キーワードファインダーSEOブログ

共起語を適切に使用する方法【共起語検索ツールもご紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
共起語を適切に使用する方法【共起語検索ツールもご紹介】

共起語をうまく利用してコンテンツを作っていますか?
まず共起語とは、特定のキーワードと一緒に使用されることが多い単語を意味します。

そして、そういったキーワードを含めると検索順位にも良い影響を及ぼすと言われていますが、実際は共起語を含めたコンテンツだから評価されるというわけではなく、正しく理解した上で使用しなければ検索意図から外れてしまう場合も考えられます。

というのも上位にいるコンテンツとは、検索ユーザーに対してわかりやすいコンテンツを心がけることで、適切な場所で共起語をうまく使う=自然と語数も増えているはずで、これによって最近のSEOに評価されやすい傾向にあるということです。語彙力が重要視されているのはこのためですね。

例えば、上位表示されているしっかりと作り込まれたコンテンツを分析してみると、自然とそういった共起語を含んだものとなっていることが多く見受けられますが、必ずしも共起語を含めば上位化するというものではないということです。

とは言え、この共起語を適切に使用することで検索クエリに対する答えを網羅的に丁寧に伝えることも不可能ではなく、共起語ばかりに気を取られて本来の検索意図から外れないように検索キーワードに対して必要な情報を丁寧に伝えるための参考として利用することがポイントとなり効果的と言えるでしょう。

では、今回はこのコンテンツを充実させるための参考になる共起語について詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

共起語とは

共起語とは、ある言葉と一緒に用いられやすい言葉のことを指し、文章をよりわかりやすく伝えるためのものです。

複数の言語現象が同一の発話・文・文脈などの言語的環境において生起すること。「しとしと」は「雨が降る」とは共起するが、「雪が降る」とは共起しないといえる。

こういった共起語を適切に使用することで、コンテンツ自体がよりリアルにわかりやすく表現することができ、検索意図が満たされたユーザーが再度検索結果ページに戻ることなく満足して、その検索行動を終えることができるでしょう。

そのため、共起語とはSEO対策において充足するコンテンツ・表現はないかどうか?といったユーザーにわかりやすくコンテンツそのものを表現豊かにするためのようなものであって、共起語全てを網羅することが重要ではなく、あくまで検索クエリに的確に答えることが重要となります。

共起語を使用するメリット

では、この共起語を使用するメリットは何でしょうか?

これは、先ほどもご説明した通り、共起語を使用すること自体が重要というわけではなく、適宜必要なキーワードを取り入れることによって、検索ユーザーの知りたいことに対して表現豊かに過不足なく答えることができるという点が挙げられます。

そもそもWeb上のコンテンツは文字ベースとなるため、画像やリスト、表などを用いてわかりやすいコンテンツが重要となり、根本的な文章も共起語を使用することで、よりリアルにわかりやすい言い回しにすることができ、そういったコンテンツはユーザーにとっても理解しやすく伝わりやすいものです。

他にも、現在はキーワード出現率が重要というよりも、検索クエリに対する適切な“答え”をコンテンツに落とし込む方が重要視するべきと言えるため、SEOを意識するよりもしっかりと問題を解決するための丁寧なコンテンツ作りのためのものと言えるでしょう。

そのため、上位表示されているコンテンツを見てみるとわかるように、文字数が多い傾向にあるのはそういった理由もひとつとして考えられ、文章を装飾して丁寧にユーザーに伝えることが重要となります。

つまり、共起語とはSEOに重要な要素というよりもライティング要素に近く、表現に困った時の参考にもなるもので、決して上位表示のために詰め込むためのものではないということが言えます。
場合によっては、共起語のさらに共起語を調べて、うまくコンテンツに取り込むことで、ユーザーに対して丁寧に答えを伝えるようにしましょう。
また、基本的な“ブログの書き方”について詳しくは、こちらの「【ブログの書き方】読まれる記事の重要な考え方について」もぜひご覧ください。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

共起語の注意点について

SEOで考える共起語は、上記のように対策キーワードや、コンテンツ内に存在するキーワードに“共起するワード”を追加してコンテンツを充実させるといった考え方で良いかと思われます。

そして注意点としては、共起語を使用することで上位表示できるものではなく、共起語だけを考えて作られたコンテンツだと逆効果となってしまう場合も十分考えられるということです。

というのも検索エンジンは単語ベースで評価しているわけではなく、検索クエリに対する答えをしっかりとコンテンツに落とし込まなければユーザーの検索意図を満たすこともできなければ思うように順位も上昇することもありません。

そのため、共起語はより良いコンテンツ内容の参考程度にしておくべきであって、上位表示を目指すコンテンツの基本となる考え方としては、丁寧でわかりやすい表現が求められるかと思われます。キーワード出現率がそこまで重要ではないのもこのためです。

この“キーワード出現率”について詳しくは「キーワード出現率について上位表示に必要な正しい考え方とは?」もぜひご覧ください。

テーマの際立たせ

この共起語は、対策キーワードに対する適切な答えとなるコンテンツを作る際にわかりやすく伝えるためのもので、共起語を元に枝分かれして話が進み…その結果テーマが霞んでしまっては本末転倒です。

そのため、基本はキーワードに対する必要なコンテンツを洗い出して深掘りして解決するといった役立つコンテンツが重要であり、あまりにも検索意図から外れてしまった場合の内容は別記事として詳しく説明したコンテンツを作り込む必要があります。

この場合、内部リンクが効果的となるため、上位表示させたいキーワードによっては関連キーワードや共起語を元に専門性を高めるためのページ作りの参考にもなり得ます。

このようにSEOには楽して上位表示させる方法はなく、もし共起語を詰め込んだことによって上位表示できたとしても、定期的に変動を繰り返す検索エンジンのアップデートのタイミングで順位を大きく落とす可能性も高いでしょう。

検索順位の本質をしっかりと念頭に置いた上で検索ユーザーにとって役立つコンテンツ作りを心がけるようにしましょう。

\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

関連語との違い

次に、この共起語と混同しがちなのが以下のふたつです。

  • 関連キーワード
  • サジェスト

まず関連キーワードは、実際にユーザーが多く検索したキーワードが検索結果の下部に表示されるため、同時によく使用される意味を持つ共起語と同じような結果にはなるかと思われますが、意味合いとしては若干の違いがあります。

また、サジェストも同じく実際に検索の多い候補が検索時に表示されることで、検索の利便性を向上させるものなので、こちらも共起語と似た結果になる場合も多いかと思われます。

それに対し共起語は、検索キーワードなど関係なくそれぞれの単語に対して一緒に使用されることの多いキーワードであるということを覚えておくと良いでしょう。

共起語の調べ方

この共起語を調べるには、様々なツールが無料公開されていて、主に調べたいキーワードを入力するだけで、そのキーワードに共起していると思われるキーワードを簡単にチェックすることができます。

もちろん上位表示されているような文章をいくつも参考にすることも大切で、現在検索エンジンに評価されている傾向となるコンテンツがどのようなライティングによるものなのかを意識することで少なからず上達していくはずです。

そして、適宜必要であればコンテンツを表現豊かにするために共起語を充足し、検索キーワードに対する答えから外れないように注意して検索意図を満たす内容を心がけましょう。

ポイントとしては、そのキーワードに共起しているからといって検索意図に合致しているとは限らないということで、この共起語を全てコンテンツに取り入れても上位表示できるものではありません。
実際の検索結果などの傾向と照らし合わせて、しっかりと検索意図を考えてユーザーが何を知りたいのか?Googleはどういったコンテンツを上位化しているのかを調査することが重要となります。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

共起語検索ツールを利用する

では、この共起語を簡単に調べることができるツールをいくつかご紹介していきたいと思います。

こういったツールは、基本的にキーワードを入力するだけで簡単に共起語を調べることができるため、文章をより豊かに表現できないか?迷った時の参考にしてみると良いでしょう。

共起語検索ツール

共起語検索ツール

この“共起語検索ツール”は、入力フォームに調べたいキーワードを入力するだけで、Google検索上位30サイトを元に使用されている共起語を抽出するシンプルなツールとなっています。

また、調べるキーワードによっては若干時間がかかるものの、動きが比較的軽快なのも特徴のひとつで、検索結果には共起語として使用されている回数も一緒に表示されます。

FindWord

FindWord

この“FindWord”は、入力フォームに調べたいキーワードを入力すると、上位10サイトで使用されている共起語を抽出してくれるWebツールで、さらにご自身のページurlも一緒に入力して調べることによって、ご自身のページに不足しているキーワードを教えてくれる便利な機能を兼ね備えています。

キーワードファインダー

こういった共起語を調べる場合、“キーワードファインダー”といったツールを利用するのもひとつです。

このツールは、以下のような機能を兼ね備えたSEO対策において非常に強力となるキーワードツールです。

  • 上位のコンテンツ傾向をチェック(文字数・共起語・見出しなど)
  • 関連キーワードを自動取得
  • 検索順位を完全自動チェック
  • 自社・競合を元におすすめキーワードを自動取得

もちろん、今回ご説明した共起語も評価されているページを対象に出現率や重要度などと合わせて自動取得し、ご自身のページに不足していないか?チェックするため、コンテンツを改善する際に迷うこともありません。

共起語が効果的と言われる理由

ここまでご説明してきたように、共起語はそれだけに注力するのではなく、あくまでユーザーにとって役立つ表現豊かなコンテンツのためと考えるべきです。

しかし、今まで効果的と言われていた理由も確かにあり、共起語は上位表示されているコンテンツで出現頻度の高いキーワードでもあるため、その単語を含んだことによって検索エンジンが評価する・検索意図を満たしている可能性も高いということです。

つまり単純に共起語を含めば良いというわけではなく、適切な共起語を使用してその言葉をさらに広げていくといったコンテンツの広がりを持たせる際に便利なものであり、ピンポイントでコンテンツを深掘りするためでもあります。

こういったコンテンツを構築するためのキーワードは、適宜表現を考慮したライティングを行うことでユーザーにもリアルに内容が感じられることにもなり、それによって理解も深まり、検索意図を満たされたと感じて、ユーザーはその検索行動を終えることとなるかと思われます。

まとめ

今回は、キーワードと一緒によく使用される単語を意味する“共起語”について詳しくご説明しました。

そもそもこの共起語は、ある単語と一緒に使用される頻度の高いキーワードという意味なので、上位表示されている共起語を調査することで、検索キーワードに対して評価されているコンテンツ内容の一部でもあり、ユーザーが求めている可能性も高いワードとも言えます。

そして注意点として、共起語全てが検索順位に良い影響を与えるものではないということで、あくまでコンテンツをより豊かに表現する際のヒントとなるものです。

また、以前は検索順位にキーワード出現率も影響していたようですが、現在は文脈や単語の意味を理解してキーワードに対する適切なコンテンツを把握できるようになってきているため、キーワードの操作をはじめ共起語をただコンテンツに詰め込むことでは上位表示することもないでしょう。

そのため、共起語をライティングのひとつの参考として捉え、検索クエリに対して適切な見出し・コンテンツを作り込み、ユーザーが求める答えを的確に表現することを心がけてください。

「キーワードファインダー」

コンテンツの作成や改善でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、上位表示されているページの文字数や共起語、見出し(h1~3)を抽出することで評価される傾向を参考に、検索順位を上げるために重要なコンテンツのチェックを行うことが可能!

また、関連語など自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位・検索数も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒