キーワードファインダーSEOブログ

オーガニック検索とは?表示場所やアクセスを増やす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事のタイトルとURLをコピーする
オーガニック検索とは?表示場所やアクセスを増やす方法

サイト・ブログのアクセスとなる流入経路のひとつに“オーガニック検索”というものがあります。

このオーガニック検索とは単純に“自然検索”とも呼ばれ、キーワードを入力して検索すると表示されるランキング形式の部分を意味し、他にも最近のGoogleでは広告やナレッジグラフといった実際に検索結果にランキングされているページを開くことなく解決してしまう情報も数多く存在します。(移動手段や店舗情報など)

しかし当然こういったナレッジグラフだけで全てのユーザーが満足できるわけではありませんから、ここで解決できなければ自然検索の中から目的に合ったページをユーザーが選びサイトへと訪問していきます。

つまりアクセスを伸ばしていくためにはやはりこのオーガニック検索からの流入を増やすことが重要で、キーワードによっては上位表示が難しいものもありますが、キーワード選定をしっかりと行うことによってアクセスを伸ばしていくことも不可能ではありません。(※需要のあるキーワードを選ぶことが大切です。)

というのも集客には、このオーガニック検索と呼ばれる自然検索、そして広告とSNSの3つに大分され、サイトやブログにもよりますが、多くの場合アナリティクスなどのアクセス解析を参考にしてみると、オーガニック検索からの流入がほとんどを占めているのではないでしょうか?

そのため、このオーガニック検索からの流入を大幅に改善するには、検索順位を上げることに注力する必要があり、それによってアクセス向上にも直接結びつく重要な要素となるわけです。

ということで今回は、サイト・ブログの効果に大きく影響する“オーガニック検索”について意味やアクセス数を増やす方法などを詳しくご説明したいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

オーガニック検索とは?

ではまずオーガニック検索とは、上記のように自然検索…すなわちユーザーが何気なくPCやスマホから調べたいキーワードを入力してランキング形式で表示される箇所を指します。

そして、当然上位表示されていればクリックされる確率も増えるでしょうし、その順位を保つことができれば常時トラフィックをサイトに流入させることにも繋がるでしょう。

ご自身でも経験ありませんか?何か調べたい時・解決したい時に関係するキーワードで検索して上位に表示されているページから順に“答え”となるコンテンツを探す。この検索行動は自然と行われており、最近ではSNSでの検索も増えているようですが、GoogleやYahoo!からの検索とはそもそもの理由や目的が異なりますから、自然検索がなくなることはありえません。

中でもコンバージョンに大きく影響するようなキーワードだと特にSEO対策にも注力し、他にも高い広告料を支払ってまで集客したいキーワードなんかもあり、競合の多い少ないはキーワードによって様々です。

そのキーワードの強弱というのは主に需要があるほど強い傾向にあり、具体的に言うと…お金になるキーワードは特に大手や潤沢な資金力のある企業によって質の高いコンテンツを量産し、ドメインそのもののパワーも非常に強い権威あるサイトが中心に1ページ目を埋め尽くされてしまいます。(最近ではE-A-TやYMYLといったどうやっても上位表示できないジャンルもあります。)

そういったキーワードでいくらオーガニック検索に表示させようとしても順にが付かないため集客には繋がりません。

要はご自身のサイト・ブログへの流入経路を作るといったイメージで、オーガニック検索からのトラフィックを獲得するには…まずは検索結果に表示されなければ集客は「0」のままです。

ここで重要となってくるのが後ほど詳しくご説明する“キーワード選定”となるわけです。

自然検索が表示される場所

通常、キーワードを入力して検索結果ページを見てみると、上部に広告や強調スニペットなどが配置され、その下に自然検索がランキング形式で表示されます。

この自然検索が表示される場所というのは、どうしても有料広告の下となってしまうため、人気のキーワードだと場合によっては1位だったとしてもファーストビューに表示されない可能性もあるため、広告とともに集客対策している方も多いのが現状です。

また、基本的にユーザーは広告と自然検索との違いまでは理解していませんので、どうしても上部に表示されている広告などにクリックが集中してしまいます。

しかし広告はあくまでランディングページのようなセールス感の強いページ内容となっているため、多くのユーザーがブラウザバックして自然検索の中で上位表示されているページへ流入します。

そのため、この自然検索内で上位表示されていれば当然クリック率も高まりますし、集客することも可能です。

また、モバイルでも上部にはキーワードによって広告が配置され、こちらもまたキーワードによってはファーストビューに自然検索が表示されません。

そのため、狙ったキーワードでは最低でも1ページに表示されることが重要で、コンテンツを作成する前にどういった競合が表示されているのか?といった調査が必要となります。

この時点で1ページ目が公式サイトや大手オンラインショップなどで埋め尽くされていれば恐らく上位に表示することは難しいでしょう。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

オーガニック検索と広告の違い

上記のように、オーガニック検索と有料広告との違いは表示される位置が大きなポイントで、どうしても広告の方が優位にクリックを獲得できる傾向にあります。

ただ、広告の場合だと各urlの左横に「広告」と表示されてしまい、これによって警戒心の強いユーザーの場合だと全く反応しない可能性も十分考えられるため、先ほどもご説明した通り、集客はオーガニック検索、広告、SNSをうまく利用して行うべきです。

他には当然費用にも違いがあり、オーガニック検索で上位表示が実現できればもちろん無料で集客できますが、広告の場合だとクリックごとに費用が発生したりと…この辺りもバランス良く時期的に出稿するのか?強いキーワードに対して若干ずらした複合キーワードを比較的安い単価で出稿するのか?などを踏まえた上で広告を作成します。(キーワードによってクリック単価が異なり、競合が強いと高い傾向にあります。)

このように、広告の場合はページ内容に関係なく上位表示を獲得することが可能です。
ただし集客できれば良いというわけではありませんので、それに見合った効果測定が必要となりますし、キーワード選定と広告の内容、そしてランディングページをユーザーの検索意図とマッチさせることが重要となりますので、どちらかと言うと広告では直接コンバージョンに繋がるキーワードで出稿するケースが多くを占めます。

もちろん、広告費以上にパフォーマンスの良いキーワードと広告とランディングページの組み合わせを見つけることができれば、そこに広告費を集中させることによってコンバージョンをブーストさせることも可能ですし、そこに集中して何度も広告内容をブラッシュアップしている方も多くいらっしゃいます。

オーガニック検索数のチェック方法

では続いて、このオーガニック検索の数(自然検索からの流入数)を調べるには、主にアクセス解析として多くの方が利用しているGoogleアナリティクスを使用します。

ここで重要なのは、ターゲットキーワードで現状何位なのか?といったことを日々把握しておくことで、順位が著しく低い場合はキーワードと内容が合致していないケースも多く、リライトを行う必要があります。
※検索順位を日々自動でチェックするには「検索順位チェックツール BULL(ブル)」が便利です。

ただ、こういったリライトを行う前に、検索エンジンに正しく評価されるにはかなりの時間がかかりますので、安易にリライトをする前に1ヶ月単位で検索順位の様子を見るべきです。

また、どういったキーワードで流入しているのか?といったことも重要で、狙ったキーワード以外で数多く流入しているのなら、そちらで順位が付き、必要のないコンテンツが存在することを意味します。これが広く浅くではなくピンポイントで深掘りしたコンテンツが必要だという理由のひとつで、ユーザーが知りたいことは検索キーワードに対して主に1つです。

この辺りはサーチコンソールを利用して流入キーワードをチェックし、キーワードとコンテンツをしっかりとマッチさせることによって上位表示を狙い、オーガニック検索からのトラフィック改善を試みます。

この“リライト”について詳しくは、こちらの「ブログ記事のリライトによって効率良く順位を上げる方法」もぜひご覧ください。
\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

アナリティクスを利用する

では、オーガニック検索の数をアナリティクスからチェックしてみましょう。

これを確認するには、「集客」>「すべてのトラフィック」>「チャネル」を開きます。
ここの“Organic Search”と表示されている数字がオーガニック検索からの集客数となります。

この数字を見ると、多くのサイト・ブログでオーガニック検索からの流入が桁違いに多いのが理解できるかと思われ、キーワードの強弱に関わらずロングテールでもターゲットキーワードで必ず上位表示させることが大切だということがわかるでしょう。

また、ここのページでは以下のような数値も確認でき、自然検索で集客したユーザーのアクセス解析・行動を簡単にチェックすることも可能で、自然検索からのトラフィックに対するユーザーのレスポンスを大まかに把握できます。

  • ユーザー
  • 新規ユーザー
  • セッション
  • 直帰率
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間

もちろんこのオーガニック検索の数を増やすことも大切ですが、直帰率や滞在時間がコンバージョンとどのような相関があるのか?といったアクセス解析を元にページを改善することも重要で、サイトの目的(主に売り上げ)はアクセス数×コンバージョン率×商品単価となりますから、アクセス数だけでなくコンバージョン率を伸ばすこともサイトを効率良く運用する重要な要素のひとつとなります。

集客できているページを探す

続いて、オーガニック検索からトラフィックが獲得できているページをチェックしてみましょう。

これは、「行動」>「サイトコンテンツ」「ランディングページ」を開き、“セカンダリ ディメンション”から“トラフィックの種類”を選んでオーガニック検索に絞り込みます。
※この“トラフィックの種類”は“集客”の中に表示されています。

すると、下記のようにオーガニック検索から集客したページをそれぞれ確認でき、直帰率や平均セッション時間などもチェックできるため、より詳細なオーガニック検索のアクセス解析を行うことが可能です。

このように、オーガニック検索からの数を増やすためには以下の2点が特に重要で、コンテンツを作成する前にキーワードに関する十分な調査が必要となります。

  • 検索ボリューム
  • 上位表示できるかどうか?

つまり、上位表示されているページ・競合が強すぎるキーワードでいくら記事を作っても検索結果に表示されなければ自然検索からの流入は見込めませんし、極端に需要が少ないキーワードで上位表示させても同じく右肩上がりにオーガニック検索数を増やすことは難しいでしょう。(キーワード選定がいくら重要なのか?ということがおわかりいただけるかと思われます。)

余談ですが、直帰率が改善できればオーガニック検索数を増やさなくともページビューは伸びていきます。

この“直帰率”について詳しくは、こちらの「直帰率の正しい意味と改善方法について」もぜひご覧ください。

オーガニック検索を増加させる方法

では、続いてこのオーガニック検索を増やす方法についてご説明していきたいと思います。

これは上記の通りオーガニック検索とは、当然検索結果から流入するトラフィックです。ということは絶対条件として検索結果にご自身のページが表示されなければその数を増やすことは不可能となりますので、闇雲にコンテンツを作成するのではなく、しっかりとキーワード選定を行い、それに合致したコンテンツを作り込むことが必要で、記事数が絶対重要ではないということですね。

そしてサイトに限らず、“80対20の法則”というものがあるように、サイト全体のトラフィックは約20%の記事が大きく集客しているはずです。

つまりキーワードとコンテンツが合致し、うまく上位表示を実現させたキーワードに需要があれば当然オーガニック検索も増えていくでしょうし、それ以外はロングテールキーワードとして少ない集客を獲得し、関連するコンテンツによって上位化させたいページへ内部リンクとして繋げることが重要です。(内部リンクのための記事といった考え方。)

そのため、理想は1年を通して検索の需要があり、競合も少ないキーワードとなるわけですが、ほぼそういったキーワードは出尽くしていると思ってください。

ただ、軸となるキーワードを元に複合キーワードを対策することによって、うまく上位表示させることも不可能ではありません。

この辺りは、特にコンテンツの重複に注意しながら上位化させたいページを中心に質の高い関連コンテンツ群を作り込むことが重要となり、検索順位を常にチェックしながらコンテンツの質を担保するべきです。

そうすることによって割と競合が強いキーワードでも上位表示させること自体不可能ではありませんので、長い目で検索上位させるスケジュールを立てると良いでしょう。

\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

検索順位を上げる

上記のように、オーガニック検索からの流入を増やすには検索順位を上げることが何よりも重要となります。

ここで最も重要なのが“キーワード選定”で、先ほどもご説明した通りキーワードには強弱があり、需要が多ければ競合も同じく増えてきます。(当然需要があるキーワードで上位表示できればオーガニック検索数も伸びてくることでしょう。)

そのため、場合によっては“キーワードのずらし”や複合キーワードといった2語、3語で上位を狙い、時間コストをかけつつ権威性を高めるためにも関連コンテンツを作り込みます。(この場合、しっかりと検索意図を調査することが大切で、キーワードやコンテンツの重複には最大限の注意が必要です。)

そして、検索順位を上げるためにはそれ相当のコンテンツ内容が必要となり、まず検索意図とコンテンツがマッチしているかどうか?を調べるために、現在上位表示されているページの内容・傾向をしっかりと理解しましょう。(文字数もある程度重要なのはこういった理由も含まれます。)

それを元に基本的なポイントは必ず盛り込み、足りない内容を過不足なく詳しく追加し、ご自身なりの見解などをオリジナルコンテンツとして加えるなどして競合よりも優れたページを作れば必ず評価されるはずです。

ここで検索エンジンから評価されるにはクローラーが何度も訪問したり、検索ユーザーの行動なども考慮していると思われているため、すぐには順位上昇といった結果として現れません。

つまり検索順位を上げるにはキーワードによって時間もかかり、流入しているキーワードやアクセス解析による直帰率、滞在時間などを考慮した上で適切なコンテンツかどうか判断しましょう。

検索キーワードをチェックする

続いて、実際に公開しているページにどういったキーワードで流入しているのかをチェックします。

思うように順位が付かない場合や、うまく狙ったキーワードで上位表示できない場合の多くに、必要のないコンテンツが一部混ざっている可能性もあり、これをサーチコンソールの“検索結果”から調べていくわけです。

そして、デフォルトでは全ページ表示された状態となっているので、ページ単位でチェックするにはまず“ぺージ”タブを開いて該当するページをクリック(選択)します。もしページ数が多く、探すのが大変な場合はページを検索することもできますので、下記画像のように“ページ”をクリックし、urlの一部を入力して“完了”をクリックしてください。

続いて“クエリ”タブをクリックします。すると該当ページに実際に流入した検索キーワードをクリック数や表示数、平均掲載順位とともにチェックでき、狙ったキーワードで正しく順位が付いているのか?といったことを再確認できます。

ここで、上位表示できない理由の多くに以下のようなことが考えられ、こういった現状を把握することによってそのページ自体に問題があるのか?それとも足りない関連記事があるのか?といった判断の元、コンテンツ制作を進めていくと良いでしょう。

  • 同じ検索意図で複数記事を書いてしまっている
  • 検索キーワードに対して不必要なコンテンツが混在している
  • そもそも強すぎるキーワードで対策している(複合キーワードしか流入がない)

このように流入キーワードはオーガニック検索数を増やすには必須とも言える要素で、場合によっては思いもしないキーワードの方が検索されているケースも0ではありませんので、特に重要なページは定期的にチェックしてみると良いかと思われます。

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

SEO対策を理解する

続いては、検索順位を上げる基本的な考えとなる“SEO対策”です。
元々自然検索は、Googleの検索エンジンのクローラーと呼ばれるボットが各サイトのページを巡回し、そこで読み取ったデータをデータベースに保存、そこから幾つもの項目を元にランキング形式で検索結果に各ページを表示しています。

この検索エンジンに最適化させることを“SEO”と呼び、日々対策しているものと思われますが、基本的には内的要素と外的要素、そしてコンテンツの質といった大まかな要素に分かれていて、これらを理解しておけばそこまで複雑ではありません。(特に最近のWordPressだとテーマにもよりますが、すでに内部対策済みのものがほとんどです。)

つまり上位表示するための抜け道があるわけでもなく、検索キーワードとその検索意図となるコンテンツを合致させたページの作り込みが重要で、特にライディングに関しては書いて慣れていくと上達するでしょうし、オーガニック検索を増やすコツなんかも掴めてくることでしょう。

そのため、必ずしも記事数が重要というわけではなく、基本的な内部対策を行い質の高い役立つコンテンツを作り込む、そうすることで自然と外部リンクやシェアも伸びることによって検索順位の上昇にも期待できます。

この“SEO対策”について詳しくは、こちらの「SEO対策とは?順位上昇に必要な要点まとめ」もぜひご覧ください。

対策するキーワードをしっかりと考える

次に上記でもご説明した対策するターゲットキーワードについてです。
こちらは、闇雲に記事を書いてもオーガニック検索は増えません。

必ずキーワードをしっかりと調査した上で選び、実際評価されているページをチェックしてGoogleが認識する検索意図にマッチしたページを確認する必要があります。

もちろんコピペは論外です。そのキーワードに対してすらすらと詳しく説明できるくらいリサーチが必要となるわけですから、コンテンツ作りの大半はそこに充当すると言っても良いくらいです。

そしてそのキーワードは、上記でもご説明した通り強弱があり、需要がある・お金になるキーワードほど競合はかなり強くなってきます。

ただ、基本的にはご自身のサイトやブログのテーマがトップページの対策キーワード(単ワードのビッグキーワード)となり、そこに紐付く個別ページは関連するキーワードで対策するべきです。

これは雑記ブログの場合でも同じく、各カテゴリーのトップを大きめなキーワードとして設定し、そこに格納されるページの対策キーワードは当然関連する内容となります。(カテゴリーを“noindex”設定している場合はその中でメインとなるページに対して内部リンクを強化して上位表示させる。)

ここでの注意点としては、以下のような内容が考えられ、特にオーガニック検索を増やすにはそれなりに検索ボリュームのあるキーワードを選ぶ必要があるわけですが、必ずしも競合の多いワードでなければいけない…というわけではありません。

  • キーワードを重複させない
  • キーワードは違っても内容が同じならば統一する
  • 質の低いコンテンツを放置しない

そこでポイントとなるのが“キーワードのずらし”や複合キーワードで、よく検索されているキーワードは周辺キーワードでも検索されているということを理解しましょう。

例えばメインとなるキーワードに1語加えた2語での複合キーワードだと競合はかなり減るはずで、検索意図に注意しながら周辺キーワードで関連コンテンツ群を作り込み、内部リンクを構築することによってやがて競合の中でも上位表示できる可能性も0ではありません。

このように、キーワード選定はある程度検索されている・上位表示可能なキーワードを探すことがひとつのポイントとなります。

また、こういったキーワードを見つけるツールの中には“キーワードファインダー”といった下記のような機能を兼ね備えたSEO対策において強力なキーワードツールもあるので、比較的規模が大きなサイトなど、ビジネスとして大きくアクセスを伸ばしたい場合に利用してみても良いかもしれません。

  • 関連キーワードを自動取得
  • 検索順位を完全自動チェック
  • 自社・競合を元におすすめキーワードを自動取得

もちろん、今回ご説明したオーガニック検索を増やすために重要なキーワードも日々自動で取得していくため、次にどういったキーワードでコンテンツを作成したらいいのか…迷うこともなく、キーワード選定に失敗することもありません。(検索数・難易度などから“おすすめキーワード”がわかります!)

まとめ

今回は、ユーザーが何らかのキーワードで検索した結果ページに表示される“オーガニック検索”について意味や自然検索からの流入を増やす方法などを詳しくご紹介しました。

このように、オーガニック検索とはキーワード選定が非常に重要で、検索ボリュームに限らず検索結果ページに表示されなければ集客は見込めません。

そのため、ターゲットキーワードで評価されているページの傾向をしっかりとチェックして競合よりもより良いコンテンツ内容を作る自信があればぜひ挑戦するべきでしょうし、強いキーワードなら長期的なスケジュールを立てて関連コンテンツも用意する必要があります。

そうして質の高い記事だけが公開されている状態を保ち、キーワードやコンテンツ内容の重複に注意しながら順位の推移をチェックすることによって、オーガニック検索の数にも期待できるでしょう。

ぜひポイントを押さえて、オーガニック検索から多くの集客を目指してみて下さい。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒