キーワードファインダーSEOブログ

検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について

コンテンツを作る際に必要となる“検索意図”をしっかりと調査していますか?

この検索意図とは、なぜユーザーがそのキーワードで検索したのか?何を知りたくて何を解決したいのか?といった“検索した理由”を意味します。

そして、コンテンツを提供する側としては、検索キーワードに対する検索意図をコンテンツ内容と合致させる必要があり、検索エンジンはそういった検索クエリに対する検索意図を満たすコンテンツを評価し、上位表示させることによってユーザーの使いやすい“検索”を日々向上させています。

そのため、この検索意図をしっかりと調査するということは、ターゲットキーワードでの上位表示させることにも繋がり、Googleの考えに沿ったユーザーの役立つコンテンツにもなるわけです。

つまり、キーワードに対する検索意図を調査するということは、記事を書く前に必ず行っておきたい要素で、上位表示には欠かせない重要なポイントとなります。

では、今回は検索キーワードに対する“検索意図”について、意味や調べ方など詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

検索意図とは?

まずはじめに“検索意図”とは、文字通り検索する理由や目的を意味し、これを満たす情報をわかりやすくコンテンツ化することによって、ターゲットキーワードで上位表示させることが可能となります。

そしてGoogleは、ユーザーファーストを掲げてアップデートを繰り返していることから、まずユーザーに対して役立つコンテンツ…すなわち検索意図を満たすコンテンツをランキングしてユーザーの利便性を高めていると考えられます。

そのため、検索順位を上げるためには、この検索意図を満たすことが最低条件としてあり、要点を押さえた上でその他に様々な要因を対策することでランキングに反映されます。

つまり、基本となるSEOも重要ではありますが、そこばかり対策していても順位が安定することもないでしょうし、そもそもコンテンツを蔑ろにしてしまえば検索ユーザーの悩みを解決してあげることができないため、仮にある程度順位が付いていたとしても、ブラウザバックによって再度検索結果に戻って他のサイトへ流入してしまうでしょう。

また、日記のようなブログ記事では自然検索からの流入が見込めないのはこの辺りが理由のひとつで、Googleが掲げる“10 の事実”にも“「すばらしい」では足りない。”と記載されているように、充実したコンテンツが上位表示に対しての必要条件となります。
参考:Google について | Google – Google

この基本となるSEO対策について詳しくは、こちらの「SEO対策とは?順位上昇に必要な要点まとめ」もぜひご覧ください。

検索意図を調査する重要性について

上記のように、SEOで上位表示させるためには、まずはじめに検索意図を調べることが何より重要となります。

そして、それは単純に上位表示されているコンテンツを部分的に収集して自分なりにリライトしても良い結果にはなりません。

検索意図を調べるということは、コンテンツの傾向を理解してオリジナルコンテンツを展開するためでもあります。

ということは検索意図に対して、ご自身である程度経験した実体験を元にコンテンツ化することが何よりも強みにもなりますし、コンテンツにも説得力が増します。

そのため、場合によっては引用表記によって別記事を参照することも必要となり、そこから持論を展開していくことが重要となります。

既出の情報をまとめるだけでは検索エンジンやユーザーにとって価値あるコンテンツとはなりません。
何かを解決したい検索ユーザーに対してどういった内容にすることで役立つコンテンツにすることができるのかをよく考えて、違うページに遷移されることなく検索意図を満たす、その検索行動をあなたのページで終わらせることが今後ますます必要性を増していくものと思われます。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

検索意図からニーズを先回りする

検索意図を調査する理由のひとつには、検索ユーザーが知りたいコンテンツを理解することによるニーズの先回りが考えられます。

この検索意図をさらに深掘りして、改善案や解決策を提示してあげることがポイントで、上位表示されているコンテンツの傾向を元に要点を押さえ、さらに独自コンテンツを加えることで、検索意図を満たすことにも繋がるわけです。

ということはキーワードに対して答えとなるページは、傾向を押さえるだけでは競合との差別化を計ることが難しく、それよりも一歩進んだコンテンツを明示してあげることによって価値が生まれると思われます。

ただし、あまりにも枝分かれしたコンテンツ展開は検索意図から外れてしまう可能性もあるため、その辺りに関しては注意が必要です。

ここでのポイントは内部リンクです。
コンテンツ内でユーザーが疑問に感じるかもしれない箇所を別記事に詳しくまとめて、気遣うようにリンクを添えて上げることが利便性にもなるため、ひとつの記事に全てを網羅するのではなく、適宜関連するコンテンツでページを作ると良いでしょう。
この内部リンクについて詳しくは、こちらの「内部リンクとは?SEOに効果的な設置方法について」もぜひご覧ください。

検索意図を調べる方法

では、この検索意図を満たして上位表示を狙うにはどうしたら良いのかと言うと…いくつかの方法が考えられますが、まずは対策キーワードに対する検索結果からユーザーが何を求めているのかを調査することが重要となります。

そして、そのコンテンツを構築する順番も重要視するべきで、要点を冒頭にしっかりと記載しなければ、検索ユーザーは望んでいた内容がこの記事にはないもの、もしくは早く知ることができないと判断することで、瞬時にブラウザバックされてしまう可能性も高くなってしまいます。

要は、検索キーワードに対する答えをまずはっきりと提示した後に詳しく理由などを紐解いて説明していく…といったユーザーにとってわかりやすいコンテンツを構築することが大切だということです。

これは、検索ユーザーのためだけでなく、検索エンジンにコンテンツ内容を正しく理解してもらい、その検索クエリに対して相応しいコンテンツであることを伝えるためでもあります。

Googleの検索エンジンはユーザーファーストとは言え機械です。文章を読んで採点しているわけではないので、ある程度要点をまとめた内容を冒頭に置くことも念頭に置いておきましょう。

このように検索意図とは、検索した背景を調査するだけでなくコンテンツに落とし込む際にも若干のポイントが必要となるわけです。

\効果的なキーワードを自動で取得!「キーワードファインダー/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

検索結果から読み取る方法

上記の検索結果から検索意図を読み取るには、まず以下の2点に着目してみます。

  • ページタイトル
  • ディスクリプション

検索結果に上位表示されているということは、当然Googleに評価されているということなので、ここに何がコンテンツとして書かれているのかをしっかりと読み取ることが重要となります。

そのため、まずは実際に対策キーワードで検索してみて、ユーザーに対する疑問をどういったコンテンツ内容によって解決しようとしているのかをチェックします。

ここで重要となるのが網羅性で、検索結果2ページ目、3ページ目まで辿って検索意図を調査してコンテンツに落とし込んでしまうと場合によってはそれが検索意図から外れた内容になってしまうこともあるため、文字量・コンテンツ量が多ければ良いというわけではありません。

つまり、検索意図を調査するということは、的確なコンテンツ内容が必要となるわけで、ここを間違ってしまうとうまく順位が上昇しない…といったことになってしまいます。

もし、うまく順位が上がらない場合は、検索意図から外れている可能性がある箇所を仮説立てた上で削除してみて、順位の動きをチェックしてみると良いでしょう。

この辺りのコンテンツの改善方法について詳しくは、こちらの「コンテンツを改善する効果的な重要ポイントとは」もぜひご覧ください。

見出しをチェックする

次に、実際に上位表示されているページを閲覧し、各見出しに設定されているテキストをチェックします。

これは、コンテンツ内容そのものも重要ではありますが、見出しタグはそもそもそこに何が書かれているのか?検索エンジンに対してわかりやすく伝えるためのものなので、その重要なタグをチェックすることでコンテンツ内容も把握することができるというものです。

そのため、上位表示できないひとつの理由として、検索意図とは別のコンテンツが含まれている場合があるということです。

ということは、先述した通り検索意図を知るために2ページ目、3ページ目まで参考にしてしまうと、こういった上位表示の足かせとなるコンテンツを含んでしまうことにもなりかねないというわけです。

また、コンテンツに書かれている内容を押さえることも重要ですが、そういった競合との差別化を計るためにも、ご自身なりの見解といったコンテンツが必要となり、ここを現在上位表示されているページよりも強化することで、検索エンジンにも高く評価される要因にもなるため、しっかりとポイントを押さえた上でのオリジナルコンテンツを盛り込むようにしましょう。

この独自コンテンツは、一次情報というわけではありませんが、それと似たような真新しいコンテンツとして上昇した検索順位を保つことにも繋がります。

\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

サジェストを調査する

続いて、上記の検索結果を参考にしても検索意図があいまいな場合は、複合キーワードとなるサジェストもチェックしてみると良いでしょう。

これは、検索する際にメインとなるキーワードの後ろにスペースを入力することで候補となるキーワードが表示されますが、手動で「あ」から順に入力していくと様々なサジェストが表示されます。

この実際に検索されているキーワードとなる候補を参考にしてみるというもので、意外な検索意図などの発見があるかもしれません。
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)”を参考にしてみるのも良いでしょう。

もちろん、単語そのものは違っても検索意図が同じ場合も十分考えられますので、不明な場合は一旦検索してみて、検索結果の傾向から判断してみてください。

このサジェストについて詳しくは、こちらの「サジェストとは?表示される仕組みとサジェストキーワードの活用方法について」もぜひご覧ください。

悩みキーワードの場合は知恵袋も調査

また、キーワードには大きくいくつかの分類に分けることができ、そのひとつ“お悩みキーワード”といった何かを解決したい場合の検索意図は「Yahoo!知恵袋」を参考にしてみても良いでしょう。

ここではまさしく悩みを解決する場なので、検索意図である“答え”がそのままコンテンツとして反映されているはずです。そのため、新たなキーワードを元に検索意図を見つけることができるかもしれません。

探し方は、もちろん対策キーワードで検索してみて検索結果をチェックするといった方法で、問合せに含まれるキーワードはもちろん、それに対する答えに含まれる解決策もひとつではないはずです。

また、キーワードによっては自然検索に広告が表示されているものもあるかと思いますが、そういった場合は広告費を出してでも流入させたいキーワードという意味なので、収益にも繋がるため競合も強い傾向にあるかと思われます。

そういったキーワードでは検索意図を満たしてもなかなか上位表示できない場合もあるかと思いますので、内部リンクの強化やSNSでの拡散による被リンク獲得など、長期的に見た戦略が必要となります。

まとめ

今回は“検索意図”について意味や調べる方法などをご説明しました。
この検索意図は狙ったキーワードに対して検索上位に表示させるために必須となる要素となり、さらにここをうまくコンテンツ化することもまた必要となってきます。

しかし、この検索意図に沿ったコンテンツであれば恐らく初動の順位の付き方も悪くないはずで、クローラーの巡回や時間の経過によって順位も上昇してくると思われます。

ここで重要となるのがサーチコンソールを参考にした流入キーワードの確認です。
検索順位の推移とともに検索意図が正しかったかどうかチェックしながら上位表示を目指しましょう。

「キーワードファインダー」

コンテンツの作成や改善でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、上位表示されているページの文字数や共起語、見出し(h1~3)を抽出することで評価される傾向を参考に、検索順位を上げるために重要なコンテンツのチェックを行うことが可能!

また、関連語など自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位・検索数も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒