キーワードファインダーSEOブログ

【ブログの書き方】読まれる記事の重要な考え方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【ブログの書き方】読まれる記事の重要な考え方について

ブログの書き方で悩んでいませんか?

ブログで効果を得るということは…ブログを続けるためのなんらかの目的がそれぞれあるかと思われますが、主に以下のような内容が考えられているのではないでしょうか?

  • アクセスを増やす
  • 検索順位が思うように付く
  • ブログからの収益・お問い合わせが増える

そしてこのブログの書き方でお悩みの個人の方や、企業のブログ担当となってしまった方の多くは、上記のような目的がうまく達成できずに悩んでいることかと思われます。

つまり書いた記事に順位が付かないことで、ブログのアクセスが伸びず、その結果ブログからの収益(効果)も「0」のまま…といった状況となってしまい、最終更新日が数年前といったブログも多く見受けられるわけです。

ブログを書く事自体止めてしまう方が大ざっぱに言って1年で約9割以上もいるというのも納得の数字ではないでしょうか?

ちなみにブログの多くは、“はてなブログ”や“アメーバブログ”など無料レンタルからも当然はじめることも可能ですが、少しでも本格的にはじめたい…とお考えの方なら、独自ドメインやサーバーを用意した上で“WordPress”をご利用されている方も多いでしょう。

そしてそういったブログにはテンプレートと呼ばれるテーマが有料・無料問わず数多く用意されていて、多くの場合すでに基本となる内的SEO対策が施されているものも多いため、後はブログの書き方をしっかりとマスターすることによって、先ほど述べたような目的へと少しずつでも近づけることが可能となっています。

ということで今回は、ブログの書き方となる基本的な内容や練習方法・重要な考え方などについて詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

ブログの書き方について

ではこの記事では定めたターゲットキーワードで上位表示を目的にした“ブログの書き方”についてご説明していきたいと思います。

まず基本となる考え方ですが、対策キーワードで順位をつけるということは、ユーザーがなんらかの調べたい内容や解決したい事柄を検索行動によって満たしたいと考えているはずです。

ということは以下にツイートした通り、定めたキーワードとはユーザーが検索ボックスに入力する“問いかけ”となる悩みや調べたい内容そのものとなるわけで、効果的な“ブログの書き方”とは、それに対しての“答え”を丁寧にコンテンツとして表現・説明してあげるというのが通例となっています。

恐らく、ブログをはじめたばかりの方は、こういった基本的な考えがないまま日記のような内容を書いてしまうことが原因で思うように順位が付くこともなくアクセスも増えていかないものと思われるため、まずは日記のような“答え”を求めているユーザーは存在しないということをまずは理解しましょう。

また、ここにも書いたように、検索ユーザーは“答え”を求めています
そのため冒頭部分に要約した内容をまとめることによって、探していたコンテンツが書かれていると認識してもらうことにもなり、一瞬でブラウザバックされることなく読み進めてくれるようになります。

キーワード選定を行う

ブログを書きはじめる前に、まずはユーザーがどういったキーワードで検索するのか?キーワード選定を行う必要があります。

これはユーザーがどういった内容を調べたがっているのか?ブログの内容を考えるために絶対に必要となる要素で、ユーザー目線に立ってキーワードを決めることが大切です。

検索順位をランキングしているGoogleは、ユーザーに検索を利用してもらわなければ広告事業として成長していきません。
そのため検索キーワードに対する検索結果をより良いものへとアップデートしているように、キーワード選定とその検索意図をしっかりと把握した上でブログを書く必要があるというわけです。

そして、基本的には多くの方が検索するようなビッグキーワードと呼ばれる検索数の多いキーワードで上位表示させることは難しくなります。

また簡単にまとめると以下のようにひとつのキーワードで上位表示させることが難しくなる傾向となり、上記のように検索数(検索ボリューム)によってもその難易度が異なります。

  • 単ワード:検索数が多い・上位表示が難しい
  • 複合キーワード:検索数が少ない・単語が増えるほど簡単

ポイントとしては、複合キーワードも含めて「1ページ1キーワード」で選定するということで、色々なキーワードで順位を付けたいからといってコンテンツを詰め込んでしまうと…ユーザーのためにもなりませんし、そもそも何について書かれた記事なのか?検索エンジンが把握・評価できない状態となってしまいます。

ちなみにブログの書き方に慣れて順位が付くようになったとしても、アクセスを伸ばしていくための基本となる考え方としては常にある程度検索され続けているキーワードで記事を書くということで、キーワードといっても言い方や表現の仕方によっては“答え”となる内容が同じでも複数のキーワードが考えられるため、場合によっては“キーワード選定”にも工夫が必要となります。

この“キーワード選定”について詳しくは、こちらの「キーワード選定方法と選ぶコツについて」や「キーワードの”ずらし”を意識して効率良く集客する方法」もぜひご覧ください。

キーワードから検索意図を考える

上記のように、どういったキーワードで検索されたいのかを選んだ後は、なぜユーザーはそのキーワードで検索したのか?検索意図をよく調べる必要があります。

ここが合致しなければ検索順位が付くこともありませんし、仮に順位が付いたとしても検索ユーザーが欲しい情報・コンテンツがない…と察してしまえばスクロールして読み進めることなく直帰されてしまい、他の競合ページへと遷移していくことでしょう。

つまりブログを書く前にはしっかりとキーワード選定と検索意図を調査しておくことが重要となり、検索意図をコンテンツ化することが何よりも大切な考えとなるわけです。

そしてある程度の検索意図なら、実際に検索してみた結果のコンテンツをしっかりと読み込むことで傾向を把握することができるはずですので、あとはご自身なりの見解や今までの実体験からの感想や助言などをオリジナルコンテンツとして競合と差別化を図ることが大切です。

ということはブログを書く全体の時間を考慮すると…事前調査が多くを占めます。ここを徹底することで、あとはそのキーワードで検索してきたユーザーへ、丁寧に役立つ情報を教えてあげるつもりでコンテンツを充実させて構築していきます。

ここではじめて“ブログの書き方”としての知識が必要となるため、闇雲に文字を書くことだけを考えるのではなく、正しい手順を踏まえた上で書くクセをつけるようにしましょう。

記事の内容を調べながら書いてしまうと、どうしても似たような内容にもなりかねません。最悪の場合コピーコンテンツとも見られてしまう可能性もありますので、ブログを書くということはひとつのコンテンツを作るということでもあるので、しっかりと人に見せることのできるクオリティが求められるというわけです。
この“検索意図”について詳しくは、こちらの「検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について」もぜひご覧ください。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

段落・見出し(hタグ)から構想を練る

では実際にブログ記事を書くに当たっての方法やポイントをご説明していきたいと思います。

これは、どういった順番で説明していくと理解しやすいのか?といったユーザーにとってわかりやすい道筋を立ててひとつのブログの構造をイメージして作ります。

先ほどどういった内容で記事を書くのか?テーマとなるキーワードを選定したかと思いますが、何も考えずに最初から書きはじめてしまうと、以下のような点に悩んでしまい、ひとつのブログ記事を書き上げるまでに相当時間がかかってしまう場合があります。

  • うまくまとまらない
  • 話が脱線してしまう
  • 次に何を書いていいのか手が止まってしまう

これは、書く内容のキーワード(テーマ)を決めたものの、ブログ記事としての構想をしっかりと練っていないことが原因であって、これを回避するためには…ユーザーが知りたい内容や伝えたい内容をある程度の段落ブロックとしてまとめ、それぞれ見出しを付けておく作業を先に行います。

そもそもブログ記事は長いものになると1万文字を超えるかなりのボリュームとなることも少なくありません。
そういった時こそ、しっかりと見出しを付け、何を伝えたいのか?事前に見出しだけでも設計しておくと話自体ブレることもないでしょうし、次に何を書けばいいのか?迷うこともなくなるため、時間短縮にも繋がるというわけです。

そしてこの見出しをつける考え方以外にも、ひとつのブログを構築する際には「導入文」・「本文」・「まとめ」といったそれぞれ大まかな目的の異なる要素に分けて考えることができます。

「導入文」の書き方

まずはページを開いた時にぱっと目に入るh1タグによる見出し(タイトル)付きの導入文です。

ファーストビューと呼ばれる最初に開いて表示される領域内で、どれだけ検索ユーザーの気を引くことができるのか?といったことも重要となり、当然アイキャッチといったイメージ画像も配置するようにしましょう。これによってあなたのブログ記事が強烈に印象づけられる可能性もあり、再訪問のきっかけにもなり得るかもしれません。

そしてここでは記事の“結果”となる内容を端的かつ魅力的に伝えるのはもちろん、誇張しすぎることなく訪れたユーザーが自分の悩みを解決してくれることに期待できる内容が望ましいため、あまりにも長いタイトルではなかなか読み進めてくれるとは思えません。

“結果”を最初に?と思うかもしれませんが、ユーザーは自分が求めている“答え”が書いてあるかどうかわからない文章を事細かく最後まで読まないため、最初に“結果”を伝え、それを理由付けて説明していく…といった文章構成によってユーザーを惹きつけることが大切です。(起承転結ではなく、結起承転結ということですね。)

そのためこういった記事タイトルは検索キーワードを含み、端的に内容を表現することが理想となります。

また、冒頭でもご説明した通り、検索ユーザーが望んでいた内容がしっかりと書かれていることを理解してもらうためにも、ブログ記事全体の要約を記載しておくことも大切で、“答え”となる内容にもよりますが、“です・ます調”や“だ・である調”など、ある程度言い回しなどを統一しておくことも読みやすさや説得力にも影響するため、あらかじめターゲットに合わせた口調に合わせておいた方が良いでしょう。

ちなみに最近ではよく導入文にいくつかの会話形式から本文へと入っていく記事をよく見かけますが、本来ユーザーは“答え”を早めに知りたいと思っているため少しでもダラダラとした会話が続くようではむしろ逆効果となってしまい、一瞬でブラウザバックしてしまうでしょう。(あくまで自然に・適度にが肝心です。)
場合によってはヒートマップを導入してユーザーの動きをチェックしてみるのも良いでしょう。
\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

「本文」の書き方

次に最も重要となる本文です。
上記でご説明した導入文やタイトルをほぼ一瞬のうちに読み進めるかどうかを判断し、目的のコンテンツがあると感じ取った検索ユーザーは、そのままスクロールしてくれるでしょう。

ここからは、先ほどもご説明した通りいくつかのブロックごとに見出しをつけるわけですが、h2から必要であればh6まで(h1は1ページにひとつなため。)を使用して、内容をよく考えた上で雑誌などで見かける目次のように入れ子にしてブログ内容を精査・構築していきます。
※h1以外は複数使用しても良く、必ずしもh6まで使用する必要はありません。

また、ここでのポイントとして…見出しは多ければ良いというものではなく冒頭で伝えた“答え”となる内容をかみ砕いて説明していくため、見出しの文字数や内容も適宜ユーザーにとって伝わりやすさを優先させることが望ましく、見出しがあるということはそれなりのコンテンツも必要となるということです。

そして何よりユーザーに役立つわかりやすい丁寧な記事を心がけることが重要で、信憑性を担保するという意味では、場合によっては引用タグによって参考となる記事を一部抜粋し、ご自身なりの見解を述べ、オリジナリティを展開するといったコンテンツ作りも必要となります。

それ以外にも“共起語”などを用いてわかりやすい伝え方を意識すると表現力も広がりますが、共起語を使うことそのものが重要というわけではなく、あくまで丁寧な説明によってユーザーにとって役立つコンテンツを作ることが重要ということです。

ちなみにこの見出しがそのまま目次として配置されるテンプレート(プラグイン)が最近では多く見受けられ、閲覧ユーザーの利便性を考慮してもこういった目次はあった方が目的のコンテンツを探しやすいといった利点もあるため見出しもダラダラと書くのではなくそこに書かれてあるコンテンツを要約し、キーワードを含む簡潔な内容にする必要があります。

ただし、よく見出しにキーワードを入れることがSEO上有利といった記事も見かけますが、最近のGoogleはそういったキーワード出現率や重要となる見出しタグに入っているキーワードといった要因だけで検索順位を付けてはいません。

そのため無理にキーワードを詰め込むのではなく、検索ユーザーに対してしっかりと答えてあげられる内容を最優先して、適宜必要であればキーワードを入れるべきですし、そういった役立つコンテンツ・ブログを念頭に置くことが何よりも重要です。

つまり以下のようにブログの書き方をある程度「型」に収めるように道筋を作り、話が飛ぶことなくユーザーに伝わりやすい丁寧な構造を最初のうちにしっかりと設計しておくとスムーズにブログが書けるかと思われます。

ここでのポイントとしてはユーザーにわかりやすく伝えるために必要なテンポの良い読ませ具合です。
そのため適度な所での改行や段落の区切りはもちろん、一度書き上げたブログ記事を何度も推敲(すいこう)することも大切ですし、ひらがな・漢字の比率にも気を使うと読みやすくなるはずですので、まずは書くことに慣れるためにもそれ以上に多くの記事を読み、なぜ読みやすいのか?といった疑問を持つことも非常に重要な考え方となります。

「まとめ」の書き方

続いて、最後の“まとめ”の部分についてです。
こちらはこれまで説明してきた結果を元にした理由などを総評し、簡潔にまとめることが大切です。

そのため、もしこちらに長文を書いてしまえば…せっかくの“まとめ”にもなりませんし、第一ここまで読んでくれたユーザーにとって頭に入ってこない可能性すら考えられます。

他にも、この“まとめ”では「CTA(コールトゥアクション)」と呼ばれる記事コンテンツを通して最後に行動してほしい内容へ繋げることも考慮したブログの終わり方なんかも意識してみても良いかもしれません。

この“CTA”について詳しくは、こちらの「CTA(Call To Action)の意味を理解してページの効果を上げる方法」もぜひご覧ください。

読みやすさを考慮する方法

以上が“ブログの書き方”としての基本的な考え方となるわけですが、さらに一工夫を加えることで、ブログ記事をぐっと読みやすくすることも可能です。

例えば、最初から最後まで文字がびっしりと並んでいると窮屈に感じるのは当然で、最後まで読み進めること自体かなり困難であることはおわかりいただけるかと思います。

そのため、ひとつのテーマ(キーワード)を伝えるために内容をかみ砕き、各ブロックとそれに伴う見出しを付けてあげるわけです。

そして部分的には文章を読むよりもリスト化したり、表(テーブル)を用いて比較を見やすくするなどの配慮によって閲覧ユーザーがストレスなく読み進めてくれる要因にもなりますので、ブログ記事を書き上げた後は、何度も推敲することによって、できるだけシンプルにできないかどうか?といったユーザーに読ませる…というより見て理解させる工夫なども考えてみましょう。

\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

リスト化する

まずは上記でもご説明した通り“リスト化”できるところは箇条書きとしてはじめに提示し、それを後ほど詳しい説明へと進んでいった方が閲覧ユーザーとしては部分的に集中することにもなり、理解しやすくもなるでしょう。

そしてこの場合のリストは、主に箇条書きで十分であって、場合によっては数字としてのリスト化にすることで、工程や重要な要素などをうまく伝えることにもなります。

例えば…この“ブログの書き方”を箇条書きにするとしたら、以下のようなリストになります。

  1. キーワード選定を行う
  2. 検索意図をしっかりと調査する
  3. 見出し単位でブログ記事の構成を寝る
  4. タイトル・導入文を作り込む
  5. 本文を作り込む
  6. まとめる
  7. 何度も推敲することによって読みやすさを上げる

このように箇条書きにるすことによって、閲覧ユーザーに対して目を惹かせることにもなりますし、そものそもそこに重要な内容が書かれているのでは?という認識をもって読み進めてくれることにもなるため、部分的に効果的と言える見せ方と言えるでしょう。

体言止めをうまく利用する

ブログを書いていると、“~です。”や“~ます。”といった同じ文末で文章を終わらせてしまっている行が続いてしまう場合があります。

こういった同じ文末が続いたコンテンツは思った以上に読みにくく、書き手側からの一方的な説明口調となってしまうため、読み手にとっても内容を理解しにくくなってしまいます。

そこで、文末には様々なバリエーションを加えるのと同時に、特に重要な箇所を適宜考慮した上で名詞や代名詞で文章を終わらせる“体言止め”をうまく利用すると良いでしょう。

ただし、体言止めを多く使用するのであれば、上記でご説明したリスト化してしまった方が良い場合もあり、それを説明・補足してあげると、ぱっと見のわかりやすさはもちろん、読みやすい体裁にも繋がるはずです。

そうすることで、部分的に強く印象付けることもでき、文章にもリズム感が生まれ、ぐっと読みやすさが改善されると思われます。(※使いすぎは逆効果となるので注意です。)

この“体言止め”の使い方や注意点について詳しくは、こちらの体言止めの効果的な使い方と注意ポイントについて」もぜひご覧ください。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

表にまとめる

続いては、なんらかの商品などの比較やランキングを表現する際に表(テーブル)を利用するという点です。

これは文章でその違いや比較を説明するよりもわかりやすさといった意味では一目瞭然ですので、積極的に利用していきたい要素のひとつです。

このようにテーブルとして表にまとめるということは、ユーザーの利便性にも繋がるため、長い目で見た際に検索順位にも良い影響を及ぼす可能性もあり、現在上位表示されているページを参考にしてみると、こういったリストや表をうまく活用して内容をうまく表現しているページが数多く存在していることに気付くかと思われます。

ただしスマホでの表示では横スクロールといったユーザーに対してかなりの不便さを与えてしまう可能性もあるため、cssでの組み替えや、そもそも横に長くならないような工夫なども必要です。

画像を使用する

こちらもわかりやすいブログ記事を書くためには必要不可欠となる要素のひとつで、冒頭のアイキャッチとなるイメージ画像だけでなく、場合によっては画像付きでなければ詳しく説明することができない内容だったり、イラストによるフローチャートなどを設置することで一気に理解が深まることにも繋がるでしょう。

ここでの注意点としては、最近ではスマホでの閲覧数も非常に多いため、jpg・gif・pngといった目的にあった書き出しファイルを用いて適切な圧縮によって、無駄な読み込み時間によるストレスを与えないことです。

以下、簡単にそれぞれのファイル形式を使うべき用途についてまとめておきます。

  • jpg…主に写真を扱う場合(ノイズなど見た目を考慮した上での圧縮が必要)
  • gif…主にイラストなど扱う色のデータが少ない場合(場合によっては写真でも十分な場合もあり)
  • png…Webデザインを表現豊かにするために一部背景を透過にして使用する場合

以上のことから、通常は適切なサイズにリサイズし、必要あれば色補正を行い、見た目に支障が出ない程度に圧縮するといった方法で、“jpg”か“gif”のどちらかで十分です。

必要のないpng形式でわざわざ重たい画像を閲覧ユーザーに読み込ませるよりも、快適にブログを読んでもらうためにファイル形式による違いを簡単に覚えておくと良いでしょう。

WordPressに関する基本的SEOをチェックする

また、こういったブログの書き方をより効果的にするためにも、ある程度SEOは施されていると冒頭でご説明しましたが、WordPressの基本設定などを一度見直してみるのも良いでしょう。

最近の検索順位はコンテンツ重視とは言え、ブログの書き方だけでランキングされているわけではないため、少しでも効果的な記事を投稿し、集客数の機会損失を防ぐためもこういったSEOの基本となる知識もある程度必要になります。

この“WordPressのSEO”について詳しくは、こちらの「WordPressのSEO強化に重要な設定リスト」もぜひご覧ください。

まとめ

今回は、効果的な“ブログの書き方”について詳しくご説明しました。
上記のように、ブログを書くにはまず事前準備・調査が必要となり、ある程度書いているうちに書きやすい“型”が見つかるはずです。

そのため書いて慣れるのはもちろん、今回のような枠を意識した上で検索キーワードに対する“答え”をいかにわかりやすくかみ砕いて説明するのか?といったことをよく考えた上で段落を構想してみると良いでしょう。

そしてそれぞれ適切な見出しをつけることによって、ブログを書いているうちに伝えるものが変わっている…といった状況を回避することができ、閲覧ユーザーにとってもわかりやすいブログとなるはずです。

「キーワードファインダー」

コンテンツの作成や改善でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、上位表示されているページ・評価される傾向の文字数や共起語、見出し(h1~3)を抽出し、検索順位を上げるために重要なチェックを簡単に行うことが可能!

もちろん関連語など自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位・検索数も取得します。
この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒