キーワードファインダーSEOブログ

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

ブログやコンテンツのキーワードをどういった方法で選んでいますか?

右肩上がりでトラフィックを伸ばしていくには、質の高いコンテンツ制作がとても大切ですが、その元となる需要のある効果的なキーワードを選ぶことも非常に重要なポイントとなります。

しかし、毎日コンテンツを制作している方は日々のキーワード選定にも苦労しますよね?

そこで今回は、キーワード選定に重要な“月間検索ボリューム”や、“関連キーワード”、“難易度”などを簡単に調べることができるキーワードツールを厳選してご紹介していきたいと思います。

おすすめのキーワードツールについて

キーワードツールとは、上位表示やトラフィックを増やすために必要なキーワードについて詳しく調査するツールのことを指します。

このキーワードを正しく定めていない場合、例えば、ある検索キーワードで上位表示できていたとしても、検索するユーザーがいなければ、そのコンテンツが有効に活用されることもありません。

かと言って、検索ボリュームが大きなキーワードに挑戦してみてもなかなか順位が上がらず、こちらもまたサイトやブログには人が来ない状態となってしまいます。

そのため、キーワードをしっかりと調査した上でコンテンツ対策することがサイトやブログのトラフィックを順調に伸ばすためのポイントとなりますので、キーワード選定はSEO対策において非常に重要な要素となるわけです。

では、下記のようなポイントを元に、ご自身にあったキーワードツールを選ぶことができるよう、目的別でおすすめのキーワードツールを厳選してご紹介していきます。

  • 使いやすさ
  • 表示されるまでの時間
  • データの正確さ

キーワードツール【総合】

ここでご紹介するキーワードツールは、キーワード選定において特に重要な、検索ボリュームや競合の強さといったキーワードについての詳細をチェックすることに特化したツールです。

キーワードを調べる時は、いくつかのツールを組み合わせてチェックするのが理想ですが、以下のツールは、その場合に欠かせないツールと言えます。

1.Googleキーワードプランナー


キーワードプランナー

Googleキーワードプランナー(旧キーワードツール)は、Google広告を利用するユーザー向けのサービスですが、アカウントの取得(無料)だけで、広告出稿に関係なく利用することができます。

このツールでは、関連キーワードはもちろん、キーワードの「月間検索数」や「競合の多さ」「入札単価」等を調べることができ、多くの方が利用しているキーワードツールです。

しかし、2016年の仕様変更によって、広告費をかけて実際に“Google広告”を利用していないアカウントは、表示されるキーワードの検索ボリュームが「1~100、100~1000、1000~1万」といった、あいまいな範囲での表示となってしまいました。

このように、完全に無料で使用するには、あいまいな数値ではありますが、非常に参考になるツールなのでキーワード選定に利用してみても良いかもしれません。

また、このツールに関しては、こちらの「Googleキーワードプランナーの効果的な使い方【2018年版】」もぜひご覧下さい。

2.キーワードファインダー

“キーワードファインダー”とは、有料ツールではありますが、はじめにキーワード・自社サイト・競合サイトを登録するだけで、毎日自動で関連語を取得し、キーワードの様々な情報をチェックすることができるSEO対策キーワードに特化したキーワードアドバイスツールです。


キーワードファインダー

さらに、以下のような重要なキーワードを“SEO対策におすすめ”として調査することができるため、サイト・ブログのアクセスを伸ばすために必要なキーワードを効率的かつ簡単にチェックすることができます。

  • 月間検索数が多い
  • 難易度が低い
  • サイトと関連している

また、各ページごとの流入キーワード上位10位以内を“想定流入キーワード”として表示、さらに想定流入数も確認できるため、次に対策するべきキーワード選定が非常に楽になり、効率良くトラフィックを増やすための強力なツールとなるでしょう。

サイト管理者にとって、ユーザーがどういったキーワードで流入しているのかを知るのはとても大切です。
キーワードファインダーでは、サイト全体のキーワード順位を自動で全て取得し、上位キーワードを想定流入キーワードとして把握することが可能です。

また、先ほどご紹介した“キーワードプランナー”のあいまいとなってしまった月間検索ボリュームも実数表示で確認することができます。

3.キーワードアドバイスツール(Yahoo!)

こちらは、Yahoo!プロモーション広告が提供しているキーワードツールです。

こちらもキーワードプランナー同様、キーワードについての詳細を調べることができるキーワードツールとなっていて、利用するにはビジネスアカウントが必要となります。

ただし、需要を意味する推定表示回数は検索ボリュームではなく、あくまで広告が表示される予測値となっているため、より広告運用に特化したキーワードツールと言えるでしょう。


キーワードアドバイスツール

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

キーワードツール【トレンド・話題】

キーワードには需要があり、通年検索されているキーワードもあれば、一時的に数多く検索されるキーワードが存在します。

こういったキーワードのいわゆる“トレンド”を絡めたキーワード選定を行うことで、瞬間的なアクセスに期待できるというものです。

そのため、定期的にご自身のサイト・ブログに関係した急上昇キーワードがないか?チェックしておくことも大切です。

4.Googleトレンド

この“Googleトレンド”では、今現在検索の数が急上昇しているキーワードなどを確認することができます。

その名の通り、今話題のキーワードをチェックすることができるため、瞬間的に多くのアクセスを稼ぐといった、注目されているコンテンツキーワードをお探しの方におすすめの無料ツールです。


Googleトレンド

さらに、カテゴリや地域を指定することができるので、どこでどのキーワードが話題になっているのか?人気度の動向(グラフ推移)や、その関連トピックを元に、リスティングの利用時にエリアを絞ってアプローチする時にも便利です。

また、このツールの使い方に関しては、こちらの「Googleトレンドとは?使い方とコンテンツに活かす方法について」もぜひご覧ください。

キーワードツール【関連語】

検索キーワードを選定する際に、複合キーワードを選定する場合も考えられます。
この場合、関連するキーワードをご自身の予想だけで判断するのではなく、実際の需要を調査することによって、より効果的なキーワード選定を行うことできます。

上位表示させるためには、対策キーワードに対する“関連キーワード”でコンテンツを作ることが重要ですが、ここで検索ニーズから外れてしまうと思うように順位が付きません。

そのため、関連キーワードを正しくチェックし、検索クエリに沿ったコンテンツを作ることが上位表示にも繋がります。(※サジェストが全てというわけではありません。)

また、ここでチェックした関連キーワードの検索ボリュームを調べたい場合は、さらに先ほどご紹介したキーワードプランナーなどのツールを利用してみると良いでしょう。

この“関連キーワード”について、詳しくはこちらの「関連キーワードとは?取得ツールと検索順位を上げるために必要なポイントについて」もぜひご覧下さい。

5.Googleサジェスト機能

“サジェスト機能”とは、Googleの検索窓にキーワードを入力すると表示されるもので、よく検索される関連キーワードが検索候補として表示されます。

そのため、実際には検索ユーザーの利便性を考慮した上での機能ではありますが、実際に検索されているキーワードが表示されるため、こちらもキーワードを調査する際に参考になる機能です。

また、このサジェストについては、こちらの「サジェストとは?表示される仕組みとサジェストの活用方法について」もぜひご覧ください。

6.グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

“グーグルサジェスト キーワード一括DLツール”は、その名の通り上記のGoogleサジェストを一括でチェックすることができるツールです。


グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

また、チェックしたいキーワードを入力するだけで検索キーワードの候補となるサジェストを一括ダウンロードすることができる便利なツールです。
多くのキーワード候補を短時間で集めたい場合に特におすすめのツールと言えるでしょう。

7.goodkeyword

続いてご紹介する“goodkeyword”は、メインとなるキーワードを入力し、GoogleやBing、または“マルチサジェスト”を指定することで、Amazonや楽天市場など様々な関連キーワードを一括でチェックすることができる便利なキーワードツールです。

さらに、“goodkeyword“のもう一つの特徴は、Googleのトレンドグラフも同時に確認することができることです。


goodkeyword

トレンドグラフも参考に、競合の強弱といった上位表示までにかかる時間の見込みを立てながら、キーワード選定を行うと便利でしょう。

\効率良くアクセス数伸ばしませんか?/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

8.類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書

“Weblio辞書”では、類語辞典やシソーラス辞書を一度に検索することができる類語検索機能を持つオンライン辞書サービスです。


類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書

約410万語の類語や同意語・関連語など、検索キーワードに類似した表現や、キーワードの別名などを調べることができます。

これまでご紹介してきたような“対策キーワード”そのものを調べるツールではありませんが、これを元にコンテンツの表現力を広げることによって、わかりやすく、読みやすい文章を作る手助けとなる便利なサービスと言えます。

最近のSEOは、文字数ではなく“語数”が重要とも言われているため、難しい言い回しをする必要はありませんが、語彙力といった表現を広げることによって、ユーザーにも内容が理解しやすくなり、検索順位にも良い影響を及ぼす可能性があると考えられます。

キーワードツール【検索ボリューム】

キーワードには、需要の大小といった“検索ボリューム”がそれぞれ異なり、検索される回数が多いキーワードほど競合も強く、上位表示することが難しくなります。

そのため、コンテンツを制作する際は、この検索ボリュームをしっかりとチェックして、上位表示することができるキーワードなのかどうかを確認することが重要となります。

とは言っても、最近のSEOは1つのコンテンツだけで上位表示させるのではなく、関連するコンテンツ同士を内部リンクで構築し、専門性の高いサイト構造にすることによって、強いキーワードでも上位化させることができる傾向にありますので、まずは複合キーワードまわりから上位化させ、徐々に単ワードといった強いキーワードに挑戦することが大切と言えます。

9.aramakijake.jp

“aramakijake.jp”では、SEOに重要なキーワードの検索ボリューム(検索数)をチェックできる無料のキーワードツールです。

使い方も非常にシンプルで、キーワードを入れるだけで検索ボリューム(検索数)の予測値が表示されます。


aramakijake.jp

また、あくまでも予測数値ですが、そのキーワードでの検索順位ごとの月間検索アクセス数が表示されるので、実際に上位表示できた際のトラフィックの期待値などもおおまかに確認することができます。

そのため、当然キーワード選定時に重要となるキーワードツールとなり、先ほどご紹介した“キーワードプランナー”と合わせて利用すると良いかもしれません。

\アクセスを増やすにはキーワード戦略が重要です!/
SEO対策キーワードツール「キーワードファインダー」

10.キーワードウォッチャー

このツールは、キーワードの「検索数」や人気の複合ワードがいつ、どれだけ検索されたのかを知ることが出来るキーワードツールです。


キーワードウォッチャー

過去13ヶ月分のデータをチェックすることができるため、1年を通した需要の変化など、検索数の推移を把握することが可能です。

また、使用によっては一部有料ではありますが、無料でも利用することができます。

  • 無料プラン:1ヶ月20回検索可能
  • 有料プラン(ライト¥2,000/月):500回まで検索可能
  • 有料プラン(ゴールド¥20,000/月):10,000回検索可能

キーワードツール【難易度】

キーワード選定を行うには、これまでご紹介してきた“キーワードボリューム”も十分参考になりますが、これを難易度として簡単にチェックする場合に便利なツールもあり、検索ボリュームと併行してチェックすることで、競合も少なく、効率的に上位表示させることができるキーワードが見つかるかもしれません。

11.rishirikonbu.jp

“rishirikonbu.jp”は、キーワードに対する上位表示の難易度を簡単にチェックできる無料のSEOツールです。


rishirikonbu.jp

また、入力したキーワードに対する関連キーワードを表示し、それぞれのキーワードに対する“月間検索予測数”や、“1位時の月間検索アクセス予測数”をチェックすることができます。

そして、当然ですが、検索数が多く競合が強いキーワードはSEO難易度が高くなる傾向です。
こちらも、新しくコンテンツを作る際や、なかなか順位が付かない場合などに便利なツールと言えるでしょう。

12.キーワード難易度チェックツール

“キーワード難易度チェックツール”は、上記の“rishirikonbu.jp”と同じくキーワードの難易度を簡単にチェックすることができるツールです。


キーワード難易度チェックツール

チェックするキーワードによって十分なデータがない場合は、難易度が表示されませんが、検索ボリュームはもちろん、検索順位1位になった時のアクセス予測数も表示されます。

まとめ

今回は、キーワードを詳細に調査するために便利な“キーワードツール”を厳選してご紹介してきましたが、こういったツールを活用してキーワード選定を行い、ユーザーニーズに合致した質の高いコンテンツを作ることで効率良くトラフィックを伸ばしていくことができます。

逆に、しっかりとキーワード選定を行わないと、サイト内でもテーマが重複したり、検索意図に合っていないコンテンツを量産することになってしまいます。

つまり、関連キーワードによる専門性の高い内部リンクの構築ができない状態となってしまいます。
そのため、順調にトラフィックを伸ばしていくには、キーワード選定が非常に重要となるわけです。

それを便利に調査することができるキーワードツールをうまく活用して、上位表示を目指し、トラフィックの向上に役立てましょう。

キーワード選定ツール「キーワードファインダー」

キーワード選定で悩んでいませんか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理することが可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合サイトの順位も取得します。
この整理された情報をもとにあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒