キーワードファインダーSEOブログ

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いは?成功へ導く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


近年「オウンドメディア」という言葉をよく耳にしますが、「オウンドメディア」とは自社で所有する(Owned=オウンド)メディアのことをいい、所有しているメディアなので自由に発信することができます。メディアには3種類あり、お金を支払って発信する広告ペイド(Paid)メディア、すでに獲得したファン層に向けて発信するアーンド(Earned)メディアがあり、まとめてトリプルメディアといいます。コンテンツマーケティングと混合しやすいですが、コンテンツマーケティングは有益な情報を発信しユーザーを獲得するというマーケティングの手法であり、獲得したユーザーは自社で発信するオウンドメディアへとつながります。

今さら聞けない!オウンドメディアと成功に導く方法

みなさんは「オウンドメディア」とはどういったものかご存知でしょうか?
「なんとなく聞いたことがあるというほどで実際はどういったメディアなのかよく分からない。」という方が多いのではないでしょうか?

今回は、「オウンドメディア」について改めて解説していきたいと思います。

オウンドメディアとは?

Owned(=所有)メディアとは、企業や組織が独自に所有しているメディア、チャンネルのことをいいます。自分たちが所有しているメディアを介して自由に発信できるメディアです。

オウンドメディアの利点

自分たちが所有しているメディアですので、自由に発信、内容を制御することが可能です。

オウンドメディアは誰を対象としている?

見込み顧客(購入する可能性のある顧客)を対象に自社コンテンツを提供します。

メディアには3つの種類が存在する

トリプルメディア

メディアには代表的な3種類のメディアが存在し、これらをまとめてトリプルメディアといいます。以下メディアは発信するターゲット、メリット、発信方法などそれぞれ異なります。

1.ペイドメディア(Paid Media)

Paid(=有料)メディア、つまり広告メディアを表します。
有名どころのメディアに広告料などを支払い、多くの潜在顧客に自社情報や製品を発信するメディアのことをいいます。
しかし、この場合、他の有料メディアにお金を支払い発信させてもらう為、メディアにより、コンテンツや配信時間、回数などに制限が設けられ、時には技術的な要件も発生します。

例)TV,ラジオ、広告

2.オウンドメディア(Owned Media)

Owned(=所有)メディアとは、自社で所有するメディア、チャンネルを介して自由に発信できるメディアです。
自分たちが所有しているメディアですので、自由に発信、内容を制御することが可能です。

例)Webサイト(自社)、ブログ、E-mail(メルマガ)など

3.アーンドメディア(Earned Media)

Earned(=獲得)メディアとは、すでに自社の製品を購入・リピート利用してくれている獲得顧客やファンに対しさらに繋がりを深めるために発信していくメディアのことをいいます。

例)Facebook,Twitter,YouTube

各メディアと対象ユーザーの深さの関係

トリプルメディア各メディアの対象顧客との深さ

1.ペイドメディア(Paid Media)

対象:潜在顧客

多くの潜在顧客(必要だと気づけば買ってくれそう)なユーザーに対して、ユーザーが自社の商品やサービスに興味を引くような広告やLPで見込み客へと誘導します。

2.オウンドメディア(Owned Media)

対象:見込顧客

すでに自社の商品に興味のある見込み顧客を対象に購入・ファンへつなげる為、コンテンツや情報をメルマガや自社サイトで発信していきます。

3.アーンドメディア(Earned Media)

対象:顧客、ファン

すでに自社の商品やサービスを導入している既存顧客に対し、ますます、自社やサービス、商品を好きになってもらう為の情報をSNS(FacebookやTwitterなど)で発信していきます。

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違い

「オウンドメディア」と同じく話題になるのが「コンテンツマーケティング」です。同じような意味じゃないの?と思っている方も多いかと思いますので、違いをまとめてみました

コンテンツマーケティングとは

有益な情報、説得力のあるコンテンツを制作・発信することで、ユーザーに信頼され、自分たちのサービスや商品を促進するマーケティングの手法です。

コンテンツマーケティングは手法の1つでありオウンドメディアにつながる

コンテンツマーケティングはユーザーにとって有益な情報を提供する手法であり、この手法により、たくさんのユーザーからのアクセスや、共感・信頼を獲得することで、サイトのブランディングが確立し、自社でユーザーに情報を発信できるオウンドメディアへとつながります。

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの歴史

2015年ごろから広まった

Googleトレンドで「オウンドメディア」「コンテンツマーケティング」を見てみると、2013年ごろからじわじわと広がり、2015年ごろに大きく広まったという印象です。

なぜ広まったのか?

ユーザーがあからさまな広告にうんざりしていた

【世界的なweb広告ブロックAdBlockの普及率】

Ad blockの普及率グラフ

web上の広告をブロックするAdBlockの世界的な普及率がこちらも「オウンドメディア」という言葉が広まった時期と同じ2013年あたりからじわじわと普及してきました。

つまり、我々企業側は単純な広告ではなく、別な方法でユーザーにアプローチする必要性が生まれたということです。

オウンドメディアを成功へと導く手順

オウンドメディアをスムーズに進める為の手順をまとめました。見込み客を集める為のコンテンツ制作時にも一度参考にしてみてください。

1.目標を設定する

どんなwebマーケティングを行う前にも、必ず
「今回の施策を行う最終的な目的は何か?」を明確にしておくことが必要となります。
一見、簡単なことのように聞こえますが、実は多くの人がこの重要なステップを見逃しています。あなたがこの施策に時間、お金、努力を費やすことになるので、あなたは達成したいものをきちんと確立させておく必要があります。

「あなたのサイトへのトラフィックをどれくらい増やしたいのか?」
「あなたのブランドをどれくらい認知、確立させたいのか?」
「どれくらい、もっと売りたいのか?」
最初から明確な目標を設定することで、結果をより正確に測定、施策に取り組めます。


2.ターゲットを決めて分析する

ターゲットとなる見込み客を決めます。
これは過去に自社のサービスや製品を購入した顧客データはもちろん、将来顧客となるユーザーがどんな話題に興味があるのかを分析します。


3.コンテンツ構成とキーワードを決める

ターゲットが興味のありそうなコンテンツ内容とSEO的に対策し易いコンテンツキーワードを決めます。

【キーワード選びの重要性】

多くのターゲットに自分たちのコンテンツを発見してもらう為

単純にターゲットが興味のあるトピックスでコンテンツを制作するだけでは、自己満で終わってしまいます。具体的なキーワードを決めることで、流入数を増やし、検索結果の上位に表示させやすくする対策が必要だからです。

仮にターゲットユーザーが興味のある話題をコンテンツに詰め込んだとしても、実際に検索されないキーワードや話題であったり、検索結果に表示されない限り、ターゲットユーザーに自分たちのメディアを見てもらえず、終わってしまうことがあります。

方法1【KEYWOR FINDER】おすすめキーワードを見つける

https://keywordfinder.jp/ ターゲットが興味のありそうな話題、SEO対策しやすいおすすめキーワードを選定する。
https://keywordfinder.jp/

キーワードファインダーは検索数が多く対策しやすい「おすすめキーワード」を自動で取得!

キーワードファインダーは検索されやすいキーワードで、上位表示させやすいキーワードを「おすすめキーワード」として自動で取得し、表示してくれます。

方法1【KEYWORD FINDER】カテゴリ別で見つける

ある程度、ターゲットユーザーが求めるトピックスの目処が決まっているのであれば、カテゴリごとに取得されたキーワードをチェックし、“検索する人が多い(月間検索数)キーワード”
で、検索上位に表示させやすい”難易度が低い”キーワードを探します。

4.必要な情報・データを集める

コンテンツの構成が決まったら、ユーザーにとって有益な情報のコンテンツにする為に、必要な情報や信頼のあるデータを集めます。

5.コンテンツを制作する

コンテンツを制作していくのですが、単純にweb上からの情報をコピーペーストだと、オリジナリティーがなく、Googleに質の低いコンテンツと見なされ、ペナルティを受ける可能性が高まります。
コピーではなく、自分の言葉で自分できちんと調べた情報をベースにコンテンツを作成しましょう。


6.計測・分析を繰り返し、オウンドメディアを継続して運営する

オウンドメディアの効果は広告に比べて速攻的な効果はあまりありません。じわじわと効果が現れるものなので、オンライン上に公開したコンテンツのセッション数や、CVを計測しながら、必要であればコンテンツのリライト、SNSでの拡散なども継続的に行って行きましょう。


 

あなたのコンテンツは質の良いものですか?

  • ユーザーが求めている情報ですか?
  • ユーザーにとって「役に立つ!」「へぇ〜」と思える情報ですか?
  • コンテンツのボリュームが少なすぎたりしていませんか?
  • コンテンツがありきたりな内容ではありませんか?
  • 信憑性のあるデータや内容で書かれていますか?
  • コンテンツは読みやすい内容、構成、デザインですか?
  • あなたは自分のコンテンツを読んで誰かにシェアしたいと思いますか?
  • 効果的なキーワード選びをしましたか?

よく、「コンテンツをたくさん作ったけど、いつまでたってもアクセスが伸びないない」というご相談を受けます。
よくあるケースとしてはコンテンツがありきたりの内容であったり、コンテンツの内容が浅いというパターンが多く見受けられます。
きちんとユーザーの事を分析し、深くリサーチを行い、効果的なキーワードを選定して、しっかりとしたコンテンツを制作していきましょう。

まとめ

今回は、オウンドメディアについてご紹介しました。筆者もよく耳にする言葉でしたが、正直なところコンテンツマーケティングと区別がついていませんでした。

コンテンツマーケティングはユーザーにとって有益な情報を提供する手法であり、この手法により、たくさんのユーザーからのアクセスや、共感を獲得することで、サイトのブランディングが確立し、自社でユーザーに情報を発信できるオウンドメディアへとつながります。

コンテンツマーケティングとオウンドメディア対策で共通することはユーザーを第一に考えたコンテンツ作りがとても重要ということです。みなさんも今後のコンテンツ制作にお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ強化に役立つ「検索上位サイト分析」

サイト一括取得ツール「コンテンツファインダー」