キーワードファインダーSEOブログ

リスティング広告とは?目的と効果を上げるコツについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リスティング広告とは?目的と効果を上げるコツについて

リスティング広告とは、検索エンジンであるYahoo!やGoogleに広告費を支払い、検索したキーワードに関連した広告を表示させる“検索連動型広告”のことをいいます。

そして、このリスティング広告を成功させるには、ユーザーや目的に合わせたターゲット選定が重要です。

ということで今回は、リスティング広告を始めるにあたり、特徴やポイントについてご説明していきたいと思います。

SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、インターネット広告の一種でYahoo!やGoogleに広告費を支払い、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告(テキスト形式)を表示させる検索連動型広告です。

リスティング広告は検索結果に表示される広告ですが、Webページ閲覧中に表示される“ディスプレイ広告”といった種類の広告も存在します。
このディスプレイ広告との違いについては、こちらの「リスティング広告とディスプレイ広告の違いとそのメリットについて」もぜひご覧ください。

表示される位置は、以下のように自然検索よりも上に配置されるため、クリック率も高く、より有利にターゲットユーザーを獲得することができる効果的な集客手段と言えます。

リスティング広告はクリック課金制

このリスティング広告は、掲載される分にはお金がかかりません。
検索ユーザーのクリックごとに費用がかかるクリック課金制です。

つまり、広告からサイトへアクセスされる数が多ければ多いほど課金される料金が高くなります。(1日の限度額などの設定はできます。)

リスティング広告の種類について

リスティング広告では、主にGoogleとYahoo!があり、どちらが良いというわけではなく、出稿するサイトの利用者に合わせて効果的な方を利用すると良いでしょう。

また、最近の傾向からすると、Googleの方が利用者は多い推移となっていますが、GoogleとYahoo!ではユーザーも違ってくるため、誰に向けて訴求した広告なのか?といったペルソナ設定も必要かもしれません。


参考:statcounter

Yahoo!(スポンサードサーチ)

日本で幅広く使われているYahoo!の検索結果および提携サイトに配信されるリスティング広告サービスです。

そのため、幅広い世代を対象とした商品やお店の広告を出す場合は、こちらをメインで考えても良いかもしれません。

Google(Google広告)

世界的に1番使われているGoogleの検索結果および提携サイトに配信できるリスティング広告サービスです。

こちらは、ITに詳しいユーザーが多く利用しているので、家電製品やIT関連の広告を出す場合などにおすすめです。

Yahoo!とGoogle、どちらを選ぶべきかは、あなたのサイトのユーザーを把握して判断すると良いでしょう。
\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

リスティング広告の利点

リスティング広告を行う目的は様々ですが、1番大きな利点としては多くの人に広告を見てもらえるという点です。

主なメリットは以下のつです。

認知度を高める

あなたのサイトができたばかりのサイトの場合、まだあなたのサイトは検索をかけてもなかなか検索結果に表示されません。

そこでサイトに関連するキーワードでリスティング広告を行うことで、通常のオーガニック検索結果の上に表示され、多くの人に認知されやすく、サイトの集客アップにも繋がります。

お店の集客を上げる

サイトの集客はもちろん、実際の店舗での集客もリスティング広告が役立ちます。

例えば、「渋谷 カフェ」で検索したユーザーに対して検索結果上にあなたのお店の広告を出すことで、渋谷にいる(来る)ユーザーにすることができ、集客を上げやすくなります。

ECサイトの売上をのばす

ユーザーが欲しいと思った時に「こんな魅力的な商品があるよ!」とアピールできるのもリスティングの魅力です。

購買意欲のあるユーザーがどんなキーワードで検索するのか見分けるのが重要です。

表示させたいキーワードで上位表示していなくても、この方法なら検索順位に関係なく、有利な位置にご自身のページを表示させることができます。
ただ、有料広告となるため、時期的に出稿することや、リンク先でCVさせる仕組みをうまく用意しておくことが成功の鍵となるでしょう。

リスティングは最適化できる

リスティングは、ターゲットを指定して出稿するだけの簡単な集客方法ですが、クリックや表示回数、CVの数などの推移を見て適宜メンテナンスを行うことが重要です。

コツとしては、はじめに多めにキーワードを設定して出稿し、その中から効果の高いキーワードに集中する、といった最適化を行いながら、リスティングを活用していきましょう。

リスティング広告でよく使われる用語について

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

表示回数/インプレッション数(IMP)

広告が実際に表示された数です。
表示された数が多いのにもかかわらず、クリック数が思うように伸びていない状態なら、コピーによる訴求が検索キーワードとずれている可能性があります。

コンバージョン(CV)

広告での目標や成果達成の数を意味します。

広告を出すからには、何らかの目的があるはずです。
例えばメルマガ登録や、商品購入の数などをある程度見込んで広告配信を行いましょう。

コンバージョン率(CVR)

広告がクリックされた数のうち、何件コンバージョンされたかという割合です。

CVR=Conversion Rate

こちらも、広告配信を行いながらコンテンツや広告そのものを改善するための指標にすると良いかもしれません。

コンバージョン単価(CPA)

コンバージョン1件に対してかかったコスト

CVA=Cost Per Action

クリック率(CTR)

表示された広告がクリックされた割合です。

CTR=Click Through Rate

クリック単価(CPC)

広告1クリックあたりのコストを指します。

CPC=Cost Per Click

この“CPC”について詳しくは、こちらの「CPCとは?意味と仕組みについて」もぜひご覧ください。

品質スコア

広告の品質を表す値です。クリック率、キーワードと広告の関連度、リンク先ページの関連性も加味され、キーワードごとに付けられます。

品質スコアが低いと、対象の広告が表示されにくかったり、単価が上ったりするので、最適化を行うひとつの項目とも言えるでしょう。

ランディングページ(LP)

広告をユーザーがクリックした時に表示され、最初に行き着くページのことを指します。
ランディングページを改善して、成果を上げることをランディングページ最適化(LPO)と呼ばれます。

このランディングページ(LP)については、こちらの「ランディングページとは?効果的なランディングページの特徴」もぜひご覧ください。

まとめ

今回は、リスティング広告について特徴や出稿するためのコツをご紹介しました。

この集客手段は、キーワードによっては非常にクリック単価が高いものもあるため、時期的に利用して、SEO対策とともにうまく集客を伸ばすことがポイントと言えます。

なるべく少ない額で広告を配信し、効果的に顧客を獲得できるよう最適なキーワードやターゲット設定を探ってみてください。

キーワード選定ツール「キーワードファインダー」

キーワード選定で悩んでいませんか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒