キーワードファインダーSEOブログ

サイトマップを設置する理由とSEO効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サイトマップを設置する理由とSEO効果について

サイト内のページを一覧表示して、ユーザーにわかりやすい誘導を促す“サイトマップ”を設置していますか?

このサイトマップには大きく分けて2種類のものがあり、サイト内に設置して目的のページを見つけやすくするためのhtml(php)などのページの他にも、検索エンジンのクローラーに対してサイト内のページをヒントのようにして正しく伝え、それによってクローラビリティにも効果的なxml形式のサイトマップがあります。

もちろん、このサイトマップを設置することで上位表示させることができるわけではありませんが、新規記事の投稿やリライトによる更新情報といった内容をインデックスに素早く反映させることにも繋がるでしょう。

さらに、クローラビリティを改善するということは、評価も目に見えて早くなるため、順位が思うように上昇しない場合のリライトをするべきかどうか?といった判断もしやすくなりますよね?

そのため、ユーザビリティ・クローラビリティともに考慮した上でこのふたつのサイトマップを正しく設置しておくことが理想で、ページが増えたタイミングでそれぞれのファイルも更新しておく必要があります。

では今回は、この検索ユーザー・検索エンジンにサイト内をわかりやすく案内する“サイトマップ”の役割やSEO効果について、詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

サイトマップとは?

サイトマップとは、文字通りサイト内にどういったページが存在するのか?といった検索ユーザー・クローラーに対してサイト構造をわかりやすく伝えるためのもので、そこに付随して内部リンクといった意味からクローラーにも効果的なページとなります。

そして、直接的にSEOの効果が見られるというわけではないため、どちらかと言うとそこまで重要視されていないという方も多いのではないでしょうか?
※WordPressのテーマでもデフォルトでは実装されていないものも多いようです。

しかし、このサイトマップにはクローラビリティの最適化にも役立つ効果もあり、間接的ではありますが、SEOにも十分効果的と言える対策のひとつと言えます。

また、このサイトマップには先ほどもご説明した通り検索ユーザーに向けてのものと、サイト内を巡回するクローラーに対する2種類のサイトマップがあり、どちらとも記事を新たに更新した際、サイトマップにそのurlを追加する必要があるため自動化させておくと便利です。

では、そのサイトマップ2種類を順にご説明していきます。

基本的なSEO対策の方法について詳しくは、こちらの「SEO対策とは?順位上昇に必要な要点まとめ」もぜひご覧ください。

HTMLサイトマップ(検索ユーザー向け)

まず、多くのサイト・ブログで見かけることの多い検索ユーザーに対するサイトマップは、比較的ページ数が多くなるに連れて必須とも言えるページのひとつです。

というのも、大規模なサイトになればなるほどページ数も当然多く、ユーザーが知りたい目的となるページを公開中のページに設置しているテキストリンクやカテゴリを辿るだけでは手間になってしまうからであって、ユーザビリティを考慮した上でわかりやすい場所にサイトマップページへのリンクを設置することが重要と言えます。

特にスマホの場合は情報を表示する領域が限られてきますから、こういったページ一覧を簡潔にまとめられているサイトマップは重宝されるサイトもあるのではないでしょうか?

そのため、HTMLサイトマップは検索ユーザーがランディングしたページからさらに違うページを見たいと思った時に役立つページであり、子カテゴリなどあればリストを入れ子にして、階層が深くなったとしてもインデントなどによって見やすく整理することが検索ユーザーにとっても利便性の高いサイトマップであることと思われます。

また、複数のカテゴリに属するページだと検索ユーザーもサイト内で迷ってしまうため、こういった点からもブログのカテゴライズが重要だということがわかるかと思います。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

HTMLサイトマップの効果について

次に、このHTMLサイトマップの効果についてですが、こちらはサイト内への記事全てを記載したテキストリンクが並んでいるため、当然内部リンクにもなります。

そして、この場合何がメリット・効果的なのかというと…検索ユーザーがサイト内で迷わないということが挙げられますが、他にもクローラーが巡回するということが言えます。

クローラーは、こういったリンクを辿ってサイト内をクロールしていくため、重要なページはもちろん、内部リンクが集まっていない・クローラーがなかなか巡回しないといったページにも効果的と言えます。

もちろん、このサイトマップを設置したからといって順位が上がるというわけではありませんが、ユーザーの検索意図に沿った質の高いコンテンツなら正しくクローラーにその内容を理解してもらうべきであって、評価されるまでの時間が短縮されるという意味でもあり、ユーザビリティだけでなくスムーズなクロールを促すということにも繋がります。

この内部リンクについて詳しくは、こちらの「内部リンクとは?SEOに効果的な設置方法について」もぜひご覧ください。

HTMLサイトマップの作り方

この検索ユーザーに向けたサイトマップは、通常のテキストリンクを用いてリスト状に掲載して一覧をまとめて表示します。

あくまでHTMLサイトマップに関しては検索ユーザーに向けてのページなので、特別なタグを使用するなどの条件はありません。

また、WordPressをご利用の場合だと“PS Auto Sitemap”といったHTMLサイトマップを自動で作り、新規投稿した場合でも自動でページが追加更新されるといった非常に便利なプラグインも公開されているため、そちらを利用してみても良いかもしれません。

ここでは詳しい使い方までは割愛しますが、固定ページにサイトマップを生成する専用タグを貼り付け、プラグインの管理画面でその固定ページのIDを指定する(サイトマップを表示するページの指定)だけの簡単設定で自動サイトマップページを生成することができます。

\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

XMLサイトマップ(検索エンジン向け)

では、次にクローラーに対してサイト内のページを伝えるXMLサイトマップについてご説明していきたいと思います。

このXMLサイトマップは、サーバーのトップディレクトリにアップしておき、クローラーが読み取るものなので通常のWebページには表示されません。

また、ファイル名はよく“sitemap”と表記されているものが多いようですが、特に決まりはありません。

そのため、わかりやすく“sitemap”といったファイル名のままでも問題ないかと思われますが、トップディレクトリに置くといったルールがあることから、それによって誰でも確認できるファイルでもあるため、何か特別な理由があれば異なるファイル名にしておくと良いでしょう。

\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

XMLサイトマップの効果について

そして、このXMLサイトマップの効果としては、先ほどのHTMLサイトマップにもあったように、検索エンジンのクローラーがサイト内を巡回する際にヒントとするもので、クロールした際に新しい情報があればすぐにインデックスされることにもなります。

それ以外にも、例えばどこからもリンクされていない孤立したページがあった場合、サイトマップを参考にサイトを巡回することで、検索エンジンがそういったページもしっかりと認識することができます。

つまり、クロールの最適化といったクローラビリティに効果的なファイルとなるわけで、全ページのurlを記載する必要もなく、クロールの必要がないページに関してはむしろ書かない方がクロールの最適化という意味では効果的と言えます。

ちなみに、このサイトマップは強制力の強いものではありませんので、本当にクロールが必要のないページに関しては“noindex”や“robots.txt”も併用してクロールの動きを制御すると良いでしょう。

この“robots.txt”の記述方法や“クローラー”などについて詳しくは、こちらの「robots.txtとは?記述方法と効果について」や「クローラーを制御してクローラビリティを最適化する方法」もぜひご覧ください。

XMLサイトマップの作り方

続いて、このXMLサイトマップの作り方についてですが、こちらは書き方に若干のルールがあります。

サーチコンソールのヘルプページにも“標準のサイトマップ プロトコル(sitemaps.org – プロトコル)”を使用してくださいとの記載があるように、下記のように1ページのurl・更新日時を<url>で囲み記述していきます。
※このうち、urlset・url・locに関しては必須の項目となります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"> 
  <url>
    <loc>http://www.example.com/foo.html</loc>
    <lastmod>2018-06-04</lastmod>
  </url>
</urlset>

また、このサイトマップを自動で生成してくれる“sitemap.xml Editor”といったWebサービスもあり、以下のようないくつかの項目(任意)を選択するだけで、ご自身のサイトマップを簡単に作ることも可能です。

  • 最終更新日(lastmod)
  • サイトの更新頻度(changefreq)
  • 優先度(priority)
  • 除外ディレクトリ
  • 同一タイトルURLの除外

ただし、手動で作成する場合や、“sitemap.xml Editor”を利用しても自動更新されるわけではないので、新たに記事を公開した際に同じくサイトマップも手動で更新する必要があります。

そのため、強制力はないものの、クローラーの動きを制御・最適化させるためにも最新の状態にしておきたいファイルということもあって、WordPressをご利用の際は、“Google XML Sitemaps”といったプラグインを利用することによって、自動生成・自動更新を行うことができるので、ぜひ利用してみてください。

そして、このファイルをサーバーのトップディレクトリにアップしておき、サーチコンソールのヘルプにもあるように“robots.txt”にサイトマップのパスを記述する、またはサーチコンソールからサイトマップの送信を行う必要があります。要は検索エンジンにサイトマップの有無を伝える必要があるわけです。

サイトマップを Google が使用できるようにするには、サイトマップを robots.txt ファイルに追加するか、Search Console に直接送信します。

このサイトマップがなぜトップディレクトリに置く必要があるのかというと…先ほどの「サイトマップの XML 形式:サイトマップ ファイルの場所」を参考にすると、サイトマップを置く場所によって含めることができるurlが異なるためであって、トップ以下の階層に置いた場合だとトップディレクトリのurlを含めることができなくなってしまうということです。

まとめ

今回は、検索ユーザー・検索エンジンともにサイト内のページをわかりやすく伝え、サイト内の誘導を促す“サイトマップ”についてご説明しました。

このように、ユーザーに対するわかりやすいサイト構造を伝えることも重要ですが、検索エンジンにもサイトに存在するページの一覧をわかりやすく伝えることも、クロールを最適化させるといった意味で重要視しておきたい対策のひとつです。

サイトマップは直接的に順位が上昇するというようなものではありませんが、クロールの最適化とユーザーに対する利便性の高いサイト作りを心がけることが後々の上位表示にも繋がる考え方となるため、ぜひ設置しておきましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒