キーワードファインダーSEOブログ

サジェストとは?表示される仕組みとサジェストキーワードの活用方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事のタイトルとURLをコピーする
サジェストとは?表示される仕組みとサジェストキーワードの活用方法について

Googleで何かを検索する際、フォームに表示されるキーワードの候補を利用していますか?

キーワードを入力している途中に表示されるいくつかの候補一覧をサジェスト(オートコンプリート)と呼びます。

そしてこのサジェストキーワードが表示される仕組みは、検索ユーザーが今話題としている興味深いキーワードや他のユーザーが過去に検索した回数など様々な要因に基いています。

つまり実際に検索している“検索クエリ”であり、単純に関連キーワードとも意味合いが異なる検索数の多い需要のあるリアルなキーワードです。

ということはコンテンツを制作する際のヒントにもなるもので、検索意図を満たすために必要なキーワードが含まれている可能性も非常に高く、ターゲットキーワードで上位表示させるためには何が必要なのか?といったキーワードの調査に役立ち、ぜひチェックしておいきたい要素と言えるでしょう。

では、今回はこのサジェストについて、表示される仕組みや、コンテンツに活かす方法についてご説明したいと思います。

\ SEOキーワード選定と競合分析によるコンテンツ強化 /
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

Googleサジェストとは?

スニペット表示がますます注目を浴びる

まず、Googleサジェストとは現在「オートコンプリート」と呼ばれ、Googleで検索を行う際に検索候補(サジェスト)を表示させることで、探している情報をより早く見つける手助けをしてくれるというものです。

これは、検索結果の下部に表示される“関連キーワード”にも似ていますが、サジェストの場合、検索履歴などにも影響されるため、ユーザーにとって便利な検索候補となります。

また、この検索候補(サジェスト)は他のユーザーもよく検索に使用している単語やフレーズということで、そのキーワードに付随する需要のあるキーワードでもあるわけです。(参照:Google検索ヘルプより

このサジェストを逆手に取って、メインとなるキーワードの複合キーワードとして検索されているキーワードを調べることによって、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成することも可能ですが、単純にサジェストをコンテンツに詰め込めば良いというわけではありません。

というのも…サジェストに表示されているのは検索されている回数が多いキーワードというだけであって、全てのユーザーが求めるコンテンツではないためです。

この辺りに関しては適宜検索意図を調べる必要がありますので、実際に検索してみてコンテンツ内容を確認してみると良いでしょう。

サジェストが表示される仕組みについて

Google検索でサジェストキーワード(オートコンプリート)が表示される仕組みは、ユーザーが今現在興味のある話題や過去に検索した回数など様々な要因に基いています。

つまり多くのユーザーが頻繁に検索するキーワードということで“候補”として表示させ、検索そのものをより使いやすくしているわけです。

そのため、検索意図までは考慮されているわけではなく、あくまで検索されている回数や需要に重点を置いており、コンテンツに充足する場合は狙っているキーワードに対して適切な内容かどうかをチェックすることが重要となります。

要は頻繁に検索されているキーワードなので、文言を入力する煩わしさを少しでも軽減してさっと検索できる便利なGoogleの検索機能のひとつであり、検索しようと思ったキーワードがちょうどサジェストに表示され、ワンクリックで検索しているという方も多いのではないでしょうか?

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

実際に検索されたキーワード

まず、このサジェストキーワードは自動でGoogleのアルゴリズムによって生成され、ご自身だけではなく様々なユーザーを対象に入力した検索キーワードに付随して候補が表示されます。

つまり、Googleが提供するすべてのサジェストは、人々が実際に検索しているキーワードをもとに抽出しています。

例えば「引っ越し」と入力した場合のサジェストキーワードを見てみると…

といった、サジェストには誰もが「引っ越し」を考えている人が検索すると思われるキーワードが含まれているはずです。

この表示されたサジェストキーワードはすべて他の人が実際に検索したキーワードであり、人々に頻繁に検索されるキーワードとなります。

そのため、よく見てみると引っ越しを数ヶ月後に予定していると思われるキーワードや特定の業者に依頼するためのキーワード、さらに安さを求めるキーワードなど深く掘り下げていくと意外と検索意図は様々です。(潜在層や顕在層など様々)

これがサジェストだけをコンテンツに詰め込んでも良い結果にならない理由であり、場合によっては検索意図が全く異なりますので、別記事として公開した方が良いケースも充分考えられます。

地域と言語

次に、Googleサジェストは検索するユーザー全てに同じサジェストが表示されるわけではなく、地域と言語によって異なる場合があります。

例えば、札幌で「cafe」と検索した場合…

サジェストのリスト一覧の中には「カフェブルー(札幌)」、「カフェ 札幌」「カフェエデン(札幌)」と現在地をもとに表示されます。

一方で、検索地域をアメリカに設定し「cafe」と入力した場合…

このように、検索地域をアメリカに設定し「cafe」と入力すると「cafe du monde(アメリカ)」「カフェカイラ(ハワイ)」「カフェデュモンド(アメリカ)」などがサジェスト一覧に表示されます。

つまり、サジェストはその設定言語・地域に基づいた候補が生成されるというわけです。

この辺りに関して言うと、2014年に導入された“ベニスアップデート”によって位置情報も検索結果に取り入れているため、当然と言えば当然ですが、検索キーワードの調査する場合にはこういった地域に特化したサジェストも考慮する必要があるということを覚えておくと良いでしょう。

\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

検索履歴

Googleサジェストには、上記の通り他のユーザーも数多く検索しているキーワードも表示されるわけですが、以前ご自身で検索した関連キーワードもサジェストの一部として表示します。

例えば、先ほどと同じく「cafe」と検索した場合、上の方のサジェストには「cafe du monde」や「cafe」といった候補が以前の検索履歴を元に表示されています。

このご自身で検索した履歴を削除する場合は、設定から詳細へ進み、「プライバシーとセキュリティ」から“閲覧履歴データ消去する”で削除することができます。(※Chromeの場合)

そのためキーワードを調査する場合には、各種ブラウザに実装されているシークレットモードなどを活用してサジェストを参考にしてみるとご自身の検索履歴は考慮されませんので、間違った関連コンテンツを含めることもありません。

話題・人気のキーワード

他にもこのサジェストは頻繁に検索されているキーワードを表示するという特性があるため、急にトレンド化したような内容も表示されるようになります。

例えば下記の画像は、以前イギリス王室のハリー王子とメーガン・マークルさんが結婚した際、世界的な話題はどれくらいなのか?英語で「royal wedding」と検索した時のGoogleサジェストです。

このように一時的に話題となっているキーワードも表示されていることがわかります。

こういったサジェストキーワードは、トレンド系のブログなどを運営されている方なら見逃せないキーワードですし、そもそもそういった情報を先取りしてコンテンツ化し、トレンドの先回りによって大きくトラフィックを稼いでいる方も少なくありません。

  • royal wedding stand by me(ロイヤルウェディングで「スタンド・バイ・ミー」が歌われた)
  • royal wedding goods(ロイヤルウェディングの関連商戦が過熱)

上記の例は世界的に話題となった出来事でしたが、他にも地域毎に注目を集めているトピックがサジェストとして表示されることがありますので、需要や競合の強さなどを考慮した上でサジェストキーワードを探してみると良いでしょう。

また、1日を通して変化する人気トピックといったキーワードは、Googleトレンドでチェックすることができます。(こちらでは細かく地域別で需要の高まっているキーワードを調査することも可能です。)

この“Googleトレンド”の使い方については、こちらの「GoogleトレンドをSEOに活かす機能ご紹介」もぜひご覧ください。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

サジェストによる悪い影響について

サジェストキーワードは基本、上記でご説明したような要素を元にGoogleのアルゴリズムによって自動生成されます。

そのため、良くも悪くも世間の注目によって、Googleサジェストには悪い影響を与えるキーワードが候補として表示されてしまう可能性も十分考えられます。

例えば、とある企業が何かか問題を起こしたり、悪い噂が広まることで人々の関心が高まり、そういったキーワードで検索する人が増えると、たとえ実際には噂でしかなかったマイナスのイメージがGoogleサジェストに表示され、企業名を入力するだけで今まで知らなかった人にまで周知され、さらに企業イメージが悪くなることになってしまいます。

サジェスト汚染

このネガティブなワードでサジェストが表示されてしまうことを「サジェスト汚染」と呼びます。

これは事実関係を考慮せずに多く検索されている(需要のある)キーワードとして認識して表示されるため、気になるユーザーがクリックすることによってさらに関心のあるキーワードとなってしまいます。

そのため「サジェスト汚染」はこれまでも何度となく問題となり、海外や日本でも削除を求める裁判まで発展しています。

しかし、このサジェスト(オートコンプリート)に表示されるキーワードは、Google自身ではなく一般ユーザーが検索したデータに基いているため、Googleはその責任を負わないとして、削除判決を拒否している判例も多いようです。(ただし、現在はGoogleが対策したのか、以前よりもこのサジェスト汚染が減っているようです)

すなわち事実に基づいた悪い情報については、サジェストとして表示させたくない気持ちはわかりますが、削除申請をして消す・隠すといったことができないということになります。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

サジェストを削除する方法について

実際にサジェスト汚染の被害を受けてしまった場合ですが、上記でご説明したようにGoogleは「このサジェストに関してはあくまで自動アルゴリズムによるもの」としているため、条件によっては削除することが難しいようです。

そのため、良い噂が立つような経済活動がサジェスト汚染の最善策と言え、良い話題・評判に関するサジェストで埋め尽くされる状態が理想と言えるでしょう。

また、Googleにもサジェスト削除の申請用フォームが用意されているので、事実と全く異なるようなサジェストが表示されている場合は利用してみても良いかもしれません。
参考:「法律に基づく削除に関する他の問題を報告する

サジェストをコンテンツに活かす方法

以上を踏まえて、Googleサジェストキーワードの特徴としては…

  • 多くの方に関心がある(月間検索数が多い)
  • 話題・人気が急上昇している
  • 良い・悪い関係なく候補となる

といったことが挙げられます。

このことから、サジェストに表示されるキーワードは多くの検索ユーザーの関心が高いキーワードを意味し、これを元にキーワード選定を行ったり、コンテンツに充足して専門性を高めることでユーザーにとって役立つコンテンツが作りやすくなります。

つまりターゲットキーワードに対して上位表示しているコンテンツとは、ユーザーの満足度をしっかりと満たしている可能性が高く、思うように順位が上昇しない場合は何かが足りない(もしくは検索意図から外れている・必要のない内容)ケースがあることを念頭に置くべきで、サジェスト全てをコンテンツに盛り込めば良いというわけではありません。

というのも、当然全てのサジェストが同じ検索意図というわけではないからであって、サジェストごとの検索ニーズをしっかりと調査して、元となるキーワードに関連するキーワードを選ぶ必要があるというわけです。

このように検索順位を改善したい場合には、ユーザーの求めるものが正しくコンテンツに含まれているかどうか?充足するべきコンテンツがないかどうか?の参考にしてリライトを行い、上位表示を目指しましょう。

こういったキーワードツールには様々なものが公開されています。特におすすめのツールをこちらの「【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選」にてご紹介していますので、ぜひご自身に合ったツールを探してみてください。

まとめ

ということで今回は検索キーワードを入力した際に候補として表示される便利なサジェストについて詳しくご説明しました。

このようにGoogleサジェストキーワードは検索ユーザーにとって検索そのものを使いやすくするためのもので、世間で関心の高いキーワードを補助的に提案してくれる機能です。

そのため、実際にユーザーの調べたいキーワード・需要のあるキーワードとなるため、上位表示させるためのリライトにも役立ちます。

そして、サジェストにもそれぞれ検索意図がそれぞれ異なりますの、なぜそのキーワードで検索したのかをしっかりと調査し、コンテンツに取り入れる参考としてサジェストキーワードを利用してみましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒