キーワードファインダーSEOブログ

特化ブログを管理・成長させるための必須要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
特化ブログを管理・成長させるための必須要素

特化ブログでテーマを絞っていますか?

最近のSEOでは専門性の高さが重要視されるような傾向となり、サイトに付随してドメインを強化・集客のためのメディア運営に関しても、テーマの際立たせがトラフィックに大きく影響しているものと思われます。

そして、これまでも数回に渡って大きなアップデートを重ねる度にそういった傾向が顕著に現れ(もちろん原因はそれだけではありません。)、ブログの構造を大きく変更して改善を行っている方も少なくないのではないでしょうか?

そのため、特にテーマを決めることなく様々な内容で自由に書く“雑記ブログ”を運営されていた方もカテゴリによって別ドメインで管理したり、テーマに一貫性をもたせる“特化ブログ”寄りの構造へ少しずつ改修している、もしくはそのつもりでいる方も多く、雑記ブログでも大体のテーマは限られたものが増えてきた印象です。

また、この場合カテゴリ名は適当に付けるべきではなく、しっかりと考慮して検索エンジンに対してどういった記事・コンテンツが存在するのかを明確にする必要があります。

それだけでなく、この場合はカテゴリを作り込んでインデックスさせる必要があるわけですが、ブログによっては“noindex”にした方が効果的であるケースなど様々です。

このインデックスさせてうまくいかない場合の多くはコンテンツなどの重複が考えられ、カテゴリページを作り込めるのなら、そのページに設定したキーワードと重複しない個別ページが必要となり、カテゴリトップにも単純に記事一覧を並べるのではなく、独自のコンテンツを盛り込んでユーザーにとって有益な役立つコンテンツが理想となります。

では、今回はこのテーマを絞った“特化ブログ”について作り方や考え方なども含め詳しくご説明していきたいと思います。

\コンテンツマーケに活躍!効果的なキーワードを見つけるツール/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

特化ブログとは?

まずはじめに“特化ブログ”とは、ブログ記事に設定するテーマ・キーワードをひとつのカテゴリに絞って専門サイトのように作り込む方法で、全く異なるテーマを混在させない状態のブログのことを意味します。

例えば…日々の日常を綴ったブログが急に政治に関する記事をいくら長文に渡って詳しく書いてもなかなか評価されないように、これからのブログ戦略は、ある程度専門性を持たせることが重要で、記事数ではなく記事の質と関連性にも注目するべきであって、数百…数千記事のサイトが数記事のサイトよりも評価されないケースも珍しくありません。

そのため、特化というだけあってそのジャンルに深く知識を持つ必要があり、詳しくは後述しますが、1記事1記事にキーワードを定め、充実したコンテンツ作りと関連コンテンツとの内部リンク構築が重要となります。

つまり、単純にある特定のジャンルだけについて書いていれば良いというわけではなく、ひとつの大きなテーマから枝分かれするべきジャンル・カテゴリ設定、個別ページに設定するキーワード選定が必要であって、狙ったキーワードでは全て上位表示させるつもりで検索意図をしっかりと調査することも非常に重要な作業となるわけです。(これを考慮しなければいずれ重複します。)

このことからも記事数が重要ではないということがわかるように、場合によっては敢えて“noindex”を付与して投稿し、流入経路を別で考えたブログ運用も考えなければいけません。(この場合はSNS経路として考慮します。)

一方、テーマをそこまで決めずに構築していく“雑記ブログ”について詳しくは、こちらの「雑記ブログを成長させるために必要なポイントまとめ」もぜひご覧ください。
※こちらの記事にも書きましたが、雑記は雑記でもある程度の特化性は必要となります。

特化ブログのメリットとは?

この“特化ブログ”の最大のメリットとは…やはり専門性を築くことができ、うまくブランディングすることができれば、検索ユーザーに対して特定のジャンルならあのサイト!といった指名検索してサイト内検索されるくらいの信用を勝ち得ることができる可能性があるという点です。

つまり競合がいくら強くてもSEOに関係なく直接流入に期待できるでしょうし、そもそも専門性が高ければ権威性にも期待できるため、ドメイン強化にも繋がります。

そのためには、上記でご説明した通り1記事1記事のコンテンツを大切に作り込む必要があり、サイト内で重複することなくしっかりとキーワード選定を行うことが重要となります。

重複しているかどうかは以下のような方法で簡易的にチェックすることができるので、キーワードが異なっていても検索意図が同じならひとつのページにまとめるべきでしょうし、そもそもキーワードのバッティングは大規模サイトの場合論外です。(どちらか必要なページを優先させて片方を“noindex”、もしくは“canonical”で対応しましょう。)

  • 実際に検索してみて結果を見比べる
  • “site:”を利用してサイト内検索でチェックする

つまり特化サイトとは、サイトひとつでテーマとなるキーワードに対策する方法とも言え、サイト全体で網羅することとなり、1記事に対しては広いコンテンツではなく深堀りした内容が必要となるわけです。

専門性が上がりSEOにも有利

上記のように、この“特化ブログ”は特定のキーワードに対して網羅させることによって専門性が自然と高まります。

この辺りに関しては最近のSEOに重要視されている“E-A-T”にも良い影響を及ぼし、検索順位にも強いサイトになる可能性が高く、サイトに掲げるテーマを網羅するために考えられる多くのテーマでコンテンツ(個別ページ)を発信しましょう。

ちなみにこの“E-A-T”とは以下の頭文字を取ったもので、それもそれぞれに共通するものがありますが、特化ブログにすることによってこれらが自然と対策することができ、嘘・偽りのない確かな情報を発信する地道なサイト管理が重要となります。

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthness)

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]: Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

そのため、場合によっては引用タグを正しく使用して一次情報などを記載して、情報元をしっかりと表記することによって信頼性を担保し、独自の見解・意見をコンテンツとして盛り込むことが重要で、Web上で調べた内容は全て自分の知識として発信しすぎると、場合によっては単なるコピー・リライトとなってしまうので注意が必要です。

また、SEOはこの“E-A-T”だけが全てではありませんので、他にも基本となる知識だけは知っておく必要があります。

この“SEO対策”の基本について詳しくは、こちらの「SEO対策とは?順位上昇に必要な要点まとめ」もぜひご覧ください。

キーワード選定におすすめのキーワードツールをご紹介しています。

関連記事

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など…

続きを見る

内部リンクしやすい

次に特化ブログは内部リンクしやすいといったメリットが考えられます。

というのも…ひとつのカテゴリに沿った専門サイトを構築し、関連するコンテンツしか存在しない状態ですから、それぞれのキーワード同士は何らかの関係性があって当然ですよね?ということは、訪問ユーザーが専門用語などで読み留まってしまう懸念があると思った場合、内部リンクとして別のキーワードで詳しいコンテンツを用意してあげるといった形でブログを構築していくと強固なコンテンツ群が完成することになります。

また、最近では外部からのリンクも当然重要ですが、こういった内部リンクの重要性も高まっている傾向であり、関連性なども検索エンジンの評価の一部となっている可能性も0ではありませんから、単純に上位表示させたいページに内部リンクを送るといった対策は見直す必要があると思われます。

ただし、ユーザーの利便性を考慮したGoogleの考え方・傾向などが重要となるわけです。

この“内部リンク”について詳しくは、こちらの「内部リンクとは?SEOに効果的な設置方法について」もぜひご覧ください。

特化ブログの作り方

では、特化ブログをどう作るのかというと、まずはキーワードを元にサイト構造から考えてみると良いでしょう。

すると、必要なカテゴリや記事の数などサイト全体のボリューム感がなんとなくつかめますから、およそのスケジュールも立てやすいかと思われます。

また、実際に検索してみて競合にどういったサイトが表示されているのかチェックすることも大事で、公式サイトなどで埋め尽くされている状態だとちょっと上位表示は厳しいかもしれません。

この競合が強い場合だと、当然記事数も非常に重要となってくるので、一部外注化もひとつの手かと思われます。(記事数だけが重要ではなく、キーワードを考慮した上で評価されたページが前提となります。)

ただし、そういった強いキーワードに対向するためのものが特化ブログでもあり強みでもありますから、長期的に見て挑戦するのも良いですし、少し弱めの複合キーワードを狙った記事数の少ないミニサイトを数多く運用するのも良いでしょう。

キーワード選定は必須

この特化ブログは作る目的にもよりますが、多くの場合は商品購入や会員登録などをコンバージョン(CV)としているはずなので、効果的なキーワードを見つけることも非常に重要です。

例えば…商品名そのものをメインのキーワードとすると上位はほとんど通販サイトが表示されている状態かと思われますので、商品名というよりもコンバージョンするユーザー層を想定し、どういったキーワードで検索するのかを調査します。

そのため、お悩みキーワードや商品名が属するカテゴリ名+αといったところでしょうか?その方が商品の入れ替えも可能ですし、比較や口コミ・レビューなどもコンテンツとして盛り込むことができ、そのキーワードに対して網羅する形で記事を作っていくわけです。

その中でもキーワードの強弱というものがあり、要は儲かるキーワードは非常に強い傾向にあり、リスティングなどの広告費を出してまで集客しているサイトも珍しくありません。

また、最終目標はコンバージョンとなるわけですから、この場合トラフィックはそこまで気にする必要はありません。(ドメインを強くするため間接的に必要ではあります。)

この“キーワード選定”について詳しくは、こちらの「キーワード選定方法と選ぶコツについて」もぜひご覧ください。
\効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

カテゴリについて

続いてブログにはトップページのテーマから枝分かれするように関連する“カテゴリ”という入れ物があり、そこに適したキーワードで個別記事を作っていきます。
※ここではWordPressによる特化ブログを想定しています。

ただ、ここでのポイントとしてはカテゴリ自体を作りすぎないということで、場合によってはそのカテゴリ自体が重複の元となってしまう可能性もありますから、カテゴリページを“noindex”で運用するのか?それとも全ての個別記事をカテゴリに含めない固定ページで運用するといった方法も考えられるかと思われます。

この辺りはブログの最終的なボリュームにもよりますので、一概には言えませんが…適宜検索順位などの推移をチェックして改善を行ってみるべきです。

このWordPressを検索エンジンに最適化する方法については、こちら「WordPressのSEO強化に重要な設定リスト」にも詳しくご説明しているので、ぜひご覧ください。

特にカテゴリページを自由にカスタマイズできるのなら、そのキーワードで上位を狙えるくらいにコンテンツを作り込み、その配下に個別記事一覧を表示させると良いでしょう。

しかし、実際検索結果を見てみると…そういった作り込まれたカテゴリのトップページですら検索上位に表示されている例をほとんど見受けられませんので、そのカテゴリを網羅するように個別記事でまとめ、同カテゴリに含まれる個別記事の関連記事やctaにそのまとめページへの導線を内部リンクとして設置するといった方法も考えられます。

記事の文字数について

次に、個別ページの文字数についてですが、基本的にキーワードを設定し、その検索クエリに対して満足できるだけの文字数というのが理想であって、もちろん正解はありません。

確かに文字数が多い記事が上位表示されているページを多く見受けられますが、それは単純に文字数が多いから評価されているのではなく、そのキーワードに対してユーザーが知りたい情報を深く説明しているからです。

そのため、文字数を稼ぐための目的で検索クエリを元に幅広く網羅した個別記事だと恐らく検索順位も上がりにくいかと思われ、重要なのは“狭く深く”説明することで、広く深くはブログ全体で対策するべきです。(特化ブログなのでひとつのテーマに対して)

そしてうまく順位が上昇しない場合は、サーチコンソールを元にどういったキーワードで流入しているのかをチェックして、検索意図とは関係ないコンテンツがないか?探してみて以下のような対応が必要となります。(新規投稿した後は最低でも1ヶ月は様子を見ましょう。場合によっては2ヶ月もの間圏外で急上昇した例もあります。)

  • 不要と思われる該当箇所を削除する
  • 足りていなかったコンテンツを追加する
この“コンテンツの改善”について詳しくは、こちらの「コンテンツを改善する効果的な重要ポイントとは?」もぜひご覧ください。
\月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/
SEOキーワードツール「キーワードファインダー」

記事数について

続いての記事数は、狙うキーワードにもよります。
当然弱いキーワードだと少ない記事数で上位表示させることも可能ですが、競合の強いキーワードだと時間コストも考慮した上で新規記事・リライトなどを同時に行っていく必要があります。

そして記事数も個別ページの質を担保しつつ当然競合よりも多くしなければ上位表示は見込めないかと思われますので、重複に注意しながら記事を増やす、または外部施策も行っていくことが大切です。

要は記事ベースのみで順位が付く・評価されるのではなく、特に強いキーワードの場合だとドメインの強弱によっても左右されます。(場合によってはいくらコンテンツ内容が良くても関係ありません。)

つまり…ビッグキーワードで勝負する場合、関連するキーワードで記事数を増やし、内部リンクで専門性を高め、それらを拡散してドメインを強化するといった長期に渡る対策がブログを資産に変えることに繋がりますが、当然検索エンジンのアップデートも頻繁に行われますから安定しません。

そのため、常に新規記事とリライト、Googleの動向をチェックしてそれに対応していく必要があるというわけです。

順位計測は必須

上記のように記事数が多くても必須要素として“検索順位のチェック”が考えられます。
これは先ほどもご説明した通り、単純に関連するキーワードで記事数のみを増やしていくのではなく、必ず検索キーワードを設定することが重要となります。

というのも、記事数が増えてくるとブログ内で気付かないうちに重複してしまっている場合があるからです。

こういったページがいくつか存在すると、最近ではページ単位ではなくサイト全体で価値を大きく下げてしまう傾向にありますから、書けば書くほどトラフィックが減っていくという現象となってしまいます。

これを回避するためにも、必ず1ページごとにキーワードを選定し、それに対する検索意図を調査して重複していないかチェックが必要となり(重複にはキーワードのバッティングとコンテンツ内容の重複のパターンが考えられます。)、場合によっては以下のような対応が必要となります。

  • 記事をひとつにまとめる
  • 301リダイレクトや“noindex”を活用する
  • 記事を削除する

ただし、記事数が増えてくるとチェックする作業も意外と多く取られてしまうため、最終目標を優先させるためにも自動化することをおすすめします。

この場合、検索順位を自動で計測してくれる“検索順位チェックツール”といったツールが数多く公開されているので、導入を検討してみても良いでしょう。

この“検索順位チェックツール”について詳しくは、こちらの「検索順位チェックツールおすすめ8選!機能・特徴などを比較」もぜひご覧ください。

特化ブログの注意点

では、ここまでご説明してきたおさらいとなりますが、特化ブログを作る際の注意点についてまとめてみたいと思います。

基本的にキーワードの強弱によって必要な記事数が決まるため、それ以上記事を増やすとなるとかなり注意が必要となることを念頭に置きましょう。

例えば、対策するべきキーワード(記事数)に限りがあり、極端な話全ての記事で1位を獲得した場合、それ以上自然検索から際限なくトラフィックを増やし続けるのは不可能で、キーワードによってある程度上限があり、PVだけが全てではないということを覚えておくのも大切です。(世間のトレンド・需要・検索ボリュームの変化にもよります)

キーワード選定に悩んでいませんか?

関連記事

キーワード選定を完全サポートする“キーワードファインダー”とは?

需要があり、競合が多いキーワードで上位表示させることが難しい…と思っていませんか?なぜ様々な施策を行っても効果が出ないのかというと…

続きを見る

キーワードのバッティング(カニバリ)に注意

まずはこのブログ内での重複ですね。
この重複には、キーワードの重複、またはコンテンツ内容の重複が考えられます。

そしてこれを回避するためには、全てのページにどんなキーワードで上位表示させたいのか?対策キーワードを設定し、それに対する必要な情報をわかりやすくコンテンツ化するためにしっかりと需要を調査し、その検索順位をチェックすることが大切です。

この辺りは当然ですが、キーワードを定めずに記事を書き始めることはありませんよね?そのため、テーマとなるキーワードをしっかりと決めて、そのキーワードで検索したユーザーが満足するコンテンツをご自身で想像して書くのではなく、実際に検索してみて、どういったコンテンツが評価されているのかをじっくりと調査するわけです。

ここでわかりやすいのが見出しです。
見出しと内容が乖離したコンテンツが上位表示されることはありえませんから、上位表示されているページ順にざーっと見出しを見ていくとそこに何が書かれているのか傾向を掴むことができます。

すると、思っていた需要ではないケースも稀にあり、過不足なくコンテンツを作り込むことが可能となります。もちろんこの調査はコピペするためではなく、あくまで上位表示されているコンテンツの傾向をチェックするためであって、基本となる情報を正しく伝えるために必要であれば権威あるサイトから一部抜粋して引用表記し、ご自身なりの考えをオリジナルコンテンツとしてまとめることも大切です。

コンテンツの重複に注意

続いて、対策するキーワードは全く別でも検索意図が同じ場合はコンテンツが一致してしまい、結果重複となってしまう可能性があります。

キーワード選定の時点でコンテンツが重複してしまう可能性がある場合は、実際にそのキーワードで検索して結果ページを見比べてみましょう。

すると、もし検索意図が似ているようであれば検索結果も似たようなページになっているはずです。

ただし、この検索結果ページが全く異なる状態であったとしても、検索の需要は時間とともに変化しますから、重複してしまう可能性も0ではありません。

アクセスをもっと伸ばしたいからと言っって記事を量産するべきと判断される方も多いかと思われますが、アクセスを際限なく増やしていくには某エンタメ系ニュースサイトのようにカテゴリのテーマを大きくし、各個別記事のキーワードやコンテンツの重複を回避する必要があります。(ドメインがかなり強いとある程度の重複は問題ないケースも見受けられます。)

個別記事こそ重要

ここまでご説明してきて、特化ブログで最も重要なのは正しいキーワード選定による個別記事に尽きます。

もちろん検索意図を考慮した上でのコンテンツを作り込む必要はありますが、SEOとは内部・外部とコンテンツ以外にも“誰からの発信なのか?”といった要素も重要視されるような傾向にあります。(被リンクやSNS、サイテーションなど様々な要因が絡みます。)

そのため、特化ブログで権威性を高めることによって上位化しやすいブログへと成長させることもジャンルによっては不可能ではありませんので、ひとつひとつの記事を大切に作り込むことを忘れずに日々順位をチェックし、必要あればスケジュール立てて随時リライトを行い順位の改善を繰り返しましょう。

この“検索意図”について詳しくは、こちらの「検索意図の重要性とコンテンツに活かす調べ方について」もぜひご覧ください。

まとめ

今回は、テーマを絞った“特化ブログ”について必要な記事数や作り方などを詳しくご説明しました。

このように特化ブログは特定のジャンルに際立っているため、雑記ブログよりも専門性が高まるというメリットがあり、そういった意味では検索順位に有利な点がありますが、キーワード・コンテンツともに重複することなく必要なキーワードでブログを構築していく必要があります。

そのためにもキーワード選定とその検索意図・需要をしっかりと調査・理解し、詳細な情報をわかりやすく丁寧にコンテンツ化していくことが重要で、全てのページにおいてどういったキーワードで流入し、狙ったキーワードで順位が付いているかどうか?日々チェックしなければいけません。

つまりミニサイトの方が修正することを想定すると管理は楽で、ブログの記事数が多いボリュームの大きなブログであるほどコンテンツ管理は複雑になります。

この辺りを考慮した上で特化ブログのメリットを活かし、そのジャンルの権威あるブログを目指しましょう。

「キーワードファインダー」

キーワード選定でお悩みですか?

「キーワードファインダー」なら、検索ボリュームから順位チェック、関連語や新しいキーワードの発見など、アクセスを伸ばすために重要なキーワード選定を自動取得、一括管理が可能!

また、自動取得したキーワードは、ご自身のサイトだけでなく競合の順位も取得します。この整理された情報を元にあなたの集客経路の拡大にお役立てください!


まずは無料お試し⇒