キーワードファインダーSEOブログ

サジェストとは?表示される仕組みとサジェストキーワードの活用方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サジェストとは?表示される仕組みとサジェストキーワードの活用方法について

Googleで何かを検索する際、フォームの下に表示されるキーワードを利用していますか?

キーワードを入力している途中に表示されるいくつかの候補一覧をサジェスト(オートコンプリート)といいます。

このサジェストキーワードが表示される仕組みは、検索ユーザーが今話題としている興味深いキーワードや、他のユーザーが過去に検索した回数など、様々な要因に基いています。

では、今回はこのサジェストについて、表示される仕組みや、コンテンツに活かす方法についてご説明したいと思います。

SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

Googleサジェストとは?

スニペット表示がますます注目を浴びる

まず、Googleサジェストとは現在「オートコンプリート」と呼ばれ、Googleで検索を行う際に検索候補(サジェスト)を表示させることで、探している情報をより早く見つける手助けをしてくれるというものです。

これは、検索結果の下部に表示される“関連キーワード”にも似ていますが、サジェストの場合、検索履歴などにも影響されるため、ユーザーにとって便利な検索候補となります。

また、この検索候補(サジェスト)は他のユーザーもよく検索に使用している単語やフレーズということで、そのキーワードに付随する需要のあるキーワードでもあるわけです。(参照:Google検索ヘルプより

サジェストが表示される仕組みについて

Google検索でサジェストキーワード(オートコンプリート)が表示される仕組みは、ユーザーが今現在興味のある話題や、過去に検索した回数など、様々な要因に基いています。

実際に検索されたキーワード

まず、このサジェストキーワードは自動でGoogleのアルゴリズムによって生成され、入力した検索キーワードに付随して候補が表示されます。

つまり、Googleが提供するすべてのサジェストは、人々が実際に検索しているキーワードをもとに抽出しています。

例えば「引っ越し」と入力した場合のサジェストキーワードを見てみると…

といった、サジェストには誰もが「引っ越し」を考えている人が検索すると思われるキーワードが含まれているはずです。

この表示されたサジェストキーワードはすべて他の人が実際に検索したキーワードであり、人々に頻繁に検索されるキーワードとなります。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

地域と言語

次に、Googleサジェストは検索するユーザー全てに同じサジェストが表示されるわけではなく、地域と言語によって異なる場合があります。

例えば、札幌で「cafe」と検索した場合…

サジェストのリスト一覧の中には「カフェブルー(札幌)」、「カフェ 札幌」「カフェエデン(札幌)」と現在地をもとに表示されます。

一方で、検索地域をアメリカに設定し「cafe」と入力した場合…

このように、検索地域をアメリカに設定し「cafe」と入力すると「cafe du monde(アメリカ)」「カフェカイラ(ハワイ)」「カフェデュモンド(アメリカ)」などがサジェスト一覧に表示されます。

つまり、サジェストはその設定言語・地域に基づいた候補が生成されるというわけです。

検索履歴

Googleサジェストには、以前ご自身で検索された関連キーワードをサジェストの一部として表示します。

例えば、先ほどと同じく「cafe」と検索した場合、上の方のサジェストには「cafe du monde」や「cafe」といった候補が以前の検索履歴を元に表示されます。

このご自身で検索した履歴を削除する場合は、設定から詳細へ進み、「プライバシーとセキュリティ」から“閲覧履歴データ消去する”で削除することができます。(※Chromeの場合)

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

話題・人気のキーワード

これは、つい先日前にイギリス王室のハリー王子とメーガン・マークルさんが結婚したということで、世界的な話題はどれくらいなのか、英語で「royal wedding」と検索した時のGoogleサジェストです。

著者のブラウザには英語のキーワードの場合、簡単に「月間検索数」などの数値が表示されるサービスを利用しているのですが、表示されたサジェストで月間検索数が表示されていないキーワードがあります。これは、数日前の出来事ですが、一気に話題となっているキーワードが表示されていることがわかります。

  • royal wedding stand by me(ロイヤルウェディングで「スタンド・バイ・ミー」が歌われた)
  • royal wedding goods(ロイヤルウェディングの関連商戦が過熱)

今回の例は世界的に話題となった出来事でしたが、他にも地域毎に注目を集めているトピックがサジェストとして表示されることがあります。

また、1日を通して変化する人気トピックといったキーワードは、Googleトレンドでチェックすることができます。

この“Googleトレンド”については、こちらの「GoogleトレンドをSEOに活かす機能ご紹介」もぜひご覧ください。

サジェストによる悪い影響について

サジェストキーワードは基本、上記でご説明したような要素を元にGoogleのアルゴリズムによって自動生成されます。

そのため、良くも悪くも世間の注目によって、Googleサジェストには悪い影響を与えるキーワードが候補として表示されてしまう可能性も十分考えられます。

例えば、とある企業が何かか問題を起こしたり、悪い噂が広まることで人々の関心が高まり、検索する人が増えると、たとえ実際には噂でしかなかったマイナスのイメージがGoogleサジェストに表示され、企業名を入力するだけで、今まで知らなかった人にまで周知され、企業イメージが悪くなることになってしまいます。

サジェスト汚染

このネガティブなワードでサジェストが埋めつくされてしまうことを「サジェスト汚染」と呼びます。

この「サジェスト汚染」はこれまでも何度となく問題となり、海外や日本でも削除を求める裁判まで発展しています。

しかし、このサジェスト(オートコンプリート)に表示されるキーワードは、Google自身ではなく一般ユーザーが検索したデータに基いているため、Googleはその責任を負わないとして、削除判決を拒否している判例も多いようです。(ただし、現在はGoogleが対策したのか、以前よりもこのサジェスト汚染が減っているようです)

すなわち、事実に基づいた悪い情報については、隠すといったことができないということになります。

\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

サジェストを削除する方法について

実際にサジェスト汚染の被害を受けてしまった場合ですが、上記でご説明したようにGoogleは「このサジェストに関してはあくまで自動アルゴリズムによるもの」としているため、条件によっては削除することが難しいようです。

そのため、良い噂が立つような経済活動がサジェスト汚染の最善策と言えるのかもしれません。

また、Googleにも申請用フォームが用意されているので、全く事実と異なるような場合は利用してみても良いかもしれません。
参考:「法律に基づく削除に関する他の問題を報告する

サジェストをコンテンツに活かす方法

以上を踏まえて、Googleサジェストキーワードの特徴としては…

  • 多くの方に関心がある(月間検索数が多い)
  • 話題・人気が急上昇している
  • 良い・悪い関係なく候補となる

といったことが挙げられます。

このことから、サジェストに表示されるキーワードは多くの検索ユーザーの関心が高いキーワードということで、これを元にキーワード選定を行ったり、コンテンツに反映させることでユーザーにとって役立つコンテンツが作りやすくなります。

もちろん、全てのサジェストが同じ検索意図というわけではありませんので、しっかりと検索ニーズを調査して、元となるキーワードに関連するキーワードを選ぶ必要はあります。

検索順位を改善したい場合に、ユーザーの求めるものがコンテンツに含まれているかどうか?充足するべきコンテンツがないかどうかの参考にして上位表示を目指しましょう。

こういったキーワードツールには様々なものが公開されています。特におすすめのツールをこちらの「【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選」にてご紹介していますので、ぜひご自身に合ったツールを探してみてください。

まとめ

ということで、今回は検索キーワードを入力した際に候補として表示されるサジェストについてご説明してきましたが、Googleサジェストキーワードは検索ユーザーにとって検索をもっと使いやすくするために関心の高いキーワードを提案してくれる機能です。

そのため、実際にユーザーの調べたいキーワードとなるため、コンテンツの充足にも役立ちます。

しっかりと対策キーワードに基づいたキーワードを調査し、コンテンツに取り入れるトピックスの参考として、サジェストキーワードを利用してみましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒