キーワードファインダーSEOブログ

コンテンツとは?基本的な意味合いと本質や役割について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事のタイトルとURLをコピーする
コンテンツとは?基本的な意味合いと本質や役割について

普段何気に使っている用語のひとつ“コンテンツ”とは、イメージ通り「内容」や「中身」といった意味合いを含みます。つまり以下の通りそこに表示されている情報そのものを指し、テキストだけでなく表やリスト、画像や引用データなど全ての内容をとりまとめて“コンテンツ”と呼ばれています。

「情報の中身」「情報そのもの」を指し示す概念である。

ただ、最近ではモバイルの普及とともに“モバイルコンテンツ”やSEOでよく耳にする“コンテンツマーケティング”といった言葉もあるように、それぞれの媒体・デバイスに適したコンテンツ作りが重要で、要は適宜最適化することによってコンテンツの質も変化し、ユーザーの満足度や成果として現れます。

そのため、コンテンツとはデザインに直結するものではなく、デザイン性に優れているからといってユーザーの満足度を満たす内容にはなりませんし、情報そのものをどういった表現でユーザーに伝えると効果的なのか?といった点をコンテンツの概念として考えて作り込み、何度も改善やブラッシュアップすることが重要です。

一方こちらには上記のデジタルコンテンツだけでなく、音声や映像など広義の意味で使用されており、多少複雑で曖昧な用語であることがおわかりいただけるかと思います。

いわゆる「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのことで、それらの内容である著作物を指すことも多い。

では今回は普段使い慣れている“コンテンツ”の単語について、意味や質の高いコンテンツを作るための方法について詳しくご説明していきたいと思います。

\ 無料期間を過ぎても自動課金されません /
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

コンテンツとは

コンテンツとは、今や使い慣れているWebページなどの内容や情報といった意味合いだけでなく様々なデバイスや媒体を介して閲覧できる音楽や映像など、実に様々な意味を含む広義な単語であり、質の高さや興味深い内容、面白さなどの観点から多くの集客やマーケティングにも活用される重要な要素となります。

特にWebページのコンテンツだと、テキストはテキストでも内容や事実であることを証明する情報のソース、筆者のオーソリティなども重要視され、閲覧ユーザーが見やすく・わかりやすい内容や情報をコンテンツ化する必要があり、そのためには部分的にリスト化したりイラストで図解したりと、UIやユーザビリティを考慮することが大切です。

つまりコンテンツとは情報そのものを指し、基本はテキストベースかもしれませんが、最近ではそれをうまく見せる工夫が必要であって“面白いコンテンツ”、“何度も見たくなるコンテンツ”、“理解しやすいコンテンツ”など…そのサイトに適したテーマであらゆる情報をコンテンツ化することがポイントで、この辺りを理解すると質の高いコンテンツは単純に見た目が良いわけではないということがおわかりいただけるかと思われます。

もちろん各種コンテンツはターゲットユーザーによって見せ方・体裁が異なり、離脱しないようなUIにも気を使う必要がありますし、再訪問したいと思わせるコンテンツはやはり読みやすかったりわかりやすかったりしますので、デザイン性というわけではなくユーザビリティありきのページ設計を重要視するべきです。

この「ユーザビリティ」に関して詳しくは、こちらの「ユーザビリティとは?“使いやすさ”以外の定義やUI・UXとの違いについて」もぜひご覧ください。

コンテンツの意味

コンテンツの概念としては上記の通り直接的な感覚で言うと「内容」や「中身」となるわけですが、基本はそこに表示されている情報そのものを意味し、テキストや画像といったWebに関連するデジタルコンテンツだけでなく音楽や映像など多岐に渡り、何らかのメディアの中身をコンテンツとして認識します。

そして、この情報の中身に対するユーザーの反応・評価によって集客だけでなく商品やサービスなどの売れ行きにも影響するため、あらゆる媒体に適したコンテンツを作成・注力している企業も多く、もはやマーケティングの一部として大きく貢献する要素です。

そのため、コンテンツとはもちろん教養や学業のために作られるものもあり、他にも娯楽やエンターテイメントとしての役割を果たすものなど様々で、ユーザーを満足させることや問題解決、他にもユーザー毎に適した情報をうまく表現することが大切であり、コンテンツとしてどれほど魅力的に見せることができるのかがポイントとなります。

つまりコンテンツには十分な効果を得るためにペルソナの設定が必要で、そのターゲットが何を必要としているのか?どういった意図があってそのコンテンツを利用しているのかをしっかりと理解するべきで、そこをうまく合致することができれば話題性のあるコンテンツとしてSNS上でも拡散されるでしょうし、さらに多くの目に触れることも不可能ではありません。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

デジタルコンテンツ

一方でコンテンツとしては非常に馴染みのあるPCやスマホを介して閲覧する“デジタルコンテンツ”といった用語もあり、こちらは紙媒体や音楽などをデジタル化したもので、書籍や漫画なども最近ではデジタル化されたものが多く、他にも楽曲や動画のデジタル化によってダウンロード配信やストリーミングといったWebページ以外のサービスも数多く存在します。

これらは今まで“モノ”として扱われてきましたが、デジタル化することによっていつでも・どこでも利用できるメリットがあり、特にゲームなんかもデジタル化したことによってダウンロード購入やアップデートによるバージョンアップなどが簡単に行えるようになりました。

こういったデジタルコンテンツは当たり前のように利用していますが、改めて考えてみるとその市場は年々増加することに間違いなく、上記の書籍や音楽、動画やゲームをはじめ、オンラインでの受講やライブなどユーザーの消費行動までもがデジタル化されつつあります。

そしてもちろん各コンテンツのデジタル化は収益増にも大きく影響し、定員といった概念がありませんから、希少価値の高いライブ配信などのデジタルコンテンツであれば一気に数万人・数十万人を集客し、マネタイズに繋げることも可能です。

コンテンツSEO

続いて“コンテンツSEO”です。
こちらはSEO対策をしている方なら聞き覚えのある用語かと思われます。

具体的にはGoogleの検索エンジンに最適化させることをSEO対策と呼び、評価対象となる要素には数多くの項目があり、基本的な内部・外部の対策をはじめ…最近では特にコンテンツも重視され、豊富な情報量と見やすさやわかりやすさといった質の高いコンテンツによってユーザーの満足度を高めて上位表示を狙う方法で、特に検索キーワードに対する意図をしっかりとチェックした上で問題解決に導くことが重要です。

要は単純なテキストコンテンツに見出しを付けたり見やすさを考慮した上で装飾し、さらに図解や表、リストや画像などをうまく使用して何度も訪問したくなるページ作りや他のページも読ませるためにテーマを絞って専門性を高めることもポイントで、コンテンツSEOに成功できればユーザーはそのコンテンツに信頼するでしょうし、リピートにも期待できます。

つまりコンテンツSEOとは「内容」や「中身」を意味する“コンテンツ”をどれだけ魅力的に見せることができるのか?そういった充実した情報を網羅した上で読みやすさにも考慮する必要があるというわけです。

この「SEO対策」に関して詳しくは、こちらの「SEO対策とは?順位上昇に必要な要点まとめ」もぜひご覧ください。
\ 集客効果の高いキーワードを自動で取得!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

コンテンツマーケティング

また、“コンテンツマーケティング”といった用語もあり、こちらは上記のようなコンテンツの質や内容で上位表示を目指すSEO対策とは若干異なり、様々なユーザー(潜在層・顕在層)に向けたコンテンツを作成し、集客やコンバージョンを獲得するといったこれまでの広告戦略やセールス感を出すのではなく、まずはユーザーの役立つコンテンツ作りに注力するというものです。

この場合、ユーザーがコンバージョンに辿り着くまでどういった心境の変化が見られるのか?といったカスタマージャーニーマップを作り、それぞれに適したコンテンツを作り込んだ上でステップアップさせることが重要で、そもそもユーザーにとって役立つ内容・他にはない専門性の高いコンテンツ作りを心がけてください。

コンテンツマーケティングの要は売り込みのないコンテンツであり、ユーザーがサイトで扱う商品やサービスを自ら購入したいと思わせることが課題となりますので、まずは問題解決するだけの十分な情報コンテンツを作成し、改善を繰り返すことがポイントと言えるでしょう。

そもそもコンテンツマーケティングが流行しはじめたのもユーザーが過剰な広告に拒否反応したことが理由で、現在はセールスコンテンツよりもユーザーに役立つ納得の内容が強く求められています。

この「コンテンツマーケティング」に関して詳しくは、こちらの「コンテンツマーケティングとは?潜在層の行動状態を把握した戦略的コンテンツ作り」もぜひご覧ください。

質の高いコンテンツを作るには?

上記の通りコンテンツはそこにあるもの・中身や内容といった意味合いですが、実際には質の高い情報コンテンツを目指すことが大切です。

もちろんWebページに関するコンテンツの場合だと行間やユーザーの目線なども考慮し、他にも重要な部分に不必要なリンクや装飾を行わないこと、そして全体として起承転結ではなく最初に“答え”を記載して詳しくそれを説明していくといった“結・起承転結”で構築すると良いでしょう。

そうすることで記事(コンテンツ)内に探し求めている内容が記載されているのかどうか?すぐに判断できますし、問題解決できない内容だとしたら恐らく検索順位を思うように上昇していないはずなので改めて検索意図に合致したコンテンツへと改善する必要があります。

この辺りに関しては詳細に情報をコンテンツ化する必要がありますので、どうしても文字数は多くなりがちですが、決して文字数だけが重要というわけではなく、あくまでわかりやすくピンポイントで深掘りした内容が重要で、競合にはないユーザーも納得のページ作りを念頭に何度も修正や改善、不要な箇所の削除なども繰り返し行っていきます。

SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

検索意図を知る

まず質の高いコンテンツを作るためには検索意図を調べなければいけません。
要はターゲットとするユーザーがどういったキーワードで検索して何を解決したいのか?何を知りたいのか?といった内容を熟知する必要があり、そもそも幅広い層をターゲットにしてもコンテンツが網羅的になってしまい、ユーザーによっては部分的に必要のない箇所が邪魔に思われる可能性も非常に高いため、まずはキーワードに対する適切な“応え”は何なのか?しっかりと調べましょう。

そもそもコンテンツとは上記の通りWebだけでなく音楽や映像など様々な要素があり、当然ユーザーひとりずつ求めている内容は異なります。それと同じく検索結果もキーワードによって異なるため、その“応え”として相応しいコンテンツが多くのユーザーからの支持を獲得し、その結果検索順位にも良い影響を及ぼします。

そのため、特定のキーワードで上位表示させるコンテンツ作りには検索意図のチェックが必須作業となり、それに適した内容が必要であることは当然と言えば当然ですが、ここを合致させることが重要です。(検索キーワードとコンテンツ内容が合致しないページはユーザーに役立ちませんので順位も思うように上がりません。)
※検索順位を決める要素は多岐に渡るため、これだけが全てではありません。

また、検索意図は変化する可能性も0ではありませんので、定期的にサーチコンソールで流入キーワードをチェックしてコンテンツの内容と合致しているかを確認し、必要であれば追記や削除などのリライトを行って最新の状態を保つことが理想です。

この「検索意図」に関して詳しくは、こちらの「検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について」もぜひご覧ください。

テーマを決める

続いて記事コンテンツのテーマを絞るという点です。
もちろんWebを通して集客する場合、ある程度の記事数が必要で雑記のように様々なカテゴリーの記事を数多く公開するよりもテーマを絞った方が専門性も高まりますし、ユーザーからの信頼性も獲得できることと思われます。

例えば雑記ブログと特化ブログを比較してみるとやはり後者の方が専門性は高いでしょうし、ひとつのテーマに絞って様々なコンテンツを公開した方が指名検索されるほどユーザーにも覚えてもらえます。これはブランディングにも影響するため、できればテーマは絞るべきで、そうすることで様々なメリット・恩恵が受けられると考えられます。

もちろんこれは必ずしもドメイン単位で統一する必要もなく、場合によってはサブドメインで運用したり、カテゴリーでテーマを統一して質の高さを担保するという方法もありますので、管理するサイトの運営方針によって決めると良いでしょう。ただしこの場合、他の階層へのリンクを極力なくすことで閲覧ユーザーにとってテーマが際立ったコンテンツであることを認識させることができるので、デザインやテンプレートの使い分けも考慮してください。

やはりテーマを絞った方が専門性は高く見られますから、それによって自然と質の高いコンテンツだと支持されてブックマークや再訪問のきっかけにもなるでしょうし、検索順位にも良い影響を及ぼすことと思われますので、しっかりとテーマを決めて網羅的に記事コンテンツの作成に注力しましょう。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

問題解決を目指す

そして質の高いコンテンツの最も重要なポイントとは…キーワードに対する検索意図を把握してそれを解決することに尽きます。

というのも、検索ユーザーは必ず何らかの目的があって“検索行動”を行いますので、それを解決できるだけのコンテンツ、または満足できずに他のサイトへと遷移させないコンテンツが理想で、ご自身のページで問題解決することを目指してください。(検索結果ページに戻させない。)

これが検索意図をしっかりと調べる理由で、質の高いコンテンツを作るためにはキーワードに適したユーザー設定と、なぜそのキーワードで検索したのか?ユーザーが持つ直接的な悩みだけでなく潜在的な“応え”をわかりやすく伝えることが重要となるわけです。

そのため、一言でコンテンツと言っても最近では「内容」や「中身」といった単純なものではなく、UIとしてコンテンツが存在し、それと接するユーザーの反応や評価によって効果が左右される重要な役割を果たすため、試行錯誤したユーザーに役立つ内容や面白さを考慮し、満足できるだけの十分なコンテンツが重要視されています。

リライトを繰り返す

このように質の高いコンテンツとは改善や新たな情報を追加するなどの更新(リライト)が重要で、必要であれば部分的な削除も考慮してみてください。もしかすると不必要なコンテンツがユーザーをブラウザバックさせている可能性も考えられます。

この辺りはサーチコンソールから流入キーワードをページ毎にチェックしてターゲットキーワードで正しくユーザーを集客できているのかどうか確認してみると良いでしょう。もし異なるキーワードでの流入が多ければ、そのコンテンツは別の検索意図の内容だと認識されているため、部分的な削除や追記などのリライトで対応しましょう。

ただしこの場合、検索順位はすぐに上がる場合もあれば1ヶ月単位で効果が見られるケースもありますので、順位が上がらないからといってすぐに再度リライトすることなく、しばらくは様子を見て他の記事も定期的にメンテナンスを行うべきです。

こうして少しずつコンテンツの質を高めていき、ユーザーに役立つ内容として完成させていきます。そのため、公開したコンテンツは100%の状態ではないものと考えてみても良いかもしれませんね。(順位がなかなか付かない場合は正しく対応することで改善できますので、ぜひ挑戦してみてください。)

この「リライト」に関して詳しくは、こちらの「ブログ記事のリライトによって効率良く順位を上げる方法」もぜひご覧ください。

まとめ

今回は“コンテンツ”といった用語の意味や本来のあり方、質の高いコンテンツを作る方法について詳しくご説明しました。

そして上記の通りコンテンツとは「内容」や「中身」といった意味合いもありますが、他にもテキストはもちろん画像や音楽・映像などのデジタル化されたコンテンツを指しているケースも多く、さらにSEOにも大きく関係する用語でもあり、特に最近では質の高いコンテンツ作りが重要となっています。

また、コンテンツは公開した時点で終わりというわけではなく、改善を繰り返してより良い内容へとブラッシュアップすることが大切です。

そのため、ユーザーの反応や集客数を見て重要な部分はより詳しく、不必要な部分は削除するなどの対応によって、より良いコンテンツ作りを目指しましょう。

その他SEO・マーケティング用語集

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒