キーワードファインダーSEOブログ

コンテンツマーケティングとは?成功するために必要な基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コンテンツマーケティングとは?成功するために必要な基礎知識

コンテンツマーケティングとは、ターゲットユーザーにとって必要な価値ある情報をコンテンツ化し、それを拡散させてファンを獲得し、最終的には売上を促進するマーケティング手法です。

この際、成功しやすいコンテンツ制作のポイントは、ターゲットを決め、欲しい情報を正しくコンテンツ化することに尽きます。

すなわち、検索キーワードを定めて、それに沿ったコンテンツを制作するSEO対策とは考え方自体が若干異なり、コンテンツの内容を最優先させることで、逆にユーザーが自ら訪問する仕組みを作ることが重要となってきます。

そのため、露出といった意味ではSNSの強化は必須で、特にSEOを意識する必要がなく、集客は別のページから考えても良いでしょう。

また、このコンテンツマーケティングに成功することができれば、SNSといった拡散によって自ずとコンテンツ自体が広がり、自然検索以上のアクセスを見込める場合も十分に考えられます。

最近では、こういった“コンテンツマーケティング”を戦略的に行う企業も多く、広告らしさを感じさせない魅力的なコンテンツが成功の鍵ともなっています。

では今回は、このコンテンツマーケティングについてわかりやすくご説明していきたいと思います。

SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

コンテンツマーケティングについて

まずはじめに“コンテンツマーケティング”とは、その名の通りコンテンツによってユーザーへ価値ある情報を提供し、最終的には全体の売上を促進するマーケティング手法です。

そのため、コンテンツ内容はキーワードに沿ったSEOを意識したものではなく、適宜目的に合致した内容(有益となる)が求められ、潜在層から顕在層まで至る様々なアプローチ方法が考えられます。

そもそも“コンテンツマーケティング”は、2015年頃から急激に普及しはじめた言葉で、最近でこそよく聞くようになりましたが、その歴史は古く、以前からも手法自体は存在していて、広く認知され明確化されたのが同じくこの頃と思われます。

ご覧のように、Googleトレンドを参考にしてみると、2012年ごろから徐々にグラフが上がり、2015年ごろから急激に上昇しているため、最近では聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

コンテンツマーケティングの重要性について

ではなぜコンテンツマーケティングがこんなにも主流となったのでしょうか?

それは、まず最近のサイトやアプリ内の過剰な広告表示が原因のひとつとなっていて、以下のデータ(ウェブ上で広告ブロックを使用している各ディバイスごとのデータ)を見て分かるように、多くのユーザーは一方的な広告を避ける傾向にあります。

ちなみに、このPageFair社の調査レポートによると、2016年には広告ブロックの使用率が30%上昇したとのこと。

そこで、過剰な広告配信を行わない“コンテンツマーケティング”が重要視され、今までの一方的な広告に対し、ユーザーが本当に必要としている情報・有益なコンテンツを提供することで、マスマーケティングのような広い広告配信ではなく、必要とするユーザーへ確実にアプローチすることができるため、今後ますます注目されるマーケティング方法のひとつというわけです。

コンテンツマーケティングの考え方について

一般的に、従来の広告は営業・売上を目的としていたことに対し、コンテンツマーケティングは直接売上を目的としたものではなく、付加価値をつけたコンテンツを提供することでユーザーとのコミュニケーションを目的としています。

  • 従来の広告:営業・売上を目的
  • コンテンツマーケティング:必要な情報を提供

そのため、コンテンツマーケティングを行うページでは、エンターテインメント・教育・感情的な繋がり、または実用的な価値ある情報をメインとして提供していることが多く見受けられます。

また、先ほどSEOは意識しないとご説明しましたが、実際ユーザーに対して価値あるコンテンツを作り込んだ結果、定めたキーワードで上位表示されているケースも多く、成功事例としてはSNSでの集客もうまく活用しているサイトも多いようです。

\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティング最大のメリットとは、コンテンツの作成自体にはコストはかかるものの、従来のような広告費を使わずに済むという点です。

そもそもコンテンツマーケティングに成功するということは、ユーザーに価値あるコンテンツを提供することからはじまり、同じニーズを持つユーザーが集めることに成功するという意味となります。

もちろん、短期的にコンテンツを広告費かけて露出するといった手もひとつかと思いますが、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供している為、コンテンツと関連した商品やツールの販売促進へ自然な流れを作ることができます。

自然リンクを獲得できる

また、ユーザーにとって役立つコンテンツや心をつかむようなコンテンツは、当然シェア・記事での紹介もされることから、自然なリンクを獲得しやすくなります。

そして、中でも信頼もあり質の高いサイトから被リンクを獲得すると、ご自身のサイトにも良い影響を及ぼし、さらに上位表示されやすくなるでしょう。

このコンテンツマーケティングの考え方は、今後のSEO対策において必要な施策にもなり得ます。
集客用ページの他に、こういったベネフィットを大きく打ち出したコンテンツを用意することもサイトを成長させるためには必要となると思われます。

通常のWebページとの違い

コンテンツマーケティングでのページ内容は、通常のWebページとは違い、製品やサービスを単なる情報として掲載するのではなく、見込み客やユーザーが求めている関連性の高い“魅せる”コンテンツが特徴的となり、潜在層から顕在層に至る細かなカスタマージャーニーに対して適切な内容、抱えている問題を解決する・サポートするといったコンテンツがメインとなります。

そのため、広告らしさを感じさせない役立つ・価値のあるコンテンツとなり、現在は有名企業だけではなく中小企業でもコンテンツマーケティングを採用しているところが多く見受けられます。

コンテンツマーケティングとSEO

コンテンツマーケティングは、魅力的なコンテンツを作成することを優先させますが、場合によってはそういった質の高いコンテンツがSEOにもうまく合致して上位表示されることも十分考えられます。

つまり、キーワードをもとにコンテンツを作成するという意味では、どちらにしてもキーワード選定が大切となります。

同じくキーワード・ターゲットユーザーを定めずに、単純にコンテンツを制作しただけでは、適切なターゲットユーザーに届くこともありません。

コンテンツの制作をする前には、まずペルソナの設定、そしてそのターゲットに響くキーワードを選定しましょう。

このキーワード選定について詳しくは、こちらの「SEOキーワードの選定方法について」もぜひご覧ください。

具体的なコンテンツマーケティング方法

コンテンツマーケティングのメディアと言えば、ブログと思われがちですが、本来コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって役立つコンテンツを公開することで、ユーザーとの接点・接触の回数を増やし、最終的に売上を促進させる方法です。

もちろん、その方法としてブログなどのオウンドメディアが適している場合も考えられますが、それに加えて画像や動画などを使う方法も効果的な場合があるため、適宜ユーザーに響くコンテンツを考えてみると良いでしょう。最近ではインスタグラムを活用した事例もよく目にしますね。

そして、まずブログからコンテンツマーケティングをはじめるのであれば、定期的にコンテンツを公開する必要があり、投稿する内容はユーザーにとって魅力的でなくてはなりません。

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

惹きつけるコンテンツを考える

このコンテンツマーケティングの具体的な内容で言うと、例えば問題を抱えているユーザーに対して生活のノウハウやライフハックといった日常のお役立ち情報を提供するコンテンツや、ユーザーの気持ちに訴えるような…感情系コンテンツです。

つまり、直接商品などをアピールするのではなく、ユーザーにとって素晴らしい・貴重なコンテンツ、役に立つオリジナルコンテンツを提供する必要があるというわけです。

これは短時間で対応することができないため、時間をかけて取り組む必要があります。

また、他にも近年、youtubeを筆頭に動画市場がますます拡大しています。
こういった動画コンテンツを制作するにはコストと手間がかかりがちですが、動画コンテンツには再生するだけで情報が入るという使い勝手の他、テキストよりも伝えられる情報量が多く、ユーザーの感情に訴えやすいのでユーザーやファンを確保しやすい方法のひとつです。

このように、コンテンツマーケティングで成功するためには、ブログやWebページにユーザーが惹きつけられるような凝った画像や動画などのコンテンツが必要となります。

そういったコンテンツに成功すると、SNSでもすぐにシェアされ、瞬く間に社名やサービス、商品などが広く認知されるようになるため、ぜひ長い目で挑戦してみてください。

キーワードを決める

ではまず、コンテンツマーケティングを行うために“キーワード”を決めましょう。
これは、単純に商品名・サービス名といったキーワードではなく、潜在層が何を知りたい・解決したいのかを考えて、先回りしたキーワードを選ぶ必要があります。

そして、キーワードボリュームの大小にかかわらずキーワード選定を行うことがポイントです。
コンテンツマーケティングは自然検索からのアクセスだけでなく、バズった時には数多くのSNSからの流入が見込めます。

そのため、ピンポイントで役立つコンテンツが必要となるわけです。

コンテンツ内容を決める

キーワードを選定したら、ユーザーに役立つコンテンツを作り込みます。
コンテンツマーケティングはこの“コンテンツ”が肝となるため、ユーザー目線で有益な内容をわかりやすく何度も推敲して公開し、適宜必要あれば追記・修正などのリライトを行い、質の高さを保ちましょう。

ここでの検索キーワードと質の高いコンテンツが合致することができれば、当然検索順位にも良い影響を及ぼします。

しっかりとキーワードに対する答えを調査してコンテンツに落とし込み、オリジナルの視点からユーザーを惹きつける魅力的な内容を作り込むことを優先させます。

ターゲット層ごとのコンテンツを考える

このコンテンツマーケティングは、直接商品の購入を促すといったセール感は出さないものが多く、どちらかと言うと潜在層に商品やサービスの便利さなどを知ってもらうといった目的が考えられます。

そのため、単純にサイトに訪れるユーザーが増えるだけでは成功とは言えません。
何度もリピートして、潜在層だったユーザーを購入ユーザー・リピーターに育てるつもりでコンテンツを用意します。

つまり、提供しているサービスや製品に対するユーザーそれぞれに合致するコンテンツを作成することが重要となります。

まとめ

今回は、広告費をかけた集客・売り込みではなく、必要なユーザーに適切なコンテンツを見せることで、高い効果を発揮するコンテンツマーケティングについてご説明しました。

コンテンツマーケティングは、ブログといったオウンドメディアからもはじめることができますので、コンテンツの一部として少しずつはじめてみても良いかもしれません。

そして、コンテンツマーケティングで成功するには、なんと言ってもまずはキーワード選定が重要です。

ご自身のサイトで扱う商品やサービスなどに関連するキーワードを調べて、さらにそのキーワードに潜むユーザーのニーズをしっかりとコンテンツに落とし込むことが成功へのポイントとなることを念頭に置いてぜひ挑戦してみてください。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒