キーワードファインダーSEOブログ

ランディングページとは?効果的なランディングページの作り方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ランディングページとは?効果的なランディングページの作り方について

ランディングページとは、検索結果や広告をクリックした時など、サイトに訪問した最初のページを意味します。

しかし、他にも商品購入や、メルマガ登録など、コンバージョンを獲得するために最適化されたページも同じくランディングページ(LP)と呼びます。

このランディングページの目的は、サイトそれぞれの目標とする“コンバージョン”を獲得することにあり、サイトのコンバージョン率を上げるためには必須とも言えるページになります。

ということで今回は、効果的なランディングページを作るポイントについてご説明したいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

ランディングページとは?

ランディングページとは、サイトにはじめて訪問したページのことを指し、英語ではLanding Page(LP)、直訳すると着地するページといった意味になります。

また、コンバージョン獲得を目的としたページのことを意味する言葉としても使われることが多く、サイトによっては複数のランディングページを用意している場合も多いのではないでしょうか?

そのため、ランディングページとは、メルマガやバナー、Web広告などのリンク先になる場合が多く、そのページでコンバージョンを獲得する最短のページとなるわけです。

その他でも、サイト内にうまく導線を設置して、ランディングページに誘導して、サイト全体のコンバージョン率を上げるといった考え方もひとつです。

ランディングページの作り方

では、ランディングページの作り方について、いくつかポイントなどをご説明していきたいと思います。

ランディングページは、各サイトに設定した申込みや商品購入などのコンバージョン獲得が目的となるため、単純に商品紹介や機能紹介だけでは効果的に活用することはできません。

メリットだけではなく、しっかりとデメリットも伝えて、それ以上に有益となる“ベネフィット”を魅力的に押しだし、コンバージョンに結びつけます。

そのため、公開した後もクリック数や滞在時間、コンバージョン率など、ユーザーがランディングページ内でどういった動きをしたのか?を参考に改善を繰り返すことが重要となります。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

ターゲットを決める

まずはじめに、誰に向けてのページなのか?ターゲットを決めましょう。

  • 性別・年齢・職業など
  • どういった悩みがあるのか?

なぜターゲットを決めるのか?というと…そもそも、ランディングページからのコンバージョン率が高いと、その内容が成功していると判断することができます。

つまり、効果的なランディングページを作るには、コンバージョンする確率が高いと思われるユーザーに向けたコンテンツが必要となるため、ターゲットを広くするのではなくペルソナをしっかりと設定することが大切となるわけです。

コンバージョン率を上げるには?

また、サイトの売上を伸ばしたいと考えた場合、以下のどれかを伸ばす必要があります。

  • 訪問数
  • コンバージョン率
  • 商品単価

このうち、コンバージョン率を上げることができれば、訪問数を伸ばすことなく売上を効率良く伸ばすことができます。

このことからも、ターゲットをしっかりと決めて集客キーワードやコンテンツ内容を考える必要があるというわけです。

このサイトからの売上を上げる考え方については、こちらの「ECサイトの売上を伸ばす施策を考えよう」もぜひご覧ください。

集客キーワードと内容を一致させる

次に、集客キーワードとランディングページの内容を一致させるという点です。

ランディングページへ誘導させるには、以下のようにいくつかの手段が考えられるかと思います。

  • SEO
  • リスティング広告などのWeb広告
  • その他SNSなど

このうちどの手段においても、ユーザーが目に止めてクリックしようと判断したキーワードやイメージに対し、リンク先の内容(ページタイトルや見出しなど)が合致していない場合、求める情報に乖離が生じてしまい、読み進めることなく離脱してしまう可能性が高くなってしまいます。

すなわち、ランディングページは、ブラウザバックされることなく読み進めてもらわなければいけないということです。

そのため、キーワード選定はもちろん、リンク先となるランディングページを開いた時の印象などにも気を使う必要があります。

\効果的なキーワードを自動で取得!「キーワードファインダー/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

余計なものは置かない

上記のように、ランディングページは、このページでコンバージョンを発生させる必要があるため、内部リンクや余計な広告など、ユーザーが離脱する可能性があるものは一切置かないようにしましょう。

ランディングページに置いて良いものはただひとつ、購入やお問い合わせなど、コンバージョンさせるボタンのみです。

メリット・デメリットをしっかりと伝える

ランディングページは、そのページ内で購入などのコンバージョンを意識させることが重要となるため、商品・サービスなど全ての情報を載せる必要は当然ありません。

それよりも、メリット・デメリットを明確にすることです。
ポイントとしては良いことばかりを言わない、と言う点が挙げられます。

しっかりとデメリットも明示して、それでも欲しいと思わせる有益な情報を簡潔にまとめることが重要です。

また、機能をわかりやすく説明しても、ユーザーは“今すぐ欲しい”とは思いません。
ランディングページでは、機能ではなく、ユーザーの気持ちも汲み取りながら、その商品・サービスが手に入った後、どうなるのかを魅力的に伝えることが大切です。

先ほどもご説明した通り、離脱されることなくすらすらと読み進めることができる内容が理想と言えるでしょう。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

目を引く見出しをつける

ランディングページのポイントとして、メリット・デメリットをいくつかの項目にまとめるわけですが、すんなりと読み進めてもらうためにも、見出しは考えさせるものではなく、簡潔に何が書いてあるのかをわかりやすくまとめましょう。

コンバージョンを決める

ランディングページでは当然ですが、訪問者に何をしてもらいたいのかをしっかり定義しましょう。

そして、コンテンツのファーストビュー、ページの最後、その他適宜必要な箇所に購入・申込みなどのボタンを自然と置き、マイクロコピーなどをさりげなく置いてコンバージョンを後押ししましょう。

また、ユーザーが押したいと思わせるようなボタンデザインにすることも効果的です。
この場合、A/Bテストなど色々と試して改善を繰り返すことで、アクセスを増やすことなくコンバージョンを伸ばすことに期待できます。

この辺りのコンバージョン率を上げる方法については、こちらの「コンバージョン率(CVR)とは?意味と改善方法について」もぜひご覧ください。

まとめ

今回は、ランディングページについて、意味と作り方についてご説明しました。

以上のことから、このランディングページは、構成や表現によってコンバージョンの数にも違いが見られます。

そのため、効果的なランディングページを作るには、集客キーワードの選定からすでに重要な要素となり、そのキーワードを元にメリット・デメリットを簡潔にまとめることがランディングページ成功の鍵となるわけです。

そして、集客キーワードとコンテンツ内容が合致し、デメリットを超えるベネフィットをしっかりとユーザーに伝えることができれば、コンバージョン率も自ずと上がってくるものと思われます。

公開した後は、効果検証をして、改善を繰り返してランディングページを効果的に活用していきましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒