キーワードファインダーSEOブログ

被リンクを自然に集める5つの方法 – 質の高い被リンクとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
被リンクを自然に集める5つの方法 - 質の高い被リンクとは?

検索順位を上げるために必要な要素のひとつに、“被リンクを増やす”ことが挙げられますが、対策はされていますか?

ここで言う被リンクとは、外部からのリンクを意味するもので、もちろんご自身では調整できない対策方法かと思われますが、最近のSEO対策には欠かすことのできない重要な要素となりますので、しっかりと対策して被リンク獲得するためのコツを理解しておきましょう。

そして、被リンクが集まるコンテンツは、検索順位にも良い影響を及ぼし、さらに多くの被リンクが集まる好循環を作ります。

そのため、コンテンツをリライトなどによってユーザーに好まれる状態にしておくことが大切です。

では今回は、被リンクを自然に増やす方法と、その質についてご説明していきたいと思います。

SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

被リンクとは?

被リンクとは、外部対策としての主な対策内容となり、外部のサイトから設置されるリンクのことを指します。

そして、この外部サイトからのリンク以外にも、サイト内に向けられたリンクのことを“内部リンク”と呼び、こちらもまた内部対策として上位表示に重要な要素となります。

また、以前は単純にこの“被リンク”の数が多いだけで上位表示されていましたが、検索結果の質の向上のためにGoogleが何度となく行ったペンギンアップデートをはじめとするアップデートによって、現在はリンクの「量」よりも「質」が特に重要とされています。

検索順位を上げる方法については、こちらの「検索順位を上げるために必要な5つのこと!」もぜひご覧下さい。

自然な被リンクを増やす方法

上記のように、上位表示には“被リンク”を集めることが効果的となるわけですが、ご自身では調整できない分、魅力的なコンテンツでそういった質の高い自然な被リンクが集まる仕組みを作ることが重要となります。

そのため、pvを集めるためのページ、cvさせるためのキラーページ、そして被リンクを集めるページといった目的別にページを作成するようにしても良いかもしれません。

サイトに力が付いてきたら、個々のページも上がりやすい状態になります。
つまり、全てのページに被リンクを集める必要もないかと思われますので、しっかりとポイントを押さえて、多くの被リンク獲得を目指しましょう。

では、以下に被リンクを効果的に集めるコンテンツのコツについてご説明していきます。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

ユーザーのニーズを理解する

質の高い自然な被リンクを増やしていくには、まずはターゲットとなるユーザーがその検索クエリによって一体何を求めているのか?といった“検索ニーズ”を把握することからはじまります。

これは、キーワード選定を行った際に、どういったコンテンツによってその検索クエリの的確な答えとなるのか?といった検索意図をしっかりと調査することが重要となり、ページを公開した後も、サーチコンソールによってどういった検索クエリで流入しているのかをチェックすることが大切です。

コンテンツを深掘りする

キーワードによる検索ニーズがわかったら、次はそれを詳しくコンテンツ化していきます。
しかし、単調に説明してもユーザーの心は動きません。

図解・表・写真、場合によっては映像や他サイトからの一部抜粋(正しい引用方法で)など、ユーザーが閲覧していて、どんどん読み進めてしまう内容が望ましいでしょう。

Goolgeはユーザーファーストを掲げて常に検索エンジンの最適化を続けていることを忘れずに、そういったコンテンツをさら深掘りして、より詳しく・役立つコンテンツにすることが重要となります。

ここでの注意点としては、検索意図を外さないことです。
あまりにも深掘りした網羅的コンテンツはテーマがぶれてしまいますので、キーワード選定時において、検索ニーズの調査が重要となるわけです。

サイト・コンテンツを整理する

上記のように深掘りしたコンテンツは、内容も濃くなります。
そのため、ユーザーにとって読んでいて苦にならない体裁にすることも非常に重要です。

せっかく良いコンテンツを網羅していても、小説のように文字が羅列されたページだと恐らく読了率も低く、検索ユーザーには好かれません。

そういった場合、以下のような点に注意してユーザーにとって見やすく役立つコンテンツを作るように心がけましょう。

  • 適度に改行・余白を作る
  • 見出しなどに強弱を付ける
  • 可能ならリスト化で簡潔に見せる
  • 図解する
  • 目次を整理する

上記はあくまでひとつの例として、ご自身のサイト・ブログにあった見せ方で、ユーザービリティを意識したページ構造にしましょう。

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

SNSネットワークの整備

次に、質の高いコンテンツを広く知ってもらうための“拡散”といった好循環を作るためには、SNSボタンの設置が必須です。

当然バズった記事は多くのアクセスが見込むことができるため、日頃からの発信はもちろん、そのジャンルに影響力のあるインフルエンサーとのネットワーク構築も大切です。

そして、もちろんアクセスが増えることによって、そういったコンテンツを紹介する記事も出てきます。

こうして、ご自身のページへの“被リンク”が自然に増え、サイト全体の評価も高まることに繋がるため、最低限TwitterとFacebookの設置、それと、それぞれのOGPタグの設定だけはチェックしておきましょう。

また、最近ではインスタグラムを利用したマーケティングもよく見受けられます。
ぜひあなたのサイトに合ったSNSを設置して、拡散させる仕組みを用意しておいてください。

専門家としての立場を確立させる

コンテンツに対するジャンル・業界で、“有名な人”や“専門家”としてユーザーに認識されると、あなたの書いたコンテンツは専門家の情報として価値が生まれます。

そのためには、キーワードに対して派生する様々な複合キーワードでも詳しくコンテンツ化し、網羅的に情報を内部リンクとして構築することが重要です。

そして、こういった専門知識のあるコンテンツは信憑性も高いものと認識され、引用などによる被リンクも受けやすく、数多くのページで紹介されることとなるでしょう。

また、関連するコンテンツによる内部リンクは、検索順位にも影響することからもぜひ挑戦してみてください。

\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

質の高い被リンクとは

質の高い被リンクとは、あくまで自然に付くリンクのことで、さらに言うと、そのジャンルですでに評価されているページからの被リンクが質の高いリンクとなります。

もちろん、ジャンルの異なるサイトからのリンクも十分考えられますので、コンテンツに合ったリンク以外は価値がないというわけではありません。

また、そのためには、上記でご説明したような被リンクを増やす方法をよく理解し、あなたのサイトやコンテンツをぜひ共有したいと思ってもらえることが大切です。

不自然な被リンクについて

これに対し、質の低い不自然な被リンクとは、お手持ちの内容の薄い自演サイトからの被リンクといった意図的に順位を上げるものを意味し、そういったサイトはGoogleからペナルティを受けることで、検索結果に表示されなくなってしまいます。

この不自然な被リンク、ペナルティー対象となりやすいのは、以下のようなリンクが考えられます。

  • インデックスされていないページからのリンク
  • コンテンツとは異なる言語からのリンク

もちろん、この被リンク自体は効果が高いため、リスクを知った上で自演リンクで対策しているサイトも多くありますが、いつそういったペナルティを受けるかわかりません。

そのため、できる限り質の高いリンクを獲得するために、コンテンツ強化に注力するようにしましょう。

まとめ

ということで今回は、上位表示に非常に効果的な“被リンク”の増やし方について詳しくご説明してきましたが、やはり自然な被リンクを増やすためには“魅力的なコンテンツ”が必要不可欠となります。

つまり、被リンクを増やす方法は非常にシンプルで、検索ユーザーがあなたのコンテンツを閲覧して、満足することができれば恐らく自然な被リンクは増えていきます。

そのためにも、まずは検索クエリによってユーザーが求めているコンテンツ内容を調査・特定し、より良いコンテンツを目指しましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒