キーワードファインダーSEOブログ

2020年 3月 の投稿一覧

favicon(ファビコン)とは?表示場所や作成・設置方法について

favicon(ファビコン)とは?表示場所や作成・設置方法について

Webページを閲覧している際、タブに表示されているページタイトルの左に“favicon(ファビコン)”というアイコン画像があります。

このfavicon(ファビコン)は、小さいながらもリピーターからすると瞬時でどこのサイトか認識することもでき、逆に言うとリピーター対策にもなり、ブランディング構築にも繋がります。

そのため、見た目や作業的としてはかなり細かいものなので、後回しにしがちかもしれませんが、他にもブックマークした際にも表示されたり、最近では検索結果にも表示されるようにGoogleの検索結果が仕様変更されていることから、もはや必須とも言える要素と言えるでしょう。

そしてこのfavicon(ファビコン)は、非常に小さく表示されているため、細かく表現・デザインするのではなく、ワンポイントでブランドを象徴するアイコンとして目立たせる必要があり、ぱっと見で何が描かれているのかわからないようでは意味がありません。

ということで今回は、ページのリピーター対策やブランディング効果、さらに検索結果ページでのクリック率に期待できる“favicon(ファビコン)”について作成方法や記述方法などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

オーガニック検索とは?表示場所やアクセスを増やす方法

オーガニック検索とは?表示場所やアクセスを増やす方法

サイト・ブログのアクセスとなる流入経路のひとつに“オーガニック検索”というものがあります。

このオーガニック検索とは単純に“自然検索”とも呼ばれ、キーワードを入力して検索すると表示されるランキング形式の部分を意味し、他にも最近のGoogleでは広告やナレッジグラフといった実際に検索結果にランキングされているページを開くことなく解決してしまう情報も数多く存在します。(移動手段や店舗情報など)

しかし当然こういったナレッジグラフだけで全てのユーザーが満足できるわけではありませんから、ここで解決できなければ自然検索の中から目的に合ったページをユーザーが選びサイトへと訪問していきます。

つまりアクセスを伸ばしていくためにはやはりこのオーガニック検索からの流入を増やすことが重要で、キーワードによっては上位表示が難しいものもありますが、キーワード選定をしっかりと行うことによってアクセスを伸ばしていくことも不可能ではありません。(※需要のあるキーワードを選ぶことが大切です。)

というのも集客には、このオーガニック検索と呼ばれる自然検索、そして広告とSNSの3つに大分され、サイトやブログにもよりますが、多くの場合アナリティクスなどのアクセス解析を参考にしてみると、オーガニック検索からの流入がほとんどを占めているのではないでしょうか?

そのため、このオーガニック検索からの流入を大幅に改善するには、検索順位を上げることに注力する必要があり、それによってアクセス向上にも直接結びつく重要な要素となるわけです。

ということで今回は、サイト・ブログの効果に大きく影響する“オーガニック検索”について意味やアクセス数を増やす方法などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

アナリティクスの滞在時間について算出方法や意味を解説

アナリティクスの滞在時間について算出方法や意味を解説

サイトを管理・運営されている方なら必ずチェックしておきたい項目のひとつに“滞在時間”というものがあります。

そしてこの“アナリティクスの滞在時間”には2パターンあり、大きく分けて平均セッション時間とページ滞在時間という項目からチェックすることが可能です。

ただし、このふたつの滞在時間はそれぞれ概念が異なるため、アナリティクスが定義する算出方法や違いなどをしっかりと理解して改善に役立てることが重要となります。

また、改善を試みるとは言っても、単純に滞在時間が短ければ悪い・長ければ良いと決めつけるのも一概には難しく、様々な因果関係を元に参考にするべき指標で、当然コンテンツの内容にも左右されます。

例えばファーストビューで納得させてCVページへすぐに遷移させている場合、そのページの滞在時間は短いものの効果的・機能していることは明らかですよね?これが悩みに悩んで滞在時間が長いにもかかわらず離脱した場合だとどうでしょうか?この場合だとキャッチコピーや導線に問題があるかもしれないという仮説を立てて改善する際のKPIに設定して推移を検証することが大切です。

つまり滞在時間は平均値や相場というものがなく、それぞれサイトにも依存される数値となっているため、施策の前後で見比べる必要があるとういうわけです。

ということで今回は、アナリティクスで確認できる項目の中から、“セッション・ページの各滞在時間”について意味や改善方法などを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

直帰率の正しい意味と改善方法について

直帰率の正しい意味と改善方法について

Googleのアクセス解析ツール“アナリティクス”では実に様々な数値が確認でき、その中のひとつとして直帰率もチェックしている方も多いのではないでしょうか?

そしてこの直帰率が高いと、悪いサイト・ページといった印象を持たれるかもしれませんが、正しく直帰率を理解することによってそういった判断もケースバイケースだということが理解いただけるかと思われます。

というのも…直帰率が高い場合、大きく以下のパターンが考えられ、昨今重要視されている検索結果ページ(SERPs/サープス)に戻させないことを念頭に置くと良いでしょう。

  • 探していたものではない・解決できない
  • 解決できた・満足できた

検索ユーザーは何かしら解決したい物事があって検索を行います。(最近ではGoogle検索以外にも各種SNSでの検索もかなり増えつつあります。)

つまり検索クエリとページ内容を合致させることが重要であって、不必要なコンテンツはなるべく取り除き、内容がそれてしまうようなコンテンツは別ページとして作り込み、内部リンクを添えることで必要な方はそちらも閲覧することでしょう。

一方で悪い意味の直帰は、このページでは解決できないから他のページで探そう…といった心理によって検索結果ページへと戻る場合です。

そういったことを踏まえると、起承転結なページではユーザーに対して不親切とも言え、まずはじめに検索キーワードに対する“答え”を冒頭にきっちりと記載し、なぜそうなのか?といった流れでコンテンツを構築していくわけです。

そして、さらに理解を深めようと関連する記事へページ遷移することによって直帰率が低くなります。
そのため、単純に考えると…そのページで解決できれば直帰して良いんです。

これは、後の検索順位にも影響してくるとも言われており(公式発表されているわけではありません。)、ユーザーが満足したページ(検索行動を終わらせたページ)なら適切なコンテンツが盛り込まれているとして評価される傾向にあります。

ということで今回は、アナリティクスで確認できる項目のひとつ“直帰率”について意味や改善ポイントなどを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む