キーワードファインダーSEOブログ

ランディングページとは?効果的なランディングページの特徴

landingpage

みなさんはランディングページを意識意識して制作していますか?
本日は効果的なランディングページについてまとめてみました。

ランディングページとは?

ランディングページとは、検索エンジンで最適化された検索結果をクリックすると表示される単一のWebページです。

英語ではLanding Page(LP)となり、直訳するとLanding(着地する) Page(ページ)となります。
これは文字通り、インターネット広告やリスティング広告をクリックした時にたどり着くページとなります。
ランディングページは、広告の効果を高めるために、ソーシャルメディア、メルマガキャンペーン、リスティングなどでのリンク先として設置されることが多いです。

ランディングページの目的はリードまたは販売を獲得すること

ランディングページの一般的な目標は、サイト訪問者をリードとして獲得したり、販売につなげることです。

リードを獲得するのが目的場合

リードを得ることが目標である場合、ランディングページには訪問者が連絡を取るための何らかの方法(通常は電話番号またはお問い合わせフォーム)が含まれます。

販売が目的の場合

販売が目的の場合、通常リンク先ページには訪問者がクリックするための購入ボタンがあり、そのボタンがショッピングカートまたはチェックアウトエリアに送信されます。リンクされたURLのアクションを分析することにより、マーケティング担当者はクリックスルー率とコンバージョン率を使用して広告の成功を判断できます。

効果的なランディングページを制作する前に・・・

効果的なランディングページを制作する前に以下をしっかりと考えましょう。

ランディングページのゴールは何か?

キャンペーンからの訪問者はあなたのページにアクセスしてまず何をしますか?

  • 何を求めているのか?
  • 何を買う?
  • フォームに記入?
  • メルマガに登録?
  • 電子ブックをダウンロード?

効果的なランディングの戦略の第一歩は目標を決めることです。
コンバージョンをトラッキングするには、コンバージョン定義して、トラッキングコードを設置しましょう。

ターゲットは誰?

あなたのランディングページのターゲットとなる人は誰ですか?
ターゲットは何を求めているでしょうか?
ダーゲットを決めて、ターゲットの理解を深めるほど彼らのニーズに沿ったページを作ることができます。

ランディングページの競合となるのはどれか?

広告やキャンペーン同様、ランディングページにも競合相手が存在します。

  • どのサイトと競合するのか?
  • 競合はどうやって成功しているのか?
  • 成功しているサイトで自分のサイトに取り入れられそうなのはないか?

効果をたくさん得るには、成功している競合相手となるページの一手、二手先を読み、それよりもいいページを作成する必要があります。

アクセス元のキャンペーンページごとに訴える文言を変える

ランディングページ訪問者はどのキャンペーンを経由してあなたのサイトにたどり着きますか?
Googleの検索からアクセスしたユーザーとfacebookやtwitterからアクセスした人ではユーザーの熱量が異なるでしょう。

理想的だと広告グループごとに調整されたランディングページがあるのが理想です。

広告グループごとにランディングページがあれば、それぞれのターゲットに合わせたページができるので、ダイレクトに響きやすくなります。

【実践】効果的なランディングページを作るポイント

キャンペーン広告とランディングページを一致させる。

上記「ランディングページを作成する前に」記述した通り、
キャンペーンごとにランディングページがあるのが理想と書きましたが、そのキャンペーン内容と一致させる必要があります。
例えば広告に「旅行」と書かれていたのに、実際にクリックしてみと、全然関係のない「PC」のランディングページが表示されるとすぐに離脱しちゃいますよね?
それほど、広告とランディングページの内容の一致は重要となります。

ユーザーにとって有益な内容を分かりやすく書く

すべての情報をランディングページに載せる必要はありません。
逆に情報だらけだと、ユーザーはどれが重要でどれが自分に有益な情報か判断できなくなります。
ユーザーを圧倒させるのではなく、ユーザーにとって有益な内容となる情報を必要最低限だけ載せましょう。

ユーザーをスムーズにゴールに導く

ランディングページのところどころに「購入」「お問い合わせ」などの最終的なゴールとなるアクションボタンを設置します。
ただし、設置しすぎるとしつこい印象を与えるので、各セクションごとにユーザーの興味がりそうな部分に追加していくと良いでしょう。
また、ユーザーがアクションをとるボタンを押したいと思わせるようなデザインにするのも効果的です。

レビューや体験した感想を書く

実際にあなたのサービスを導入してみてどういった利点があったのかをページに盛り込み、ユーザーに導入後のイメージをさせることであなたのサービスに興味が高まります。

フォームは最低限必要な情報のみ入力してもらう

お問い合わせや、購入の際、ユーザーに尋ねる情報は必要最低限に抑えます。
ユーザーにとって、フォームに記入するフィールドが増えるほど、
完了までの道のりが難しくなります。

コンバージョンにフォームが必要な場合は、必要最低限の情報を記入してもらうようにしてください。
ほとんどのユーザーは自分の名前と電子メールアドレスを提供するのに抵抗はありませんが、電話番号と生年月日、会社名などについての情報を求められると、離脱率が50%に急上昇する可能性があります。

信頼に繋がるマークを設置する

ユーザーにあなたのランディングページは信頼できると確信してもらう為に、取引している有名企業のロゴや、受賞したショーのロゴ、加盟している団体のマークをサイトに設置します。
そうすることではじめてのユーザーでも安心感を与えることができます。

SNSの共有ボタンを設置する

多くの人は何かを購入して嬉しかったこと、参考になった情報は人に共有したくなります。
共有ボタンを設置することであなたのコンテンツがソーシャル上で共有され、コンバージョンに至った人と同じような人に共有されたすくなります。
そのため、共有ボタンはランディングページを開いたファーストビューまたは、フォーム完了後のサンクスページに設置するのが賢明でしょう。

モバイルフレンドリー型のページにする

年々、モバイルユーザーは増加傾向にあり、モバイルからの検索ユーザーがPC検索ユーザーを超えたともいわれています。
今後、ランディングページを作成する場合はモバイルディバイス対応で作成する必要があります。
また、まだモバイルに対応されていないランディングページはモバイルフレンドリーに対応することで、コンバージョンの増加に繋がる場合もあります。

目を引く見出しをつける

魅力的なランディングページは、メインの見出しを使用してオファーを確認し、さらに説明や価値の提案(オファーが素晴らしい理由)のためにサブ見出しを使用します。たとえば、Facebookの無料マーケティングEbook(見出し)、マーケティング担当者(サブ見出し)からFacebookフォロワー、お気に入り、関与を得る方法を学ぶことができます。下の例では、多くの素晴らしいランディングページの見出しが表示されますあなたは価値の命題が見出しであるようにこれを逆転させるものがあることがわかります。

信頼性を得るために高品質のコンテンツを提供

ランディングページは高品質なものにしましょう。
それはランディングページはあなたのサイトをはじめて訪れる人が多く、
そのランディングページの質が低いと直帰率が高くなり、せっかくユーザーに訴えかける内容でも読んでもらえずに終わってしまう可能性があります。

まとめ

ランディングページはデザイン、構成によってコンバージョンの数に差がでます。

みなさんも一度、現在のランディングページの見直しをしてみませんか?

キーワード選定ツール「キーワードファインダー」

サイト一括取得ツール「コンテンツファインダー」