔から掲げているのはユーザーファーストです。

ここを念頭に追いてコンテンツを作ると…キーワードの出現率はまるで意味をなさないことは明確です。

むしろこのキーワード出現率ばかりに気を取られていると…閲覧ユーザーにとっては単純に読みにくいコンテンツと思われる可能性すらあり、丁寧なコンテンツ作りを考慮するなら、むしろ何回も同じ言葉を使用するよりも部分的にリスト化としてまとめたり、イラスト・画像をうまく活用してコンテンツをより鮮明にイメージさせたり、クエリに対する答えをしっかりと理解させる方に重みを置いた方が懸命かと思われます。

それどころか、キーワードの詰め込みといった評価によって検索順位を大きく落としてしまう可能性すら考えられます。(特に重要なタグ:titleタグや見出しタグなど)

ただ、現在記事を書いている途中で、単語の割合をチェックしてみて傾向を知る程度なら良いかもしれませんね。

もしかすると…単順に特定のキーワードを使いすぎているということにも気付くことができるといった、特定のキーワードに偏りすぎていないか?使用しなければいけない単語が抜けているか?なんてことも気付くことができるかもしれません。

例えば、ある検索クエリで1ページ目にランキングされている各ページのキーワード出現率(検索したキーワード)を調べてみたところ以下のような結果となりました。

  1. 4.24%
  2. 2.63%
  3. 1.91%
  4. 4.3%
  5. 1.41%
  6. 2.75%
  7. 2.79%
  8. 3.6%
  9. 1.68%
  10. 3.47%

これを見る限り、重要なキーワードが全体として多く使用されている傾向ではありましたが、検索順位との相関はほぼありません。

つまり、このキーワード出現率は順位を上げるためにこだわる必要は全くなく、検索意図を理解・調査した上で上質なコンテンツ作りをする際にちょっとした参考となるもので、その検索キーワードの意味だけでなく、ユーザーが何を求めいているのかを正しくコンテンツ化することが重要というわけです。

順位が上がらないからといってキーワード出現率を調整していませんか?実際には上記のように上位表示に良い影響を及ぼすものではないということをよく理解し、キーワードに対する適切なコンテンツは何か?といったユーザーに役立つ内容をしっかりと調査するようにしましょう。

この“検索意図”について詳しくは、こちらの「検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について」もぜひご覧ください。

キーワード出現率チェックツールを使う

このキーワード出現率はいくつかWeb上に無料で利用することができるツールが公開されているので、チェックしたい場合はこういったツールを利用すると良いでしょう。

中でも下記の“ohotuku.jp”が提供する“キーワード出現率チェック”だと、以下の項目を入力してキーワード出現率をチェックすることができます。

  • URL
  • キーワード
  • 出現率目標
  • 表示件数

キーワード出現率チェック|SEOツール【ohotuku.jp】

また、このツールの便利なところは、全ての項目を入力する必要はなく、単順にURLだけでもデフォルトで上位20位まで(表示件数は10~50まで選ぶことができます。)のページ内に使用されている単語の出現率をチェックすることができ、任意で“キーワード”や“出現率目標”を入力することによって、対策するキーワードの出現率にするために必要な数字が下記のように表示されます。
※キーワード出現率については1~15%まで選ぶことができます。

ただ、先ほどもお伝えした通り、このキーワード出現率に関しては検索順位に大きく影響するものではなく、あくまで文字数よりも単語数を重要視するべきで、そういった意味では共起語や語彙力も表現豊かにするといった意味では必要となります。(※それだけが重要というわけではありません。)

そうすることで、競合のコンテンツよりも表現豊かな内容にすることも不可能ではなく、あくまでユーザーにとって読みやすくわかりやすい“質”を最優先させるべきということです。

だからといって、無理に様々な単語・類義語を多く使えば良いというわけでもないため、この辺りに関してはそこまで深く考える必要もないのかもしれません。

この“共起語”について詳しくは、こちらの「共起語を適切に使用する方法【共起語検索ツールもご紹介】」もぜひご覧ください。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

上位表示されている競合をチェックしてみる

上記のようにキーワード出現率を調べるツールは、当然ご自身のURL以外にも競合のページに対してもチェックすることができるため、こちらもあくまで傾向ではありますが…上位表示されているページをチェックしてみても良いかもしれません。

これはコンテンツの内容の話にもなってきますが、特定のキーワードに対して上位表示させるためには、それなりに必要とされている内容が必須となります。

そして、先ほどもご説明した通り検索キーワードには検索意図という答えとなる内容が必ずあり、検索ユーザーはその答えを検索行動によって探します。

こういったユーザーが求める内容を上位表示されているページから簡単にチェックする方法のひとつとして、キーワード出現率を参考にするといった使い方も考えられるでしょう。

当然上位表示されている通りにキーワード出現率を合わせるといった小手先なコンテンツ対策を行ってもうまく上位化させることはできないので、あくまで参考程度にどれほどボキャブラリーが豊富なコンテンツを作り込んでいるのか?といったチェックにとどめておくことが大切です。

\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

リライトする際にチェックしてみる

上記の方法以外にも、うまく順位が上昇しない時にチェックしてみるというのも考えられるかと思われます。

というのも、先ほどもお伝えした通り最近のSEOでいう検索キーワードは言わばひとつのユーザーからの“問い”です。

この“問い”には様々な需要・ニーズがあり、単順に言葉の意味を調べたい、行き方を調べたい、商品の特徴を知りたい…など検索クエリによって実に様々です。

そのため、コンテンツを作る際には検索キーワードに対する検索意図を明確に調査する必要があり、それをできるだけ詳しく、競合よりもわかりやすく表現してコンテンツ化することが上位表示に繋がるわけです。

特にブログなどのりライトの場合、何を添削したら良いのか?わからない場合はまず、サーチコンソールを利用して流入キーワードを確認し、上位表示されているページのキーワード出現率をひとつの参考値としてチェックすることによって、ご自身のページに足りないもの、または不要な箇所を見出すヒントとなるかもしれません。

この“ブログのリライト”について詳しくは、こちらの「ブログ記事のリライトによって効率良く順位を上げる方法」もぜひご覧ください。

キーワードは重要な位置に使用する

上記のように、あくまで重要なキーワードは使用頻度よりも特に以下のタグにはしっかりと含めて、検索エンジンに何の記事なのか?わかりやすく伝える必要があります。

  • titleタグ
  • 見出しタグ(h1~3程度、あくまで自然に)
  • 冒頭の要約

このように、キーワード出現率そのものを気にする必要はありませんが、対策キーワードを一切使用しないというのも問題であって、キーワードに対する“答え”となるコンテンツの構成をしっかりと作り込むためにも要点を抑えた箇所に適宜キーワードを使用することが大切です。

あくまでユーザーに役立つコンテンツ作りが良い結果となるというわけですね。
例えば、自分が検索エンジンとして…この記事は何を説明している内容なのか?考えて何度も推敲してみると添削するべき箇所が見えてくるかもしれません。

とは言っても、検索順位をランキングしているのはあくまでGoogleなので、検索結果の傾向を元に上位表示されているページをよくチェックし、なぜ評価されているのかを知ることが重要となります。

\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

なぜ重要視されていたのか?

ちなみにこの“キーワード出現率”、以前は重要視されていた時期もあったようですが、それは単順にそういったページが評価される傾向にあったためであって、そのページがキーワードに対して他のページよりもより詳しく説明しているとGoogleが評価していたためです。

しかし、逆に言うとそういった対策はいくらでも調整できてしまうため、スパムにもなり得る方法であって、ユーザーが本来欲しいとする情報コンテンツとは到底思えない質の低いコンテンツが上位表示されてしまうことになります。

そのため、これまでも幾度となくアップデートを繰り返してきたGoogleの検索エンジンですから、最近では“キーワード出現率”といった言葉すら聞かなくなった方も多いのかもしれません。

ただし、対策するキーワードはページタイトルや重要な見出しタグに含めることは非常に大切で、本文にも自然と使用するのは全く問題ありません。

そして最近のSEOはさらに進化しているように、検索エンジンが単語の意味を理解し始めているとも言え、ページタイトルに入力した検索キーワードが含まれない検索結果ページも稀に見かけるようになりました。

そのため、現在“キーワード出現率”は検索キーワードに対して重要ではなく、むしろユーザーに役立つコンテンツ作りを徹底して行うことによって、Googleにも正しく評価されるというわけです。

リンクとコンテンツが最も重要というGoogleからの公表も理解できますね。
参考:Now we know: Here are Google’s top 3 search ranking factors – Search Engine Land

効率良くコンテンツを改善するには?

SEOに重要な関連キーワードを自動取得するツール“キーワードファインダー”では、“コンテンツ分析(β版)”で対策キーワードの上位20位までのページから以下の項目を自動取得することができます。

  • 文字数・単語数を一覧で比較
  • ページ内に使用されている共起語と出現率
  • 使用されているタイトル・h1~3の内容

この上位表示されている傾向を参考にすることによってコンテンツの改善を効率良く行うことができ、素早いPDCAによって上位化に期待できます。

また、このツールでは“キーワードプランナー”のあいまいとなってしまった月間検索ボリュームも実数表示で確認することができます。

まとめ

今回は、ページ内に使用されている単語の割合を意味する“キーワード出現率”について詳しくご説明しました。

このように、最近のSEOではキーワード出現率をそこまで気にする必要はなく、それよりも検索キーワードに対するニーズや検索ユーザーが求める需要をしっかりとコンテンツ化させることが重要なため、キーワード出現率よりもそういったキーワードに対して必要とされる内容と合致しているかどうか?といった検索意図を重要視するべきでしょう。

そして、当然Googleも何に対する記事なのか?コンテンツなのか?わかりやすく理解する必要があるため、ページタイトルや見出しといった重要なタグに適宜キーワードを使用することによって、ユーザーが検索したキーワードの答えとしてふわさしいコンテンツだと評価することにも繋がります。(当然それはユーザーのためでもあります。)

あとは、不自然にならないようユーザーに役立つコンテンツ(本文含めリストや表、画像などを用いて)作りを意識することで、検索順位は自ずと結果として付いてくるはずです。

上位表示されているページなども参考に、より詳しい良質なコンテンツ作りを意識して上位表示を目指しましょう。

「キーワードファインダー」

コンテンツの作成や改善でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、上位表示されているページの文字数や共起語、見出し(h1~3)を抽出することで評価される傾向を参考に、検索順位を上げるために重要なコンテンツのチェックを行うことが可能!

また、関連語など自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位・検索数も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒