キーワードファインダーSEOブログ

コンテンツを改善する効果的な重要ポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コンテンツを改善する効果的な重要ポイントとは?

アクセスを伸ばすために行った“コンテンツの改善”に効果を感じていますか?

最近は特にコンテンツの質が検索順位を左右し、リライトが順位上昇の要とも言えるほどコンテンツSEOが主流となっています。
しかし、何を指標として改善を行うのかが非常に重要で、むやみに文字数だけ増やしたところで順位改善は期待できません。

このように質の高いコンテンツと言っても、単純に長文であれば評価されるというわけではなく、前提として検索クエリがあり、ユーザーがなぜそのキーワードで検索したのか?その検索結果から何を得たいのか?といった答えとなるニーズや欲求を調査することが重要度をより増しています。

つまりは、的を射た内容・ピンポイントでニーズを捉えるといったことが非常に重要となり、文字数を増やすというのも半分正解であって、内容も伴う必要があるというわけです。(検索クエリに対する詳しい・充実したコンテンツが大切という意味です。)

では今回は、この検索順位を上昇させるために必要なコンテンツの改善方法や考え方について詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

コンテンツの改善方法とは?

まず、コンテンツを改善するには、主に文字数を増やすリライトといったコンテンツの充足が考えられるかと思います。

ただ、これは先ほどもご説明した通り内容や検索意図に配慮するべきであって、ユーザーが求めるものでなければいけません。

そのため、文字数だけを考慮した上でのリライトを行うのではなく、場合によっては一部削除も考えられ、あくまで相対評価として検索順位がランキングされていることを念頭に競合の傾向を知ることも重要となります。(検索クエリに対してどれほど質の高い答えを用意しているのか?)

このようにコンテンツの改善には闇雲にリライトするよりも、効果的な要素を中心に行っていくことによって順位改善にも期待できるため、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

この“検索意図”について詳しくは、こちらの「検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について」もぜひご覧ください。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

文字数が重要

最近の傾向として文字数は重要な要素のひとつで、基本的には競合よりも多い方ことが理想です。

しかし、先ほどもご説明したように単純に多いだけではダメで、例えば「〇〇 エステ」の記事に“エステが生まれた経緯”なんかは検索意図には恐らくなく、文字数合わせのために無理やり詰め込んでも上位表示させることには繋がらないでしょう。

これは、対策キーワードであるテーマが薄れてしまうことも考えられ、そういった関係のないコンテンツ・検索意図から外れてしまった内容が増えるに連れて、検索エンジンはそのキーワードに対して相応しいコンテンツではないと判断します。

そのため、闇雲に文字数だけを増やすようなリライトは危険で、何が足りないのか?何が余計なのか?といった判断を以下のポイントを押さえつつ戦略的に行う必要があるというわけです。

  • 競合よりも詳しく丁寧に
  • テーマから外れないことが前提
  • 単純なリライト記事ではなくオリジナルで

また、こういった文字数が効果的というのは、ユーザーファーストを考慮すると利便性に欠けるとも言えるため、ピンポイントで詳しい内容をまとめることが非常に重要で、関連するコンテンツは別記事にして内部リンクを構築していくといったサイト管理が今後求められるかと思われます。(文字数が全てではないということです。)

なかなか順位が付かない場合はもちろんリライトなどの対策が必要となります。こういった低品質コンテンツについて詳しくは、こちらの「低品質コンテンツを見つける方法と対処方法について」もぜひご覧ください。

単語数も意識する

次に、上記の文字数にも一部重複するかと思いますが、文字数を増やす際に単語数にも気を配るという点です。

これは、何度も同じことを書いても理解が深まるわけでもないため、ユーザーにとってわかりやすい文章を担保しつつ、検索エンジンに対してどういった内容なのか?・どれほど詳しい知識を持った執筆者なのか?といったことをしっかりと伝える必要があるためです。昨今“語彙力”が重要視されているのもわかりますね。

つまり、単語数が直接評価されるのではなく、わかりやすいコンテンツそのものはあくまでユーザーのためであり、その検索順位は検索エンジンが様々な要素を元にランキングしているからであって、ユーザーファーストを掲げたGoogleに評価されやすいコンテンツを考慮する必要があるというわけです。

これは、オウンドメディアをコンテンツマーケティングによって集客するには必須となる考え方になるかと思いますので、コンテンツを改善する際にしっかりと意識して取り組みましょう。

このオウンドメディアやコンテンツマーケティングについて詳しくは、こちらの「オウンドメディアで成功するために必要な基礎知識」、「コンテンツマーケティングとは?潜在層の行動状態を把握した戦略的コンテンツ作り」もぜひご覧ください。
\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

共起語について

こちらもまた上記の単語数にも通じるところがあり、単純に共起語を詰め込めば良いというわけではなく、ユーザーに対して優しい表現・伝わりやすい表現を考慮した上での“共起語”を使用しましょう。という意味であって、そもそも検索順位は相対評価なので競合よりも詳しいコンテンツが必要だということです。

そういった意味で、検索クエリに対する答えを表現豊かに・丁寧に構築することが上位表示させるために必要な考え方となり、上位表示だけを目的とした単語の詰め込みはGoogleにも見抜かれ、思うように順位改善に繋げることが難しいでしょう。

そのため、そのコンテンツをうまく伝えるために必要な単語数・共起語などを使用し、ユーザーにとって読みにくいと思われる箇所を何度も推敲することによって改善していくことも重要な作業となります。

この共起語について詳しくは、こちらの「共起語を適切に使用する方法【共起語検索ツールもご紹介】」もぜひご覧ください。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

ページタイトル

続いては、ランキングに最も重要だと言われているページタイトルについてです。
こちら、基本的にキーワードを含んだ35文字程度に収めることが重要となり、検索結果にも当然表示されますので、スマホでの結果画面を考慮すると重要な要素(キーワード)は前半に持ってくることが大切と言えます。

そもそもページタイトルは基本的な要素なので、すでに対策済みかもしれませんが、思うように順位が改善されない場合はコンテンツの改善とともにページタイトルの見直しも考慮してみると良いかもしれません。

この場合、上位表示されている競合をチェックし、ご自身のページがしっかりと検索クエリを満たす内容に訴求されているかどうか・クリックしてみたくなる内容かどうか確認してみてください。

ただし、こういった改善は一気に行うのではなく、上記のコンテンツ改善と時期をずらし、検索順位の推移を見ながら徐々に対策することによって、その施策が良かったのかどうかを検証することができます。

そのため、計画的なコンテンツの改善も場合によっては重要となります。

見出し(h1~3)の見直し

次に、検索クエリに対する答えを解決するために構成されたコンテンツの各ブロックにわかりやすく記述・設置した見出しの内容についてです。

これは、検索意図を満たすために必要な要素のひとつとして重要視するべきで、要はどのような内容を記載されているかをぱっと見でわかりやすく端的にまとめて記述するためにキーワードなどを含め、ユーザーに見つけやすくすることがポイントとなります。

そして、コンテンツを改善することによって上位表示させるためには、そのキーワードでなぜ検索したのかをよく考え、競合よりも詳しく丁寧に解決へと導いて上げる必要があるため、つい話が脱線してしまう場合があるかと思いますが、そういったコンテンツはそもそもユーザーが求めていないこともあり、それが足かせとなって上位表示の妨げになっている可能性も考えられます。

このように、コンテンツの一部要素が検索ユーザーの求める内容ではない場合うまく順位が上昇しないこともあるため、ユーザーが何を求めているのかをしっかりと調査してコンテンツを作る必要があるわけです。

そのため、様々なキーワードを含んだ無駄に長い見出しを設定してしまっている場合は、ぱっと見で内容が伝わるくらいに簡潔な見出しに改善してみる必要があります。

見出しタグには一番重要なh1をはじめ、h6までを使用することができますが、h1~3くらいまでをうまく使用してコンテンツを構築すると良いでしょう。
このh1について詳しくは、こちらの「SEOを重視した「h1」の記述・設定方法について」もぜひご覧ください。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

コンテンツの改善は繰り返すことが重要

上記のようなコンテンツの改善は、ニーズを調査した上でしっかりと仮説を立てて施策し、それの調査を元にさらなる改善を繰り返すことが重要となります。

先ほどもご説明した通り様々な要素を一気に対策してしまうと施策の良し悪しがわからなくなってしまうため、ぜひ計画的に改善を進めて効果を検証してみてください。

また、ユーザーが求めるコンテンツについては、競合などの検索結果を元に調査する以外にも、サーチコンソールを参考に流入キーワードをチェックしてみると良いでしょう。

するとコンテンツ内で以下のような傾向がわかり、より良いコンテンツにするための判断をすることができます。

  • もっと深掘りした方が良い部分
  • 削除してしまった方が良い部分

ポイントとしては、検索順位が低いのに表示回数が妙に多かったり、クリック率が高い場合のクエリです。

これは、ユーザーがもっと深く知りたがっていることや、他のページでは満足していない証拠でもあるので、そこをより詳しいコンテンツにすると質が上がっていくはずです。

このように、ユーザーが求めるであろうコンテンツの内容をご自身で決めてしまうと、なかなか上位表示できません。

そのため、コンテンツを作成する際のニーズの調査はもちろん、公開した後でもリライトなどの改修作業が重要となるわけです。

より効率良くコンテンツを改善するには?

SEOに重要な関連キーワードを自動取得するツール“キーワードファインダー”に新たに実装された“コンテンツ分析(β版)”では、対策キーワードの上位20位までのページから以下の項目を自動取得して表示することができます。

  • 文字数・単語数を一覧で比較
  • ページ内に使用されている共起語と出現率
  • 使用されているタイトル・h1~3の内容

この上位表示されている傾向を参考にすることによってコンテンツの改善が大幅に効率良く対策することができ、素早いPDCAによって上位化に期待できるでしょう。

また、このツールでは“キーワードプランナー”のあいまいとなってしまった月間検索ボリュームも実数表示で確認することができます。

まとめ

今回は、検索順位を改善するために必要な“コンテンツの改善”について特に効果的なポイントについてご説明しました。

上記のように、検索順位を改善するには基本的にユーザーにとって役立つコンテンツが必要となり、それは競合との相対評価によってランキングが成り立っています。

つまり上位表示させるためには何らかの指標があるということで、それを繰り返し改善することによって順位上昇へと繋がるというわけです。

そして、こういった評価基準は200以上もの要素に渡り、その効果もそれぞれなため、効果の高い対策を優先して行うことが順位改善の近道となります。

質の高いコンテンツとはあくまでユーザーのためのものですが、検索エンジンにもそういった内容を正しく伝える必要があるということを念頭に置いて改善を繰り返して上位を獲得しましょう。

「キーワードファインダー」

コンテンツの作成や改善でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、上位表示されているページ・評価される傾向の文字数や共起語、見出し(h1~3)を抽出し、検索順位を上げるために重要なチェックを簡単に行うことが可能!

もちろん関連語など自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位・検索数も取得します。
この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒