キーワードファインダーSEOブログ

ディスクリプションの文字数は?シンプル!4つの効果的な書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的なディスクリプションの書き方

みなさんは意識してページのタイトル(title)やディスクリプション(description)を書いていますか?
実は、意外とこの部分はSEO的にも重要で、書き方によっては検索したユーザーがあなたのサイトにアクセスするかどうかの判断材料となります。

例えば、あなたが本屋さんで本を探す時、かならず本の「タイトル」や「裏表紙・帯」を見て

「これ手に取ってみようかな」
「読んでみようかな」

と判断しますよね?
それと同じでディスクリプションは本でいう「裏表紙・帯」の部分にあたります。

ディスクリプションとは?|meta description

meta descriptionの最適化

meta descriptionとは、検索エンジンに伝えるページの概要です。
<title>と同様にHTMLの<head>~</head>内に記述するテキスト情報です。
descriptionは直接SEOに影響を与える要素ではありませんが、検索結果に表⽰されるページの概要となります。

 

ディスクリプション(description)の記述例

<head>
  <meta name="description" content="ここにディスクリプションのテキストが入ります">
</head>

ディスクリプション(description)の文字数はどれくらい?

121文字以上だとdescriptionが省略されてしまう。

だいたい120文字程度

descriptionの文字数は最大長くとも120文字程度におさえましょう。
titleに比べ、検索エンジンに大きな影響を与えるということはないので、たくさん記述したところであまり、影響があるわけではないので、片っ端からキーワードやテキストを詰め込まず、シンプルにユーザーがクリックしたくなるような有益な情報を含んだ内容にしましょう。

モバイルフレンドリー化に伴いスマホの適切な文字数は?

近年はモバイルフレンドリーの流れにより、スマホの最適化も考慮しなければいけません。

  • title:50文字程度
  • meta description:120文字程度

※「」や!、?などが入ると少し文字数が前後することがあります。あくまでも大体の目安としてください。

スマホの表示速度を少しでも考慮するのであれば、titleやmetaタグは余計な文字を減らして、少しでもファイルサイズを軽くし、表示速度向上を目指すというのもポイントとなります。

ディスクリプション(description)の効果的な書き方

1.短い文章や読みやすさを

ウェブ上、シンプルで分かりやすい文書は人に読まれやすいものです。ユーザーにとって、為になる 内容だということが伝わるシンプルな内容にしましょう。

2.SEOキーワードをはじめの方に入れる


KEYWORD FINDER COMPACT
SEOキーワードをはじめの方に入れておくと、検索結果に太字で検索キーワードが表示されます。
SEOキーワードを入れ、タイトルと関連させた読みたいと思わせる内容で書きます。

3.文字数120文字以内を必ず意識する

上記に書いた通り、120文字以内を目安にディスクリプションを書いて下さい。せっかく良い内容を書いても省略されてはもったいないです。

4.有益な情報や解決方法などを書く

ユーザーがあなたのサイトのリンクをクリックすることで得られる有益な情報や、解決策を求めています。
なぜあなたのサイトを読むべきなのかを意識して短い分にまとめます。

あなたのディスクリプションは大丈夫?簡単チエックツール

あなたのサイトのディスクリプション、SEO対策を簡易チェック!

SEOスコア

KEYWORD FINDERというツールには「SEOスコア」という機能を使えば、対象キーワードとURLを入力すると、ディスクリプションのチェックはもちろん、タイトルタグやページ全体のSEO対策チェックも行ってくれます。


KEYWORD FINDERに ログイン > 分析ツール > SEOスコア

このツールを使ってみる

 

上位10サイトのディスクリプションは?まとめてチェック

上位サイト分析

どんなディスクリプションを書けばいいのか分からない!とお悩みの方はまずは上位サイトがどんなディスクリプションを設定しているのかチェックしてみましょう。



KEYWORD FINDER に ログイン > 分析ツール > 上位サイト分析

上位サイトをチェックする理由としては、上位サイトはすでにGoogleに評価され、多くのユーザーにも評価されたページであることが多いからです。

上位サイトのテキストをそのままコピーするのではなく、
上位サイトはどんなターゲットに向けてどういった内容に注力して書かれているのかなどを参考にしながら、あなただけのオリジナルのディスクリプションを考えましょう。

このツールを使ってみる

 

まとめ

意外と、ディスクリプション(description)よりもみなさんはタイトル(title)やコンテンツ内容に力を入れがちですが、ディスクリプションも実はとっても重要な要素です。

ユーザーがあなたのサイトにアクセスする決め手となるディスクリプションを魅力的な内容で書いて、アクセスを増やしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ強化に役立つ「検索上位サイト分析」

サイト一括取得ツール「コンテンツファインダー」