キーワードファインダーSEOブログ

体言止めの効果的な使い方と注意ポイントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
体言止めの効果的な使い方と注意ポイントについて

体言止めをうまく使用してコンテンツを読みやすく工夫していますか?

そもそもこの“体言止め”とは、文章を名詞・代名詞で終わらせることを意味し、単調になりがちな文章コンテンツに対して読みやすさといったリズム感を付けることができます。

というのも、ブログなどのコンテンツを制作する際は“です・ます”もしくは“だ・である”どちらかの表現方法に決めて文章構成を練っていきます。

そして、この“だ・である”の場合だと、多少の言い回しによって文末に変化を付けることができますが、“です・ます”の場合だと思ったよりもバリエーションがなく、つい文末が“~です。”で何行も続いてしまうことも珍しくありません。

そこで、文章にリズムを付けるためにも必要なのがこの“体言止め”となるわけですが、逆にこの“体言止め”ばかりを使用してしまうと“~です。”もしくは“~ます。”を連続で使用するのと同じく読者にとって単調な…読み進めることが辛くなってしまます。

さらに、うまく内容が伝わらないという理由から離脱の原因となる可能性も多いに考えられます。(当然“~だ。”もしくは“~である。”が続いても同じく単調な文章に感じられるかと思われます。)

ただ、最初からそういった細かいところを気にしてブログ記事を書いていても無駄に時間がかかってしまうと思いますので、まずはコンテンツを最後まで書き上げることを優先させ、それから何度も推敲・ブラッシュアップさせる際にコンテンツをよりわかりやすく詳しく、さらに閲覧ユーザーにとって印象付けたい場所に体言止めを使用し、読み飽きさせることのないテンポ作りを意識して改善を行っていくと良いでしょう。

では、今回は“体言止め”の効果的な使い方や注意ポイントなどについて詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

体言止めとは

まずはじめに“体言止め”とは、ひとつのテーマを詳しく説明するためにいくつかのブロック(段落や文章)に分けてコンテンツ(文章)を書いていき、その文末を単調に感じさせないために適宜使用するもので、単順に名詞や代名詞で文末を終わらせる方法のことを意味します。

また、下記のように言い切らずに文章を終えることによって、読み手にイメージを膨らませるといった効果にも期待できます。

言い切らずに、文の語尾に付ける終止形を省き、体言で止めて、強調させたり、余韻を残すことをいう。

この“です・ます”で説明調となりがちな文章をみるみる魅力的なライティングにすることができるこの“体言止め”ですが、使用する際は注意点もあり、あくまで読みやすさを考慮したポイントとして使用するべきで適宜使用する場所を考慮するという点です。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

体言止めの例

例えば下記のような例文の場合…
たった2文にもかかわらず同じ文末に“~です。”が続くとかなり単調なリズムに感じられるかと思われます。

【例文】
上位表示させるため、はじめにキーワード選定を行っておくべきです。
つまり質の高いコンテンツ作りはキーワード選定が重要です。

他にも、“~ました。~ました。~ました。”といった文末がさらに続くとかなり単調なイメージだけでなく、閲覧ユーザーに対してうまくその内容をイメージさせることもなく、日記のような読みにくさが目立ってしまうかと思われます。

ここの文末にバリエーションを付け、体言止めをうまく使用することによって以下のようなスムーズに読み進めることができるリズムが生まれるというわけです。

【例文】
上位表示させるために必要なキーワード選定。
質の高いコンテンツ作りはこういった作業も重要となります。

また、この場合は“キーワード選定”というフレーズに注意を引くこともでき、あえて重複を避けて“こういった作業”という言い回しにすることによって読みやすさの工夫を加えています。

もちろんこの体言止めを使いすぎてしまうと逆に理解しにくい文章となってしまう可能性もあるため(この場合はリスト化にするべき)、記事を書く最初のうちはそこまで気にすることなく一旦最後まで書き上げることに注力し、後ほど公開・投稿する前に何度も推敲する際に読みやすさを考慮して修正していけば良いでしょう。

ご自身で書いた文章を何度も読み直し、どこか引っかかるような…何度か読み直さなければ理解できない箇所がもしあれば、そういった部分は閲覧ユーザーにとっても同じく読みにくく感じられるはずなので、わかりやすい言い回しや、今回ご紹介する“体言止め”を適度に使用することによって文章全体に心地良いリズム感・緩急を付けてあげることがポイントとなります。

体言止めの効果について

この体言止めを使用することによって、上記のように単調になりがちな文末にバリエーションが増え、閲覧ユーザーがテンポ良く読み進められる以外にも場合によっては臨場感や緊張感が生まれ、コンテンツの内容をよりわかりやすく理解することができる・イメージさせることができるという点が挙げられます。

そのため、そもそも体言止めはブログなどのコンテンツに使用することが効果的と言え、長文な文章を端的にまとめる効果もあり、比較的印象にも残りやすいため使いすぎに注意しながら適宜重要な箇所・文末を考慮し、名詞もしくは代名詞でその文章を終わらせるということが重要です。

また、この体言止めによって閲覧ユーザーにその場面をイメージ・想像させることにも期待できるため、商品を訴求する際の文章にも効果的と言え、例えば機能・性能ばかりの説明になりがちなランディングページのライティングに体言止めを使用することで、メリットをベネフィットへ変換させることにも期待できるでしょう。

あくまで例ですが、下記の場合だと検索順位を上げることができれば当然アクセスが増えるというメリットが存在します。

【例文】
上位表示することができればアクセスを増やすことができます。

そしてここにメリットを上回るベネフィットとなる単語で体言止めを利用し、ひと工夫してみると…

【例文】
上位表示することで期待できるのはアクセス以上にコンバージョン。

このように、サイト・ブログを運営されている方にとって、極論アクセスよりもコンバージョンによる売上や成果が欲しいはずなので、そういったベネフィットに訴求するために体言止めを効果的に使用するべきです。

ここを強調することによって、閲覧ユーザーはアクセスが増えることによる売上げアップのイメージが広がり、カスタマージャーニーマップに細かく設定したユーザー行動を次々とステップアップさせることに対してもプラスに影響することでしょう。

こういったブログの書き方は、常に様々な記事・書籍を読んでいくうちに次第とご自身でも使えるようになるため、普段から読みやすい文章を意識して、読みにくい場合はなぜそう思ったのか?修正点などを考えてみることが大切です。(文章の文字数に制限がある場合などにも体言止めは頻繁に使用されています。)

この“ブログの書き方”の基本について詳しくは、こちらの「【ブログの書き方】読まれる記事の重要な考え方について」もぜひご覧ください。
\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

体言止めの注意点

続いて、この体言止めの注意点についてご説明していきます。
これは単順に重要なポイントなど、文章にリズム感を持たせる際に使用するべきで、使っているとすっきりとした印象にはなりますが、使いすぎることによって逆効果となってしまう場合があるという点です。

先ほどもご説明した通り、体言止めを頻繁に使用しなければいけない場合は箇条書きといったリスト化して情報をまとめ、それを説明していく…といった構成の方が閲覧ユーザーにとっては読みやすく親切な文章と言えるでしょう。

例えば以下の例文で言うと、なんとなく意味はわかりますが、もう少し説明が欲しいところではないでしょうか?
このように体言止めは、周囲の文章との兼ね合いを考慮した上で適切に使用するべきで、印象付けたい・イメージを膨らませたいといった部分に使用するということが重要と言えます。

【例文】
上位表示することで期待できるのはアクセスはもちろんコンバージョン。
そして新規顧客の獲得と同様に重要なのが再訪問。

さらに体言止めとは本来その先に続く説明文を省略して読み手に想像を膨らませる効果もあるため、その後に続く文章にはその体言止めを補う説明が必要となります。

つまり文章を読み進めるためには、1文に色々と詰め込まずになるべく簡潔な内容で書き進めることが大事で、その目安となるのが句読点の数でもあり、文末の“です・ます”や“だ・である”などもひとつのポイントとなり、“体言止め”もひとつの方法となるわけです。

この辺りを考慮することによって、閲覧ユーザーはひとつひとつの文章からの情報をしっかりと読み取ることができ、直帰や離脱することなくスムーズに理解しながら読み進めることができるということです。

また、読まれるライティングに慣れるためには、これ以外にも念頭に置くべき点がいくつかあり、よく“ブログを本格的にはじめるならまずは100記事書きましょう”といった記事をよく見かけますが、それはライティングそのものに慣れることもそうですが、ユーザーに伝わりやすい文章の書き方を勉強するといった意味も含まれているためであって、何事も要点を意識して続けることが上達への近道となります。

この“ブログをはじめるならまず100記事書く理由”について詳しくは、こちらの「ブログをまずは100記事書く理由とポイントについて」もぜひご覧ください。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

リライトで体言止めを追加する

続いて、ブログ記事を管理していると、情報の更新や修正など内容の追加といったリライト作業が発生します。

この機会に“です・ます”や“だ・である”といった同じ文末が続いてしまっている箇所などを修正して、読みやすさを工夫するのはもちろん、体言止めを適宜うまく利用することで文章に読みやすさやアクセントを付けられる箇所を修正していきます。

それによってコンテンツそのものを簡潔にしつつも特に重要な箇所についてはイメージが伝わりやすくもなり、結果コンバージョンにも良い影響をもたらす可能性も0ではありません。

その他にもリライトには、検索順位を上げるためのポイントがいくつかあり、こういった閲覧ユーザーにとって読みやすい文章構成を行うことも非常に重要です。

ポイントとしては…そもそも何らかのキーワードで検索して訪問してきたユーザーは解決したい内容などが必ずあるはずです。

その辺りを体言止めによって心理的に揺れ動かすことで単順に書き手側からの機能・性能を説明した文章ではなく、それを手に入れた後の自分をイメージしやすい読み手側としての文章にもなり、ベネフィットとして興味付けることにも繋がります。

つまりリライトとは検索順位を上げるだけでなく、こういった検索ユーザーにとって読みやすい文章を心がけ、そのコンテンツを読了した後にアクションしやすいライティングなんかも重要となるわけです。

この“ブログのリライト”について詳しくは、こちらの「ブログ記事のリライトによって効率良く順位を上げる方法」もぜひご覧ください。

まとめ

今回は、サイト・ブログなど文章に読みやすさ・リズム感を加え、さらに部分的に印象付けることができる“体言止め”の使い方や注意点などについて詳しくご説明しました。

このように“体言止め”はひとつの文章を名詞・代名詞で終わらせるといった比較的簡単に使用することができ、使用箇所によっては閲覧ユーザーにとって注意を引きつけることもできるため、読み手にイメージを膨らませること期待できるライティング技術のひとつとも言えるでしょう。

また、名詞や代名詞などの“体現”で止める方法となりますので、それを補足する文章が周辺には必要で、使用頻度が高くなりすぎてしまうと逆に読みにくい・伝わりにくい文章となってしまうため、特に重要なポイントに絞って使用することが効果的であり、うまく取り入れることによって閲覧ユーザーもテンポ良く読み進めることができ、コンテンツの読了率にもいい影響を及ぼすため、ぜひ体言止めを効果的に使用して読まれる文章を心がけてください。

「キーワードファインダー」

コンテンツの作成や改善でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、上位表示されているページの文字数や共起語、見出し(h1~3)を抽出することで評価される傾向を参考に、検索順位を上げるために重要なコンテンツのチェックを行うことが可能!

また、関連語など自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位・検索数も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒