キーワードファインダーSEOブログ

コンテンツマーケティングとは?成功へ導く為のコンテンツ制作方法

コンテンツマーケティングとは?

近年、コンテンツマーケティングが主流となり、コンテンツマーケティングの名言ともいわれている「Content is King(コンテンツは王様)」というフレーズまで言われるようになりました。

今回は、なぜコンテンツマーケティングがこんなにもマーケティングの主流となったのか、コンテンツマーケティングを成功へ導く為の方法をまとめてみました。

コンテンツマーケティングとは?|content marketing

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって役立つ一貫性をもったコンテンツを制作し、それを拡散させてターゲットとなるユーザーやファンを確保し、最終的には収益性の高い顧客に
アプローチし、売上を促進するマーケティング手法です。

コンテンツイズキング=Content is King

近年、コンテンツマーケティングが主流となり、コンテンツマーケティングの名言ともいわれている「Content is King(コンテンツは王様)」というフレーズが誕生しました。

このフレーズの正確さには大きな議論がまだありますが、コンテンツ内容はソーシャルメディアやSEOのようなものとは少し異なります。

コンテンツイズキングと言われる理由

「Content is King(コンテンツイズキング)」とは「webサイトはコンテンツが最も重要である」という考え方の事で具体的には良質なコンテンツを提供をすることで利益の大半が生まれ、Googleからの評価も上がるということで「Content is King(コンテンツは王様)」と呼ばれるようになりました。

コンテンツマーケティングがなぜ重要とされているのか?

ではなぜコンテンツマーケティングがこんなにも主流となったのか?
その理由となる情報をまとめてみました。

ユーザーが広告にうんざりしている

よくサイトやアプリ内に過剰に広告が表示されていることがあります。
以下のデータを見て分かるように、多くのユーザーは一方的な広告にうんざりしています。

ウェブ上で広告ブロックを使用している各ディバイスごとのデータ



引用:Ad blocker usage is up 30%— and a popular method publishers use to thwart it isn’t working

PageFair社の最新の調査レポートによると、2016年に広告ブロックを使用率が30%上昇したと発表したものです。

コンテンツマーケティングは今までの一方的な広告アプローチに対し、ユーザーをサポートするような有益なコンテンツを提供することで、ユーザーとの接点が増え、販売促進や収益性のあるユーザーの獲得などに繋げやすい方法といえるため、近年ますます重要とされるようになった理由といえます。

従来の広告とは異なる考えのコンテンツマーケティング

  • 従来の広告:営業・売上を目的
  • コンテンツマーケティング:必要な情報を提供し、抱えている問題を解決するサポート

一般的に、従来の広告は営業・売上を目的としていたに対し、全く別物であると考えられているコンテンツマーケティングは、売上を目的としたものではなく、付加価値をつけたコンテンツを提供することでユーザーのサポート、コミュニケーションを目的としています。

その為コンテンツマーケティングのページはエンターテインメント、教育、感情的な繋がり、または実用的な価値のある情報をメインとして提供していることが多いです。

コンテンツマーケティングの利点

  • コスト削減
    コンテンツから販売促進につながるため、余計な広告費を使わずに済みます。
    従来の広告とは異なり、良質なコンテンツがユーザーに対して価値を失わない限り、コンテンツは上位ランキングをキープしやすくなりますし、さらに良質なコンテンツが増える度に、ユーザーが増え、費用対効果は高くなります。

  • 販売促進
    ユーザーにとって有益なコンテンツを提供している為、ユーザーからの信頼度は高く、コンテンツと関連した商品やツールの販売促進にも役立ちます。

  • 将来的に収益性のあるユーザーの獲得
    ターゲットユーザーに魅力的な関連コンテンツを提供し続けている為、収益性のある潜在的ユーザーの確保もしやすい

Googleが良質なコンテンツを重視

Googleは今年2017年2月3日、

「品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。」

引用:日本語検索の品質向上にむけて2017年2月3日

とアルゴリズムの変更を発表しました。
主に日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を行うことで質のいいサイトが上位に表示されるということです。

コンテンツマーケティングページと通常のページとの違い

コンテンツマーケティングでのページ内容は製品やサービスを単なる情報として掲載するのではなく、見込み客やユーザーが求めている関連性の高い良質なコンテンツを提供しつづけ、彼らが求めている情報を提供し、抱えている問題を解決するサポートすることがメインとなります。

日本はもちろん、アメリカの年間調査でも、大半のマーケティング担当者がコンテンツマーケティングを利用していることが報告されています。
実際にはP&G,マイクロソフト、シスコシステムズ、ジョン/ディアなど世界を代表する有名企業がこのマーケティング方法を採用しています。

ただ、現在は有名企業だけではなく中小企業でもコンテンツマーケティングを採用しているところが多く見受けられます。


コンテンツマーケティングとSEO

魅力的なコンテンツを作成して終わりではなく、検索上位を目指すSEOも忘れず対策を行って下さい。
そうすることでGoogleに良い印象を与え、あなたのサイトが上位表示されさらに多くのユーザーにコンテンツを提供することができます。

コンテンツの前に効果的なキーワード選定が大切

単純にコンテンツを制作しただけでは効率よく多くのユーザーを集めることは困難です。
まずはコンテンツの制作をする前に効果的なキーワードを選定しましょう。

キーワード選定ポイント

  • 月間検索数(ボリューム)が多いキーワード
    多くのユーザーに見てもらうには1ヶ月の検索数が多いキーワードを選ぶと良いでしょう。

  • 難易度が低いキーワード
    月間検索数が多いキーワードは多くの場合、すでに他社が対策しているキーワードが多い為、
    難易度が高い場合が多いです。できるだけ、難易度が低く、対策しやすいキーワードを選びましょう。

  • 関連度が高いキーワード
    あなたのサイトに関連するキーワードを選びましょう。あまりにサイトに関係しないキーワードを選ぶと、本来サイトのターゲットとしているユーザーとは全く別のユーザーが集まってきてしまう可能性があります。

[PR] 月間検索数:多く、難易度:低い、あなたのサイトのおすすめキーワードは?自動キーワード取得ツール!

自然被リンクを獲得する

読み手にとって役立つコンテンツやユーザーの心をつかむようなコンテンツにすると、自然なリンクを獲得しやすくなります。また、信頼度の高い質のいいサイトからの被リンクを獲得すると、あなたのサイトの信頼度も上がり、上位表示されやすくなるでしょう。

画像や動画などのメディアを使う

ブログの投稿やリンク先ページに画像や動画(タイトルや代替テキストなど)を追加し、ユーザーがコンテンツの内容を理解を分かりやすいように画像や動画を追加してます。

そうすることでユーザーの満足度が向上し、直帰率が低下し、高品質なコンテンツと認定され、Googleの評価が向上します。
優れたコンテンツマーケティング戦略の強みはターゲットが必要としている情報をいかに提供することを優先的に考える必要があります。

5つのコンテンツマーケティング方法

1.ブログ

  おそらくコンテンツマーケティングを行っている方の多くはブログやメディアで行っている方がメインかと思います。

  まず、ブログでコンテンツマーケティングを行うのであれば定期的にコンテンツを公開する必要があります。また、単にコンテンツを追加すれば良いというわけではなく、投稿する内容はユーザーにとって魅力的でなくてはなりません。

  • お役立ちコンテンツ
    これは文字通り問題を抱えているユーザーに対して生活のノウハウやライフハックなど、日常のお役立ち情報を提供するコンテンツです。
  • 感情系コンテンツ
    これはユーザーの感情に訴えるような内容のコンテンツです。例えば泣けるような感動的エピソードや奇跡的なユーザーの感情に訴えかけるようなコンテンツです。

  つまり、ユーザーにとって貴重なコンテンツ、役に立つオリジナルコンテンツを提供する必要があります。価値のあるコンテンツを公開するとユーザーは他のサイトで紹介したり、ソーシャルメディアで共有する傾向があります。
  
  【PR】上位サイトの文字数は何文字?上位サイト簡を簡単取得!

2.インフォグラフィック


(Free Vector Infographic Kit by Nathan Brown)

インフォグラフィック(infographics)と複雑なデータや情報をわかりやすく視覚的に表現することです。
インフォグラフィックスは、1つのインフォグラフィックスでも完成度がよければそのインフォグラフィックスに多くの情報が盛り込まれているのでソーシャルメディアやSNSを通して、何年もウェブサイトに投稿され続けることが可能です。

まともなインフォグラフィック制作には通常、設計には少なくとも1,000ドル(日本円にして11万ほど)の費用がかかりますが、戦略や計画、研究、コピーライティング、デザインを含む請負業者や代理店を雇用する場合は、数千ドルの費用がかかることがあります。

また、ブロガーやメディアに情報を伝えることも重要です。
あるいは、Pinterestにボードを設置して、あなたのビジネスに関連するトピックに関する情報を収集することもできます。

3.webページ

 コンテンツマーケのwebページはコンテンツから多くのファンと新規顧客を獲得しています。

 みなさんはMozの初心者向けガイドはご存知でしょうか?
 このサイトでは無料でSEOに関連するツールやリソースの提供をしているWebページなのですが、
 このページは何百万回も見られ、MozはこのWebページによって今までとは比べものにならない多くの顧客を獲得しました。

4.Ebooks

  ここでいうEbookとは潜在顧客をターゲットにた、対象ユーザーがemailなどの連絡先をフォーム入力した後にダウンロードできる無料配布冊子のことをいいます。

  ユーザーに連絡先情報を入力してもらうことが前提ですので、通常サイトへの訪問者を引きつけるために書かれたブログ投稿よりももっと掘り下げた情報やユーザーが連絡情報と引き換えに欲しいと思わせる独自のノウハウ本を盛り込む必要があります。
通常の訪問ユーザーよりも深い情報を求めているユーザーに絞り込むことができるのでそうすることでさらに購入率の高いユーザーに絞り込んでアプローチすることができます。

5.動画

近年、youtubeを筆頭に動画市場がますます拡大しています。
動画コンテンツを制作するにはコストと手間がかかりがちですが、動画コンテンツには再生を押すだけで情報が入るという使い勝手の他、テキストよりも伝えられる情報量が多く、ユーザーの感情に訴えやすいのでユーザーやファンを確保しやすい方法です。

(1)Volvo Trucks

Volvoトラックは、スウェーデンに拠点を置く世界的なトラックブランドの広告動画です。
アクション俳優のジャン=クロード・ヴァン・ダムがトラックの間で見事な股割りをしている衝撃的な動画です。
この動画ではCGは使っておらず、しかもワンテイクで成功させたとのこと。
この動画広告によって11月に前年よりも31%多くトラックを出荷しました。

(2)FIRST KISS


これは米国のアパレルブランドの動画です。初対面の男女がキスをするという衝撃的な動画。この衝撃的な動画は、大反響をよび、8千万回以上再生され、ウェブサイト訪問者数は140倍に増え、そのうち96%は新規ユーザーで、全体の売上はなんと136倍近くに跳ね上がったそうです。

効果的なコンテンツ制作方法

1.効果的なキーワードを決める。

いくら良いコンテンツを制作したとしてもSEOを無視したコンテンツでは
ユーザーは集まってきません。良いコンテンツの前に、まずは効果的なキーワード選びを行いましょう!

[PR] あなたのサイトのおすすめキーワードを自動取得

2.上位競合サイトを分析する

こちらもSEOの話になりますが、良いコンテンツを制作しても上位表示されないと
いつまでたってもコンテンツを多くの人に読んでもらえません。

まずは1で決めたキーワードでの上位10サイトを分析し、
実際に上位サイトされているサイトから上位表示のポイントを自分なりに分析します。

【チェックポイント】
・検索してサイトを利用する人はどんな人・状況なのか?
・コンテンツの文字数は?
・どんな話題についてコンテンツが書かれているか?
・表示速度はどれくらい?
・どのキーワードの表示数が多い?

など、実際の上位サイトを分析することで、自分のコンテンツが上位表示させるには
何が必要なのかが、見えてきます。

[PR] 上位10サイトをまとめて取得&分析に役立つツール!

3.収集した情報を元にコンテンツを制作する。

キーワード、対象ユーザー、リサーチ情報から
対象ユーザーが役立つと思えるコンテンツを構成していきます。

Googleのサジェスト機能を使うと
どのキーワードが良く検索されているかが分かり、構成のヒントになります。

4.SEO対策を忘れない

 せっかく良いコンテンツを制作しても見てくれるユーザーがいないと意味がありません。
 それにはSEO対策を行い、上位表示されるように対策も忘れず行いましょう。

5.リライトの日にちを決めてリライトを定期的に行う

コンテンツを書いて終わりではなく、定期的にリライトを行う癖をつけましょう。
情報は常に変わっていくものなので、コンテンツ内容もその都度更新し、
コンテンツの情報も常に新しい情報を保ちましょう。

 

PR


[PR] not providedで見えなかった流入キーワードが分かる!?

 

コンテンツ強化に役立つ「検索上位サイト分析」

サイト一括取得ツール「コンテンツファインダー」