キーワードファインダーSEOブログ

キーワードの“ずらし”を意識して効率良く集客する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キーワードの“ずらし”を意識して効率良く集客する方法

検索キーワードの“ずらし”という考え方がキーワード選定には必要な場合があります。

これはどういうことかと言うと…例えば競合が強いキーワードの場合、真っ向から勝負するのではなく、検索ユーザーの検索意図を先回りしてよく考えて、他に検索しそうなキーワードがないか?比較的上位表示することが簡単なキーワードを狙うというものです。

もちろん質の高いコンテンツを作り、関連するキーワードで別ページでも質の高いコンテンツを作り、それらを内部リンクによって構築することによって専門性も高まれば上位表示も見込めます。

しかし、競合が強い場合はもちろん、他にもサイト・ブログを立ち上げて間もない時期や初心者の方だと、なかなか自然検索からの流入も見込めません。

そのため、そういった強いキーワードにわざわざ勝負しなくとも、キーワードの“ずらし”という、キーワードの選定時にちょっとしたコツを加えることで自然検索からの流入が期待できるというわけです。基本はロングテールSEOということです。

では、今回はこのキーワード選定に“ずらし”といったひと工夫することで、上位表示を目指す方法についてご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

キーワードの“ずらし”とは

キーワードを“ずらす”ということは、ユーザーの求めているものは同じにしても、検索キーワードがひとつとは限らないという点に着目して、競合の少ないブルーオーシャンでキーワードを対策し、検索数自体は少なくとも確実に購入ユーザーを集客するといったアフィリエイトにも多く見られる手法のひとつです。

つまり、アクセス数はそこまで期待できるものではないため、単価の大きな案件を扱う場合などに効果的と言えるでしょう。

最近の検索順位で、いわゆる“儲かるキーワード”は競合やライバルも非常に強く、そう簡単には上位表示させることができません。

特に最近は、ジャンルによってはE-A-T(専門性・権威性・信頼性)といったものも必要となるため、上位表示させるためには非常に時間とコストがかかるキーワードも多いため、こういったキーワードの“ずらし”といった発想が重要となるわけです。
また、基本的な“集客”について詳しくは、こちらの「集客で理解しておくべき重要点と方法について」もぜひご覧ください。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

キーワード選定が重要

上記のように、上表示させるためには基本的には“キーワード選定”が重要です。
それもキーワードと内容となるコンテンツを合致させていることが大前提となり、それが検索クエリにも合致することで上位表示させることができます。

もし、「中古車業」をはじめるのに「中古車」の単ワードで上位を狙いませんよね?しかし、こういったユーザーをターゲットに集客したいものです。
そこで、この場合“中古車”に関する悩みで対策して集客するわけです。

例えば「事故車 買取」や「中古キャンピングカー 選び方」など、“中古車”という強いキーワードを敢えて“ずらし”、ピンポイントでニーズに訴求することによって、集客の数自体は期待できないにせよ、コンバージョンにもっとも近いと思われるユーザーをうまく集客することができるというものです。

とは言え、どちらにしてもライバルは存在するため、キーワードをしっかりと考えてコンテンツを作り込むことが重要となるわけですが、上位表示のしやすさといった意味では効果的と言えるでしょう。

\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

重複コンテンツに注意

このキーワードの“ずらし”は、集客するための対策キーワードは異なるものの、答えとなるコンテンツ自体は同じものになる場合があります。

そのため、重複コンテンツになりやすいといった注意点があります。
これを回避するためにも、上記のキーワード選定はもちろん、違った切り口でコンテンツを作成する必要があります。

対策キーワードで思うように順位が付かない場合、“site:(ドメイン)(半角スペース)(キーワード)”で検索してみて、サイト内に重複しているページがないかチェックしてみると良いでしょう。

ロングテールキーワードで対策する

例えば…サプリ名など商標キーワードの場合、当然狙ってくる競合も非常に多く、コンテンツもしっかりと作り込まれているページばかりです。

そこで、このキーワードを“ずらす”には、あえて商標単ワードで対策するのではなく、そのキーワードを検索しそうなユーザーが同じく検索しそうなキーワードを探すわけです。

ということは、“効能”や“効果”、それ以外にもそれを服用したことによってどうなりたいのか?といったベネフィットを含めた2~3語の複合キーワードで集客してコンバージョンへと繋げると流れも自然ですよね?

  • 「〇〇サプリ(商標) 効果」:競合が当然強い
  • 「〇〇サプリ(商標) 効能 女性」:上位表示の可能性がまだある

この場合、様々なロングテールを対策して内部リンクによる強固なコンテンツを作ることができれば、後にビッグキーワードでも上位に表示される可能性が高まってきます。

このロングテールSEOについて詳しくは、こちらの「ロングテールSEOとは?メリットとやり方・方法について」もぜひご覧ください。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

言い回しを変えてみる

次に、意味は同じでも言い回しを変えてみるというものです。
要はキーワードの“ずらし”ということになるわけですが、例えば…

  • “SEO対策”⇒“順位 上げる 方法”
  • “ダイエット”⇒“適正体重 年別”

といった、ユーザーが求めるコンテンツは同じものでも検索するキーワードを少し変えてあげることで、劇的に上位表示する可能性が高まるというわけです。

この場合、“ダイエット”だとすでに顕在化している状態と言えます。
一方で“適正体重 年別”で検索している場合だと、薄々気付いてはいるもののまだ潜在層にも近いユーザーと言えます。

このように、カスタマージャーニーマップのセグメントごとによってユーザーの検索キーワードは最終的目的は同じでも少しずつ異なります。
ここをうまく集客するということです。

これはあくまで例ですが、上記のキーワードを“allintitle”で検索してみると…ご覧のように「適正体重 年別」というキーワードで対策しているページはひとつもないことがわかります。(検索需要があるかどうかは別として)

このキーワードで検索するユーザーがいたとしたら、少なくとも集客に繋がり、楽にコンバージョンに近いユーザーを獲得できるというわけです。

この“allintitle”は、そのキーワードを全てページタイトルに含んだページがどれくらいあるのか?を調べるものです。
他にも“intitle”といった、複数入力したキーワードのうちひとつでも含まれるページがどれくらいあるのか?といった検索方法もあります。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

類義語や同義語で対策する

上記の言い方を変える以外にも、類義語や同義語といった意味は同じでも異なるキーワードで検索するユーザーもいるため、そういったキーワードを拾う方法です。

例えば、“安い”という言葉は…格安、安価、激安といった同じ意味でも複数存在します。
検索結果によっては、こういった少しの“ずらし”で検索順位が違ってきます。

他にも、“可愛い”という言葉なら…素敵、可愛らしい、オシャレといったキーワードも考えられ、さらにトレンドブログを運営している場合なら、芸能人の本名やあだ名の違いなんかも狙いどころと言えるでしょう。

まとめ

今回は、キーワードの“ずらし”といった競合をうまく避けて購入ユーザーを集客する考え方についてご説明しました。

このように、検索ユーザーの意図をよく考えてキーワードを選び、質の高いコンテンツを作ることが比較的強いキーワードでも勝つ秘訣となります。

ただ、こういったキーワードをご自身で見つけるというのは意外と大変な作業となり、思った以上に時間もかかってしまいます。

しかし、関連キーワードを含め、サイトに関連する様々なキーワードを自動で収集する“キーワードファインダー”といったツールを利用することで作業効率は格段にアップします。

キーワード選定はサイトを資産化させる第一歩です。
ここを怠ることなくサイトを効率良く成長させましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒